忍者ブログ

私ではなくキリストⅦ(東洋からの風の便りIV)

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。Ⅱコリント4:18

覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない。

「覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない。だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやたことは、屋根の上で言い広められる。」(ルカによる福音書12:2-3)

さて、この一週間、筆者は示談書の内容を考えながら、ネット上の動きを観察していた。神は私たちに非常に丁寧かつ誠実にすべてを教えて下さる方であるため、私たちがお人好しや、楽観のゆえに、危険な領域に足を踏み入れようとしていても、信仰があって、主に聞く姿勢をきちんと持っているならば、きちんと警告して下さる。

前の記事に書いたように、筆者はすべての行きがかりを帳消しにする用意があったのだが、そういう行き過ぎた行為に及んではならないと、はっきりと示されたものと思う。

それはこの重要な時期に、紛争当事者が関わっていないとも決して言い切ることのできない、大きな疑惑を呼ぶ新たな権利侵害がネット上で続行したためである。
 
人物は特定されていないとはいえ、これは非常に残念なことである。筆者はこの事件についてはそっとしておいてほしいと書いたところであるが、一体、なぜ、ある人々は罪赦されることができるチャンスを自ら踏みにじり、救いが与えられているのに、そこから目を背け、暗闇の中に逃げ込んで行くのであろうか。

こうした権利侵害が今も続いている以上、犯人がきちんと特定されるまでの間は、その手がかりとなる可能性を含む情報を抹消してはならないと分かった。何より、これまで積み上げて来た事実関係を自ら否定するような行為に及ぶべきでない。
 
だが、もともと示談とは、あくまで一定の範囲の出来事について決着をつけるだけのものであって、紛争の永久解決を意味しないから、その範囲が限定されるのも、やむを得ないことである。

交通事故でも、事故後、すぐに示談を結んでも、しばらく経ってから後遺症が発生すれば、その時は別途、対応が必要になる。多くの場合は、後遺症には別途対応する旨が、示談書に予め盛り込まれる。

このように、もともと示談は紛争の永久的解決としての和解とは異なる上、さらに、一般に、クリスチャン生活における戦いの成果は、専有した領域の大きさで決まる。光の子らがもしも退却するならば、その領域は悪の諸霊に明け渡される。もしも私たちが自ら権利を放棄するなら、放棄した部分は、敵対者が占めることになる。

だから、紛争をとにかく早く終わらせたいという人間的な思いだけで、すべてのことが明らかになっていないうちに、事件を終結させたり、重要な証拠を消してしまうようなことをしてはならないのである。そのようなことをしてしまうと、物事が非常に中途半端なままに終わってしまい、本来、明らかにすべきであった結論が出されないまま、歴史的後退が起こってしまう。

当ブログを巡る訴訟では、筆者が人間的な感情に流されて判断を誤らないよう、随所で、天からの警告のようなものがなされて来た。

たとえば、筆者は当初、控訴もせずに、第一審判決で争いを終わらせるつもりだったが、それにも関わらず、判決の確定前に、控訴せざるを得ない新たな事情が出来た。それは筆者の予想を超えた事態であって、筆者自らが紛争の継続を願って起きたことではなかった。

また、控訴審では議論を戦わせることも念頭に置いていたが、それもしてはならないと示され、代わりに一方の紛争当事者との和解協議となった。その和解協議で、筆者は紛争の永久解決を目指すつもりであったが、それも今はしてはならず、踏み越えてはならない限度が明白にあることが示されたのである。

一言で言えば、原審判決は守らねばならないのだが、それが許した範囲を超えて、紛争を終わらせたいがための和解条項を結ぶことは、許されていないと分かったのである。さらに、紛争当事者は、おそらくは筆者の赦し自体も、届くかどうかが分からない場所にいる。赦しや救いを受け取り、和解が成立するような状態ではないということである。

こうした一つ一つの出来事は、筆者が人間的な感情に流されて判断を誤らないように示された天からの警告であると筆者は受け止めている。

前から述べている通り、当ブログはインターネット上で激しい権利侵害を受け続けており、今もそれは続行している。最近の裁判の流れとして、悪質な権利侵害サイトにリンクを貼るだけでも、有罪となる世の中だということを読者には周知しておきたい。そして、ネット上で行われている犯罪行為は、決して放置されているわけではないし、犯人が特定されれば、公表するつもりであることは前々から予告している通りであるから、こうした犯罪行為には、読者は絶対に関わらないように注意されたい。

リンクだけで警察に逮捕されます」(日本表現の自由協会)

「2ちゃん」にリンク貼るだけで名誉毀損 ウソの内容を書き込むのと同じと判断(東京高裁2012年(平成24年)4月18日判決)

筆者は、誰も罰せられることを望んでおらず、罪を犯した人にも、悔い改めて、罪赦されて、人生をやり直して歩き出して欲しい・・・と願っている。

それは嘘ではなく、どんな人間が相手であっても、筆者は自ら紛争を拡大したいとか、長引かせたいなどとは微塵も願わない。だが、そのことと、今もインターネット上で続いている犯罪行為の全容を明らかにすることは、全く別の話なのであって、今回の訴訟でも、本来の目的は、これらの権利侵害の全容を解明することにあった。

その目的がまだ果たされていないうちに、浅はかな楽観に基づき、今後、その究明の妨げとなるようなことを自らしてはいけないし、するわけにもいかない、ということが、今回、示されたのである。

だが、これも主の采配である。おそらく、こうした事態が起きなければ、筆者は楽観に基づいて、紛争は解決したものとして、踏み越えてはならない境界をあっさり踏み越えていたかも知れない。

残念なことであるが、筆者がどんなに赦したいと願っても、筆者の思いだけでは、事は成らず、相手が罪を悔い改めてもいないのに、筆者がその罪を赦すこともできないし、相手が守らない約束を、筆者だけが結ぶこともできない。片方だけがどんなに願っても、それによって最終的な和解が成立するわけでもないし、感情的な行きがかりを決着させることと、事実を明らかにすることは異なる。
  
しかし、繰り返すが、このような展開になっていることにも、神の深い采配が働いているのであって、冒頭に挙げたとおり、神は物事を明らかにされる方であって、隠す方ではない。今後、ますます事の真相は明らかになる方向へ向かうのであり、すでに明らかになっている事柄については、やはりきちんと公に記録に残しておかねばならないのであって、筆者の人間的な思いだけで、これを白紙撤回するわけにはいかないのである。

死に至るまで、キリストの復活の証人であり続けるとは、おそらくそういうことなのであろう。私たちの灯は、公然と街の上に掲げておかねばならない。それを隠すなら、証には意味がなくなってしまう。

迫害されたから、権利侵害に及ばれたから、紛争から早く解放されたいから、あるいは、提訴するとか、告訴するなどと脅されたから、そそくさと事実を闇に葬り、隠れたところで取引したり、公然と証言したことを撤回するというのでは、私たちの証は力を失ってしまう。

そういうわけで、今回の教訓は重く、おそらくは罪の赦しが相手に届かないことをよく物語っているように思う。この訴訟に提出された記録も、早晩、きちんと整理し公表することが、必要不可欠になるものと考えている。紛争を激化させるためではなく、何が行われたのか、事実を明らかに記録しておくため、そして、それに基づき、今後も、何が起きるかを記録して行くためである。

ところで、私たちは、兄弟姉妹を引き裂き、互いに対立させ、教会を分裂させようとする目に見えない力が働いていることに注意しなければならない。

筆者はかつて横浜である牧師が率いていた集会においても、敵の様々な陰謀工作が働いて、中傷が横行し、集会が分裂に追い込まれ、兄弟姉妹が互いに信頼を保てなくなり、牧師と筆者とを互いを引き離し、集会をバラバラにする作戦が功を奏するところを見せられた。

その結果、牧師は筆者に対して罪を犯すこととなり、筆者もその牧師の考えには全く共感できなくなり、その後、集会そのものが異端化するという事態が起き、我々は全く無関係となっているが、そうなるまでに、教会の破壊を試みた敵の分裂工作がいかに卑劣かつ巧みであったかは、今となっては十分に理解している。

その時のみならず、現在になっても、この牧師も、筆者も、誰も依頼もしていないのに、事件に全く無関係な者が、この牧師と筆者を何とかして対立させて、公の場所で対決させ、かつて兄弟姉妹だった人々が、いがみあい、教会が分裂する有様を、見世物にしようと願って、様々な情報をばらまいている。

その勢力が、今も自分は姿を隠して、様々な事件に介入し、当事者になりすましたり、その代弁者になることで、実生活においても、兄弟同士の争いを激化させ、インターネット上にも、人々の争いを煽る情報をひたすら投稿し続けているのである。

このような形で、人々の「代理人」になろうとし、他者の思いをあたかも代弁するかのように見せかけながら、クリスチャンの紛争や対立を煽り、徐々に人々の存在を乗っ取り、その相手を貶めて行くことが、この勢力のかねてよりの常套手段であったことに注意を向けたい。

むろん、こうした行為を行っているのが誰であるのかは、現時点では特定されていないが、彼らのやり方は常に同じであるから、その行動パターンの中に、彼らの本質的な特徴がよく表れていると言えよう。
 
彼らは、人々の許可がないのに、勝手に他者の代弁者となったり、権限もなく、他者の争いに介入することで、争いの火に油を注ぎ、兄弟同士をいがみあわせ、対立を修復不可能なまでに押し広げ、教会を分裂させるのである。

その上、クリスチャンを公開裁判の場に引きずり出し、できるならばそこで有罪宣告を受けるよう仕向け、教会が立ち直り不可能な打撃を受け、まことの主を信じるクリスチャンが孤立し、兄弟姉妹を通じて命を受けられなくなるようにし、神の花嫁たる教会を辱めて、神ご自身が損失を受けられるように仕向けることを目的にしている。

私たちを分裂させ、互いに敵対させようと、陰から争いの火に油を注いでいる存在が確固としてあることに、まず気づかねばならないのである。
 
だが、筆者は、そのように、自分は名を隠して、陰から人々の対立や争いを煽り立てている人物こそ、存在を暴かれ、名を公開され、裁判にかけられ、損害賠償請求を行われるに最もふさわしい者であると考えている。

自分は正体を隠したまま、他者になりすましたり、頼まれてもいないのに、自分には無関係の争い事に次々と介入・干渉しては、兄弟姉妹の対立を激化するために、火種をふりまくような者は、断じて裁かれねばならない。たとえその者が刑事罰を受けて、監獄の向こうに行くようなことがあっても、筆者は追及をあきらめるつもりはないことも、断っておきたい。

だから、このような問題が進行中である事情を考えると、なおさらのこと、今、証拠となる情報を消し去ってしまうような愚かで浅はかな約束を結ぶことはできないのである。
 
何とかしてクリスチャンを中世のような見世物裁判に引きずり出しては互いに争わせようとする人々がいることを分かっていながら、その脅しに屈するわけには行かない。かえって、こういう人々の名を特定し、その所業を公表し、彼らを排除し、報いを受けさせることによって、初めて教会は平和を取り戻せる。

それによって、誰がクリスチャンを最も憎んでいるのか、誰が匿名に隠れて、兄弟同士の対立を煽って来たのか、誰が教会に最も大きな打撃を加えて来たのか、世間の前にはっきり証明できるだろう。それは筆者では断じてないのである。

そういう意味で、現在の筆者は、かつてとは様々な点で異なっている。新しい人たちが筆者の周りに現れたおかげだ。もしも時を遡ってやり直せるなら、多分、あの時、こういう言葉で助言はしなかった、ああいう風に伝えただろう、などと思うことはたくさんある。

だが、以前と何より異なっているのは、真心から仕えて構わないと思うリーダーに出会ったことだろう。人を陥れたり、欺いたり、策略を弄しない、約束を守る謙虚なリーダーに出会ったことである。それによって、権威に服従することは、何ら困難ではなく、私たちは権威者に対してもの申すとき、王妃エステルが王の前に命をかけて進言したように、命がけでなければならないことが、よく理解出来るようになった。

私たちは、権威者が誤った道に逸れかけているときは、適宜、忠告せねばならないが、それはあくまで権威への服従の中で行われるべきことであって、忠告に名を借りて、秩序を覆すことが求められているわけではない。その服従とは何であるのか、どのようにすれば、敵の策略に翻弄されずに、信頼関係をつなぎとめることができるのか、様々な場面で、筆者は学ばされている。

以前から、筆者には(霊的な意味において)関節をつなぐ力があると書いて来たが、切れかけた絆も、完全な断絶に至っていないうちは、修復できる。弱った部位に命の息吹を注ぎ込み、傷を丹念に修復し、体が一体性を保って、健全かつ敏捷に機能するようになるまで、ひたすら命を吹き込み続け、回復をはかる。

王妃エステルは、ユダヤ人たちが絶滅を命じられることで、体(宮)としての教会が消滅しないで済むよう、彼らを不当な命令から救うために、命がけで、王に進言をする役割を担った。そのために、彼女は十字架の死を通る必要があったのであり、私たちが今日、何かをリーダーに本気で進言するときには、必ず、命がけと言っても良い服従のプロセスが必要となる。それがあって初めて、忠告は功を奏し、団体の滅びが押しとどめられるのであって、敵のあらゆる分裂工作は、私たちがそれを乗り越えて信頼を維持することを学ぶための戦いなのである。
 
そのようにして、激しい戦いの中で、互いの信頼関係を確固として維持し、互いに守り合い、弱った部位には命を吹き込み、回復されるべきは、兄弟姉妹と呼ばれる人々であって、兄弟たちを分裂に追い込む者ではない。

そういう意味で、憐れみを注ぐべき対象を見誤ってはならないのであり、当ブログを巡る訴訟は、教会に対する迫害が完全に終わらない限り、本当の意味では決着を見ないのであるから、やはり過去に起きた事実を白紙撤回するなどということはできないのである。

この先、控訴取り下げが行われたり、示談が結ばれたからと言って、ネット上でクリスチャンの争いを煽っている勢力に対する追及が終わるわけではなく、控訴審で取りこぼした課題も、それとは別に、これから解決を図らねばならないのであって、決着が着いたと言える日はまだ来ていない。

そういうわけで、今、越えようとしているステップは、ほんのわずかな一歩でしかなく、筆者にはこれからまだ解決せねばならない多くの仕事が残っている。
  
王妃エステルは、命がけで王の前に立つことで、ユダヤ人を絶滅から救っただけではなく、ハマンの処刑に貢献したことを、忘れるわけにはいかない。兄弟たちを分裂させ、主の民に滅びを願うような者は、相応の報いを受けねばならない。たとえ兄弟姉妹の絆が断ち切れて、もはや修復不可能になっているように見える場合にも、それは同じである。

だから、筆者にとって極めて重要であった聖徒の交わりをかく乱し、破壊し続けて来た者どもには、しかるべき報いを受けさせねばならない。そのために、暗闇で行われて来たことを明るみに出すことが、今後は最も先決の課題となる。必ず、その者は最後に存在を暴かれ、裁かれることになるため、くれぐれも読者はそうした犯罪行為に加担されないよう注意されたい。

* * *

<補足>

ところで、刑事事件においては、証拠の有無のみならず、被害者が犯人の処罰を求める感情がどれくらい強いのかも、ものを言う。そこで、示談というのは、刑事事件における罪を軽くすることにも貢献できるかも知れない非常に重要な手続きだったわけである。

筆者はこれについても、考えていたところであった。そのようなタイミングで、円滑な紛争解決や温情が注がれる余地を排除するような新たな権利侵害事件が起きたことは、非常に運命的かつ予表的な出来事であると筆者は思っている。もしも救われるべき人間を相手にしているならば、このようなことは決して起きないからだ。

示談が成立していなければ、訴えられた人間には、刑事事件を有利に運ぶ強力な材料がなくなるが、示談後にも、同様の権利侵害を行っていた事実が発覚するとか、再犯したなどの事実が加われば、それも非常に悪い印象を残すことになる。

これまで当ブログを巡る事件において、筆者は相手方のために、何度も、何度も、猶予をもうけて来たが、その温情も猶予も、紛争を有効に終わらせるために機能したことが一度もなく、かえってこじらせるために悪用されて来た経緯がある。そのことを考えても、やはり、罪赦されるチャンスがいくらでもあるのに、罪赦されることを自ら拒んで、自ら救いから遠ざかって行く人間というものも、この世には存在するのではないかという気がしてならない。

訴訟に関する記録は、いつかはまとめて公表せねばならないと考えて来たが、紛争を拡大しないために、今までこれを控えて来た。示談成立がないような場合には、やむをえないので、ただちに公開し、別訴を提起するなどして、対策を講じねばならない。

なぜなら、紛争のもう一方の相手方が筆者を告訴したなどと言っている以上、筆者も安全策を講じる必要があるためだ。しかし、そうすると、筆者を刑事告訴したとしている牧師の名も、当然ながら本人の書面により全国に向けて明らかになる。果たして信徒を告訴する牧師のもとへ行きたいと願う信徒がいるのかどうか、甚だ疑問である。

しかも、その牧師が、一審ではブログ記事をすべて削除して和解すると言っていたのに、途中で態度を翻したことも、本人の書面を通して明らかになり、なおかつ、当ブログの著作者人格権を侵害した事実があることや、当事者からの依頼もないのに、他者のプライバシーを侵害する記事をブログに多数、掲載している行為が、明らかに、不法行為に当たることも明白となる。

このように、他者の代理人となって紛争に介入することは、筆者の目から見ると、非常に怖いことなのである。今までにもこの人は、多くの事件に資格なく干渉を繰り返して来たわけであるが、それでも、その当時、それは誰かの依頼を受けてやっていることであったため、他者の権利を守るという大義名分がついていた。

だからこそ、筆者は、その人は他の牧師から依頼(提携)を受けて、非公開の資料を公にするようなブログ記事の公開に踏み切ったのだろうと考えていたが、その牧師は、そんな提携はない、それは筆者の考え違いであると嘲笑った。そして、本人の言によると、実は、その牧師は、誰からの正式な依頼も受けていないのに、勝手に他者の代理人になって、他者のプライバシー権を暴き、自分とは無関係の紛争に介入したことが、本人の書面の内容から、明らかとなった。これは極めてまずいことである。

捜査機関が、誰からの依頼もないのに、独自に動き出し、人々の身辺調査を秘密裏にやり出したら、どうなるだろうか。しかも、自分たちの機関に逆らった人々の情報を秘密裏に集めて勝手に公表するようなことをすれば・・・?そうした懸念があることを、ずっと前から筆者は訴え続けて来たのであるが、相当にそれに近いところまで現実が追いついていることが発覚したのである。もはや「代理人」や「相談役」という肩書さえかなぐり捨てて、他人の名を勝手に使って、縦横無尽に争いに介入するところまで来てしまったのであり、その次なるステップとして残るのは、あからさまな「なりすまし」のみ・・・。

よく考えてもみられたい、一体、誰が頼まれてもいない他者の代理人に勝手になって、他者の人物像を勝手に「創作」などしているのであろうか? 誰が他者の名を使って、クリスチャン同士の対立の火に油を注ぎ、教会を分裂させ続けて来たのか?

筆者が訴えて来たのは、そうした「なりすまし」の目的は、教会の簒奪にあるということ、すなわち、聖なる者でない者が、聖なる者の名を詐称して、自分には手に入れられない高みにある宝を奪い取り、これを破壊し、最終的には、教会を乗っ取ることで、神ご自身を簒奪することにあるということである。

クリスチャンの名や存在を簒奪することは、聖なる神の教会を簒奪することを意味し、花嫁なる教会の簒奪は、花婿なるキリストの簒奪・蹂躙を意味する。本物を駆逐・破壊して、偽物だけを残すこと。これが異端の目的なのであり、実は異端狩りに熱中している人たちこそ、最も教会を簒奪・破壊している危険な存在なのである。

そのことを、当ブログでは再三再四、主張して来たのだが、それがついに誰の目にも明白になるほどまでに客観的に明らかになろうとしているのが現在である。

PR

今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになるだろうか。

愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びに満ちあふれるためです。

あなたがたはキリストの名のために非難されるなら、幸いです。栄光の霊、すなわち神の霊が、あなたがたの上にとどまってくださるからです。あなたがたのうちだれも、人殺し、泥棒、悪者、あるいは他人に干渉する者として、苦しみを受けることがないようにしなさい。しかし、キリスト者として苦しみを受けるなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。

今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになるだろうか。
「正しい人がやっと救われるのなら、
不信心な人や罪深い人はどうなるのか」
と言われている通りです。だから、神の御心によって苦しみを受ける人は、善い行いをし続けて、真実であられる創造主に自分の魂をゆだねなさい。」(Ⅰペテロ4:12-19)

兄弟たちは、小羊の血と

 自分たちの証しの言葉とで、
 彼に打ち勝った。
 彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。」(黙示12:11)

* * *

夏が終わると同時に、筆者の心の休暇も完全に終わり、筆者に与えられた厳しい任務の全容が見えて来た。

人を助けることを仕事とするために、筆者は相応しい仕事に就き、干潟を開拓している最中であると書いた。しかし、人を助けるためには、人に対して優しい態度を取るのではなく、逆に、人の欲しない事柄を告げて、厳しい態度を取らねばならないという逆説があることを思わされる。

人間の欲望を助長し、人間を甘やかし、人間の罪を大目に見ることと、人を助けることは、正反対なのである。

筆者の訴えを裏づけるために、憎まれたり、嫌われる役目を果たしてくれた大勢の人たちがいる。警察も、行政の役人も、裁判官も、他者に違反を突きつけ、犯人を悪者とし、上から指導したり、有罪を宣告するために働かなくてはならず、その意味で、彼らは決して人に優しい仕事をしていない。

だが、そのようにして他者を罪に定めねばならない悲しみを知っているがゆえに、この人たちには、筆者がなぜ他者を告発するような訴えを出さざるを得なくなったのかを理解するだけの深い同情や思いやりもあった。

すべてがすべてそういう人たちばかりだったとは言わないが、不法行為は裁かれなければならないとの信念のもと、彼らの多くが、忠実に役目を果たしてくれたのである。

だとしたら、筆者は、彼らの仕事の成果を無駄にしないように働かねばならない。他人には、厳しい罪の宣告を口にさせておきながら、自分だけは、人に受け入れられ、誰にも苦言を呈さなくて済むよう上手く立ち回り、甘言だけを弄して、彼らの積み上げた仕事の成果を自ら台無しにするような生き方をするわけには行かないのだ。

そういう意味で、次第に、筆者自身が、彼らと同じように、権威を持って他者を裁くという立場に立つ時が近づいているのを感じる。もはや裁判官や、警察官や、弁護士や、役人など、宗教指導者はもちろんのことだが、誰か自分以外の権威者に決定を委ねるのではなく、彼らの果たしてくれた功績を基礎として、その上に、自ら判断を打ち立てねばならない時が近づいているのである。

聖書の神は、決して人類に媚びて、人に甘い顔をされる神ではない。

以前、当ブログでは、旧約聖書において、神がどれほど厳しい宣告を自らもしくは預言者を通じて人類に突きつけられたかを列挙したことがある。

ゼファニヤ書などは冒頭からこのように始まっている。

「わたしは地の面から
すべてのものを一掃する、と主は言われる。
わたしは、人も獣も取り去り
空の鳥も海の魚も取り去る。
神に逆らう者をつまずかせ
人を地の面から絶つ、と主は言われる。」(ゼファニヤ1:2-3)

人を地の面から絶つ・・・何度神はそのような宣告を人類に対してなされたことであろか。すべては人類の罪のためであった。

神は決して人類に対し、決して媚びて語りかけられるようなことをせず、一貫して、人類が耳を塞ぎ、足早に逃げ去り、聞かされたくないと願うような宣告を突きつけ続けて来られた。

神が人類に突きつけられた事実とは、人類は罪を犯し、神に背いており、生まれながらに死の宣告と永遠の滅びの刑罰にしか値しないという内容である。そして、その宣告の集大成が、カルバリの十字架なのであり、そこでキリストが受けられた死の刑罰こそ、生まれながらの人類にふさわしい神からの最終的な「判決」であり、恥辱に満ちた人類の真の姿だったのである。

だが、私たちはその刑罰をキリストだけに押しつけ、自分は一切無関係で生きて行くのでは、いつまで経っても、その贖いは、私たちのものとはならない。

自分で自分を十字架につけたり、自分で自分を苦しめたり、蔑む必要はないとはいえ、それでも、私たちには、日々、主と共に十字架を負う姿勢は必要である。主の十字架が私たちに適用されるからこそ、私たちはもはや罪の宣告を受けなくて良くなるのであり、その代わりに、その十字架が、罪赦されていない罪人と、私たちの間を、決定的に分けてしまう。

だから、この十字架の切り分けにより、私たちがどんなに和解を願っても、決して和解することもできず、一つになることのできない人たちが出現して来るのである。

地上の裁判官の最も主要な仕事は、他者に対して罪の宣告を下すことである。裁判官は、紛争当事者に和解を勧めることもあるが、最も重要な仕事は、やはり判決を書くことにあると言える。しかし、判決は、実に多くの場合、訴えられた者の不法行為を認定して、賠償を命令するものとなる。

裁判官がその役目を果たしてくれるからこそ、原告はそれによって救われるのである。

しかし、もしもこの世の裁判官が、判決を書く際、権力者や、宗教指導者や、企業の代表や、有名人などといった、この世で力と名声を持つ人々に媚び、自分が彼らに恨まれたり、報復されること怖さに、彼らをできるだけ罪に問いたくないと考え、この世の権力者に有利な判決を書いたとすれば、そんな訴訟に、あなたは原告として何を期待することができようか。

ところが、そういう日和見主義的な裁判官も、この世には相当数、存在するものと思われる。だが、裁判官に求められるのは、そんな自己保身や、この世の名声に気を取られ、この世の権力を持つ者を擁護し、彼らの罪を無罪放免したり、彼らに有利な決定を下す姿勢ではない。

そんな裁判官に訴訟を委ねるくらいなら、自らが判断した方がはるかにましなのである。だが、それを考えるとき、やはり、自分が恨みを買うことも恐れず、判決が憤りや反発を呼び起こすことも十分に理解した上で、それでも事実を厳粛に見据え、たとえ権力者であっても、悪者に対しては厳しい宣告を下すことが、人にとって非常に困難を伴う作業であることも分かる。

裁判官は、この世の権力者に媚びてはならないだけでなく、人類そのものに媚びてはならない。人類というものに幻想を抱き、人間を美化してとらえ、人間がそんなに悪いことをするはずがないとの先入観から、人をできるだけ罪に問いたくないなどと考え、どんな罪でも、できるだけ赦すべきだなどと説いて、和解勧告ばかりを行ったり、不法行為を認定して厳しい判決を書くべきときに、かえって不法行為を大目に見る判決ばかりを書き続けていたのでは、この世の秩序は崩壊してしまう。

そういう意味で、裁判官の仕事は、決して生まれながらの人類を満足させることにはなく、人間の罪なる本質をできる限り明らかにすることは避けて通れない、と言えなくもない。

このように、あらゆる紛争においては、誰かが命を得るためには、誰かが罪を宣告されねばならないという側面がある。罪人に対して、いつも容赦する決定が下されているのでは、誰も報いを得る者はない。赦しがあるとしても、それは、悔い改めと、謝罪と、償いのあとにもたらされるものであり、罪の自覚がないところに、謝罪も、償いも、赦しも、あるはずがなく、人は悔い改めない限り、罪赦されることなく、神に立ち返り、義とされることもないというのは、聖書の事実である。

そこで筆者は、キリスト者に与えられた使命は、どこかしら、この世の裁判官と似ており、決して、この世に迎合し、その罪を大目に見ることではないのだと知らされる。バプテスマのヨハネが、人々に悔い改めを迫ったように、十字架が、今も人類に対する罪の宣告なのであり、それゆえに、そこにはりつけられている人類の罪なる本質を決して見誤ることなく、その事実に立って、すべての物事を見据えねばならないのだと思い知らされる。

そういう意味で、筆者の仕事は、決して人間にとって喜ばしいものではないし、そうであってはいけないのであって、この世において真に正しい裁きが実現することを願うなら、筆者自身が、人類に対して媚びて甘い判断や決定を下してはならないのであって、決して人間的な感情から、対立を恐れ、違反を容赦してはならないのだという厳しい現実があることを思わされる。

おそらくプロテスタントもそうであるが、地上のキリスト教のあらゆる組織や団体が、地の塩としての役目を失ったのは、人助けと称して、この世に迎合し、人間が「恵まれる」ことだけを目的に、自己満足的なイベントを追及し、人類に対して甘い言葉しかかけなくなったためであろう。

カルト宗教にはすべてそういう要素がある。偽りのキリスト教は、偽りの救済論に基づき、罪ある人々が、罪を悔い改めずとも、罪あるままで、自己救済によって、救いを得ることができると説く。

偽りのキリスト教には、キリストの十字架の贖いがないので、そこには、その代わりに、人類の自己流の「罪滅ぼし」がある。それは一生続き、人生のすべてを投入してもまだ足りないのであって、罪滅ぼしのために、カルトの集団生活があり、不法行為が存在すると言って良い。

つまり、カルトの集団生活とは、人類の自己救済の手段なのであり、カルト宗教が犯す不法行為のすべては、彼らが結局、返済しきれない罪の負債をごまかして終わるための自殺行為のようなものなのである。

当初は「世界救済」などという名目をつけて、善行を行っているように見えても、そこで行われているのは、結局、自己救済のための不毛な「罪滅ぼし」である。

しかし、今日の組織としてのキリスト教にも、この世における労働にも、それと非常に似た要素が見いだせる。

最近、ふとしたことから、プロテスタントにおいては、2017年に日本信徒前進大会なる奇怪なイベントが催されていたらしいことを知ったが、そこに出席した信徒も、「恵まれる」どころか、きっとその正反対の災いしか受けなかったであろうと確信する。

以前には、こうしたイベントは「リバイバル」を売り物にしたお祭り騒ぎ的な内容のものが多かったが、クリスチャン・トゥデイの記事を読む限り、今は殺伐とした世相に合わせて、終末を感じさせる内容にシフトしつつあるように感じられる。

だが、どんな内容であれ、こうしたイベントは、すべて筆者にはマサダの自決へと続く「蛇の道」であるように思われてならない。以前から、「喜びの集い」や「リバイバル待望集会」や「聖霊降臨待望会」や「再臨待望集会」などと、様々な名をつけては、全国各地の信徒たちが、集団決起大会のようなイベントに、鈍行を乗り継ぐなどしながら、多大な時間的・経済的負担を負って駆けつけていたことを筆者は知っている。

しかし、筆者は、個人的には、それらのイベントのすべてが、要するに信者が浮世のすべての悩みを忘れ、我を忘れて現実逃避するためのまやかしでしかないから、そのようなイベントが、信者に幸いをもたらすことは決してないどころか、彼らの生活を後退させるだけであるとみなしている。

ノアはこの世に身を置いて、世人から嘲られながら、箱舟を建設していたのであり、洪水が来たときに、初めてノアの信仰の正しさが明らかになった。

ところが、今日の実に多くの信者たちは、洪水が来てもいないのに、早々と箱舟を作ってその中に閉じこもり、この世に出て行って奮闘するどころか、この世と接触して悩み苦しみを受けるなどたくさんだとばかりに、自分たちの間でしか通用しない特別な掟を振りかざし、特別空間としての箱舟に逃げ込み、いつか洪水が来て、自分たちの引きこもり生活の正しさが証明されると言っては、自分たちは「選民だ」と互いに囁き合い、慰め合っている。

その間にも、時は流れ、世の中では様々な事件が起き、彼らの家庭においても、子供たちが苦しんだり、夫婦が争ったり、彼らが自ら責任を果たして積極的に解決しなければならない出来事がたくさん起きるのだが、この人々は、信仰のイベントこそ、人生の中心であるかのようにみなし、彼らにとっては無菌室に等しい、居心地の良い特別の閉鎖空間(箱舟)に閉じこもり、そこから独自の理論を振りかざして物事を口先だけで論じているだけなので、この世においていかなる問題が起きても、見向きもせず、その解決に取り組むことも、責任を果たすこともない。

彼らはただ箱舟にさえ乗っていれば、この世のすべての困難は自動的に解決されるかのようなまやかしの救済論に身を委ね、実際に汗水流して取り組まなければならない様々な現実的な困難に取り組むことを自ら放棄して避けているので、そのような状態が長く続けば続くほど、現実に起きる様々な問題に対処する能力が低下して行き、この世も、彼らが現実逃避にいそしんでいるうちに、ますます悪くなって行くだけであり、彼らにはそれを止める力もない。

結局、この人々は、この世に正しい秩序をもたらすために働いているのではなく、この世の悩み苦しみから手っ取り早く逃避し、我を忘れるために、イベントに駆けつけているだけで、その現実逃避が「救済」であるかのように錯覚させられているだけなのである。

その光景は、カルト宗教の集団生活と何ら変わることはない。まだ地下鉄にサリンを蒔くところまで至っていないだけで、その末路は非常に厳しいものになると、筆者は予測せざるを得ない。

もっと進んで言えば、こうした特別なイベントだけでなく、彼らが何より重んじている日曜礼拝、教会生活そのものが、カルト宗教の集団生活と何ら変わらない、「現実逃避」なのであって、それは信者が自分自身の真の罪ある状態から目を背けるための「引きこもり生活」と呼んだ方が良いものであると筆者は感じている。

もしも彼らが真に現代のノアでありたいならば、この世に積極的に出て行き、そこにおいて、たとえ嘲られ、自分が劣勢にあるように思われても、粘り強く戦って、不正義の中に正義をもたらすために努力を重ねるべきであろう。

いつまでも手をこまねいて待っているだけで解決する問題などあるはずもなく、「自分たちは選民だ!」と豪語しながら、身内だけで集まり、自画自賛を重ねるだけで、世が罪を認めて彼らのもとにやって来ることは決してなく、天を地に引き下ろし、正しい秩序と裁きが、この世に実現するために、時を無駄にせず、労苦を惜しまないで取り組むべき様々な問題がある。

さらに、信仰者には、世に勝利した者が着いておられる。それなのに、なぜ大胆に世に出て行くのではなく、むしろ逆に箱舟など作って、そこに引きこもる必要があるのか。

「神から生まれた人は皆、世に勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。」(ヨハネの手紙一5:4-5)

その信仰はどこへ消えたのか。その不安心理はどこから来るのか。筆者はとても奇妙に思う。

だが、そういうことになるのは、きっと彼らが真に十字架の贖いを受け入れて、罪赦されていないことの証なのであろう、と思わざるを得ない。

これは恐るべき逆説である。病院は、病人のために必要な場所であって、健康な人のための場所ではない。同じように、地上の組織や団体としての教会は、罪人のために存在するのであって、罪赦された人のためには必要ない。

イエスは、病を癒し、罪を赦すために来られたが、イエスの救いにあずかった人々は、自由になって召し出されて行ったが、その救いを拒んだ人たちは、どこにも召し出されることなく、かえって隔離されてしまったのである。

誰も彼らを力づくで隔離したわけではない。だが、彼らは罪赦されていないからこそ、自分たちは清められなければならないと考え、いつか罰せられる日に怯えて、身を寄せ合い、かばいあうために、バリケードを作り、そこを自分たちの安全地帯とし、神からも人からも顔を伏せて生きているのではないだろうかとみなさざるを得ない。

だが、自分たちがいつまでも罪のゆえにこの世から隔離され続けているなどとあまりに恐ろしすぎて認められないので、自分たちは贖いのために精進を重ねているのであって、聖化の途上にあるなどといったことを自分に言い聞かせ、何とかして罪赦されていない現実の恐怖から目を背け続けているのではあるまいか。

つまり、この世で一般的に教会生活とみなされているものは、いわば、己が罪を自己申告した人々による隔離生活のようなものであって、罪赦されたという確信がない限り、その人たちは、何度でも、罪悪感を薄めてもらうための投薬を求めて、隔離病棟に通い続けるしかないのである。そのような生活を重ねれば重ねるほど、罪の赦しが得られるどころか、ますます赦しは遠のき、不安と、ごまかしが増し加わって行くだけである。

そういう生活は、はたから見ると、カルト宗教の驕りに満ちた「世界救済」を目的にした集団生活と何ら変わるところはないように見える。だからこそ、その末路も、カルト宗教と同じものになるだろうと筆者は感じているのである。

5年、10年、あと何年かかるか分からないが、毎年のごとく繰り返されているこうしたイベントが、いつか最後には破滅的な内容になるだろうとの予感を持たないわけにいかない。

だが、そのようなことは脇に置いておこう。今までずっと書いて来たように、筆者の目から見れば、この世における労働も、実は、教会生活と本質的には全く変わらない、人類の自己救済のための集団生活(隔離生活)なのである。

あの悪名高いカルヴァンの予定説――人は救いの確信を内側に持つことはなく、神にしか、誰が救われるか分からないという、あの荒唐無稽な説が、救いの確信を持てない大勢の人々に不安を抱かせ、その不安心理から逃れるために、人々が労働に励む――という悪循環を作り出す。

その労働とは、とどのつまり、神に救われているかどうかが分からない人々が、自己の不安と罪意識から逃れるために、外側を飾って、自分が善行に励んでいるように見せかけるための、自己救済としての終わりなきバベルの塔建設の試みに他ならないのである。

だから、そのような文脈での労働は、従事すればするほど、ますます神への反逆としてその本人に豊かさではなく、死と呪いとをもたらすものとなってしまう。

筆者はある時にそのことに気づき、こうした悪循環としての労働からは退かねばならないことに気づいた。そして、自己救済のための労働ではなく、真に意味のある働きをせねばならないと理解した。

だが、その真に意味のある有益な仕事とは、筆者が当初考えたような、単純な人助けではなかったのである。

裁判官の主要な任務が、人の罪を告げ知らせ、場合によっては、死さえ宣告せねばならないものであるように、やはり、信仰者に与えられた最大の任務も、人に罪を告げ知らせ、裁きと、処罰の日があることを告げて、悔い改めを求めるという、この世では栄光の少ない仕事なのであろうという気がしてならない。

人類の耳に心地よい自画自賛の言葉をささやき、誰に対しても「あなたの罪は赦された」と言うのはたやすい。だが、違反と、罪の宣告を厳しく告げなければならないときに、そのような心地よい言葉ばかり並べて、罪人を大目に見ているならば、後でひどい処罰がその人自身に下るに違いない。

人々に率直に罪を宣告し、謝罪と、償いを求め、この世において、地の塩としての役目を果たすことは、非常に苦労の多い仕事であり、それは、人間にとっては、同胞を敵に回すがごとく、とても気の進まない、憎まれる、嫌な仕事であり、この世における報いも非常に少ないように見えるだろう。

だが、それを果たさなければ、私たちキリスト者に地の塩としての価値はないのである。そして、救いとは、この世から離れたところに存在する内輪の集まりでもなければ、集団生活でもない。

私たちはこの世のあらゆる不合理の只中に立って、決してそこから逃げることなく、その最中に正しい裁きと秩序がもたされるよう、奮闘しなければならない。

そして、十字架において御子の贖いが達成されていればこそ、私たちの奮闘にも、勝利が約束されているのである。この勝利の約束から、私たちはすべてのものを引き出す。地上における助力者も、必要な物資も、適宜、必要な時に届けられる情報も、慰めも、決定も、必要の何もかもである。

神の国と神の義を第一として生きている限りにおいて、私たちには、地上生活においてすべての必要を満たされることが約束されている。そして、真に命の豊かさに至り着く道を、見つけたいと願うならば、この優先順位は、決して逆転されてはならない。地上において人前に栄光を受け、人に喜ばれ、受け入れられることが、神から喜ばれ、栄光を受け、受け入れられることよりも優先されるようなことは、決してあってはならないのである。

当ブログが、神の御前に立ち続けることができているのも、それがあるためなのである。

もしも筆者が世に迎合し、さらに世に迎合している偽りのキリスト教に迎合し、人の恨みを買いたくないとか、争いを避けて通りたいというだけの理由で、地の塩としての役目を果たすことをやめて、罪人の罪を大目に見ることを始めたなら、当ブログも、役目を終えたものとみなされ、踏みつけにされて終わるだけである。
 
歴代預言者のすべてが同じ細く狭い道を通った。このように、キリストの十字架の贖いの正しさを主張するならば、どうしても人々の罪を告発するという仕事を避けて通ることはできない。神と人(富、世)との両方に兼ね仕えることは絶対にできないのである。
  
そういう意味で、この先の道は、今まで以上に狭き門、細い道となることであろうと思う。現代のキリスト者が最もなさなければならないのは、おそらく、神の家を支配する穢れを告発し、これに触れないようにしながら、本物の見えない神殿を構築することなのであろうと思う。

かつて多くの人たちが、日本のプロテスタントの嘆かわしい現状を訴え、改革に着手しようとした。その人たちが、真に御言葉に立って、神の家を告発していた間は、いかにその言葉が厳しくとも、神もその人を守って下さったことであろうと思う。

だが、その人たちは、みすぼらしい干潟のほとりで、神からのみ栄光を受けるために、人からは忌み嫌われる仕事を忠実に果たすことをやめて、かえって人からの栄光を受けようと、不公平な判断を下し、ついには、神の家を支配する穢れに自ら迎合し、干潟など見るのも嫌だと、きらびやかな公共事業を建設する方向へとなびいて行ってしまった。

その結果、彼らは堕落し、不法行為に手を染め、かえって筆者がその人たちからバトンを奪い、その人たちに罪を告げ知らせるという厳しい任務を任されている。
 
だが、筆者は、もしも地の塩としての役目を捨てるなら、誰であろうと同様のことが起きるであろうと理解している。

私たちは一体、何に依拠して、他者に対して厳しい宣告を突きつけることができるのか。カルバリで下された神の判決に立ってである。それがあればこそ、この世の何人をも恐れずに、私たちはあるがままの事実を彼らに対して宣告することができる。逆に私たちが世に媚びることは、十字架を曲げることであって、神を敵に回す行為を意味する。

筆者はこれまで地上の紛争を通して、裁判官が筆者を死地から救い出してくれるように考えたり、あるいは、警察官に助けられたり、善良な上司や、信仰の友に出会い、それによって、大いに救われたように考えて来たこともあったが、事実はまるでそうではないことがよく分かった。

そういうものはすべて神が備えて下さった束の間の条件の一つに過ぎず、それらすべての条件を超越したところに、キリスト者は立たされている。そして、最終判断はすべて、キリスト者自身が、誰にも奪われることなく、自ら下さねばならないのである。それは、神と二人三脚で進む孤独な道であって、そのようにしてすべてを自ら判断することができなければ、どんな困難をも人は切り抜けることはできない。

このようにして、他者に対して罪の宣告を行うという筆者の「任務」は、この先もずっと続くであろうし、それが筆者の仕事なのだということを、筆者は理解させられている。そのために、誤解や、迫害を受けることも、当然に予測される試練のうちであるし、もしこの「任務」が真に必要なものであれば、それを切り抜ける方法も、必ず天に備えられているはずである。

「キリスト者として苦しみを受けるなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。」と聖書に言われている通り、それは何ら恥ずべき試練ではないし、いつか重い栄光で報いられる時が来る。

だから、もしもあなたが箱舟を作りたいならば、心の中に、神と自分とのみが入れる箱舟を作り、そこに避難しなさい。鳥が高い高い崖の上に巣を作り、そこに我が子を置くように、決して他者の入り込めない高みに、小さな安全地帯を設け、そこで、神と一対一で、誰にも知られないひそかな語らいを持ちなさい。いつ、誰に対し、どんな判断や決定を下さなければならないか、あなたが人々に何を告げねばならないかも、そこで考え、主に相談して決めなさい。

そうすれば、そこでひそやかに下された決定が、やがて大きな影響力となって、地上の出来事に波及し、あなたは自分の下した宣告が、まるで動かせない判決のようになって、すべての物事に効果を及ぼすのを見るだろう。

悪者は断ち切られ、正義が実現されて、命の水と、豊かさが川のように溢れ流れる。だが、そうなるまで、あなたは祭司として身を清め、神の御前で多くの孤独な時を過ごさねばならない。決して世に媚びたり、迎合したり、報復を恐れず、人からの寵愛を失うことを恐れず、非難されることを恐れず、神との間に、誰をも置くことなく、自分のすべてを、神の国とその義を地上に実現するために捧げなさい。

カルトの集団生活からは、何一つ生まれるものはなく、そこにあるのは、嘘と、虐げと、不法行為だけであるが、あなたが人の目からは完全に隠れたところで、生きておられるただお一人の神に捧げたものは、何一つ忘れられることはなく、豊かな報いと共に返される。地上の人々は、あなたの生き方を損だと言って、あなたが自分の幸福をすべて後回しにしてむなしいもののために身を捧げていると嘲るかも知れないが、恐れることはない、主はあなたの労にちゃんと報いて下さるからである。


主は計らい、あなたの正しさを光のように、あなたのための裁きを真昼の光のように輝かせてくださる。

悪事を謀る者のことでいら立つな。
 不正を行う者をうらやむな。
 彼らは草のように瞬く間に枯れる。
 青草のようにすぐにしおれる。
 
 主に信頼し、正義を行え。
 この地に住み着き、信仰を糧とせよ。
 主に自らをゆだねよ
 主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

 あなたの道を主にまかせよ。
 信頼せよ、主は計らい
 あなたの正しさを光のように
 あなたのための裁きを
 真昼の光のように輝かせてくださる。

 沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれよ。
 繁栄の道を行く者や
 悪だくみをする者のことでいら立つな。
 怒りを解き、憤りを捨てよ。
 自分も悪事を謀ろうと、いら立ってはならない。
 
 悪事を謀る者は断たれ
 主に望みをおく人は、地を継ぐ。
 しばらくすれば、主に逆らう者は消え去る。
 彼のいた所を調べてみよ、彼は消え去っている。

 貧しい人は地を継ぎ
 豊かな平和に自らをゆだねるであろう。
 
 主に従う人に向かって
 主に逆らう者はたくらみ、牙をむくが
 主は彼を笑われる。
 彼に定めの日が来るのを見ておられるから。

 主に逆らう者は剣を抜き、弓を引き絞り
 貧しい人、乏しい人を倒そうとし
 まっすぐに歩む人を屠ろうとするが
 その剣はかえって自分の胸を貫き
 弓は折れるであろう。

 主に従う人が持っている物は僅かでも
 主に逆らう者、権力のある者の富にまさる。

 主は御自分に逆らう者の腕を折り
 従う人を支えてくださる。
 無垢な人の生涯を
 主は知っていてくださる。
 彼らはとこしえに嗣業を持つであろう。
 
 災いがふりかかっても、うろたえることなく
 飢饉が起こっても飽き足りていられる。
 しかし、主に逆らい敵対する者は必ず滅びる。
 捧げ物の小羊が焼き尽くされて煙となるように。

 主に逆らう者は、借りたものも返さない。
 主に従う人は憐れんで施す。
 神の祝福を受けた人は地を継ぐ。
 神の呪いを受けた者は断たれる。

 主は人の一歩一歩を定め
 御旨にかなう道を備えてくださる。
 人は倒れても、打ち捨てられるのではない。
 主がその手をとらえていてくださる。

 若いときにも老いた今も、わたしは見ていない
 主に従う人が捨てられ
 子孫がパンを乞うのを。
 生涯、憐れんで貸し与えた人には
 祝福がその子孫に及ぶ。
 悪を避け、善を行えば
 とこしえに、住み続けることができる。

 主は正義を愛される。

 主の慈しみに生きる人を見捨てることなく
 とこしえに見守り
 主に逆らう者の子孫を断たれる。
 主に従う人は地を継ぎ
 いつまでも、そこに住み続ける。

 主に従う人は、口に知恵の言葉があり
 その舌は正義を語る。
 神の教えを心に抱き
 よろめくことなく歩む。

 主に逆らう者は待ち構えて
 主に従う人を殺そうとする。
 主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ
 罪に定められることをお許しにならない。
 
 主に望みをおき、主の道を守れ。
 主はあなたを高く上げて
 地を継がせてくださる。
 あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。

 主に逆らう者が横暴を極め
 野生の木のように勢いよくはびこるのを
 わたしは見た。
 しかし、時がたてば彼は消えうせ
 探しても、見いだすことはできないであろう。

 無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。
 平和な人には未来がある。
 背く者はことごとく滅ぼされ
 主に逆らう者の未来は断たれる。
 
 主に従う人の救いは主のもとから来る
 災いがふりかかるとき
 砦となってくださる方のもとから。
 主は彼を助け、逃れさせてくださる。
 主に逆らう者から逃れさせてくださる。
 主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。」(詩編第37編)

* * *

さて、以前にも、なぜ使徒行伝には、使徒たちの殉教の場面が書かれていないのかということについて書いた。

本来ならば、使徒たちの殉教は、信仰の道を貫くためのクライマックスであるから、物語としては、これが描かれていた方が、ドラマチックで完成しているように見える。

それに引き換え、現存の聖書66巻に含められている使徒行伝では、使徒の殉教は随所で示唆されてはいるものの、実際にその場面の描写はなく、むしろ、使徒たちおよびクリスチャンが迫害に耐え抜いて、信仰を宣べ伝え、各地の教会が紆余曲折を経ながら成長して行く過程が重点的に描写されている。

使徒行伝の締めくくりにはこうある、「パウロは、自費で借りた家に丸二年間住んで、訪問する者はだれかれとなく歓迎し、全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた。」(使徒行伝録28:30)

ここには、パウロがいずれ殉教するのだという悲壮感は全くない。むしろ、神の国を告げる福音が拡大して行き、これからエクレシアは完成へ向かって行くのだという期待感が感じられる。

これは中途半端とも見えるような、未完成を思わせる終わり方である。花嫁エクレシアはまだ幼く、婚礼の支度にも入っていないが、もっと後になれば、物語のクライマックスがやって来る。しかし、それはこの時代にはまだ起きていない事柄であるから、描かれていないだけであって、真に重要な出来事は、これから始まる、まさにあなたたちの生きる時代に起きるのですよ・・・、とでも言いたげな期待感を込めたニュアンスが伝わって来るように思う。

つまり、使徒行伝は終わっておらず、今日の時代までずっとこの物語は続いていているのであり、パウロの生活から、一歩、前へ足を踏み出せば、そこに私たちの時代があって、私たちもその続きを生きているのだ、と言いたげな終わり方に感じられる。

とにもかくにも、エクレシアが完成に向かうというテーマに比べると、使徒たちが殉教して生涯を終えるということは、取るに足りない事であるかのように扱われているような気がしてならない。

さらに、使徒たちの殉教の描写が聖書にないのは、それがローマ帝国という多神教の異教的世界観を土台とした政治状況の中で起きた出来事だからこそであると、筆者はかつて書いた。

もしも使徒行伝の中に使徒たちの殉教の場面が描かれていたならば、おそらく、それを読んだ後世の人々は、彼らの生涯の終わりを模範のように考えるようになり、信者は誰しもそのようにして、時の政治権力と対立関係に陥り、迫害されて、非業の死を遂げるのが理想だとさえ考えるようになるだろう。

しかし、聖書はもともと人類の罪を贖うためのキリストの死と復活を中心に据えており、最初から最後まで、被造物の代表・初穂として贖われ、ただ一人神の目にかなう「完成された人」であるキリストについて語っているのであり、政治問題には全く主眼を置いていない。時の政権による信仰に対する迫害というテーマは、聖書のメインテーマから外れている。さらに、聖書はこの世において立てられた権威に逆らうようにとは信者に全く教えていない。従って、聖書は、信者を政権に対して刃向かうように、政治闘争へ赴くように焚き付けることを全く目的としていない。

しかも、使徒たちの殉教は、ローマ帝国が多神教の神話を建国の理念とし、キリスト教を公認していなかった時代という、一定の政治・時代状況を背景にしてこそ、起き得たものなのであって、今日の民主主義に基づく政治体制において、同様の現象が再び、繰り返されうるかと考えれば、それは(独裁体制やら共産主義国などの特殊な政治形態を除き)考えにくい。

そこで、そのように特殊な政治状況、時代状況のもとにしか起き得ない現象を、あたかも普遍的な事象(もしくは信者のあるべき模範)であるかのように描くという混乱が起きないために、また、キリスト教徒を政治権力との無用な対立関係に陥らせたり、使徒を迫害したこの世の政治権力に対する反感をいたずらに信者たちに抱かせるという結果が起きないよう、あえて聖書には、使徒たちの殉教の描写が省かれているのではないかと筆者は考えるのである。
 
ところで、「ルカによる福音書」と「使徒行伝」はともに同じ著者による二巻の書物であるが、どちらもが、パウロの死後十数年以上が経過してから書かれたものであるとみなされている。つまり、使徒行伝は、パウロの殉教後に書かれたものであって、まだ事件が起きていなかったために、この書物にパウロの殉教の描写がないというわけでは決してない。

さらに、パウロの殉教後に書かれている以上、これらの2つのルカによる書物が、パウロが裁判において有利な結果を得られるよう援護射撃として書かれたとみなす理由は存在しない。

ルカの2巻の書物が目的としているのは、パウロの運命を左右するために何らかの手立てを講じることではなく、あくまでキリストがどのような方であるかを宣べ伝えることにある。
 
さらに、パウロが上訴したカエサルとは、今日、キリスト教徒の迫害者として知られている悪名高い皇帝ネロである。その時代、ネロはまだキリスト教徒に対する大迫害に及んでいなかったが、パウロがカエサルに上訴したことによって、裁判において有利な立場に立ったとか、勝訴判決を得たといった記述は、聖書の中では全く見受けられない。

パウロがネロに上訴したことによって、いかなる結果が起きたのか、また、パウロが殉教に至った理由と、パウロがそれまでに受けた裁判との間にどのような関連性があるのか、具体的なことは不明である。

とはいえ、パウロは皇帝ネロの命により、斬首されて処刑されたとも言われている。パウロの殉教は、暴徒による襲撃などの結果ではなく、為政者から有罪とみなされたがゆえの処刑であったことは、ほぼ定説である。

このように、パウロがキリストの復活の命にあずかり、神からの力強い義認を受けていたにも関わらず、なぜ異教的世界観の支配するこの世の不正な裁判によって罰せられたり、不正な君主によって死をもって処罰されるようなことが起き得たのかという問題は、聖書では取り上げられていない。このことは他の聖書箇所と対比して、大いなるパラドックスに見えるかも知れない。

なぜなら、もし神が私たちの味方であるならば、だれが私たちに敵対できますか。わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまずに死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。

だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義として下さるのは神なのです。だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。」(ローマ8:31-34)

というあの力強い神の義認に関する宣言は、他ならぬパウロ自身の記述だからである。このように書いたパウロが、ユダヤ人からの讒言に基づき、裁判で有罪を宣告されるか、もしくは皇帝から不当な判決を受けて処刑されたりするようなことがどうして起き得ようか。

聖書はこのパラドックスを説明していないが、筆者の目から見ると、それはやはり、ギリシア・ローマ神話の多神教の世界観に基づくローマ帝国という特殊な政治・時代背景と関係があるように感じられる。つまり、パウロの殉教という出来事は、異教的な世界の中で、その時代状況に限定して起きた出来事だったからこそ、聖書はあえてパウロの殉教を「キリスト者の模範」のように描くことなく、むしろ、「例外」のごとく扱い、パラドックスとして説明することもなく、通り過ごしているように思えてならないのである。

確かに、聖書には多くの殉教者が存在することが記されている。殉教そのものは、キリスト教徒の召しの中で非常に重い価値のあるものである。ステパノの殉教の時と同じように、使徒たちの殉教が土台となればこそ、その後、福音の広がりがあり、ローマ帝国へのキリスト教の浸透という出来事も起きたのであろうと見られる。今日我々が享受している信教の自由も、そうした犠牲の上に獲得された権利であると言えるかも知れない。

しかしながら、使徒たちの殉教は、教会の最初の礎が築かれたことを意味しているに過ぎず、今日のキリスト教徒が、パウロや、他の使徒たちと同じ政治状況に生きていないのに、彼らと同じように、時の政権からの迫害と受難の末、殉教すべきであるという定式のようなものは、決して存在しないと筆者は見ている。

むしろ、今日の「殉教」のスタイルは様々であり、「日々の殉教」というものもありうるし、何よりも、信者が殉教を目的化して、自ら死を目指すようなことを、聖書は全く教えていない。特殊な政治情勢下における迫害が起きた場合を除いて、今日のキリスト教徒のために、神は死ではなく命を、罪定めではなく、小羊の血潮に基づく潔白を、圧迫ではなく、むしろ、大いなる自由を与えて下さり、主により頼んで生きるすべての人々に対し、様々な苦難はあれど、神は最終的には、冒頭に挙げたダビデの詩編のごとく、

「あなたの道を主にまかせよ。
 信頼せよ、主は計らい
 あなたの正しさを光のように
 あなたのための裁きを
 真昼の光のように輝かせてくださる。」

主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ
 罪に定められることをお許しにならない。
 
 主に望みをおき、主の道を守れ。
 主はあなたを高く上げて
 地を継がせてくださる。
 あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。

と記された通り、主により頼む信仰者が、不当な濡れ衣を着せられて恥をこうむり、罪に定められるようなことが決してないよう、キリストの義がそれにあずかる者にもたらす絶大な効果を、クリスチャンのみならず、この世の人々の前でも、真昼の光のように輝かせ、私たち信じる者を悪人たちによる謀略や、あらゆる虚偽の訴えから、守って下さるものと筆者は確信している。

だから、筆者自身も、真に信仰により頼んで生きるキリスト者が不当な判決を得て有罪に終わることなど全くあり得ないこととみなしており、

「もし神が私たちの味方であるならば、だれが私たちに敵対できますか。」

「だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義として下さるのは神なのです。」

「だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。」


とのパウロの宣言を文字通り、心に確信している。パウロに起きた出来事は、あくまでローマ帝国でキリスト教が国教化される前の、帝国内にキリスト教が浸透しつつあり、教会が生まれたばかりで成長し始めていたその困難な状況の中で起きた出来事であり、今日の一人一人のクリスチャンがそれを模範や理想として生きるために起きた出来事ではないのである。

だから、我々が心がけるべきは、あらゆる理不尽な出来事が降りかかるように思われる時にも、虚偽の訴えや、謀略によって追い詰められるような時にも、心真直ぐに主を信頼し、神がふさわしい解決を与えて下さり、信じる者を義として下さることにいささかも疑いを抱かないで、憤りを捨て、心騒がせず、平安の中に座すことであろうと考えるのである。
 
「無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。
 平和な人には未来がある。
 背く者はことごとく滅ぼされ
 主に逆らう者の未来は断たれる。
 
 主に従う人の救いは主のもとから来る
 災いがふりかかるとき
 砦となってくださる方のもとから。
 主は彼を助け、逃れさせてくださる。
 主に逆らう者から逃れさせてくださる。
 主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。」

* * *

ところで、一旦、御言葉による確信に立ったならば、恐れや、不安や、疑いを抱かないことは重要である。なぜなら、これまでにも幾度も書いた通り、キリスト者にあっては、彼の霊の内側で起きることが、周囲の環境にそのまま影響するからである(霊的命が環境を創造する)。

「祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」
イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている”霊”について言われたのである。」(ヨハネ7:37)
 
イエスが言及された「生ける水の川」とは、御霊であり、復活の命であるキリストの霊の只中から生まれて来る命の流れであり、天的な秩序のことでもある。

 信仰によって、不正のあるところに正義をもたらし、嘘の只中に真実をもたらし、弱く貧し人たちを豊かさへと導き、悲しむ者に慰めを、とらわれ人を自由にすることのできる、天的な秩序をこの地に引き下ろすことのできる、清く純粋な命の泉は、信じる者の霊の内側にある。

その清い命の流れは、人の霊の内、心の只中から湧き出て来る。その流れを絶やさないようにし、周囲を潤すことのできる、清い心の泉を枯れさせないよう守るためには、信者が神と自分の心との間に、さえぎるものを置かないようにすることが重要である(それが無垢であることの意味である)。

我々の生活の中では、理不尽だと感じられる出来事は、絶え間なく起こる。それによって、心を曇らせ、霊を圧迫されて、命の流れをせき止めてしまうと、私たちの働きは止む。

様々な疑念、不満、悩み、理不尽であるという憤りなどが、どんどん心をにため込まれて行くと、それはやがてバリケードのようにうず高く積みあがり、命の流れを完全に塞いで、せき止めてしまう。

キリスト者の霊の内側から流れ出す命の流れは、その人の心が信仰によって抱く喜び、愛情、希望、信念等と密接な関係があり、心が重荷で塞がれて、意気阻喪していたり、憤りに満ちているときに、開放的な命の流れを生み出すことはできない。

だから、信者は絶え間なく、新しい創造を行って、大胆に主の御業の中を生きるためには、心に去来する様々な重荷や圧迫を手放し、投げ捨て、自分自身の霊(むろん心も)の状態を常に明朗に、清く、軽快に、開放的に保っておくことが必要なのである。

それは決して、ポジティブ・シンキングのような心のコントロールを意味するものではないし、あるいは、不当な状況の只中に置かれても、笑ってなすがままになれという意味ではないし、理不尽な出来事を、理不尽であると感じて憤ってもならず、そのように主張してもいけないという意味ではない。

以前にも書いた通り、理不尽な状況は理不尽であると主張して構わないのである。ただし、状況の理不尽さを打ち破るための最大の秘訣は、憤って自分で誰かに報復したりすることにはなく、ただまっすぐに主の救いを信頼し、これを砦とし、糧とし、よすがとして、喜びを持って歩み続ける信仰の姿勢を捨てないことにある。

だから、心を憤りでいっぱいにしてはならないのである。

私たちの心は、被告であるサタンに対して開かれていたのではいけない。しかし、憤りを持ち続けると、やがてそれは報復願望や、悪事の企みへとつながって行き、悪魔に対して心を開くことにつながりかねない。

だから、私たちは、理不尽な状況に遭遇したとき、敵対者に対する憤りを心に抱き続けるのではなく、むしろ、まことの裁き主である神に直接、その事件を訴え、私たちの力強い弁護者でもあ神に自分の言い分を聞いていただき、主が自らの言い分を私たちに向かって述べて下さるときを待ち望むべきなのである。

そうして、理不尽と見える様々な状況の中に置かれたときにも、その状況の理不尽さだけに目を留めることなく、むしろ、その状況の中に、神の御手が働いており、その状況さえも、私たちが自分の心を治める上で、必要不可欠な訓練として与えられているものであって、私たちがその訓練において学ぶべきことを真に習得しさえすれば、その状況は、早急に取り除かれることを思うべきなのである。

神が信者のために正しい裁きを輝かせて下さるのは、私たちがそれを理解した後の瞬間のことである。つまり、私たちは今この時代に、使徒たちのように殉教して命を捨てることを自ら願う必要はないにしても、「日々の殉教」は否が応にも与えられる。

私たちにとって、理不尽かつ苦難と感じられる出来事は日々起きて来る。その中には、私たちの感情を揺さぶり、圧迫し、怒りを抱かせるような、相当に困難と感じられる出来事も含まれているであろうが、すべての状況には意味があり、それも神の深い采配の下に与えられているのであって、信者がいかなる状況においても、主を信頼して心騒がせず、勝利の確信に立って、揺るがされない方法を学びさえすれば、信者を取り巻く状況は、劇的に改善する。

悪の軍勢はカルバリで打ち破られているため、本当は、私たちを取り巻く状況が真実なのではなく、私たちが何を信じるのかにすべてがかかっているのである。だから、私たちは自分の外で嵐のような出来事が荒れ狂う瞬間にも、心を穏やかに保ち、勝利はすでに主にあって取られているという確信に常に立てるようにならなければならない。それができるようになれば、状況はもはや信者の心に触れなくなり、悪しき様々な問題には終止符が打たれる。

すべての試練、困難な状況は、信じる者が、自分で自分の心を守り、そこから湧き出る価値ある命の流れを絶やさず、いかなる状況においても、注意を逸らされずに、自分のミッションを果たし続けることを学ぶためにこそ、与えられているものなのである。

だから、神に対して心を開き、その御言葉に従い、サタンの言い分には心を閉ざし、これを退けなさい。あなたの心を、敵の蒔く様々な悪しき思いから守り抜き、喜びを絶やさないで目的へ向かって進む方法をできるだけ早いうちに学びなさい。
 
「油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。」(箴言4:23)


私ではなくキリスト―義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

「義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。」(マタイ5:6)

さて、大きな解放があると、必ず、暗闇の勢力からの妨害が起きて来ることは、いつものことなのなので、驚くには当たらない。

実は掲示板に関しては、もう少し権利侵害の明白な証拠が欲しいと内心で思っていたところであった。そんな頃合い、再び、材料が手に入り始めた。

だが、その材料をどのように利用するか、作戦はあえて明かさない方が良いだろう。今、事件は高裁に行っているので、私はブログで反論することはあまり考えていない。私の戦いの舞台は、もはやネットではなくなっているのだから、虚偽のプロパガンダについては、しかるべき人たちに耳を傾けてもらえるよう、きちんと反論を書面にして作成すれば良いことである。

ところで、最近、私と似たような目的を目指していると思われる、非常に優秀な女性に出会った。詳しく会話したわけではないため、心の内をことごとく確かめることができたわけではないが、短い間、心の喜びを共有することができ、勇気づけられた。私と同年代ではない。こんな風な大人になりたいと少しばかり思える例を見たように思う。

このところ、困難な暗いトンネルを通過して、非常に大きな戦いの成果があった。巨大な妨害が起き、打ちのめされそうになった時、主が私を勇気づけて下さったのである。

「どうやってこんな嵐に立ち向かえばいいというのです?」と尋ねる私に、主は「一番、困難な道を行きなさい」と教えてくれた。

誰も行かない一番困難な道を黙って行けば、人々はいつか納得してくれる時が来て、ついに最後は敵だった人まで、根負けする時が来る、というのである。もちろん、すべての人が生きているうちに理解を示してくれるわけでないにせよ、少なくとも、自分の心の中で、無理解な人々に煩わされ、受けるダメージが減る。

誰がどんな態度を取ろうとも、それに影響されず、自分の十字架を取って主に従うために全力を尽くす姿勢を示し続けなさい、と主は教えて下さり、それから、特別に激しい困難や迫害が起きるときは、特別に大きい勝利の前触れなのだと気づかせて下さった。

悪魔と暗闇の勢力の妨害が最も激しさを極めるときは、最も大きな勝利が目の前に迫っている時だ。だから、ひどい誤解や、中傷が起き、離反が起きるときには、特に大きな喜びと栄光が目の前に迫っていることを信じなさい、と主は示された。

そして、ヨルダン川の底に立って、誰よりも困難な戦いを静かに続行しなさい、あなたの覚悟のほどを皆に見せなさいと、神は私に示して下さった。その時、私の心は落ち着いた。

ようし、最後までやって見せよう。そうして力の限りを尽くそう。分かってもらえても、もらえなくとも、全力を尽くして向き合おう。そう覚悟を決めると、やはりそれなりの成果が物事に現れて来たのである。

こうして、主が戦い抜くための力を与えて下さったので、大丈夫だ、私一人に見えても、主の軍勢が着いている、どんな攻撃や非難が起きても、何度でも立ち上がって、目的を目指し続けることができる、と勇気が湧いて来た。

ここ数ヶ月の中で、初めて勝利の確信をはっきりと心に掴んだ瞬間だった。逆に言えば、ここ数ヶ月は、それほど激しい嵐の連続だったということである。

さて、著作権侵害の申立などもせねばならないため、その用意も兼ねて、忘れないうちに、ひとこと欄の文章を掲載しておきたい。
 
当ブログでは、基本的に、ひとこと欄の文章は、記事の題材となるものでしかないので、そのまま載せないことにしているが、権利侵害を主張する際には、役に立つものと思うので、ここに掲載しておく。

以下は、本日(6月21日)に投稿したものである。
 
私はこの国で、特に労働関係の役所が非常にひどい腐敗ぶりを示していることを、長年に渡り、自ら観察して来た。厚労省を始め、この国では、雇用情勢を含めたすべてが上向き、改善しているかのような「真理省のデータ改ざん」のようなことが行われて来たが、それは偽りである。

この国の雇用情勢は決して改善などしてはいない。だが、最近、そうして虚構の成功を演出し続ける大本営発表も終わりに近づいている、という予感を私は持った。以下はその予感を告げたもの、そして、嘘を駆逐するのは、私たち自身の努力にもよるのだ、という決意を述べたものである。

* * *

これだけ労働関係の行政が腐敗すれば、この国の労働市場が悪くなるのは仕方がないですね。厚労省でもデータの改ざんが問題となりましたが、その下の役所はもっと徹底的に腐敗しています。しかし、私はこうした事情から、特に絶望は感じません。むしろ、雇用情勢を色よく見せかけ、この国の様々なデータを改ざんして来た大本営発表がもうすぐ終わる気配を感じます。彼らは下々の者に責任を押しつけて、自分たちは悪事を隠して逃げる時を待っています。営利が目的の民間企業だけでなく、役所の腐敗が何よりも労働者を搾取し、日本の雇用情勢の悪化の原因を作って来たのです。なるほど国が外国人技能実習生を見殺しにするはずです。

しかし、恐ろしいほどの知性の崩壊を目の前に、この国の終わりが近いと感じます。日本がかつて敗戦した時、責任を取れるリーダーは一人もいなかった。破滅へ向かっていることをみな知りながら、それを止める力もなかった。権威が、権力が、正しく行使されなかったのです。今はその状況に似ている。お偉いさんたちが、私利私欲のことしか考えなくなり、弱い者たちを平気で見殺しにした結果、国ごと理性を失っているのです。私は一度労働関係の役所が企業と意を通じて徹底的に腐敗していることについて、記事をまとめてみたいですね。

ただし、こうした情勢を終わりに近付けるのも、私たち一人一人の努力で可能です。個人の力で様々な事柄を明るみに出せますし、それなりに是正することもできるのです。私が訴訟を提起したのは、まず法律の専門家としての肩書がなくとも、個人の力で物事をはっきりさせることに貢献できると示したかったから。法令順守の精神を、行政や役所が失った代わりに、個人が持ち続けることができると示したかったから。

私は弁護士でも法律家でもありませんが、法律に対する畏敬の念はあります。現行法が完全だとは言わない。しかし、今あるものを守ろうとしない人たちが、未来に向けて規則を制定してみたところで、これを守るはずがない。法律は義務も定めているが、私たちの自由の根源であり、存在を深い所で規定しているのです。

私は違反に対しては、裁判所の判決や行政による罰則の適用を求めると同時に、できるなら、もっと法律そのものに近づき、中へ入り込みたいという気持ちがあります。なぜなら、法それ自体が変わることによって、多くの人たちの生活が根本的に変わり、もっと解放される見込みがあるからです。法律家の観点とは異なる立場から、私は未来に向けての法整備に人生のどこかで関わりたい気持ちがあるのですね。そのための試行錯誤が現在であり、現行法の抜け穴や欠陥と言える部分についても学習を重ねているのです。

クリスチャンにとっての御言葉との一体化と、法との一体化はどこかしら似たものである気がします。法との一体化とは、つまり、 命令が私自身のうちですなわち実行となる時、約束された保障が値引きなしに実現される世界を私が求めているということです。

私たちは憲法で保障されている権利さえ、まだ値引きなしに自分の手にしたことがなく、多くの保障が絵に描いた餅で終わっているのです。その観点から見ますと、法体系からは、まだまだ汲み出せるものが無限にあると共に、法に保障された私たちの権利が実現しないように妨げている中間搾取者の排除も必要です。牧師階級からの信徒の自立が不可欠であるように、国民が肥大化した役所の助けを不可欠とする時代も終わりつつあるように思います。私たち自身が自立へ向かうことが肝要なのですね。

* * *

そして、以下は、6月20日に書いたもの。これは私が心から正しい、真実な裁きが欲しいと、そのために妥協なしに戦い抜くという決意を述べたものである。
 
私は当ブログを巡る第一審を担当してくれた裁判官にも、同じことを述べたのを覚えている。私は本当に正しい判決が欲しい、そのためなら、争いの決着までに、どんなに時間がかかっても構わないと述べたのだ。

聖書には、義に飢え渇いている者は幸いだ、その者は飽き足りるようになる、という一説がある。私はそれは私自身のことではないかと考えている。
 
私は真実な判決が下されることをどれほど待ち望んでいるだろう。そして、それが私一人だけでなく、多くの人を潤し、自由にするものとなることをどんなに心から願っているだろう。

地上の裁判官に判決を求めるというのは、確かにこの世の人々の判断を仰ぐことである。しかし、緻密な議論の積み上げがないのに、裁判官の人情や知性や人柄だけで、正しい判決を出せるわけではない。

一審では、担当裁判官から、書類が読み切れないとSOSが出されたことがあったのを思い出す。だが、私は、結果的に、書面を減らすどころか、もっと多くの書面を出さなければ、議論を尽くせなかったことを思う。

これは裁判官のせいではないし、実際には、私自身が、あの当時、それ以上の書面を出すことも、議論を尽くすこともできなかったのは確かであるから、当時は、それで良かったのである。
 
しかし、今になって思うと、私はその当時から、本気で戦っているつもりであったが、それでもまだ決意のほどが足りなかったことを思う。最後まで沈黙せず、裁判官を説得してしまうような主張を書き、足りない主張を補えば良かったのである。そのために、前進し続けなくてはいけなかった。

だが、その頃はまだ色々と見えていない事柄があり、争点も十分に理解し得ていない点があった。判決が下されて初めて新たな争点が浮上して来た。そういう意味で、まだまだ第一審は多くの改善点を残すものであったが、それがあればこそ、主張を補うのはやりがいがある。

これから先は、今まで以上に最後の一瞬まで真剣勝負をやめずに進んで行かねばならない。

* * *

どう言えばいいんでしょう、私は正しい裁きがほしい。死ぬほど正義の実現に飢えている。目先の利益じゃなく、私がいなくなった後も残る正しい裁きがこの地になされてほしいのです。私個人を越えた利益を得ること、多くの人たちがその恩恵にあずかることのてきるリーディングケースを打ち立てること、そのためにこそ身を呈して戦う価値があるのです。そのために一番、遠くて難しい道を行きたい。

アクロバティックな作業の前半が完遂しました。大量の書面を作成しました。それでブログが更新できなかったのですけど。これはまだ前半戦に過ぎません。でも、呪いが完全に吹っ切れたのが分かります。その呪いの半分は、つい最近、私を打ちのめそうと悪魔が考案した底意地の悪い決定と、どうしようもない役所への無意味な期待から来ていたように思います。

たとえば、当ブログを巡る一審は、警察の捜査がまだ何も進まないうちに終わらねばなりませんでした。その当時、警察には指一本期待できない状況で、捜査の進展に期待を寄せて、それが訴訟において強力な援護射撃になってくれることを期待していた私は、どれほど煮え湯を飲まされたか分かりません。それは本当につらい状況でしたが、でも、この時期、私は一人で戦い抜くことが必要だったんですね。

一審判決は、警察の手を借りて勝ち取ったものでは決していけなかったのです。私と主との二人三脚でなくてはならなかったのです。その段階が終わってからは、警察は心強い仲間のようになりました。今では、事件のために関わっているというより、人生相談みたいなこともやれるようになりました。以前には考えられないような展開です。たくさん有益なアドバイスももらっていますし、気づかされることもあります。かつての状態を考えると、ものすごい変わりようです。

今回、それと似たようなことが起きました。本当は役立ってもらわねばならなかったのに、どうしようもなく足手まといとなった役所が、さんざん私の書面の作成を邪魔し、私を滅多打ちにして苦しめましたが、結局、私はこの役所を振り切って、一人ですべての作業を完遂しました。最後の校正を終えた瞬間、「終わった!!」という解放感に包まれました。書面の効果のほどはまだ分かりませんが、主張というのは、霊的存在に対して宣言するものでもあるため、目に見える相手に届いておらずとも、内容が言い切られた時点で、すでに効力を発しているのです。

実は、反論の書面を書き続けることで、呪いを解除できるということを知っている人は少ないと思います。私は究極的に圧迫された状況でも、誰の手も借りず、自分の力だけで、最後まで自分の言うべき言葉を出し切らねばならないことを知らされています。どんなに大変でも、人の力を借りず、主と自分だけの努力によって勝利を掴まねばならないのです。

他人から受けた負の言葉、マイナスの宣告や、明白な呪いの言葉を跳ね返すのは、ものすごく困難かつ大変な作業ですが、そういう言葉を放置しておいてはなりません。やはり、納得のできない決定は、とことん追及して覆さねばなりません。それができるのは、しかし、主張対主張の対決をする時だけなのです。反論せねばならないのですよ。

悪魔は、キリスト者に大きな勝利がもたらされようとしている直前に、徹底的に打撃をもたらして来ることを、よく覚えて置かれると良いと思います。今回、私に痛烈な打撃を与えた悪だくみに満ちた決定がありますが、なぜこのようなものが、今の時期に出されたかと言うと、その先に大きな勝利が待っているからなのです。それを阻もうとして暗闇の勢力が仕組んだことです。諦めさせるために。主張を述べることを断念させるために。

私はそのことを予測していたからこそ、これに絶対に負けないで前進しようと決めて、自ら主張すべき事柄を一歩も退かずに書き続けました。ものすごく大変な作業でした。でも、一方的にやられっぱなしになっているのではなく、脱出のチャンスが近いからこそ、敵は意気阻喪させようとして来るのだということを知っていれば、困難だけに注目するのでなく、その向こうに、すぐ目の前に、目には見えないが、非常に大きな栄光と幸せに満ちたチャンスがぶら下がっていることが、予測できるはずです。真っ暗闇のトンネルを抜けるまで、あと一歩という地点が、一番攻撃が激しい地点なのです。

だから、呪いの預言なんか受けることがあったら、もしもあなたが敵から死にもの狂いの攻撃を受けることがあったなら、その一歩先に、大きな勝利があることを予測した方が良いと思いますよ。敵はあなたにそれを掴ませたくないから、祝福があることを決して信じさせないように仕向けているだけなのです。しかし、決めるのは、悪魔ではなく、あなた自身です。このように、「なぜ敵は今私を攻撃してきたのか」という問題を考えてみること、そして、「もうすぐ先に主が用意された出口があるのだ。勝利があるのだ」ということを予測し、彼らが妨害しようとしている祝福を、何としても諦めずに、絶対に邪魔されずにつかみ取ると決意することは有益です。

正直な話、私が通されている道の困難さ、苦しさについては、とても説明することはできません。これはあまりにも激しすぎる妨害で、私自身がこれほどまでに地獄の軍勢の徹底的な憎しみの前に立たされていることに、驚愕せざるを得ません。しかしながら、その中で、キリスト者は、すべてを主と自分との間で切り抜ける方法を学ばなければならないのです。誰の助けも借りることなく、誰をも当てにすることなく。主はそのすべてに対して勝利を与えうる方であることを信じ、何があっても、それを取り逃がすことなく、敵を上回る執念で勝利を追い続ける覚悟と姿勢が必要なのです。

徹底的な戦いを通され、勝利の秘訣を学ぶことが必要です。ある時期までは、なりふり構わぬ激しい戦いが続きます。何トンもの重荷に押しつぶされかかっているかのような状態で、自分の正常な意識さえ遠のき、すべての人に理解されないという感覚に陥ることもあるでしょう。しかし、敵を上回る執念で勝利を目指し続けねばなりません。そうしたら、必ず、戦いを抜ける時が来ます。呪いが解除されて、肩から荷が転げ落ち、解放されて、終わったと分かる時が来ます。それは平安が到来するから分かるのです。

圧迫は敵から来るものです。意気阻喪であれ、悲しみであれ、失意であれ、それは敵から来るものです。勝利を掴むためには、どれほど困難があっても、圧迫に立ち向かうことをやめてはなりません。全ての重荷を跳ね返さねばなりません。それには非常な困難が伴いますが、徹底して立ち向かう術を学ぶこと、それが訓練であり、学びなのです。

もしもあなたが嘘を言っているのでないならば、困難が伴っても、徹底的に真実を追及すれば、道は必ず開けます。ですから、語ることをやめてはなりません。真実な証言は、絶対にやめてはいけませんよ。絶対に人に遠慮して口をつぐんではいけません。相手がどれほど権威を持っていても、人間に過ぎない者は、恐れるに足りない。

私が目指しているのは、前にも書いた通り、私自身を超える利益なのです。私が自分を手放している以上、他の人々の利益にも、絶対にとらわれるわけにはいかない。とことん信じる道を突き進むしかないですね。 


* * * 

以上の文章に書いた通り、実は第一審が進行していた間、警察とは実に様々なやり取りがあり、手続きが遅々として進まないことに私は焦燥感を覚えていた。そのことは当時、書くわけにいかないと思い、こらえていたのだが、長大な時間を費やして、警察とは書類のやり取りをし、何とか早く事件を進めてもらいたいと幾度も懇願を重ねたものである。

ところが、判決が下り、しばらくしてから、警察との関係が以前と変わった。今は焦燥感もなければ、緊張関係もない。そして、この事件に限らず、様々な出来事について、私には見えていない多くの点について、たくさんの指摘をもらえるようにもなった。

警察官と接触していて思うことは、彼らはやはり数多くの悲惨な事件や事故の現場に立ち会ってきているためか、人の苦しみや悲しみを受け止める深い感受性がある、ということである。

それは、一概に同情や共感の能力が高いという意味ではなく、通常人が滅多に経験しないような出来事に遭遇して来ているので、普通の感覚では理解し得ないような様々な尋常ならぬ事件や、尋常ならぬ人々の性格を受け止める耐性があるということである。

だから、こういう人たちと話していると、普通の人たちからは得られない助言や、面白い気づきを得ることがある。とにかく事件を早く進めてもらいたいという焦燥感から解放された時に、私は彼らの言い分をとても面白く感じられるようになった。

私は伝えている、いつか、この事件に関わるすべてのことを、私自身が手放せるようになったとき、自然とあるべき結果が出されるだろうと。

何としても賠償金を回収したいとか、何としても犯人を有罪に追い込みたいといった気負いも、すべてが通り過ぎたその後で、何一つ自分の力で進めていないのに、自然と、あるべき結果が出る時が来るだろうと。そうなったときに、この事件は、自然と調和のとれた終わりが来るだろうと私は述べた。

私は正義の実現をあきらめるわけでは決してないし、約束された権利を手放すつもりもないし、罪に対してはふさわしい罰が伴うべきであるという考えを捨てるつもりもないが、ただそれを自分の力で実行しようとはせず、神に信頼して裁きを委ね、そして、必ずその裁きが実現することを信じるというスタンスを取るべきであると思い、これからもそうすることを決めたのである。

そういった結論は、警察官との会話の中で、得られたものであった。そこで、私は第一審の時に、警察が民事訴訟の助けにはあまりなってくれなかったことを、今は不満には思っていない。警察官を証人として呼ぼうとしたが、それも実現しなかったことにも、それなりの意味があると考えている。

ひとこと欄に書いた通り、私には誰の力も借りず、(主と)自分自身の力で敵の虚偽を跳ね返したと言える状況が必要だったのである。
 
さらに、以下は、その2日ほど前に掲載したもの。これはとても残酷な言葉を突きつけられ、まるでどん底に突き落とされたように困難を感じる状況の中で、立ち上がる決意を決めて書いたものである。

これまで、多くの人たちが、残忍な行為に加担するのを見て来た。私はその度毎にショックを受けて、人の心の頼りなさを思わされた。しかし、この先、周りにいる人たちが善良な人々であるか、それとも悪人であるか、ということに一切煩わされまい、と決意したのである。

言ってみれば、想像を絶するような悪人に遭遇することがあっても、人間とはもともとそういうものであって、神が介在されない限り、みなこの罪深い状態が出発点なのだというところに立ち、物事のひどい状況に目を留めず、あくまで主を見上げて進んで行きたいと願ったのである。

そして、たとえ今まで私をとりまいていた善良な人たちや、恵まれた環境条件などが、一切、なくなったように見える時でも、主が私の解決であることを見て、環境の変化に煩わされることなく、進んで行こうとの決意を述べたのである。

* * *

良い人たちと出会わせて下さるのも主。しかし、それだけに決して頼らないこと。 運の良さや、周りの人たちの善良さ誠実さに期待して、それによりすがって物事を進めようと思わないことが肝心。たとえ周りに誠実で良い人たちが絶え果てたとしても、それでも信念に基づいて物事を進めて行く努力をやめないことです。

私は真っ暗闇の中を通される時にも、主が私の足の灯であるということを考えさせられます。
これほど暗闇が深くなった時代もないと思いますが、それでも、神は必ずご自分を求める者に、
応えて下さる方であることを信じることに変わりはありません。

知っていますよ、良い人たちは存在していること。でも、私は人間に栄光を帰したくないのです。たまたま条件が揃っていたから物事がうまくいったと思われたくないのです。たとえ完全な
闇が周りを取り巻いている時でも、私は神以外の助けなしにその状況を打開できることをきちんと証明してみせたいのです。

だから、金輪際、周りの人たちの善良さを評価し、彼らに栄光を帰することはいたしますまい。
目に見える人間の歓心をどう買ったか、とか、どう上手く立ち回り、人の心を得、誤解されたり、 敵対されないように歩んだか、ではなく、主と私との二人三脚、誰にも知られないところでのひそやかな祈りと語らいがすべての物事を決定し、左右して行くことを私は確信している。
人の心も、状況も、何もかも主が掴んでおられること、神にあって、私はすべてを動かすことが
できることを決して忘れることはありません。暗闇は打破されるでしょう。 

女性の弱点は、自分が引き裂かれることに耐えられないことにあるんですよ。 男性は打たれても耐える力がある(例外もいますが)。基本的に美に執着しない。プライドを折られても、その痛み苦しみを自分で黙って負うことができる。しかし、女性の90%は、私が知っている限り、栄光と美を失うことに耐えられません。そして、苦しみを自分一人で負う力がない。女性が年がら年中、愚痴ばかり言っているというのは本当のこと。自分一人で苦しみを負えない生き物だからです。

しかし、私は女性もそういう弱さは脱却する必要があると思います。そのためには、ある意味、女性も墓の向こうまで行く必要がある。手放すものが何もないという境地まで。そして、そこまで行っても、まだ尊厳を保って生きられるところをきちんと証明する必要がある。

女性の中には、残念ですが、優秀な人はとても少ない。でも、いないわけじゃない。私自身、その少ない人たちに出会って来た経験はあります。そして私は女性の中に優秀な人が少ないのは、守られるのが当たり前の世界で生きているからだと、そして、自己の尊厳を失うことに男性よりもはるかに弱いからではないかという気がしてなりません。私はそれとは別の道を行きたいのです。本当に困難な道を、弱くとも、並大抵の強い人が通らないような道をあえて行きたいのですね・・・。

そして、そのためには、やっぱり、自己の美と栄光とを徹底的に死に渡すことがどうしても
必要ではないかという気がするのです。

男女を問わず、「私は正義のために命がけで戦っている」なんて軽はずみに言う人たちがいますが、 試金石は、自分を捨てられるかどうかでしょう。自己の栄光と美を、正義の実現と引き換えに、 一体、どれくらい犠牲にすることができるのか、そこだと思いますよ。1ミリたりとも自分を手放さないまま、正義など唱えても、むなしいだけなのです。しかしそれは結局、自分が踏みにじられたり、誤解されたり、讒言されたり、傷つけられたりすることを、どれくらい耐え忍ぶことができるかという問題に直結するわけです・・・。

だから、私は何度でも言います、神の正義と真実は、私のこの身とは引き換えにならない価値があると。それは私の価値を何倍も超える、比べられない価値であると。だから、私は自分をそのために投げ打つことを惜しいとは思わないし、自分自身の名誉、評判、権利、利益がそのために傷つけられることを全く惜しまないと。

どうぞ、傷つけたいなら、好きなだけ傷つけなさいな。でも、私が選ぶのは、常に「私ではなくキリスト」なのです。その選択がある時に、初めてキリストと共に私も死を経て、生かされるわけですね。私も守られるのです。その勝利を私は知っているし、信じているのです。 これは通常の女たちにはない絶大な防御ですよ。

でも、女性であっても、その価値が分かる人はいると思います。

*  * *

そして、以上に書いた通り、実際に、女性であっても、自分自身を超えた正義の実現のために、自分を捧げることの価値が分かる人は必ずいるのだ!ということが判明した。

やはり、思った通りになった。たとえ優秀な人が数少なくとも、女性の中にも、当然ながら、優れた資質を持つ人たちが存在するのである。
 
キリストの系譜には、貧しく弱く見捨てられた女性たちがたくさん登場している。そのような女性たちに、神は目を留めて下さり、彼女たちを重宝された。見た目の優秀さではなく、多くの苦難を経験し、心を打ち砕かれて、へりくだって、神の御言葉に真実に従った女性たちを、主は重んじられた。その原則は、多分、今日も変わらないと考える。

だから、私はやはり、「私ではなくキリスト」、十字架の死に自分を渡したいと願う。

以下は、さらに少し前に、神の御前で自立するという決意を述べたもの。自分よりも強い者たちに頼らず、誰の力によっても支えられず、自分で信じるところに従って、主と自分との力ですべての苦境をくりぬけようと決意したもの。

* * *

さて、これまでは私も未熟だったので、他人に守ってもらったり、かばってもらったりということも時折はあった。しかし、一人前になるためには、独り立ちせねばならない。真に自分の実力だけで歩いて行かねばならないと痛感。そして、誰もを納得させねばならない。しかし、それは可能であるということも、これまでの経験上、分かった。
そのためのポイントは最も難しい道を行くこと。敵は常に口を封じようとする。しかし、語りなさい。語りやめないで、 勇気を持って証しを続けなさい。重要なのは、サポートしてくれる人がいるかいないかではなく、主にあって、自分自身の中にある霊的中心性を手放さないこと・・・。

いいですか、考えられる限り、一番困難な道を行きなさい。人に誤解されることも、嘲られることも、 踏みにじられることも、見捨てられることも、讒言されることも、疑われることも、中傷されることも、 何もかも覚悟し、すべての重荷を負って、他の誰よりも著しく困難な道を行けば、必ず、見ている人は、 すべてそれが冗談でもなければ、私怨でもなく、信念から出た行動であることをやがて確信せざるを得なくなる。
しかし、その荷は私が自分で背負うのではなく、主が負って下さる荷。だから、人が負わせる荷に比べれば軽いのです。

私はこの先、他人の善良さにはもう期待しないでしょう。周りにいる人がたまたま良い人で、
理解と思いやりがあるから、その人にサポートしてもらえたおかげで、運よく何かが好転した
などと決して思われたくない。松葉杖を一切捨てて、自分自身で歩いて行かねばならないし、
そうする時に初めて、自己の尊厳が着いて来るわけです。私は本当にすべてのことの手柄を
自分だけのものにしておきたい。それは自分を誇るためではなく、もはや誰にも中間搾取を
されないためなのです。 
 
* * *

さらに、最後にレジ袋無償化について。実はこのひとこと欄をもとに記事を書きかけていたので、以下に掲載しておく。

* * *

レジ袋無償配布禁止が来年4月からまことしやかに実施されるかのように報道。法整備もなされていないうちから、まるで既定路線のごとく、反対を封じ込め、国民を諦めさせようとしている。ここまで全国津々浦々のスーパーに至るまでの民間企業のサービスに国が介入するなんて、もはや社会主義国ですね!! これ、どこから始まったか知ってます? 環境省のマイバッグ運動。

要するに、プラスチックごみを減らし海洋汚染を防ぐためにレジ袋を規制するという口実なわけ。しかし、プラごみ全体の中でレジ袋が占める割合など全く証明もされていないほど微々たるもの。レジ袋の中にもプラスチック原料でないものがある。天然素材のものまで禁止するのはおかしい。それなのに、一網打尽に無償配布を禁止しようとしていることの恐ろしさ。違うでしょ、プラスチック由来のゴミ袋だけを禁止しないと、環境汚染を止めるという口実さえ成り立たないのに。理屈がおかしい。こうして、産業ゴミには規制をかけず、国民の負担になることばかり実施。それを環境のためと偽る。

かつてのマイバッグ運動は国民に強制できないとして法制局で頓挫した。今回は前回の教訓もかえりみず、法制局まで巻き込んで、強引に無理やり押し通そうとしている。そういうことをすれば、大手スーパーは打撃を受けず、中小零細の店がつぶれ、ますますシャッター街が増えるだけ。

私から見れば、これ、国家総動員体制の復活の始まりね。そのうち、買い物袋持参の上、配給の列に並ばせ、鍋や釜も全部出せって話になっていくのでは。東京オリンピックを前に、心の国家総動員体制を敷きたいだけなんですよ。今考えるべきは、除染した土をどこに埋めるかという問題であって、レジ袋の有料化じゃない!!呪われたオリンピック・・・。

でも、まことしやかに報道している割には、実際には、プラごみ由来ではないレジ袋の無償配布まで禁止する法的根拠が本当にないんですよね。無償配布したから、汚染が拡大するという因果関係も立証されてない。こんな滅茶苦茶な法律は通せないし、通ったらもはや世も末と思います。だって、無償配布が害になるという因果関係の証明がない限り、禁止する根拠がないんですから。法制局がどう出るかですよね。

もしレジ袋の無償配布が禁止できるなら、この先、何だって禁止できますよ。ホームレスへの炊き出しだって無償配布ですし、駅前でのポケットティッシュの無償配布だって同じ、理屈さえあれば、何だって禁止できることになりますよ。小さく産んで大きく育てる式に、レジ袋はほんのとっかかりで、次々と無償配布が禁止に・・・。多分、そこが狙いなんだと。国民生活はますます不自由と窮乏へ向かう。まさに恐るべき時代が到来しつつある・・・。

「産めよ、増えよ、地に満ちよ」vs.「産むな、増やすな、地から絶え果てよ」

* * *


レジ袋無償配布禁止が来年4月から実施されるなどという報道がまことしやかに飛び交っている。法整備もなされていないうちから、まるで既定路線と言わんばかりだ。

こうして盛んに報道発表することで、反対を封じ込めようとしている気配がありありと感じられる。だが、国がここまで全国津々浦々のスーパーに至るまでの民間企業のサービスに介入するなど、もはや社会主義国ではないかという印象だ。
  
要するに、プラスチックごみを減らし、海洋汚染を防ぐためにレジ袋を規制するというのが口実なのだが、プラごみ全体の中で、レジ袋が占める割合など、全く証明もされていないほど微々たるもののはずだ。

しかも、レジ袋の中にもプラスチック原料でないものがある。



画像:海洋汚染をなげくサーファーが作った「飲めるプラスチック」とは?

プラスチック製のゴミ袋だけを禁止しないと、環境汚染を止めるという口実さえ成り立たないのに。天然素材のものまで含め、無償配布を禁止するというのは、理屈がおかしいではないか。

しかも、こうして、産業ゴミには規制をかけず、国民の負担になることばかり実施。それを環境のためと偽る。

これはかつてのマイバッグ運動の焼き増しのようなものらしいが、かつて環境省はマイバッグ運動を法制化して国民に義務づけようとしたが、そこまで国民の選択を強制できないとして、法制局で頓挫したそうだ。

ところが、今回は前回の教訓もかえりみず、来年4月から必ず実施してやると、大臣らが叫び、法制局まで巻き込んで、強引に無理やり押し通そうとしている気配が感じられる。だが、そういうことをすれば、大手スーパーは打撃を受けない代わりに、中小零細の店がつぶれ、ますますシャッター街が増えるだけではないか。

以下の記事を見ると、インドではスーパーのビニール袋を禁止したが、法律は死文化しているというから、日本でも、強引に押し通したとしても、この法律の先行きは暗そうだという気がしてならない。

インドのスタートアップ企業、100%生分解性の「食べられるビニール袋」を開発」

インドでは増え続けるゴミ対策の一環としてスーパーのビニール袋は所持、使用、補完しているだけで最大19万円の罰金となる違法な物質とされました。正直なところ多くの場所でほぼ死文化している法律とはいえ違法は違法であり、賄賂目当ての悪徳警官にとっても格好の口実となります。
EnviGreen創始者である25歳のAshwath Hedgeさんはこの法律によって悩まされている人に新たな選択肢をと考え、この製品を開発しました。Hedgeさんは4年の再悦を掛けて多くの材料を研究、実験してきました。」
 
無償配布を一網打尽にしようとしているのは、有償化することによって、電話のユニバーサルサービス料のように、環境税のようなものをもうけて、政府の新たな財源にすることが狙いだからなのか。

だが、筆者から見れば、そもそもこはれ、国家総動員体制の復活の始まりだ。この政府は、東京オリンピックを前に、国民生活を統制し、心の国家総動員体制を敷きたいだけなのだ。

そのうち、買い物袋持参の上、配給の列に並ばせ、鍋や釜も全部出せという世の中に逆戻りするのではという悪寒がしてならない。今考えるべきは、除染した土をどこに埋めるかという問題であって、レジ袋の有料化ではないだろうに。

プラスチック由来かどうかも確かめず、レジ袋の無償配布を禁止したからと言って、汚染が縮小するなどという因果関係を、誰も立証できるはずがない。なのに、こんな滅茶苦茶な法律が通るようであれば、世も末だ。

レジ袋の無償配布を禁止ししたからと言って、プラスチックごみが減らないとなると、第二、第三の規制が法制化される可能性がある。

また、レジ袋の無償配布を禁止にできるなら、それを皮切りにして、この先、何でも禁止できる。ホームレスへの路上の炊き出しも禁止、駅前でのポケットティッシュの配布も禁止。チラシの配布も禁止。理屈さえあれば、小さく産んで大きく育てる式に、次々と無償配布を禁止にできる・・・。

多分、そこが狙いなのではないのと筆者は考えている。国民生活をますます不自由と窮乏へ向かわせるための策が練られているに過ぎない。さに恐るべき時代が到来しつつある・・・。

「産めよ、増えよ、地に満ちよ」vs.「産むな、増やすな、地から絶え果てよ」

* * *

以下は、誤解しないでもらいたいが、当ブログを巡る訴訟そのものを指すものではなく、その書面を置き去りにしてまで、当時、真剣に取り組んでいた別の問題のことである。

当時、裁判記録の捏造とか、証言の偽造といった問題を考慮していた。なりすましとは、裁判所で作られた不正な記録のことである。

裁判所で作られた判決は、基本的に、裁判所を出ないので(当事者がもらうものはコピー)、判決でさえ偽造されるという事件は過去にも起きている。

以前は、そんな問題については、考えてみることさえなかったが、そういう事件を防ぐためには、やはり、すべてを光のもとにさらすことが不可欠だと、私は考えるようになった。

訴訟とは、原則的に公開の手続きであるから、裁判官も、滅多なことでは、不正な判決など出せない。市民が見ているからだ。当事者も、裁判官も、自分たちは市民の目にさらされているという緊張に包まれている。だから、誰もが襟を正さねばならない。そこが、訴訟の強みでもある。

訴訟に限らず、隠れたところで物事を論じるのではなく、公の光のもとに出すことは有益だ。当ブログに過去に掲載したある人物の陳述書も、こうして公開の場に持ち出すことによって、本人の人柄、また、これを信じる人の人柄に光を当てることができたと私は考えている。

あの陳述書の内容を信じるとすれば、信じる人もそのレベルだということが証明されるだけである。

このように、怪しげな内容のものは、どんなものであれ、光の下に公然とさらすことで、その悪しき効果は半減する。そして、やはり記録が公開される訴訟というのは、ブログなどには比べものにもならない重さを持っているし、そうであればこそ、そこで話し合われる内容、下される決定には、相当な意味があるものと思う。

そういう意味で、私は仮に裁判所で不正が行われるようなことがあったとしても、それでも、裁判所が持つ権威を否定するつもりには全くならないし、訴訟や、法的手続きに対して持っている一種の畏敬の念を失うこともないだろうと思う。
  
偽造すなわちなりすましの問題については、虚偽は虚偽であることを、オリジナルとの対比によって、公然と示すことが、何より必要である。そういうわけで、「なりすまし」問題を訴えるに当たり、オリジナルを掲載しておくことが有益と考えればこそ、ひとこと欄をこの記事にまとめた。
 
* * *

アクロバティックな方法ですが、主張書面を作り上げています。記事を止めているのは、他に書き上げねばならない書類があるためで、全部を仕上げるのに、そう時間はかからないでしょう。「語らせない」「沈黙させる」「口を封じる」この流れに、全力で対抗せねばなりません。さらに「なりすましによって他人の言葉を奪う」人たちにも、全力で抵抗せねばなりません。しかし、同時に、議論を終えなければならない時を、見間違えてもいけない。いつまでも果てしなく語れば良いというものでもないのです。

それにしても、物事を公開するインパクトは大きいですよ。嫌がらせはいつも隠れたところで行われますので、その事実をそっくりそのまま、公開してあげれば良いのです。保全事件はすべて非公開。だからこそ、暗闇の中で、彼らにはやりたい放題のことができる。むろん、すべての裁判所の保全係がヘンなわけではない。多分、横浜だけでしょう。ですから、電話の録音も、決定文書も、証拠も、全部、公開の場所に引き出して、裁きに委ねましょう。そうすれば、氷が解けるようにその効果も消えて行くと思います。本当に、嫌がらせって、本人にしか分からないようにやるからこそ、いつまでも続けられるんですよ。掲示板もそうだけど、社会からの非難が集中するところに持ち出せば、辞めざるを得なくなる。

ウソの情報を信じて広めると、広めた人が罪に問われるんですね。誰かさんの陳述書とかも同じで、他人の発言を根拠にして発言するときってよほど注意しなくてはいけない。

なりすましの法則。これを警戒せねばならない。少し前までは身近な人の裏切りや讒言が問題となっていましたが、今は何気なく近づく人たちのなりすましによる簒奪。次は思いがその人自身を奪取するという問題か。なりすましは主従関係の逆転です。この逆転した関係を覆して元に戻す必要があるわけです。

* * *
  
まだまだ仕事が山積みのため、ブログ記事の更新はスローペースとなるが、それでも、やはり、主の恵みを語り続けることは有益であるがゆえ、口を閉ざすわけには行かない。

私たちの主は、最も困難な瞬間に、力強く共にいて下さる方である。そして、義に飢え渇き、神の正しい御言葉に合致する、正義の判決が欲しいと願い続けている私を、決して置きざりにしては行かれないだろうと信じている。

私は、私がこの地上から取り去られた後も、ずっと世に残り続け、多くの人たちを不自由や圧迫から解放することのできる裁きを求めている。そのためにならば、長い時間をかけて犠牲を耐える価値があると思っている。

だが、その原則は全てに共通する。朽ちる卑しいものから、朽ちない尊い永遠に残る収穫を生み出すためにこそ、我々は日夜、奮闘し続けている。そして、私たちを生かしていることば――正しい掟――の実現のためならば、目に見える地上の存在としての自分をなげうっても構わないと思うほど、私はこれを尊重している。

それは、聖書の御言葉への畏敬の念に基づくクリスチャンとしての当然の信念であると同時に、私自身の中では、この世の法に対しても、似たような畏敬の念となって表れている。私たちが求めているのは、この世の目に見える世界に、正しい掟が適用され、命令と実行が一つになる世界であり、私たち自身が、主なる神の御言葉と一つとなって、その約束の実現の中を生きる時である。それはまだ完全な実現を見てはいないが、私たちは飽くことなくその実現の日を待ち望んでいる。主の御言葉が、私たち自身をとらわれの状態から完全に解放してくれるその時を――。

だから、私たちは告白する、信じます、いつか必ず、そのようになることを。お言葉通り、僕の身になりますようにと。

「御言葉はあなたのごく近くにあり、あなたの口と心にあるのだから、それを行うことができる。」

申命記30章1~20節から

わたしがあなたの前に置いた祝福と呪い、これらのことがすべてあなたに臨み、あなたが、あなたの神、主によって追いやられたすべての国々で、それを思い起こし、

あなたの神、主のもとに立ち帰り、わたしが今日命じるとおり、あなたの子らと共に、心を尽くし、魂を尽くして御声に聞き従うならば、

あなたの神、主はあなたの運命を回復し、あなたを憐れみ、あなたの神、主が追い散らされたすべての民の中から再び集めてくださる。

たとえ天の果てに追いやられたとしても、あなたの神、主はあなたを集め、そこから連れ戻される。

あなたの神、主は、かつてあなたの先祖のものであった土地にあなたを導き入れ、これを得させ、幸いにし、あなたの数を先祖よりも増やされる。

あなたの神、主はあなたとあなたの子孫の心に割礼を施し、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主を愛して命を得ることができるようにしてくださる。

あなたの敵とあなたを憎み迫害する者にはあなたの神、主はこれらの呪いの誓いをことごとく降りかからせられる。

あなたは立ち帰って主の御声に聞き従い、わたしが今日命じる戒めをすべて行うようになる。

あなたの神、主は、あなたの手の業すべてに豊かな恵みを与え、あなたの身から生まれる子、家畜の産むもの、土地の実りを増し加えてくださる。主はあなたの先祖たちの繁栄を喜びとされたように、再びあなたの繁栄を喜びとされる。

あなたが、あなたの神、主の御声に従って、この律法の書に記されている戒めと掟を守り、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主に立ち帰るからである。

わたしが今日あなたに命じるこの戒めは難しすぎるものでもなく、遠く及ばぬものでもない。

それは天にあるものではないから、「だれかが天に昇り、わたしたちのためにそれを取って来て聞かせてくれれば、それを行うことができるのだが」と言うには及ばない。

海のかなたにあるものでもないから、「だれかが海のかなたに渡り、わたしたちのためにそれを取って来て聞かせてくれれば、それを行うことができるのだが」と言うには及ばない。

御言葉はあなたのごく近くにあり、あなたの口と心にあるのだから、それを行うことができる。

見よ、わたしは今日、命と幸い、死と災いをあなたの前に置く。

わたしが今日命じるとおり、あなたの神、主を愛し、その道に従って歩み、その戒めと掟と法を守るならば、あなたは命を得、かつ増える。あなたの神、主は、あなたが入って行って得る土地で、あなたを祝福される。

もしあなたが心変わりして聞き従わず、惑わされて他の神々にひれ伏し仕えるならば、

わたしは今日、あなたたちに宣言する。あなたたちは必ず滅びる。ヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、長く生きることはない。

わたしは今日、天と地をあなたたちに対する証人として呼び出し、生と死、祝福と呪いをあなたの前に置く。あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにし、

あなたの神、主を愛し、御声を聞き、主につき従いなさい。それが、まさしくあなたの命であり、あなたは長く生きて、主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた土地に住むことができる。

村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(29)―彼のものは一切、債権者に奪われ 働きの実りは他国人に略奪されるように。

本日、筆者の中で何かの一線を超える出来事があった。筆者の中でいよいよ堪忍袋の緒が切れたのである。

杉本が筆者の用意した供託書の内容では供託ができず、自分には債権債務はないと告げ、債務を支払うつもりもないのに、直接、口座間でやり取りをする必要性があるかのように告げて来てから、筆者は二度と杉本には返信しないことを決意していた。

支払いの意思を示さない人間に個人情報など伝える必要は全くない。そして、供託書は最後の温情であるから、これに従わないのであれば、筆者の側からは一切の救済措置はない。

筆者は今日になって、もうこれ以上、被告らにいかなる発言の機会をも与えてはいけないこと、彼らにお伺いなど絶対に立ててはならないことを理解した。

杉本はただ単に賠償金の支払いを拒んでいるだけではない。そもそも彼は負けを認めておらず、この紛争は、どちらか一方の陣営が、完全に社会的に抹殺されるまでずっと続くことであろう。

これは激しい霊的戦いであって、通常の紛争とはわけが違う。筆者が人間としての情けから、敵に猶予を与えれば、自分が死に直面することになるだけだと分かったのである。

裁判官の与えてくれた判決は、被告の意志次第で変更できるようなものではない。ところが、取立という名目で、筆者が被告に接触すれば、被告はその機を最大限に利用して、自分にとって都合の良い言い訳をひたすら並べ、筆者を自分の要求に従わせようとして来る。あわよくば、判決内容さえを自分に都合よく変えようとして来る。

そこで、これ以上、筆者は敵の意思を問うたり、敵に猶予を与えることをしてはならず、そのようなことは、筆者の尊厳をいたく傷つけ、筆者に死以外の何物ももたらさない行為だと理解した。

ところで、先の記事の中で、筆者は訴訟において提出する準備書面は、裁判官に宛てたラブレターのようなものだと書いた。だが、このことを、筆者は訴訟が始まった時からすぐに自覚していたわけではない。

そもそも紛争などというものには、当事者でさえ、積極的に関わりたいとは願っていないので、裁判が始まった頃の筆者には、裁判所の人々が最初から身近な人々に見えていたわけではない。むしろ、できるだけ早く決着をつけて、この事件の関係者とは関わらなくて済む日が来るのが、皆にとって最善だと考えていた。
 
また、被告らとはつきあいが長かったので、当初は、裁判所の人々よりも、被告の方がリアリティを持つ存在のように見えていたほどである。持ち前のお人好しさや人間的な甘さから、筆者はこの訴訟の途中で、被告らが何とかして自分の行動の誤りを悟り、良心の呵責を覚えて、少しでも生き方を改めてくれるのではないかといった楽観をも持っていた。
 
だから、筆者は書面を通して被告らに語り掛けようと試みた。被告らに対する厳しい叱責と非難と忠告の言葉を並べながらも、それが筆者から彼らに向けた真心のこもった「ラブレター」だと述べたことさえあった。

ところが、その関係が、裁判の途中で逆転して行った。筆者は書面を通して語りかけねばならない相手は、被告ではなく、裁判官であることに気づいた。口頭弁論の最中、ほとんど何も発言しない裁判官であったが、彼にははっきりと自らの判断があり、考えがあり、計画があり、筆者を守ろうという思いがあることが分かり、この人に判断を委ねなければならないということに気づき始めた。

そこで、書面を提出する目的も、被告の主張を論破することが第一義的課題であってはならないと途中で気づいたのである。

これは極めて、本当に極めて重要な気づきであった。だが、残念なことに、その気づきは長くは続かず、一審の最後の口頭弁論が終わり、裁判官に宛てて書面を書くこともなくなって以後、筆者はまたしても、被告との差し向かいの牢獄に閉じ込められ、その上、掲示板の嵐のような誹謗中傷が追い打ちをかけた。

筆者は、心を圧迫され、どこにも助けを求めようのない、出口のない状態に置かれ、頭を抱えて嵐が過ぎ去るのを待つ人のように、自力でそれに耐える以外には、何ら方法のない受け身の状態に置かれたかのようであった。

唯一できることは、ただひたすら彼らの嘘を論破することだけであった。

一審判決の言い渡しが、筆者にとって大きな緊張を伴うものであったのは、ただ単に、それが事件の真の終わりにならないという予感が伴ったためだけではない。ようやく築き上げられた裁判官との信頼関係が断ち切れれば、筆者はその後、誰に向かって、何を訴えれば良いのか分からなかったためでもある。

実際、一審判決言い渡し後、賠償金を取立てるためには、筆者は自ら被告に接触する以外に方法がないという状況に置かれた。

これはまさに地獄のような状態への逆戻りであったと言える。だが、その状態にも二審を前に、いよいよ新たな体制が組まれ、書面の送り先も決まり、手続きが開始してから、終止符が打たれた。

筆者には、自分の主張をこれから誰に向けて提示すべきかが見えて来たので、ようやく自分の陥れられていた恐るべき密室状態に、風穴を開けることができたのである。

そこから、脱出口が見えて来た。筆者は、もうこれ以上、取り合う価値のない被告らのごたく(控訴審では被控訴人だが、あえて被告としておく)に注意を向けたり、彼らにお伺いを立てたり、彼らに眼差しを注いだりしなくて良いことが分かった。

見るべき人を見、掴むべき目的を見失わないようにしなければならない。

筆者はまだ二審を担当する3名の裁判官に会ったこともないが、全身全霊のSOSと共に、この人々のもとに駆けこまねばならない。そして、わき目も降らず、彼らの与えてくれる判決をつかみ取り、それを抱えたまま、まっしぐらに前に走り、二度と絶対に被告らの方を振り返ってはいけないし、彼らに発言の機会を与えてもならないということを理解した。

まだ審理が始まってもいないうちから、それが分かった。被告らを振り切り、なおかつ、彼らを合法的に二度と追って来られない場所へ追いやらねばならないのだと。モーセの率いる民とエジプト軍が、紅海で隔てられたようなエクソダスである。

それが明白に分かった時、紛争はまだ続いているが、同時に終わっていること、これを終わらせるのは、筆者自身の意思と決断によることも分かった。

そういうわけで、本日、筆者の前には、二つの手続きが目の前に置かれていた。命につながる手続きと、死につながる手続きとである。死につながる手続きとは、筆者が被告の意思を問うもので、この手続きは、筆者を再び牢獄へ連れ戻そうと、残酷な本性を発揮して、筆者を思い切り打ちのめし、痛めつけた。だが、筆者は獄屋の刑吏の手から逃れるように、そこから逃げ出し、命につながる手続きを掴んだ。

死につながる手続きは、あらん限りの力で、筆者の前進を妨げようとしたが、命につながる手続きは、すべてぎりぎりのところで予定通り達成された。

夜になって、高裁に宛てて申請書を出すために、郵便局の夜間受付窓口へ走った。右折車線に並ぶために車線変更しようとしたが、入れてもらえなかったので、仕方がなく直進し、Uターンして左折すると、筆者を入れてくれなかった行列がまだ停車しているうちに、目的の道へ進むことができた。

こういうものなのだなと思った。これ以上、開かない扉を叩き続けてはならない。遅々として進まない行列に入れてもらおうとしてはいけない。むしろ、遠回りに見えても、青信号に向かってまっすぐ走りなさい。その方がはるかに早く目的地に着けるだろう。

そういうわけで、筆者は、一見、遠回りに見えても、被告の意思を問わず、各種の手続きを次々と実施することにしたのである。

これが命へつながる手続きである。その手続きには、誰一人、反対する者もなければ、滞らせる者もなかった。筆者は時刻ぎりぎりで駆け回っていたが、何もかもが予定通りに達成された。それを見たとき、改めて、これがゴーサインで――神の御思いは、きっとここにあるのだろうという気がした。

筆者の脳裏に、以下の詩編の御言葉が思い起こされる。

特定の人間に向けるには、あまりに残酷すぎるように思われるダビデの言葉である。多くの信者たちは、この御言葉を読んで、さすがのダビデも、私怨には打ち勝てなかったとか、悔しさがにじみ出ている――などと思うかも知れない。これはダビデの神へ向けた愚痴だと言う人もあるかも知れない。

だが、筆者はそうは思わない。これはダビデが聖徒らの代表として、霊的な敵に向けたふさわしい宣告なのである。

聖書には、サタンに対する厳しい裁きの宣告は、あちこちで語られているが、それはあくまで神のなさるわざであり、信仰者個人が、ここまで容赦のない宣告を敵に向けた箇所は、聖書の他の場所では、そうあまり多くは見られない。

だが、筆者は、これは比喩でなく、暗闇の勢力に真実、発せられねばならない当然の宣告であることを思う。

人々は以下の詩編を「呪いの言葉」と理解するかも知れないが、ダビデは、ここで、敵の発した呪いの言葉を、敵に向かって返しているだけである。

ここでダビデは、彼を絶え間なく悩ませ、神と聖徒らに敵対する者たちに、太刀打ちできない敵対者が起こされるように、彼らが裁きによって罪に定められ、祈りが聞かれないようにと願っている。

さらに、彼らの地位が取り上げられ、家が取り上げられて、彼らのすべての財産が債権者に取り上げられ、働いても、働いても、その実りはすべて他人のものとなり、家族が路頭に迷い、極貧の状態に落ち込み、子孫が絶え果て、ついには地上から彼らの名が消し去られるように、と願っている。

すさまじい宣告に聞こえるかも知れないが、筆者は、これは何ら行き過ぎた宣告でもなく、不適切な内容でもなく、ただ単に峻厳な霊的事実を告げたものに過ぎないと思う。

これは暗闇の勢力に対する極めて妥当な宣告なのだということが、今ならば、はっきりと分かる。

筆者が誰かの身の上にこのような事柄が成就することを望んだのではない。筆者は幾度も、幾度も、敵にチャンスを与えたにも関わらず、彼らが自ら悔い改めの機会を拒みながら、筆者の情けを嘲り、破滅へ向かって走っているのである。

そこで、筆者は彼らの発した呪いの言葉を、ダビデと同じように、彼ら自身に跳ね返すと同時に、慰め主なる方のもとへ向かって一目散に逃げ込む。

神よ、あなたはこの状況を御存じです。私たち聖徒らがどれほど侮られ、嘲られ、助けない状況に置かれて、踏みにじられて来たか、あなたはすべてご存じです。報復なさる方よ、公正で真実で人を偏りみない方よ、私はあなたに裁きを委ねます。どうか敵に対して、あなたの正しい宣告を、あなたの容赦のない裁きの宣告を発していただきたいのです。そして、あなたが私たちに与えて下さった救いの確かさと、あなたの愛の大きさを、今一度、私たちに見せていただきたいのです。

私たちは、あなたを信頼しています。どのような状況にあっても、あなたが正しい方であり、私たちを苦難の中に見捨てておかれない方であることを知っています。

* * *
 
「彼に対して逆らう者を置き
 彼の右には敵対者を断たせてください。
 裁かれて、神に逆らう者とされますように。
 祈っても、罪に定められますように。

 彼の生涯は短くされ
 地位は他人に取り上げられ
 子らはみなしごとなり
 妻はやもめとなるがよい。

 子らは放浪して物乞いをするがよい。
 廃墟となったその家を離れ
 助けを求め歩くがよい。

 彼のものは一切、債権者に奪われ
 働きの実りは他国人に略奪されるように。

 慈しみを示し続ける者もいなくなり
   みなしごとなった彼の子らを
 憐れむ者もなくなるように。

 子孫は断たれ
 次の代には彼らの名も消されるように。
 主が彼の父祖の悪をお忘れにならぬように。

 母の罪も消されることがないように。
 その悪と罪は常に主の御前にとどめられ
 その名は地上から断たれるように。

 彼は慈しみの業を行うことに心を留めず
 貧しく乏しい人々
 心の挫けた人々を死に追いやった。

 彼は呪うことを好んだのだから
 呪いは彼自身に返るように。

 祝福することを望まなかったのだから
 祝福は遠ざかるように。

 呪いを衣として身にまとうがよい。
 呪いが水のように彼のはらわたに
 油のように彼の骨に染み通るように。

 呪いが彼のまとう衣となり

 常に締める帯となるように。

 わたしに敵意を抱く者に対して
 わたしの魂をさいなもうと語る者に対して
 主はこのように報いられる。」(詩編109:6-20)

村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(18)―愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。

 「神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。こうして、愛がわたしたちの内に全うされているので、裁きの日に確信を持つことができます。この世でわたしたちも、イエスのようであるからです。

愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。なぜなら、恐れは罰を伴い、恐れる者には愛が全うされていないからです。

わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。」(一ヨハネ4:16-21)

さて、このとこと筆者は複数の仕事を果たさねばならず、かけもちで忙しい。掲示板では、反カルト陣営の抑えがたい凶暴性、悪質性が表面化している様子で、魔女狩り裁判をしたくてたまらない人々が次の獲物を求めて集まっているようだ。


 
やれやれ、牧師が信徒を訴えたくてたまらない時代。何という恐るべき曲がった世の中になったことだろうか。

このようなことが起きることを予見して、当ブログでは再三、牧師制度の悪なることを主張し、牧師制度から離れるよう読者に警告して来た。牧師制度は撤廃するしかない、そういう明白な結論が出るところまで来たと筆者は考えている。

ちなみに、信徒を刑事告訴した牧師などは、筆者が知っている限り、日本にたった二人しかいない。いみじくも二人とも筆者の知り合いで、これには運命の数奇な縁を感じる。
 
一人目は、KFCの元信徒を訴えた唐沢治だが、この件は、後になって、筆者自身が唐沢の告訴の正当性に疑問を抱くようになり、筆者の他にも、「呪いの予言はあった」と証言する人物が現れるなど、虚偽告訴だった可能性が指摘されている。

二人目は、村上密で、何とこちらは筆者を告訴したという記事を発表、すでに記事が削除されている以上、この情報の真偽の程は定かでないが、事実であれば、こちらは虚偽告訴罪を主張する構えでいることも、すでに記事に記した通りである。

いずれにしても、牧師が信徒を訴えるという行為が、どれほどキリスト教の精神に反するものであるかは、今更、説明するまでもない。村上は、筆者が理由なく村上を悪魔扱いしているかのように非難していたが、黙示録には、こうあるではないか。我々の兄弟たちを告発する者、昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者」(黙示12:10)。悪魔の主要な特徴は、救われた兄弟姉妹を告発することにある。だとすれば、筆者に反訴を予告したり、告訴を予告する行為は、これに該当しないと言えるだろうか。
  
なぜ牧師が信徒を告訴するなどという恐るべき出来事が起きるのか。それは、牧師という職業そのものが、「神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。」(一テモテ2:5)の御言葉に反し、神と人との間に、目に見える「代理権威」としての人間を置こうとする制度だからである。

人間に過ぎない者が、神と人との仲保者であるキリストになり代わろうとするなど、筆者に言わせれば、まことの神への反逆、とてつもない高慢である。にも関わらず、そのような恐るべき地位の略奪(=キリストの地位の略奪)をしようとするからこそ、これらの牧師たちには、あたかも自分こそ神であるかのような錯覚が生じ、「自分に盾突く者はどんな手段を使ってでも社会的に抹殺したい」といった残酷な欲望が生じるのである。
 
私たちはこのような現象を見て、神と自分たちの間に、宗教指導者という「代理権威」を置くことがいかに忌むべき行為であるかを理解し、牧師制度に服することを拒否して、見えないキリストだけにより頼んで信仰生活を送るべきである。

牧師たちの暴走は、カルト・反カルトどちらの陣営をも問わず、自己を現人神とする牧師制度ある限り、今後も発生し続けるのである。

さて、村上密の率いる反カルト運動に深い影響を受けた信者らが、村上がブログで新たな団体や信者を「カルト認定」する度に、村上に倣って、村上が標的とした人物や団体に集団で人権侵害の記述を繰り返して来たことは、周知の事実である。

反カルト陣営は10年以上にも渡り、他宗教の信者のみならず、キリスト教徒の中から「獲物」を見つけては、バッシングに及ぶことによすがを見いだしており、村上はこれらの人々に、獲物をくれてやるがごとくに話題を提供する役目を担って来た。

そして、今や彼らは筆者をも獅子の穴に投げ込んだつもりでいるらしい。

だが、筆者には訴えられる理由もなければ、キリスト教徒としてのいかなる信仰的逸脱もないため、筆者はこうした話を全く意に介しておらず、かえって牧師たちこそ、訴えられて倒れると心に確信している。このような時には、ダニエル書6章の記述を思い出すだけで良い。
 

「ダリヨスは全国を治めるために、その国に百二十人の総督を立てることをよしとし、また彼らの上に三人の総監を立てた。ダニエルはそのひとりであった。そこで総監および総督らは、国事についてダニエルを訴えるべき口実を得ようとしたが、訴えるべきなんの口実も、なんのとがをも見いだすことができなかった。
 「われわれはダニエルの神の律法に関して、彼を訴える口実を得るのでなければ、ついに彼を訴えることはできまい」と。

こうして総監と総督らは、王のもとに集まってきて、王に言った、
 「すなわち今から三十日の間は、ただあなたにのみ願い事をさせ、もしあなたをおいて、神または人にこれをなす者があれば、すべてその者を、ししの穴に投げ入れるというのです。それで王よ、その禁令を定め、その文書に署名して、メデアとペルシャの変ることのない法律のごとく、これを変えることのできないようにしてください」
そこでダリヨス王は、その禁令の文書に署名した。

ダニエルは、その文書の署名されたことを知って家に帰り、二階のへやの、エルサレムに向かって窓の開かれた所で、以前からおこなっていたように、一日に三度ずつ、ひざをかがめて神の前に祈り、かつ感謝した。

そこでその人々は集まってきて、彼らは王の前にきて、王の禁令について奏上して言った、
 「王よ、あなたは禁令に署名して、今から三十日の間は、ただあなたにのみ願い事をさせ、もしあなたをおいて、神または人に、これをなす者があれば、すべてその者を、ししの穴に投げ入れると、定められたではありませんか」
 王は答えて言った、
 「その事は確かであって、メデアとペルシャの法律のごとく、変えることのできないものだ」

そこで王は命令を下したので、ダニエルは引き出されて、ししの穴に投げ入れられた。王はダニエルに言った、
 「どうか、あなたの常に仕える神が、あなたを救われるように」
そして一つの石を持ってきて、穴の口をふさいだので、王は自分の印と、大臣らの印をもって、これに封印した。これはダニエルの処置を変えることのないようにするためであった。こうして王はその宮殿に帰ったが、その夜は食をとらず、また、そばめたちを召し寄せず、全く眠ることもしなかった。


こうして王は朝まだき起きて、ししの穴へ急いで行ったが、ダニエルのいる穴に近づいたとき、悲しげな声をあげて呼ばわり、ダニエルに言った、
 「生ける神のしもべダニエルよ、あなたが常に仕えている神はあなたを救って、ししの害を免れさせることができたか」
ダニエルは王に言った、
 「王よ、どうか、とこしえに生きながらえられますように。わたしの神はその使をおくって、ししの口を閉ざされたので、ししはわたしを害しませんでした。これはわたしに罪のないことが、神の前に認められたからです。王よ、わたしはあなたの前にも、何も悪い事をしなかったのです」

そこで王は大いに喜び、ダニエルを穴の中から出せと命じたので、ダニエルは穴の中から出されたが、その身になんの害をも受けていなかった。これは彼が自分の神を頼みとしていたからである。
 王はまた命令を下して、ダニエルをあしざまに訴えた人々を引いてこさせ、彼らをその妻子と共に、ししの穴に投げ入れさせた。彼らが穴の底に達しないうちに、ししは彼らにとびかかって、その骨までもかみ砕いた。」

 
 
ダニエルは、人間である王に祈願を捧げるよう求められたが、神への礼拝を続けて、その命に従わなかった。それゆえ、罪を着せられてライオンの穴に投げ込まれた。

しかし、神はダニエルを守られ、彼は無傷で出て来た。それを見て、王はダニエルの神が本物であることを知り、かえってダニエルを訴えようとした人々を獅子の穴に投げ込む。

村上密のブログは、筆者から見て、キリスト教徒を吊し上げ、教会を断罪するための暗闇の勢力の要塞と化している。杉本徳久のブログも同様で、彼らのブログの真の狙いは、キリスト教徒を迫害することにこそあると筆者は見ている。

そして、当ブログ執筆者が杉本を敗訴に追い込む前後から、反カルト陣営がキリスト教徒をバッシングする場は掲示板に移った。
   
これら反カルト陣営の人々は、獲物を求める殺気立った獣のように振る舞っているが、彼らがどうしても否定したい事実が一つある。それは、彼らが信奉する牧師たちが、すでに刑事告訴されていることだ。ダニエル書にある通り、無実のキリスト教徒は、讒言されても、罰せられず、害も受けないが、無実のキリスト教徒を訴えた者たちには、防御の方法がない。

キリストの贖いの血潮により頼まない者たちが、キリスト教徒を訴えた場合、彼らには小羊の血潮という防御の盾がない分、ダニエルを悪しざまに訴えた人々と同様の末路が待ち受けている。

* * *
 
さて、村上が筆者を刑事告訴したという記事を投稿した際、筆者がただちに村上を虚偽告訴罪に問うという反論記事を発表したので、村上はこれにひるんで、わずか数時間も経たないうちに、記事の削除に及んだことはすでに述べた。

その際、注目すべき出来事が起きた。村上は筆者に対する記事を削除したのみならず、ただちにそれを自分が五次元スクールによって名誉毀損で告訴されたという別の内容の記事に差し替え、筆者に向けた非難の矛先を、自分自身に向け変えたのである。

その行動に、筆者は村上の恐怖心を見た気がした。

おそらく、村上は筆者に恐怖を抱かせる目的で、筆者を告訴したとする記事を投稿したと見られるが、筆者がこれに全く動じず、かえって村上の告訴を罪として非難したので、恐れは村上自身に跳ね返ったのである。

筆者は何年来、反カルト陣営からのいわれのない讒言に立ち向かって、霊的戦いを続けて来たし、ここ数カ月間は特に「一日中死にさらされ」ていると言って過言でない状況であったので、こうした出来事にどう対処すべきかは、すでに十分に学んで来ていた。

私たちの罪の債務証書は、すでに十字架の上で破り捨てられ、無効とされている。そうである以上、私たちを罪に問おうとするいかなる試みも、最終的には効力を失うと決まっている。私たちには、「我々の兄弟たちを告発する者、昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者」(黙示12:10)に対抗するために、最強の武器が与えられている。それは、小羊の血と自分たちの証しの言葉とで、彼に打ち勝(黙示12:11)ことである。

だから、このような状況下での防御の方法は、より入念に過越しのキリストの贖いの血潮の下に隠れつつ、死に至るまで忠実な信仰を持ち続け、証の言葉を公然と掲げることである。

それに引き換え、村上は筆者から虚偽告訴罪に問うと言われ、筆者からの報復と、世間の評判を失うことを恐れて、記事を削除したのである。
 
このような戦いでは、恐れた方が負けである。人には自ら恐れることが、実際となるからである。私たちが恐れないでいられるのは、神を愛しているからであり、また、神が私たちのために独り子を十字架につけて下さった深い愛を知り、生きている限り、その愛に応え、御言葉に従いたいという願いを持っているからである。

聖書に次のように書かれている通りである。

愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。なぜなら、恐れは罰を伴い、恐れる者には愛が全うされていないからです。」(一ヨハネ4:18)

神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。」(コロサイ2:13-15)

もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまずに死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。

だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義としてくださるのは神なのです。だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。

だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。「わたしたちは、あなたのために一日中死にさらされ、屠られる羊のように見られている」と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利をおさめています。」(ローマ8:31-37)

 
村上が筆者に向けるつもりだった不吉な予告を、自分自身へ向け変えたことは、非常に予表的な出来事であったと筆者は感じている。

五次元スクールによる村上への告訴は、以下に示す記事でも指摘されている通り、極めて些末な問題であったため、村上は不起訴になって事件はすでに終わっているが、これから村上に起きる出来事は、もはやそのようなスケールでは終わらない可能性があるからだ。

村上は筆者を有罪に追い込みたかったのであろうが、その決意を確固たるものとして貫き通すことができず、かえって神と人との前で、公然と「兄弟たちを告発する者」(=悪魔)と呼ばれる恐れに耐え得ず、記事における非難の矛先を筆者から自分自身へと向け変えた。

この事実は極めて大きい、と筆者は思っている。

はっきり言えば、主と共なる十字架において、自分の罪が確かに赦されたという揺るぎない確信を持たない者が、このような記述を行ったことを、神も見逃されないであろうし、悪魔と暗闇の勢力も当然、見逃さないだろう。(人には自分で心に信じて予告した事柄が実際となって降りかかるのである。)

1.差し替え後の記事
村上が筆者に対する記事を削除後、自分が五次元スクールから刑事告訴されたことに言及し、告訴状作成から刑の執行までの流れを記した記事
刑事告訴




2.差し替え前の記事
村上が削除した筆者に対する記事の後半
(同じ文面を村上が後になって、自分自身に向けて書き換えた様子が分かる)

 


* * *

さて、村上が五次元スクールからどのような理由で告訴されたのかについては、以下の記事に詳しい。
 

オタクで結構コケコッコー

(該当部分のみ抜粋)

村上さんを名誉毀損で刑事告訴するきっかけとなったのは、
村上さんがブログ上に五次元スクールで販売してるカレンダーの値段を
本当の価格1080円ではなく、12000円と書かれてた事でした。
値段を間違えてただけじゃんとかほんとやめてくださいね...(−_−;)
明らかに許される範囲の間違い方ではないです。
(お金をぼったくってるみたいな事も他の記事に書かれてましたし)
値段を正して欲しいと村上さんにお願いしても聞いてもらえず。
それなら他の手を探して、間違いを正してもらうという当たり前のことをしたまでです。

以前、五次元スクール生数名がブログに書かれてる内容を訂正してもらうために、
直接に村上さんと話しに行ってくれたことがありました。
その時、私が作成したとなぜか思われてる「村上密 悪事を暴く!!」のサイトも違うと
言ってくれたみたいなんですが、村上さんは...
「やってないなら有希が訴えれば良いんですよ」とおっしゃったそうです。\(-_-;) オイオイ

残念ながら今回は不起訴となってしまいましたが、
訴えたからこそ村上さんは五次元スクールに関する記事を非公開にするしかなくなった。
とりあえず、今は嘘の情報を広めるのをやめてもらえてて、おたっきーは嬉しいです。

村上さんご自身のブログに書かれてあった
“このようなことは人の名誉にかかわることなので
慎重に事実を確認してから書くものである。”

ほんとそれな。
“慎重に事実を確認してから書くものである。” とご自身がおっしゃった言葉通り、
事実を確認してから書いていただきたいものです。
沖縄県のみなさま、沖縄県知事選での自民公明党の敗北おめでとうございま~す。その他キリスト教界で有名になっていたアガック竹内一雄事件(準強姦、借金で虚偽提訴された人物)の真実とこの民事裁判でアッセンブリーズオブゴット教団の村上 密牧師が使った汚い手段

(該当部分のみ抜粋)

今から3年半ほど前に、アガック竹内一雄事件というものがキリスト教界で有名になっていた(刑事事件ではない)。
このアガック竹内一雄という人物は、キリスト教界の中では異端とされているペンテコステ(聖霊派)のカリスマ派の牧師(キリスト教系新興宗教)。
この竹内一雄が運営するキリスト教会に一人の女性(子持ち)が集うようになった(最初はカウンセリング 家庭の悩み事の相談だったようだが)。
後にこの女性信者と竹内一雄は恋愛関係に、そしてその女性は竹内一雄の婚約者となるも最終的には女性関係でもめ(浮気だったようだが)、竹内一雄はこの元婚約者だった女性信者から民事で訴えられた、ざっとこんな内容だ。
しかし、その訴状自体が笑ってしまうものだった。

その女性信者は竹内一雄と婚約までしていながら、竹内一雄を準強姦で提訴(裁判官らが事実認定するワケがない)。

おまけに、原告女性が竹内一雄に貢いだお金(全額だったかは不明だが)は、貸したお金だった、として返還要求。
しかし、私の調べでは(友人、知人に聞き込んだ)原告女性は「道で大金を拾ったから(竹内一雄の)通帳に振り込んでおくね」と竹内一雄にお金を渡した内容のメールを送信していた。
案の定、そのメール内容が竹内一雄から裁判所に証拠として提出されたのだ、勝てるワケがない。
ということで一審は原告の敗訴、まあ当然でしょう。

まあ、こんな話はたまに起きるであろう怨恨話だと思うが(私の周囲には嘘までついて提訴するような人間はいないが)。

この馬鹿らしい怨恨訴訟でなにが一番解せないか、というと

この原告女性を支援していたアッセンブリーズオブゴット(略してAG)教団の有名らしい(私は知らなかったが)村上 密氏という牧師がやったことがクズすぎて解せないのだ。
村上 密氏はろくに事実関係を調べもせず、この元婚約者である女性信者の言っていることを鵜呑みにし裁判支援(北海道のテレビにまで出て嘘をばら蒔いたのだ)。
その他、この元婚約者である女性信者の訴えが事実かどうかも確認しないまま、竹内一雄を準強姦の犯罪者扱いをした上、借金を踏み倒した悪人としてブログで記事にしネットで拡散(自分だけではなく大勢の信者を使ってブログの記事させてニセ情報を拡散させていた)。

そして、しまいにAERAという雑誌にまでこの嘘記事を書かせている。
そして、裁判が終わった後もこの牧師(村上 密氏)の悪事は現在も続いている。
民事裁判にて、元婚約者である女性信者の訴え(準強姦及び貸金)が事実ではなかったことがはっきりしたにも関わらず、過去に流した嘘記事を訂正も削除もせず(勿論謝罪もしていないだろう)ずっと流し続けているのだ。
誤解があると困るので書いておくが、私は竹内一雄を擁護しているわけではない。
むしろ、絶対に近づいてはならない人物として色んな人に警告していた側なのだ。

しかし、虚偽の訴えで人を裁いているような人間には我慢がならない、非常に不快なのだ。
 

* * *
 
ここで指摘されているような無責任なデマの拡散は、村上だけでなく、類は友を呼ぶ式に、村上を取り巻いている反カルト陣営のおよそすべての人々に共通する行動である。

彼らのやり方はこうである。裏が取れようと、取れまいと、証拠があろうと、なかろうと、とにかく自分たちがターゲットとみなした人間について、さんざん悪評をまき散らす。そして、訴えられる段になって、ようやくデマの拡散をやめ、削除を命じられれば、記事を部分的に削除したり、書き換えたりという行為には及ぶものの、根本的な反省はなく、さらに、敗訴しても賠償金さえ速やかに支払わないのだから、もはやヤクザのレベルだと言って差し支えない。

明らかに、この人々は信仰者の名に値しないだけでなく、すでに人の道からも外れかかっていると言えよう。

筆者はこれまでの経験に立って言うが、当事者でない人間が、誰かを擁護するために騒ぎを煽る場合には、必ず、ある種の行き過ぎに陥り、当事者よりももっと厳しい処罰を受けてしまうという法則性のようなものがある。

これは杉本ブログに愚痴を書き込んで告訴されたKFCの元信徒にも当てはまるし、掲示板にたむろしている村上の信奉者たちや、坂井能大の裁判にも当てはまる。当事者でもない人間が、確たる証拠を握っていないのに、誰か他人の言い分を鵜呑みにして、その言い分を補強しようと、(たとえば、ある人物が犯罪を犯しているなどと)、他人の名誉を傷つける投稿を続けていると、そういう人間が、真っ先に訴えられるリスクを負うのである。

つまり、指導者の罪を、信者がかばおうとした場合、かばおうとした信者の方に、先により重い責任が降りかかる可能性が高いということである。

そこで、村上密の不確かな記述を鵜呑みにして、中傷を言い広めている人たちは、村上本人よりも、先に責任を負わされる可能性があることをよくよく考えてみるべきであろう。村上自身が、証拠がないまま記事を書いているのであれば、それを鵜呑みにした信者らが訴えられた際、彼は何らの手助けもしてくれるまい。

そして、筆者はこのようなことこそ、偽預言者たちが最も望んでいることではないかと考えている。つまり、偽りの宗教指導者は、自分自身が神の御言葉に逆らい、破滅へ向かって突き進んでいるだけでなく、その破滅に、可能な限りの大勢の無関係な信者たちを巻き添えにするためにこそ、取り巻きを通じてデマを拡散させるなどの行為に及び、多くの信者たちに罪を負わせるのである。


* * *
 
さて、村上は以上に挙げた五次元スクールから告訴されたという記事に、自分が告訴されたことについては反省もなく、得意気に次のように書いている。

「私が持っていた訴えた側の資料が大量に警察の手に渡った。まさか、そんなことが起きるなんて考えなかったのだろう。墓穴を掘ると言う言葉があるが、まだ墓穴には入っていない。しかし、日本での活動がしにくくなったのではないか。」

これは村上が五次元スクールを何とかして「墓穴」に陥れ、日本から追い出したいと願っている意図がよく感じられる記述である。だが、筆者が知っている限り、警察は被告訴人の側から、事件とは直接的な関係のない「大量の資料」が提出されたからと言って、それを精査して、何らかの結論を下すようなことはしない。それは別個の問題として扱われる。まして、それが宗教的な対立や紛争となれば、なおさら、警察はその資料について踏み込んだ捜査をしないであろう。

従って、五次元スクールを壊滅に追い込みたいなら、村上自身がその資料を用いて刑事告訴に踏み切るしかない。だが、彼は被害者でないので、告訴はできないであろうし、被害者がいたとしても、そこまでの措置に踏み切る証拠と決意があるかは定かではない。

従って、村上のこの記述は、明らかに、自分が疑いをかけられて追及される側に回ったという失態を棚に上げて、かえって自分が五次元スクールを追い詰めた事実があるかのように、虚勢を張るものである。そういうことも分からないまま、村上の信奉者たちが彼の記事を鵜呑みにして騒いでいることは、まことに愚かとしか言いようがない。

また、村上は筆者に対する記事でもこう書いていた、

「彼女は、裁判の中で私が反訴を口にすると、「反訴の脅しをかけた」と4月13日の記事に書いている。裁判を仕掛けた人が言う言葉ではない。」
 
これも藪蛇や墓穴と言わずして何と言うのだろうか。村上はこの記事で、自分が「反訴を口に」したとはっきり認めている。
 
ちなみに、裁判において、無実を主張することと、反訴を口にすることは、全く別の事柄である。

筆者が杉本と村上の両名を被告として訴えたのは、杉本が20本以上の筆者に対する名誉毀損の記事をブログに投稿し、その際、誰が杉本に筆者の個人情報を渡したのか分からず、村上以外に思い当たる人物もいなかったためである。

しかし、一審において、村上はそうした事実があったとは認めず、証拠も出て来なかったので、村上には杉本との共同不法行為は認定されていない。

だが、村上はいかに自分が訴えられたことを不快に思っていたとしても、本来ならば、牧師として、杉本の行為をいさめるべき立場にあったことは確かであろう。それが、杉本と一緒になって、筆者を罵ったメールを書証として提出したり、杉本と一緒になって、筆者が彼らの提案する和解条件を飲まなければ、反訴すると言い立てたことは、牧師としての村上の資質を根本的に疑わせる行動である。

ちなみに、この事件では、一審を担当した裁判官も書記官も、被告らが一緒になって原告に反訴を言い立てた場面に遭遇している。

筆者が覚えている限り、その日の口頭弁論では、当事者間で、非常に険悪な議論が展開された。おそらく話題は、杉本が提出して来た筆者と杉本との間で2009年に交わされたメール、および、杉本と唐沢とが交わしたメールのことに触れていたものと思う。

筆者は杉本に向かって、2009年に杉本が筆者に返信した残りのメールも、書証として出してもらえないかと頼み、筆者はそこに非常に興味深いことが書いてあったように記憶しており、そこでは、創世記において、神が人間をご自分のかたちに造られたという御言葉が引用されていたような気がすると述べた。

杉本はこれに対して、筆者をせせら笑うような口調で、「これ以上はもう出せませんよ。あなたは一体、何を言っているんですか。大体、そんな聖句がメールに書いてあるわけもないでしょう?」と突っぱねた。

さらに、筆者は杉本に向かって、唐沢とのメール文通についても、何を目的としてこれを書証として提出したのか問うた。だが、杉本はこれにも筆者を嘲笑うような口調で答えた。

「さあ、知りませんよ。それは唐沢さんにお聞きになったら?」

筆者は杉本の筆者を嘲るがごとき口調に憤りを感じつつ言った、 「そうは言っても、あなたが自分でこれを出して来られたんでしょう?」

また、杉本は別な場面では、急に猫なで声とも感じられる口調で筆者に言った。「ヴィオロンさん、もしもあなたが記事を削除なさるなら、私たちも削除していいと思っているんですよ。もしその言葉が信じられないなら、私たちの方から先に削除してもいい。それで終わりにしましょう。賠償はなしです。」

筆者は首を横に振って、そんな提案には決して応じられない、ときっぱり拒否した。

すると杉本らは筆者が彼らの和解案を飲まないので、怒りを露わにして言った。「だったら、もう反訴しかない。あなたが私たちの和解を蹴るのなら、私たちは反訴しますよ!」

筆者は答えた、「まだ口頭弁論も続いている最中に、何を馬鹿なことを言っているんです。あなた方は、反訴なんか考えるよりも前に、今、目の前で行われている弁論で、ちゃんと十分な議論を尽くして勝つことをまず最初に考えたらどうです? いいですか、刑事事件にもなっていることですし、いたずらに審理を長引かせれば、不利になるのはあなた方なんですよ、そのことをお考えになったら・・・」

裁判官は、議論が険悪な雰囲気になりつつあり、当事者が皆本気で憤っており、杉本が「刑事事件になどなっていない」と書面で頑なに主張していたことも知っていたため、「もういい!」と語気を荒げてこの議論を打ち切った。

あまりにも険悪な雰囲気であった。裁判官も含め、全員がそれに影響されていた。

すると、被告らは、今度は裁判官に向かって、しなだれかかるような口調で語りかけた、「お分かりでしょう、原告が和解に応じないのだから、私たちにはもう反訴しかないですよ・・・」

裁判官は、被告らを何とかして思いとどまらせるべく、苦々しい表情で答えた。「それはやめてもらいたいですね、どうしてもというなら、この事件が終わった後に、提訴にしてもらいたい」

筆者はそれを聞いて、心の中で苦笑しながら首を横に振った、(いやいや、裁判官、それは違います。反訴も駄目だけど、提訴だって駄目だから。)

裁判官は異動を見越して年内終結を目指すつもりで、当事者にはそれを含んでおいて欲しいと予め述べており、反訴されれば、異動前の終結が間に合わなくなることが明白であったので、これを全く歓迎していなかった。しかも、事件がさらに紛糾した状態で、これを別人に引き継いで異動することなど、絶対にしたくないと考えていたものと見られる。

そこで、被告らは、せっかくの提案をないがしろにされてプレッシャーをかけられた裁判官が、非常に気分を害していることを十分に知りつつ、それを楽しむような口調で続けた。「でもねえ、私たちはヴィオロンさんの住所も電話番号も知らないんですよ・・・。これじゃあ、提訴もできないじゃないですか・・・。私たちに反訴以外にどうしろって言うんですか・・・。」

裁判官は実に忌々しそうな表情で押し黙った。まるで審理の年内終結という課題と一緒に、筆者を人質に取られて、全く身動き取れなくさせられたような恰好であった。

筆者は、このやり取りを非常に注意深く観察していた。口頭弁論が終わった時、裁判官は、被告らの言葉を真に受けたのか、これで、この事件をきちんと片付けられる希望はなくなった、こうなったのも、原告らがまずい議論を続けたせいだ、とでも言わんばかに、大きなため息をついた。

その時、筆者は被告らが述べていることは、心理的な脅しに過ぎず、彼らはいたずらに騒ぎを煽っているだけであって、これも被告らがキリストの贖いを無効にしたくて繰り広げている悪のカーニバル(悪ふざけ)のようなものに過ぎず、要するに、筆者と裁判官の心に揺さぶりをかけ、互いにいがみ合わせて、疑心暗鬼に陥らせ、協力体制を壊すことを目的にしていると分かっていたので、裁判官に向かって、まずは落ち着いてもらうよう懇願し、それから、たとえこの先、何があっても、筆者はすべての圧迫に最後まで立ち向かう覚悟が出来ているので、決して筆者の身の上を心配しないでもらいたい、仮に反訴を受けることになり、あるいは一審で終わらなかったとしても、それも覚悟の上であるから、議論を制止しないで、筆者に言いたいことを最後まで言わせてほしいと懇願した。

後から考えてみると、この時、裁判官は、三つも四つもの事件を同時に抱え、それらすべてを異動前に片づけねばならず、筆者の書面を十分に読む時間もなくなり(裁判官からは、提出する書面を減らして欲しいとの要請もあった)、残された時間を考えると、これ以上、事件が紛糾しては、もはや事態の収集がつかなくなるため、それだけは何としても避けたいという重大なプレッシャーに直面していたものと思われる。
 
そこで、裁判官は、何とかしてこの事件のために善処したいと考えながらも、その考えが逆に心理的なプレッシャーとなっており、そういう中で、被告らが筆者に反訴すると述べたことは、裁判官の心の平穏をも失わせるような、さらに重大な心理的打撃となったのである。

こうした状況で、筆者は何としても、ここで自分が動揺してはならず、自分の命を惜しんではいけないということを理解した。もしも筆者が自分の命を惜しみ、反訴されることを恐れ、取り乱して裁判官に助けを求め、裁判官がこれを察知して、筆者に代わって、被告らに受け答えすることで、何とかして筆者をかばい、反訴を押しとどめようとするならば、裁判官は筆者を人質に取られているも同然の立場であるから、何もできず、かえって被告らの思う壺となるだけであることが、筆者には予め分かっていた。そして、最後には、助けてやれなかったという慙愧の念と、誰のせいでこうなったのかという責任の押し付け合いが残るのみであろう。
  
筆者は、そのような事態を回避して、この戦いを貫徹して勝利に導くために必要なのは、死に至るまでも従順な信仰であって、筆者が自分の命、自分の権利を惜しむことではないと知っていた。そもそもこの戦いは、信仰の戦いであって、筆者と同じ決意と覚悟ができていない、当事者でない人間には、どうすることもできない種類のものである。

すでに述べた通り、反訴はそれ自体が被告の権利なので、これを否定したり、押しとどめることは誰にもできず、反訴をとどめるには、人知によらない、それを超えた信仰が必要となる。
 
従って、被告らによる反訴の予告を、空中で粉砕し、押しとどめることのできる人間は、筆者しかいないことは明白なのである。そして、筆者は御言葉に基づき、反訴が実現しないことを前もって知っていたが、この世の人々である裁判官や書記官には、そのことが前もって分かるはずもない。
 
だから、筆者は、裁判官に向かって述べたのであった、一審判決で事件を終結したいという強い願いは筆者にもあるし、また、そのためにできるすべてのことはやりたいと思っているが、たとえ事件が長引き、次の裁判官にこれを委ねることになったり、もしくは、一審で事件が解決しなかった場合にも、筆者はすべてのことに覚悟ができており、今後、どのような展開になろうとも、決して誰にも責任を押しつけるつもりはないと、だから、最後まで主張をさせて欲しいと。

だが、筆者はそれと同時に、裁判官の言うことも心に留めて、その忠告を重んじた。そこで、それ以後、口頭弁論で被告と議論することは一切、避けることに決め、すべての主張を書面で戦わせる方法に切り替えたのである。

そして、最後の口頭弁論前には、裁判官も、筆者がこれを最後の弁論にしたいと願っていることを十分に確認した上で、今後、被告らから反訴があった場合には、職権で拒否するとはっきり告げてくれた。

筆者は、たとえそれが人間的な思いから出た行動であったとしても、裁判官が、被告らの主張を前に、筆者をかばおうとしてくれたこと、被告らの反訴の予告の前にも、可能な限りの手立てを講じて、これを阻止しようとしてくれたことを、重く受け止めている。

いかに筆者が、信仰によって主導権を握り、自らこの事件を引っ張って行かなくてはならない立場にあるとはいえ、民事であれ、刑事であれ、やはり、筆者には協力してくれる人たちが必要なのであって、その人たちの善意があったからこそ、それなりの結果が得られていることへの感謝を忘れることはない。

このようにして、関係者と息の合った協力を打ち立てることに、どれほど大きな価値があるかを知ったからこそ、筆者はどんな脅しに直面しても、それを恐れたり、動揺することなく、最後まで神を信頼して立ちおおせねばならないと理解しているのである。
 
* * *

さて、話を戻せば、被告らは実際に反訴しなかったからこそ、これが「脅し文句」に終わったと筆者は述べている。さらに、筆者が訴えを提起した側に立っていることは、被告らが反訴を言い立てたことを、筆者が精神的な脅しをかけられたことだと理解してはならない理由とはならない。

そもそも牧師としての村上が、元信徒・相談者を非難する記事をブログに投稿し、さらに、その信者の個人情報を杉本に渡したのではないかという嫌疑までかけられ、法廷に呼び出されたこと自体が、村上の大きな失態だと言えようが、そんな事態になってもまだ、村上が杉本をいさめて紛争の早期解決に努力するどころか、杉本と一緒になって筆者を馬鹿にするメールを書証として提出、さらに自分の無実を主張するだけでは飽き足らず、杉本と一緒になって筆者に反訴するなどと言い立て、自分たちの和解案を無理やり筆者に飲ませようとした行為自体が、キリスト教の牧師として、どれほどあるまじき非常識な振る舞いであるかは、ここで改めて説明するまでもないだろう。

その上、筆者が反訴の脅しをかけられたと述べたことを「名誉毀損」だと主張して、刑事告訴に及び、勝訴を宣言しただけにとどまらず、信者の息の根を止めるがごとく、社会的抹殺を望むがごとき行為に及ぶなど、およそ常軌を逸した行動だと言う他ない。
  
そのことが分からないのは、村上だけであろう。これまで、戦いに生きて来た村上は、平和を作る道を知らず、また、その道を誰からも教わらなかったのかも知れないが、村上のこうした行動はいずれも、村上がキリスト教信者に対して、まさに「兄弟たちを告発する者」(=悪魔)のように振る舞っているという以外に、意味するものはない。

村上はこのような行動を取ることによって、キリスト教徒も含め、どんな宗教団体の信者であれ、村上の言いなりにならない者には、同じ措置を講ずる用意があることを示して威嚇しているのである。
 
村上は、かつて他の牧師らと共に、統一教会の信者などを拉致・監禁して、密室に閉じ込め、「誤った考え」を捨てさせるために、信者の尊厳を踏みにじって、強制脱会活動を行っていたが、今もその頃と同じように、自分が「誤った考え」を持っているとみなした信者たちを弾圧するためならば、あらゆる方法を用いて、懲罰を加える用意があることを示している。

そこにある恐ろしいまでの攻撃性、真の動機に、彼は気づいていない。村上は書いていた、

「書けば書くほど怒りが込み上げて来るのか、留まるところを知らない書き方である。書けば書くほど自分に不利なことを書き立てていると気付かないでいる。ブログの中で怒って人を罵倒し、事実でないことをみだりに他人に言いふらし、信用を棄損するような記事を書いている。その内容は放置できないレベルに足している(筆者注:達しているの間違い)。」

村上のこの言葉は、誰よりも村上自身にこそ当てはまるだろう。事実でないことをみだりに他人に言いふらし、信用を毀損し、その内容が放置できないレベルに達しているのは、村上自身である。そのことは、以上に挙げた記事で示した通り、五次元スクールの側からも、その他の人からも指摘されているではないか。

むろん、きちんとした法的根拠を示さないまま、自らの主観だけに基づき、「その内容は放置できないレベルに達している」などと断言する村上の語調が、杉本徳久の言葉とそっくりである様子にも驚かされる。

村上は、自分がのべつまくなしに様々な宗教団体に戦いを挑んでいる真の目的がどこにあるのか、立ち止まって、考えてみるべき頃合いではないだろうか。前の記事にも書いた通り、筆者の目から見れば、それは村上自身が幼少期からずっと受け続けて来たトラウマに起因する行動であって、聖書への信仰によるものではない。
 
村上は若い頃に家庭で起きていた暴力から逃げる術もないまま、家庭という名の「牢獄」に閉じ込められて成長し、さらに統一教会への逃避行を企てた際にも、これを力づくで押しとどめられ、悲劇的な形で強制的に信仰生活に終止符を打たれて、再び家庭という牢獄へ連れ戻された。
 
おそらく村上は、神が自分を虐待という苦しみから助け出して下さることを求めて、統一教会に入信したのではないかと筆者は推察するが、その逃避行が、親族らの暴力によって打ち砕かれて、再び牢獄のような家庭に連れ戻され、そこに閉じ込められたことによって、村上の「神」観は、村上を救い得ない絶望的なものとなってしまったのである。そのことから彼はあまりにも深い心の傷を受けたのではないかと見られる。

そうであるがゆえに、村上の中では、自分に虐待を加えた肉の父が、そのまま神のイメージとなり、神は人に自由を与える方ではなく、束縛と、隷従と、抑圧を加える存在と見えるようになり、それゆえ、彼はそのような残酷な神観に基づき、自由な信仰生活を送る他の信者たちにも、「解放」という名目で、抑圧を加えねば気が済まなくなったのである。

筆者は五次元スクールや統一教会を擁護するつもりはなく、その理念を受け入れるわけでもないが、たとえ信念を共有できずとも、彼らを人として尊重することはできるはずであり、理念が異なるからと言って、彼らに人権侵害を加える行為が許されるはずはないことは言うまでもないと考えている。もしもそのようなことを正当化する理念があるとすれば、そのような理念こそ、誤っている。
 
筆者の神観は、村上の神観とは真逆である。村上から見れば、筆者は「交流の少ない所」「インターネットを頼り」として「甘っちょろい空想」を述べ、「藪の中から石を投げ」「怒りにまかせてものを書いている」だけの無責任な人間と映っているのかも知れないが、その筆者が、神は全能であり、筆者をあらゆる窮地から力強く救い出して下さることを信じ、どんな境遇に置かれても、平安と、喜びと、救いの確信と、神への愛と従順を失わずにいられる秘訣を学んでいるのである。

村上は、筆者が書いているごくわずかな批判の記事にも耐えられなかったが、筆者は匿名の投稿者によって数千件以上の誹謗中傷がなされても、まだ神への信頼と希望と愛情を失わずに立っている。筆者は自分を全く恥じようとも思わないし、自分の信仰をも、自分が信じている神をも恥じてはいない。
 
筆者は村上に聞きたい、あなたはこのようなことに耐えられるかと。あなたはかつて自分が生命の危険を賭してカルトと闘っているかのように主張し、他方、筆者の論は、安全なところから、悪ふざけで石を投げて楽しむだけの無責任なものであると決めつけていたが、実際のところはどうなのか。

筆者は自分の命を最後まで神のために注ぎだしたいと願っており、神に従い抜く上で、中傷されること、軽んじられること、誤解されること、離反されること、孤独や、苦しみの中を通過させられることを、甘んじて受け入れる覚悟があり、実際に日々十字架を負っている。だが、あなたはそれに耐えることができるか、また、それにどれくらい耐えた経験があるのか。

しかし、そのようなことは、筆者にとって、どうでも良い問題である。筆者は人間の思惑を意に介していないので、村上や杉本や唐沢のような人間からどう見られようとも、それが重要な問題なのではない。私たちがただ一人、その眼差しを得たいと願い、その信頼と賞賛を勝ち得たいと切に願い続ける存在は、人間とは別にある。

その方への愛と希望と信頼があればこそ、また、その方がすべての人々の願いと呼び求めに実際に応えて下さるという確信があればこそ、私たちはあらゆる試練に耐えて信仰を保ち続けて前進することが可能なのである。
 
この世に対して、人間に対して、自己に対して、徹底的に絶望し、これらの腐敗・堕落したものに対して、十字架の霊的死を経由することなくして、神に真に希望を見いだすことは、誰にとっても、無理な相談なのではないかと筆者は考えている。この世に対して死んだことがなく、自己に対しても、人間に対しても、絶望することもなく、依然として、この朽ちる、移ろいゆくものに希望をつなぎ、すがりつき、そこによすがを見いだしている人々に、見えない神を本気で愛し、信頼し、従い抜くなどのことができるとは思えない。

聖書は言う、

「だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」(マタイ6:24)

「人はすべて偽り者であるとしても、神は真実な方であるとすべきです。
「あなたは、言葉を述べるとき、正しいとされ、
 裁きを受けるとき、勝利を得られる」と書いてあるとおりです。」(ローマ3:4)

村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(16)―生ける神の手に落ちるのは、恐ろしいことです。

11.訴訟費用を払わない他人を非難しながら、自分は賠償金を踏み倒そうとする杉本徳久

もし、わたしたちが真理の知識を受けた後にも、故意に罪を犯し続けるとすれば、罪のためのいけにえは、もはや残っていません。ただ残っているのは、審判と敵対する者たちを焼き尽くす激しい火とを、恐れつつ待つことだけです。

モーセの律法を破る者は、二、三人の証言に基づいて、情け容赦なく死刑に処せられます。まして、神の子を足げにし、自分が聖なる者とされた契約の血を汚れたものと見なし、その上、恵みの霊を侮辱する者は、どれほど重い刑罰に値すると思いますか。

復讐はわたしのすること、
 わたしが報復する
と言い、また、
主はその民を裁かれる
 と言われた方を、わたしたちは知っています。生ける神の手に落ちるのは、恐ろしいことです。」(ヘブライ10:26-31)

4月29日午後13時頃、筆者は杉本徳久に債務の支払いを要求するために電話で連絡した。何日か前から連絡していたのだが、ようやく電話がつながると、杉本は「忙しい」とか「弁護士と話す」などの理由にもならない理由で、支払いを拒否、そそくさと向こうから電話を切った。この男の狡い本性がよく分かる会話であった。

ちなみに、杉本がかつて勝訴したHCCの牧師に、通常の訴訟ではあまり請求されることのない訴訟費用を請求し、弁護士の手続きの仕方が不誠実で、支払いが遅い、卑劣だ、とブログでさんざんぼやいていたことは周知の事実だ。

「嘘つきの作った合意書」で、杉本がどんな言葉でHCC側の対応を非難していたか、ここに転載しておこう。

「完全敗訴が決まった後に判決で命じられた「訴訟費用」の支払いについてさえのろのろした上に、その訴訟費用請求申し立て手続きについても実際はほとんど全く使われない手続きであるのにそれが一般的な普通の方法だ、と法律家ではない素人の私に対して嘘の説明をしてきた人物。
 私からは彼らに十分な告知、猶予期間を設けて連絡したが、松下自らの怠惰によって応対が遅れに遅れた揚げ句、自分勝手にこの8月末に支払うと振込期限を一方的に設定。ここまで来ると怒りを通り越して呆れかえってしまう。どうしようもない弁護士であり、司法の担い手に全くふさわしいといえない。人間、ここまで卑しくなれるものとは情けない限り。だ

この言葉はそっくり杉本にお返ししよう。もはや判決から一カ月、十分な告知期間、猶予期間をもうけて筆者は杉本に連絡した。ところが、杉本は自らの怠慢によって対応を遅らせ、身勝手な言い訳を並べるばかりで、筆者が提示したGW明けという支払い期限さえ守る姿勢を見せなかった。

杉本の極度なほどのものぐさ精神と、切手代まで惜しむほどのケチさぶりは、民事調停の時点からすでに見えていたのだが、以上の記事で、HCC側が微々たる訴訟費用を払わないことをさんざん非難していた杉本は、自身が判決から1ヶ月経っても、賠償金をまるごと踏み倒そうとしていることについて、どのように弁明するのだろうか。

ここまで来ると、憤りや情けなさを通り越して軽蔑が残るのみである。人間、果たして、ここまで卑しくなれるものだろうか・・・。筆者は杉本自身の言葉をそのまま彼にお返しする。

杉本はこの記事のコメント投稿欄にもこう書いていた、「榊山清志も、中村良二も、松下泰三も、竹内徹も、みな本当に卑劣で許し難い人たちであると私は思います。 」

いや、卑劣で許しがたいのは自分ではないのか? こうして数多くの他人だけは実名で非難しながら、自分だけは何をやっても許されると言わんばかりに、自分が非難した人々以上の無責任な行為に手を染め、その上、こそこそとブログから名前を消して、幽霊人間にでもなれると思っているのか。

尊大な口ぶりで、他人ばかりを厳しく責めながら、自分は微塵もしかるべき社会的責任を負おうともしない。自分が他者から受けた仕打ちを、ただ自分よりも弱い人間にいたずらに投げ返しては、弱い者イジメにいそしみ、鬱憤晴らしをすることしかできない。

これがこの男の正体なのである。他人には厳しく、自分には甘く、とことん利己的で、子供のように幼稚としか言いようのない身勝手な行動の数々。株式会社メディアテラスと取引することが何を意味するのかをも、読者はよく考える必要があろう・・・。

さて、杉本が弁護士と相談しても、書面を送る先は裁判所以外にどこにもない。むろん、賠償金の支払いの際に、筆者に杉本と合意書など交わす義務がないことは言うまでもないので、杉本の言い分は、単なる時間稼ぎであることは見え透いている。控訴して判決を覆すために戦うつもりがあるなら、とうにそのように意思表示しているはずである。

要するに、自分から本格的に相手と戦うために手間を払いたくないが、不利な判決も認めたくない。どこまでも労力を惜しみつつ、不利な事実から逃げ続けるだけの無責任で卑劣な人間の姿があるばかりだ。

取り立てはこちらの正当な権利なので、今後も、容赦なく実行するのみである。それに従わなければ、杉本の社会生活が、中断せざるを得ないような、合法的かつ正当な法的措置を講じねばならなくなるだけだ。

筆者はあくまで正攻法で行く。だが、正攻法でも相当なことができることは、読者にも知っておいてもらいたい。警察は基本的に、民事不介入であるが、筆者が民事と刑事の二本立てで攻めるのは、ただ処罰を求めるがゆえだけでなく、犯人が逃亡した場合のことを見越しての措置でもある。

先週、筆者は三時間ほども警察の上部とやり取りして、この問題について話し合った。杉本のことだけでなく、村上による権利侵害のことも、掲示板の集団リンチのことも、反カルト脱会運動の人権侵害のことも、何もかも告げてある。告訴事実に記載した内容だけでなく、この紛争がどのような信仰的な意味と背景を持つものであるのかも伝えている。警察からは、しかるべき措置を必ず講じることの約束があり、確かに、天文学的な時間数に渡る労力を払って、上部を呼んだ意味はあると言える会話であった。

今、杉本がこのように極端とも見えるほどの不誠実な態度を見せて、自分が何カ月もかけて関わって来た民事の判決にさえ逆らっているのは、決して偶然ではないと、筆者はみなしている。なぜなら、刑事事件で処罰に至るためには、それなりに超えなければならないハードルがあるからだ。たとえば、不法行為がおびただしい回数、繰り返されており、犯人に反省の意がなく、誠意も見られず、法的・社会的責任を負う能力はあるのに、全くその意思が見られないなど、どうしても処罰しなければならないだけの悪質性が必要となる。

だが、筆者から見て、杉本はそのために必要な要件を見事に満たしつつあるように見える。情けを受ける余地を自分で減らし、行き着くところまで行き着こうとしている。要するに、それほどまでに処罰を望んでいるといことなのであろう。

筆者は2010年から杉本はラスコーリニコフに倣って法的処罰を受けるべきだと主張している。その当時、まだそう言えるだけの明白な根拠は揃っていなかったかも知れないが、時と共に、その予告はますます現実化している。

このように判決をないがしろにすると、刑事事件の進展にも影響を与えるだけでなく、これから始まる控訴審での被告らの印象も、出だしから極めて悪くなる可能性があることは確かだ。それにしても、プロテスタントの諸教会をあれほど居丈高に断罪し、司法・警察を通じて牧師の責任追及を行うよう呼びかけていた男としては、あまりに恥知らずであるとしか言いようがない・・・。

* * *

12.被害者意識をバネに連帯し、御霊に背き、神に逆らう「カルト被害者救済活動」

さて、以下では、筆者のカルト被害者救済活動に対する最終的な決別宣言をかねて、今回、第一審で杉本徳久が出して来た書証の中に含まれていた、2009年に筆者がこの運動と訣別するために杉本に宛てて書き送ったメールを紹介しておきたい。

このメールを長年に渡り、筆者は取り戻したいと願っていた。筆者はこのメールをやり取りした直後、杉本のあまりに常軌を逸したすさまじい憤りの剣幕に、恐れと不快感を覚え、メールを削除してしまった。その後、杉本は筆者の手元にオリジナルが残っていないことを逆手に取るように、筆者の書き送ったメールの内容が、あたかも常識はずれの文面で、高慢で許しがたい内容であったかのように、ブログで一方的に筆者を断罪し始めた。

例の1000件以上のコメントが投稿されて杉本ブログが炎上に至ったバッシング記事から、該当部分の記述を抜き出しておこう。

杉本が筆者のメールの文面を歪曲し、筆者がカルト被害者を冒涜していると非難した記事



 
「10日ほど前、彼女からのメールを受け取った。それは、
  
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/51884112.html
 2009年3月26日 「沖縄 トランスフォーメーション・グロース」

 に「ヴィオロン」の名で書き込んだコメントを消して欲しいという依頼であった。しかし、そこには非常に思い上がった上に自己中心的な、彼女が経験した「回心」とその後の心変わりについての理屈が並べられてあった。市井の社会で求められる良識からは外れた文面であった。

 また、彼女ががらりと立場を変えて非難し始めた私や独裁カルト牧師の被害者信徒たちのことについて記した最新の投稿を熟読した後、私は彼女にこれらあなたが非難している人物の中には明らかに私が含まれていると読み取れるがその認識で良いのかと問いただす返事を送ったところ、彼女は私に対して真理の御霊に全てを問い尋ねよと言い、非難の対象が私であることを書き送ってきたのであった。一度、自分の口から出た言葉は後から消すことができないということがわかっていない。もし、それがネット上のものではなく紙媒体の印刷物であれば不可能である。」
  
筆者はこの当時、オリジナルの文面を残しておかなかったために、具体的な論拠を示して反論することもできないことが、どれほど悔やまれたろうか。

しかし、筆者はその当時から、おそらくこのメールは、必ず杉本側で保存されており、いつか取り戻す日が来るだろうと考えていた。その予想の通り、それから約10年近い時を経て、筆者が杉本に書き送ったメールは、書証という形で手元に戻って来た。

杉本の以上の記事における主張が、いかに嘘に満ちていたかは、以下に挙げる筆者のメールの文面を読めば分かる。

2009年に筆者が杉本とやり取りしたメール
  
      
 
   

「杉本さん

「東洋からの風の便り」を書いているヴィオロンです。

お書きになられたプロフィールから、連絡先をうかがい、メールさせていただいています。

お手数ですが、この度、一つ、お願いがあります。
以下のページにおいて、私が貴ブログに書き込ませていただいたコメント(17)を削除していただきたく、お願いします。

http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/51884112.html
2009年3月26日の記事「沖縄 トランスフォーメーション・グロース」

お手を煩わせないため、できるなら、自分でその作業をしたいところなのですが、
貴ブログでは私自身がコメントを修正することも、削除することもできないようになっています。
管理人様だけが、そのような操作が可能かと思います。

書き込みした本人である私自身が削除を願い出ておりますので、
どうかお聞き届け下さいますようにと願っています。

念のために、不要かもしれませんが、削除を希望する理由を述べておきます。
私はかつてカルト被害者の一人として、キリスト教界の不正を声を大にして訴えるということを自分の使命のように考え、その面から、杉本さんの姿勢にも、しばらく同調・賛同しておりました。

悪事を明るみに出すということは、社会改革のために必要なことであり、正しいことだと思っていたのです。

しかし、ある時、ちょうどパウロがダマスコ途上でイエスの光によって倒されてあように、明確に、神御自身が光となって、私の人生に介在されて、私の過去の被害を全て帳消しにされ、悪事と闘うために人生を捧げる道は、信仰によるものではないことを示されました。

主は、社会改革によっては、いかなる救済も人類にはありえず、ただ十字架だけが私と人々の罪と悪からの救いであることを改めて示されました。
十字架を介さなければ、何を訴えても、無意味であることを示されたのです。

こうして、神ご自身が十字架を通して、私の被害を取り除かれたので、その時点から、私はもはやかつてのようにカルト被害者を名乗ることはできなくなり、また、教界の不正と闘うために、人生を費やしている人たちを心から支持することもできなくなりました。

それまでの私の言動、人生の目的は、御心にかなうものではなかったのです。
ですから、この先、これ以上、私は神への反逆を続けるわけにはいきません。

私はただ神にのみ自分を完全に明け渡し、人々に対して、キリスト教界の悪事ではなく、キリストの十字架について語らねばなりません。

その立場は、私のブログ記事の上ではすでに明らかにしておりますし、今後も、明らかにしていくつもりですが、しかし、杉本さんのブログに残させていただいた私のコメントは、明らかに現在の私の立場と食い違う内容のため、削除しておかねばならないと感じています。

何しろ、貴ブログは、私のブログよりも、百倍以上も社会への影響力が大きいため、たった一つのコメントでも、私のブログ全体を凌ぐほどの影響力になりかねないのです。

最近、このことについて熱心に問い合わせて来られる方があったため、私が、自分から世間に誤解を招く内容の発言を残しておくのはよくないと気づかされた次第です。
そのような理由で、お手数ですが、ご協力いただければ幸いです。

ヴィオロン」

 

* * *

筆者はこの時、神はどんな人の受けた心の傷をも癒すことがおできになり、筆者を力強く「被害」から救い出して下さり、もはや傷のない、完全な新しい人として下さった、という事実を杉本に告げて、反カルト運動および被害者陣営に訣別宣言を出した。

ところが、杉本は筆者が被害者意識と完全に決別し、もはや誰からも憐れまれる必要もなければ、助けの手を差し伸べられる必要のない、完全で新しい人として、杉本らの陣営に別れを告げた行為に猛烈に腹を立て、筆者の考えを「許しがたい高慢」として否定しようとした。

杉本は筆者がキリストにあって「新しい人」とされたどころか、むしろ、カルトの宗教洗脳に陥り、重症の精神異常になっているがために、杉本らの活動に賛同できなくなったのだ、などと、それ以降、本年に至るまで、ネット上で筆者に激しい中傷を向けて来るようになったのである。

だが、そうなったのは、杉本がブログを通して、プロテスタントの福音派を猛攻撃して来たことを見ても分かる通り、杉本自身の心の中に、プロテスタントの教会に対する拭い難い被害者意識が存在したからであろうと思われる。

これは唐沢治、村上密にも共通した心理である。唐沢はかつてキリスト教界から追い出されるも同然にそこを出ており、今や自分たちは従来のキリスト教とは別のものを信じていると告白している。村上密は強制脱会により自らの意思を打ち砕かれてキリスト教に改宗させられた過去がある。そして、杉本もアッセンブリー教団でペンテコステ運動につまずき、それを機に、プロテスタントの全教会に対し、尽きせぬ憎悪と懐疑の念を向けるようになった。

これらの人々は、みなキリスト教の理念と教会に対する根強い被害者意識を持つ人々であり、それゆえ、彼らは教会で被害を受けたとする人々に強く心を惹かれ、自己憐憫の裏返しとして、彼らの被害者意識を慰撫し、彼らを支援しようとしたのだと見られる。

そこに、被害者意識による一大癒着としての要塞が出来上がった。これがキリストが十字架で私たちに約束して下さった自由を告げる神の福音に悪質に逆らう反逆的・冒涜的運動になって行ったのである。

彼らの運動は、カルト被害者を自由にするためでなく、いついつまでも被害者意識の中に閉じ込め、決して「被害者」というステータスから抜け出られないようにし、彼らを「救出」した指導者に栄光を帰する材料とするために利用された。

筆者が杉本に2009年に送ったメールの中で投げかけた言葉、そして、当時、筆者がブログで表明していた信仰は、はからずも、被害者を自称する人々が心に持ち続けている被害者意識が、本質的に神の福音に反するものであり、暗闇の勢力の要塞として利用されている事実を明るみに出した。

そうであるがゆえに、杉本はその指摘に耐えられず、これからも被害者意識に立ってプロテスタントの教会を攻撃したいという思いを手放さないでいるために、筆者の主張に全面的に猛反発を示し、それと共に、神の教会における聖徒の交わりと、神が十字架を通して約束して下さっている解放までも、退けたのであった。

書証の中には含まれていないが、筆者が杉本に依頼のメールを送ってからしばらくして、常軌を逸した剣幕で、筆者を詰問・断罪するメールが、杉本から返信されて来た。そこで杉本は、筆者が杉本とカルト被害者を「冒瀆」しているとか、筆者が「匿名に隠れている」などと非難して、個人情報をすべて開示せよ、さもなくば、依頼には応じない、と筆者をなじっていた。

* * *

 杉本の激昂したメールに対し、筆者は以下のように返信した。


「杉本さん、

とりあえずご返信いただけたこと感謝いたします。

私があなたにお願いしたことは、あえてここで二度目に繰り返す必要もないかと思いますが、以前にあなたのブログに書き込みました私のコメントを削除して下さいという、その一点だけです。

それ以外の点について、私は今、あなたとやり取りをする必要性を感じていません。
またコメント削除のお願いを出すにあたって、私には住所氏名等を相手に明かす義務もありません。

コリントⅡ10:12-18節を参照いただければ、分かりますが、私たちの推薦状はキリストだけです。

「自分で自分を推薦する人ではなく、主に推薦される人こそ、確かな人なのである。」

もしあなたが聖霊を受けて、証印を押された主にある私の兄弟であるならば、
私がキリストを信じ、キリストの同じ御霊の証印を受けて遣わされている姉妹であることを
私の証しを通して、そして例によって、おのずから識別するでしょう。

それに加えて、私はあなたのブログに意見することを目的としてメールを出したのではありませんし、また、あなたも、自分のブログに関して、私の意見などをお求めになる必要は全くないかと思います。

なぜならば、杉本さんが本当に主の忠実な僕であるならば、誰の意見を聞くまでもなく、
主が直接、あなたに必要な真理を、御霊を通して、全て教えて下さるはずだからです。

「あなたがたのうちには、キリストからいただいた油がとどまっているので、
だれにも教えてもらう必要はない。この油が、すべてのことをあなたがたに教える。
それはまことであって、偽りではないから、その油が教えたように、
あなたがたは彼のうちにとどまっていなさい。」(Ⅰヨハネ2;27)

どうか真理の御霊に全てを問い尋ねて下さい。

人の意見などには何の価値もありません。それに振り回されていては何一つ始まりません。

杉本さんが心から主に願うならば、唯一、真実であられる神が直接、あなたに必要なこと全てを教えて下さるでしょう。

さて、杉本さんへの私のお願いはすでに申し上げました。それをもしお聞き届けになるご意志がないのでしたら、それはあなたの判断ですから尊重しましょう。そして、後のことはどうあれ、全てを主にお任せいたしましょう。

杉本さんのために兄弟姉妹と一緒に祈っていますよ。

願うことはただ一つ、あなたがこの先、キリストにとどまられ、キリストの命を失うことがありませんように。

また主の平安があなたにあるように。

ヴィオロン」


 
ここで筆者はあえて議論を避けるために、杉本に対して、真正面から反対意見を述べたり、コメント削除の依頼を強要したり、自分の考えを押しつけるような返答は一切しなかった。だが、杉本はここで筆者が「真理の御霊に全てを問い尋ねて下さい」と書いたことを曲解・悪用し、後にこれは筆者が自らのブログでカルト被害者を「冒涜」したことを認める発言だなどと吹聴、あくまで個人情報を開示せよと執拗に求めた。
 
 


そこで、筆者は以下のように返信した。
 

「杉本さんへ

残念ながら、ネット上では、匿名を保つのが一般常識です。

それは個人のプライバシーを守るために社会的に奨励されていることです。

杉本さんがネット上で住所氏名電話番号まで公開なさるのは、あなたの自由ですし、
また、あなたにはきっとあなたなりの信念があって、あえて公人並の負担を自主的に背負い込んでおられるのでしょうが、

それと同様の負担を、あなたのような作業に従事していないほかの人(=公人ではなく私人)にも同様に求めることいささか行き過ぎていると思います。

特に、ネット上で知り合っただけの人に誰かがあなたに個人情報を明かさなかったからといって、すぐに「匿名に隠れている」という表現を遣って、相手を非難するのは適切ではありません。

というのは、その人は、単に防犯上の必要性から、何の悪意もなく、ただ常識に従って、
そうせざるを得なくなっている場合がほとんどだからです。

しかし、杉本さん、それとは別に、もしもあなたが個人として、本当に、私がどのような人間であるのかを知りたい、

と希望なさっておられるのであれば、
私はいつでも喜んであなたに直接、お会いして構わない覚悟でおりますよ。

大人として、個人として、また主の御前にあって、一つの魂として、恥じることなく、互いに礼儀正しく、あなたが私に対して自分を現し、また私もあなたに自分自身を現すことを願っておられるのなら、私はいつでも喜んでそれに応じるつもりです。

ただし、もちろん、せっかく互いに貴重な時間を使うのですから、できるだけ不愉快にならないように気をつけましょう。

互いに非難をなすりつけあったり、罵り合ったり、まるで興信所か、あるいは事情聴取のように自分の聞きたいことだけを根掘り葉掘り無遠慮に尋ねたり、

ただ互いを断罪し合って終わるというような、不愉快でみっともない邂逅は避けましょう。

それではあまりにも幼稚ですからね。互いの印象はますます悪くなるだけでしょうし、主も悲しまれるでしょう。

夫婦喧嘩は犬も食わぬと言われますが、クリスチャンの痴話喧嘩は蛇の餌食になるだけです。

問題は、キリスト教界の問題について、私たちが意見の一致に至れるかどうか、ではありません。

あなたと私とのやり取りの中から、少しでも、1グラムでも、キリストが現れることができるかどうか、なのです。

その希望があるならば、私は喜んで自分の時間を遣うでしょう。

あなたと私との間にはすでに多くの事柄について膨大な意見の食い違いが見受けられますが、しかし、そのような事柄は、キリストご自身の絶大な価値とは比べようもありませんから、それに比べれば、すべては些末な問題です。

しかし、たとえ杉本さんがそう思われなかったとしても、私たちは互いに大人なのですから、ある程度までは、意見の食い違いを耐え忍ぶことはできるでしょう。

「相手にとって不愉快なことを決して強要したりせず、たとえ話が一致しなくとも、穏やかに話、激昂したり、相手をなじったりしない、互いに良い印象で時間を過ごすことにつとめる」という、ごく当たり前の事柄をごく当たり前に守るということに、杉本さんがもし異論がないのであれば、直接、お会いして、互いに相手を確認する方法が、一番、いいのではないかと思いますが?

もちろん、あなたは忙しい人できっと時間は限られているのでしょうが、犠牲はお互い様です。互いに互いを自分の目できちんと見て、その声を聞き、表情を見て、相手に悪意が無いことを確認し、これなら大丈夫と思った範囲内でのみ、自分を明かす、ということは、世間の常識かと思います。

こんな危険なご時世にあって、その確認ができてもいないのに、何でも自分のことを自分からペラペラ話す人がいたとすれば、それはきっと愚か者だけでしょう。

杉本さんご自身も、ご自分が安全な人間であられることを
いつでも喜んで世間に向かって公平に広く証明する心の備えが出来ている人であることを願っていますよ!

吉祥寺付近は一度だけ歩いたことがあります。

それでは。」


 
これに対して、杉本からの返信と筆者からの最後の返信が、杉本側から書証として提出されている。


 
 
以下の杉本の返信を読めば、杉本が自分の気に入らない主張に対しては、揚げ足取りのような難癖をつけ、自己の言い分が通るまで、他者の希望を踏みにじり、まるで自分が世間代表であるかのように尊大で上からのもの言いに終始し、それと同時に、極端な自己卑下によって、直接人と対面することへの恐怖心や劣等感を隠そうとしている様子がよく分かるだろう。

自分から相手に個人情報を要求しておきながら、それでは直接、会って話してはどうかと問い尋ねられると、子どものようにこれを突っぱね、自分自身が相手を拒絶しているにも関わらず、あたかもその拒絶が、相手のせいで起こったものであるかのようにかこつける。

自分の欠点を何も見ようとせず、すべて相手のせいであるかのように転嫁し、ひたすら相手だけを責め続けるあまりにも幼稚な駄々っ子のような返答に、当時の筆者も強い当惑と不快感を覚えた。

ただし、杉本のこうした憎悪を含んだ非難の中には、おそらくは、筆者個人に対する反発だけでなく、そもそも御霊によるエクレシアの信徒の交わりそのものへの嫌悪、教会への憎悪が反映していたのではないかと見られる。

杉本はその後も、カトリック教会に通い続けたと見られ、ミサや祝祭日に出席する必要だけは嫌と言うほど強調し、筆者が既存の教会に通わず、日曜礼拝にも出席しない行為を盛んに非難していたが、杉本はこうして形式的な教会生活の重要性を説く代わりに、不思議なほど、信徒の交わりというものの重要性に言及しない。むろん、信徒の交わりだけでなく、神との交わりの重要性についても、全く触れることはなかった。
 

「拝復、

杉本です。

>杉本さんへ、

>残念ながら、ネット上では、匿名を保つのが一般常識です。
>それは個人のプライバシーを守るために社会的に奨励されていることです。

>杉本さんがネット上で住所氏名電話番号まで公開なさるのは、あなたの自由ですし、
>また、あなたにはきっとあなたなりの信念があって、あえて公人並の負担を自主的に背負い込んでおられるのでしょうが、
>それと同様の負担を、あなたのような作業に従事していないほかの人(=公人ではなく私人)にも
>同様に求めることいささか行き過ぎていると思います。

そのような「一般常識」は存在しません。個人のプライバシーを守るために、
個々のユーザーがそうしている事実はありますが、それが「社会的に奨励」されている良識はありません。
公的なもの言いをするのであれば、特に対外的な信頼が落ち、まして、他者への批判を伴うのであればなおのこと、責任が大きいこと。

あなたがもし、同じ事を、英語やドイツ語、フランス語で書き記したとしても、所詮は匿名。学生論文の方がまだ読む価値がある、と判断されるでしょう。

>特に、ネット上で知り合っただけの人に誰かがあなたに個人情報を明かさなかったからといって、
>すぐに「匿名に隠れている」という表現を遣って、相手を非難するのは適切ではありません。
>というのは、その人は、単に防犯上の必要性から、何の悪意もなく、ただ常識に従って
>そうせざるを得なくなっている場合がほとんどだからです。

他人を公然と否定し、罵倒し、内心に至るまで徹底的に扱き下ろしておきながら「匿名に隠れている」あなたに言えた台詞ではないでしょう。

>しかし、杉本さん、それとは別に、もしもあなたが個人として、本当に、私がどのような人間であるのかを知りたい、
>説き某なさっておられるのであれば、
>私はいつでも喜んであなたに直接、お会いして構わない覚悟でおりますよ。

私は特にあなたにお会いしたいと思っておりません。

>大人として、個人として、また主の御前にあって、一つの魂として、恥じることなく、互いに礼儀正しく、
>あなたが私に対して自分を現し、また私もあなたに自分自身を現すことを願っておられるのなら、

匿名に隠れて散々、私や被害者信徒を否定し、独自の珍説を開陳なさるあなたに言えたことでしょうか。

>ただし、もちろん、せっかく互いに貴重な時間を遣うのですから、できるだけ不愉快にならないように気をつけましょう。

あなたの「貴重なお時間」を私ごときのつまらぬ人間のためにお使い下さらなくて結構です。

>問題は、キリスト教界の問題について、私たちが意見の一致に至れるかどうか、ではありません。
>あなたと私とのやり取りの中から、少しでも、1グラムでも、キリストが現れることができるかどうか、なのです。
>その希望があるならば、私は喜んで自分の時間を遣うでしょう。

あなたとの対話の上には、私に限らず「どなたであれ」、それが現れる希望はないでしょう。

>「相手にとって不愉快なことを決して強要したりせず、たとえ話が一致しなくとも、穏やかに会話し、
>激昂したり、相手をなじったりしない、互いに良い印象で時間を過ごすことにつとめる」という
>ごく当たり前の事柄を当たり前に守るということに、
>杉本さんがもし異論がないのであれば、直接、お会いして、互いに相手を確認する方法が、
>一番、いいのではないかと思いますが?

 そういうことはあなたが中学生の先生にでもなって、子どもに教えて差し上げれば良いでしょう。私はあなたのクラスの生徒ではありません。

>もちろん、あなたは忙しい人できっと時間は限られているのでしょうが、犠牲はお互いさまです。
>互いに互いを自分の目できちんと見て、その声を聞き、表情を見て、相手に悪意が無いことを確認し、

 私ごときのためにあなたの「犠牲」をお払いいただくことは必要がありません。また、あなたに悪意が無いとも私には到底、思われません。

>杉本さんご自身も、御自分が安全な人間であられることを、
>いつでも喜んで世間に向かって公平に広く証明する心の備えが出来ている人であることを願っていますよ!

 私が危険な人間だ、と思っている、と思いたいのであればどうぞご自由に。
 
 あなたと対話することは、「世間に向かって公平に広く証明する心の備えが出来ている」ことに繋がることはありません。

 私と直接会いたいという方は他にもおりますが、基本的にお受けしておりません。

 自分の名を売るためにやっていることではありませんし、目立ちたいとも思っておりません。

 あなたからは、一切、謙虚な心が感じられません。そのままであれば、私に限らず、これからも多くお人から拒絶されるであろうと思われます。

 

杉本はこの時、筆者の提案をことごとく拒絶することによって、おそらくは、聖徒の交わり、御霊の交わりそのものを拒絶したのではないかと見られる。杉本はそうなる前から、プロテスタントのキリスト教会、とりわけ聖霊派の教会を嫌悪・憎悪していたが、この時、決定的に御霊の導きに背を向けて、自分をあらゆる被害者意識から解放することのできる神の福音に背を向けてしまったのではないかと見られるのだ。

それにも関わらず、杉本は、拒絶されているのは筆者であって、自分ではないかのように置き換え、自分自身が神に心を閉ざし、教会にも、聖徒らにも、すべての者に心を閉ざしている疑心暗鬼から来る苦しみを、何のいわれもなく筆者に転嫁しようとしたのである。

それでも、筆者はこの時、杉本の返答に対して厳しい非難の応酬をすることはなかった。 

「杉本さん、

このようなお返事をいただき、とても残念です。

お会いしても構わないということは、あなたが私が何者であるかを予め確認したいと最初におっしゃられたのであえて勇気を持って申し出たことです。

氏名住所電話番号を聞いても相手の人柄は分かりませんが、直接、面と向かって対峙すれば、かなりの程度のことが理解できます。

そうして、顔と顔を合わせて互いに自己紹介して、知り合いになることは、声のないメールだけのやり取りに比べ、人間の出会い方としてはよほど自然です。

しかし、杉本さんにそうされたいご希望がないのであれば、別にそれは結構です。

私は主にあって多くの兄弟姉妹と交わりの機会を得させていただいています。
ネット上でもどれほど多くの貴重な友を得てきたかはかりしれません。

キリスト者は「私の名ゆえにすべての人に憎まれるだろう」とはっきりとイエスによって
聖書で迫害が予告されているとはいえ、しかしながら、今、多くの兄弟姉妹との
優しい愛情の絆を主にあって結ばせていただいているのは、ひとえに恵みとあわれみに
よるのです。また、このつながりは永遠です。

杉本さん、お怒りなのは十分に伝わってきますし、お怒りになるのもあなたの自由ですが、
それにしても、いつでも、火に油を注ぐような結果を招かないために、もう少し冷静になって、
言葉を抑えられた方がよろしいかと思います。

あなたのような方に今のような言葉はふさわしくありません。
見ず知らずの相手に対しては、特に、たとえ好意を持てない相手であっても、
言葉を選んだ方が、あなた自身の御評判と将来を守ることにつながるでしょう。

(おそらく、今のあなたは私のこの言葉さえも悪意という風に解釈されるでしょうが…。)

あなたに主が御顔の光を示してくださり、ただ主ご自身が真実が何であるかということをあなたに見させて下さいますように。

そして、平安があなたに戻りますように。

それでは、これにて失礼します。

ヴィオロン」


  
杉本は筆者がこのように最後まで杉本と議論の応酬を避けたことが、よほど気に入らなかったのであろう。筆者を恐怖させるか、取り乱させるかを目的に、以上のメールを送ったのに、筆者が非難の応酬に応じなかったことに怒りが収まらなかった杉本は、筆者にさらに打撃を与えようと、筆者が上記のメールを返信した直後に、筆者と当ブログだけを標的に、1千件のコメントを伴うバッシング記事を発表した。

それ以来、エクレシアの兄弟姉妹の一員でもなければ、信仰の仲間でもない杉本が、あくまで個人情報を開示せよと、ナンセンスな要求を続け、筆者を異端者と呼んで、長年に渡る不毛かつ不快な関わりを強いて来たわけであるが、そのような不毛な応酬の結果、筆者は現在、間違っても、二度と杉本に対して、上記のような忌憚なく本心を打ち明けたメールを送ろうとは思わないし、杉本を兄弟姉妹の一員として和解を呼びかけることもない。

杉本にふさわしいのは、もはや呼びかけではなく、命令であり、提案ではなく、強制である。しかし、このような地点に至るまでに、筆者自身も、幾度となくためらい、悩み、様々な策を講じたのであるし、杉本にも、幾度も引き返すチャンスが与えられた。

判決が言い渡された後も、杉本は望むならば、自分からメールを送って、支払い方法を相談することも可能であり、差押通知が来た時点で、そうすることもできたのである。

しかし、杉本は自分が人間らしく、思いやりと配慮を持って扱われるための前提条件を自ら破壊し続けた。

そこで、今、杉本に残ったふさわしい呼びかけの言葉は、杉本自身が幾度となく、年末年始やGW中に筆者に送りつけて来た恫喝メールの調子を、そっくり返した債務取立の文面、「ゴールデンウィーク明けまでに債務の支払いなき場合」くらいであろう。

こうして呆れるほどに長い、無益なエクソダスの行程の果てに、2009年以来、筆者が主張していたカルト被害者救済活動との訣別はようやく成し遂げられた。

筆者は二度と「カルト被害者」を美化したり、彼らに寄り添おうとは思わない。むしろ、これから、聖書に反するこの運動に対する裁きが始まると考えている。「被害者」という美名に隠れて、神の聖なる教会を容赦なく断罪した人々には、どんなに厳しい裁きが下されるであろうか。人は自分自身が他人を裁いて来た基準で、自分自身も裁かれることになるのである。
  
もう一度、冒頭に挙げた御言葉を繰り返しておく。

モーセの律法を破る者は、二、三人の証言に基づいて、情け容赦なく死刑に処せられます。まして、神の子を足げにし、自分が聖なる者とされた契約の血を汚れたものと見なし、その上、恵みの霊を侮辱する者は、どれほど重い刑罰に値すると思いますか。

生ける神の手に落ちるのは、恐ろしいことです。


村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(11)―耐え忍ぶなら、キリストと共に支配するようになる。

「わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
 キリストと共に生きるようになる。

 耐え忍ぶなら、
 キリストと共に支配するようになる。

 キリストを否むなら、

 キリストもわたしたちを否まれる。

 わたしたちが誠実でなくても、

 キリストは常に真実であられる。

 キリストは御自身を

 否むことができないからである。」(二テモテ2:11-13)

1.掲示板で起きた集団リンチと、カルト被害者救済活動の終焉
 ~神の承認を受けずに、人間が己の被害だけを訴え続けることの恐ろしい危険~


さて、味方のように装って登場しながら、陰でその人間を裏切り、勝手に人の名を使って騒ぎを無限に拡大して行く人間は、敵よりも始末が悪い・・・。

この結論は、これまで幾度となく実際に裏づけられて来たものである。

唐沢治も、当初は筆者の味方であるかのように装っていたが、実際には、筆者を自分のために都合よく利用し、筆者の事件をますますこじらせただけで、今や公然と筆者を敵のように断罪している。

この度、唐沢と同様に、これまでさんざん当ブログの名や主張を利用して、杉本徳久を挑発し、陰から対立を煽って来た坂井能大牧師に直接、メールを送ってみたところ、坂井は、当ブログをダシにして杉本を挑発した行為があったことを自ら認め、当該記述をすべて非公開にするか削除することに同意した。

筆者は、坂井が唐沢を通じて入手した筆者の転送メールを対杉本との裁判で利用した行為や、巧妙に筆者のブログの記述を利用して、杉本徳久を挑発するような内容の投稿を重ねたことが、どれほど筆者にとって迷惑であったかを告げて、二度とこのようなことを行わないよう、もしも杉本徳久に恨みがあるなら、筆者を利用せず、自分自身の言葉で、直接、杉本に呼びかけるよう求めた。

このことについて、坂井からは何一つ、反省も謝罪の言葉もなかった。ただし、投稿を非開示もしくは削除することを速やかに行ったことだけは、唯一評価できるポイントであった。(この他、事実かどうかまでは知らないが、坂井は唐沢と手を切ったことを明言していた。)

筆者から見れば、この人物が杉本との裁判に負けて以後も、杉本を嘲笑する投稿を続けて来たのは、自分の負けを認めたくないがゆえの、うわべだけのポーズに過ぎない。
 
結果はすでに裁判で確定している。なのに、坂井が当ブログの内容を利用して、杉本に宣戦布告していたのは、自分ではもはや杉本を訴えられないので、筆者の主張を利用するしか方法がなかったのであろう。

だが、坂井の場合は、杉本に敗れる以前から、そうした行動をしきりに繰り返して来たことから、坂井の行ったことは、結果的には、杉本を挑発することによって、筆者を重大な危険に陥れるものであったと言える。
  
実際に、そのとばっちりは、これまですべて筆者に向けられて来たのである。このことは、唐沢治が杉本徳久に民事提訴を予告しながら、これを実行しなかった際に、杉本の怒りの矛先が、筆者はエシュコルのようなKFCの信徒等に向けられたのと同様である。

筆者は、このような現象を、牧師たちの信用ならない内心を如実に示すものだとみなしている。牧師たちが、意識的にか、無意識的にかは知らないが、非常に巧妙な形で、信徒を陥れては、対立や紛争に巻き込んで、人生を失わせて来た様子がよく分かるように思う。
 
まるで牧師たちが気に入らない信徒を陥れるために陰からしかけているゲームのようにさえ見える。

唐沢治、村上密の両名が、現在、筆者に対してどういう態度を取っているかに加え、坂井能大牧師の行動を見ても、筆者が当ブログにおいて、決して牧師という連中を信用しないようにと呼びかけて来たことが、事実無根の主張ではないことが、読者に分かるのではないかと思う。

しかも、プロテスタントの牧師の幼稚さ、低俗な人間性が、これらの人物を通じてよく分かろうというものだ。(これらの人々がキリスト教徒としての全うな理念を持っているかという問題は別として、いかに牧師という連中が、人格的に未熟で幼稚であるかだけは、よく分かるはずだ。)

そこで、筆者は改めて、聖書の御言葉を信じる信者として生きることと、このような牧師たちの支配下に身を置いて生きることは全く訳が違うので、信仰を持つ者たちには、牧師たちとは一切関わらないで生きることをお勧めするのみである。
   
とはいえ、今回、坂井が書き込みを削除したことで、筆者の中では、今後、こういう出来事が起きた場合には、投稿者の本心を確かめるために、直接、その人物にコンタクトを取るのが一番良いという結論が判明した。

確かに、直接、コンタクトを取ることによって、罵詈雑言に満ちた返答が返って来て、騒ぎが大きくなり、事件が炎上する危険がないわけではない。とはいえ、たとえそうなったとしても、今回の裁判でも、筆者が2009年に杉本にコメント削除の依頼のメールを送ったことが、正当な要求であったと認められたように、相手が要求に応じないリスクを踏まえたとしても、もしそれが正当な根拠の伴う要求であるならば、きちんとした意思表示を、早い段階で直接、明白に行っておくことは重要なのである。

同じことが、掲示板の投稿者にも当てはまるであろう。

掲示板の匿名の投稿は、これまで、村上や杉本や唐沢を不必要に焚き付けて筆者と対立させるために、つまり、争いの火に油を注ぐために大いに役立って来た。

筆者は個人的に当ブログを使用して彼らに対する主張を投げかけているが、掲示板では、当ブログの主張に、尾ひれ背びれをつけ、これを無限大に歪曲・拡大するなどして、筆者が述べてもいない事柄を、村上や杉本や唐沢に対して述べたかのように記し、筆者を中傷しつつ、争いを激化する投稿が無数に続けられて来た。

さらに解せないことは、こうした内容の投稿が、筆者がパソコンから離れている時間帯、もしくはブログ記事を更新しようとしている時間帯に集中的に行われていることである。
  
本日も、掲示板において、筆者を中傷する投稿が重ねられたのは、筆者がパソコンからも、携帯からも、遠ざかっていた20時から21時までの間であった。21時を過ぎて、筆者が坂井に以上のメールを送ってやり取りを続けてから、中傷の投稿は一旦、やんだ。

それから、23時を過ぎて、掲示板を確認し、当記事を書き始めると、再び中傷(および著作権侵害)の投稿がなされた。
 
さらに、掲示板では、24時を回ると、翌朝4時~6時くらいまで、規則的に中傷の投稿がやむという特徴もある。(これは他の匿名掲示板では見られない現象ではないかと思う。)

このようなことが、これまでも終わりなく、繰り返されて来たのである。
   
掲示板における当ブログへの中傷の投稿は、明らかに筆者がオンラインにしていない時間帯を狙って集中的になされているとしか思えず、その目的も、内容も、全く一致した方向を向いており、しかも一定の時間が来ると、まるで業務終了のベルが鳴ったがとごくに中断する。

このような現象は、自然発生的に起きるものではない。 早い話が、掲示板の話題が、常にカルト被害者救済活動の支持者に不利にならないように、当ブログに対する攻撃に転じるように仕向ける、人為的な世論操作が行われているとしか思えないのである。
 
仮にこれが、筆者の過剰な推測であるしても、そう考えるなら、放っておけば良いだけである。

ところが、掲示板の投稿者たちは、躍起になって、筆者が監視されていると感じていることを、嘘だ、妄想だ、幻想だ、創作だと否定し、筆者が現存していると主張したわけでもない「サイバーカルト監視機構」の存在を、必死に否定していることは、筆者から見て、たとえようもなく不自然なことだ。

なぜ彼らはそれほどまでに「サイバーカルト監視機構」の話題にこだわり続け、それゆえ、筆者の感じていることを躍起になって否定せざるを得ないのか? 何度、議論をよそへ向けても、結局は、彼らの主張はそこへ戻って行く。そして、 「俺たちがヴィオロンを監視している事実などない!!そんなのは妄想だ!!」と合唱を続けるのである。

ついに唐沢でさえ、そうした主張に加担し始めたことは、筆者には驚くべきことである。
 
しかも、筆者はKFCを2012年に去ってから、KFCとは一切関わりのない数人の兄弟姉妹と交わりを行っただけで、その交わりすらも、兄弟たちの逝去などによって途絶え、それ以後、筆者は宗教界とは一切関わりのない生活を送っている。

そこで、信者の中には、筆者の容姿がどのように変化したかなどを詳細に知っている人間はいないはずであるが、それにも関わらず、これらの匿名の投稿者らは、非常に細かく筆者の外見的な特徴をあげつらい、それを材料に、筆者を中傷・罵倒していることは、不審極まりない事実である。

もちろん、そうした内容の中には、嘘もたくさん混じっているとはいえ、いずれにしても、掲示板においては、以上の通り、筆者自身や、筆者の行動を事細かに監視していなければ、とてもではないが、想像だけで、そこまで細部に至るまで、様々な特徴をあげつらいつつ、筆者を中傷したり、なおかつ、当ブログの更新を細かく見張りつつ、新しい文章が発表されるや否や、ただちに剽窃して悪質な投稿を繰り返すことはできない、と言えるだけの内容の投稿が、おびただしい回数、重ねられて来たのである。

そのような仕打ちを受ければ、筆者でなくとも、行動を監視されていると考えるのは、ごく自然な成り行きでしかない。
  
さらに、この掲示板で、筆者に対して中傷を重ねている人物は、全員が、唐沢治、村上密、杉本徳久のいずれか(もしくは全員の)擁護者であり、なおかつ、カルト被害者救済活動を熱烈に擁護する人物ばかりであることも見逃せない。

次の記事では、杉本徳久が未だ判決に従わず、賠償金から逃げ回っている事実と、カルト被害者を擁護する人たちが、被害者という美しいベールで自己を美化しながら、いかに暴虐に満ちた行為に手を染めて来たかについて語る予定であるが、筆者はそもそも2009年から、カルト被害者救済活動などという聖書の神に逆らう冒涜的運動とは、手を切らなければならない、と主張して来た。

被害者意識を隠れ蓑に、人間が自己を無限に美化し、己の罪なる本質から目を背けたまま、神によらない救済を目指し、自分自身が神に代わって裁き主になろうとするこの運動は、終わらなければならない。

筆者はそうした見解に立ちつつ、ずっと以前から、カルト被害者救済活動は、正義を失って、今や嘘の温床となり、無法地帯と化していると告げて来たが、今や掲示板を見れば、誰もがその事実を客観的に確認できるまでの事態となりつつある。

掲示板を見れば、カルト被害者を擁護する人々が、どれほど自分たちの被害を訴えることだけに熱心で、その被害を否定する人々に対して、残忍で、容赦のない制裁を加えずにいられない利己的で粗暴な人々と化しているか、いかに彼らが被害者意識に溺れるあまり、常識を失い、法令順守の精神をも失い、自分にとって不都合な事実は見ようともせず、自己を美化し、気に入らない人間に対してのべつまくなしに汚い言葉で罵詈雑言を浴びせ、執拗かつ徹底的な権利侵害を繰り返さないではいられないか、しかも、いかに彼らがその残忍な行動の責任を微塵も感じることなく、一人前の社会的責任を負うことから逃げつつ、ただ「藪の中から石を投げ」ては他人を傷つけるだけの卑劣で無責任な人間に成り果てているか、誰にでも分かるはずである。
 
筆者が幾度も予告して来たように、このように被害者意識に溺れて自己を失った人々は、反社会的になり、法を犯しても、良心の呵責もなくなり、それゆえやがて厳しく裁かれて、人生を失って行くことは避けられない。

彼らは未だに、あたかも筆者が妄想や幻覚に陥り、あたかも当ブログが犯罪的な内容となっているかのようにさえ示唆する記述を続けているが、かく言う彼らこそ、正常な意識を失い、現実と妄想の区別がつかなくなり、やがて反社会的な行動に手を染めて、それが犯罪行為として厳しく裁かれるに至るのである。
 
筆者は、この掲示板が、カルト被害者救済活動の悪質な本質を、また、カルト被害者を擁護する人々の隠されていた悪意に満ちた内心を、こうまで赤裸々に表してくれたのは、非常に幸いで、良いことだったと考えている。

おそらく、この投稿を見て、今後、カルト被害者を支援したいと願う人は、出て来ないだろう。筆者が2010年から2011年頃にかけて、いかにカルト被害者救済活動が反聖書的で、神に逆らう冒涜的運動と成り果て、法にも社会常識にも逆らう無法地帯と化しているかを述べていた頃は、まだこれほどまでには、この運動の悪質さを証拠立てる客観的な事実が揃っていなかった。

だが今や、当時、予告した通りの現象が起きつつあり、この運動の悪しき本質が、またとないほどはっきりと露呈したのである。
  
今、この掲示板で、筆者に向かって、味方を装い、僭越なアドバイスを行っている人たちや、悪質な中傷を行っている人たちに必要なことは、おそらく、現実社会に引っ張り出されて、自分の発言の責任を厳しく取らされることであろうと思う。

次の記事でも触れるが、かつてはあれほど筆者がペンネームでブログを執筆している行為を「匿名に隠れている」と非難していた杉本徳久が、今やブログからそそくさと自分の名を消して、「匿名に隠れている」事実も見逃せない。

これが彼らの本質なのである。他者に向かってはさんざん根拠のない要求を繰り返し、途方もなく厳しい非難や断罪を行うにも関わらず、自分に対しては、微塵も同じ基準を適用せず、自分だけは何をしても許されるかのように、一切の法的・社会的責任を負おうとしないのである。

今日、掲示板の投稿者の中で、一人でも、インターネットにとどまらない接触を、筆者と直接行って、公然と日の下に出て来て、自分が誰であるかを示し、さらに訴訟のリスクを背負いつつ、実名で責任を負って立つ勇気と覚悟のある人はいるのだろうか?

おそらく、そういう勇気を持った人間は、彼らの中には、一人もいまい。だが、筆者は彼らの思惑とは無関係に、そろそろ彼らと現実社会における接触が必要な頃合いが来たと感じている。

彼らの実名を特定し、法的・社会的責任を取ってもらうことは避けられないであろうと筆者は考えている。杉本も、かつてこれと全く似たような言葉を口にしていたが、杉本はそれをただ脅し文句のように振りかざすばかりで、決して掲示板の匿名の投稿者に対して、合法的かつ正当な方法で向き合おうとすることはなかった。

だが、筆者は、市民として許された合法かつ正当な方法で、このように悪質な権利侵害を繰り返す人々を、匿名の世界から、リアルな社会へと引っ張り出して来て、自己の行為の責任と向き合わせることは、この先、ぜひとも必要だと考えている。そのために必要な根気強い労を厭おうとは思っていない。

なぜなら、そうした時に初めて、彼らが一体、カルト被害者とどのようなつながりがあって、村上密や唐沢治といかなる関係にあるから、これほど熱心に彼らを指導者として擁護しつつ、筆者を中傷しているのか、分かるからである。
 
そして、この事実が明らかにならない限り、一体なぜ、この人々がいつまでも「サイバーカルト監視機構などない!!」と叫び続けているのかも、明らかとはならないであろうと思うからである。
 
* * *

2.第一審で提出された原告および被告の書面の分量比較

さて、村上密がまたも筆者を断罪する記事を書いている。またもや筆者が村上の像を「創作」しているのだという。だが、不思議なことに、この記事の中で、村上は、筆者が一体、村上の像をどのように「創作」しているのか、一切、触れていない。

これはおかしなことである。村上は筆者の記事をまるごと「創作」と決めつけているだけで、何をどう否定したいのかが分からないのだ。具体的な反論にすらなっていない。

以前には、村上は、自分が「教会の破壊者」と呼ばれていると、自慢げに吹聴していたことを忘れたかのように、筆者が村上の像を不当に「悪魔化」しているとして、筆者を非難していた。

だが、今回は、筆者の主張が「感情論」であるかのように決めつけているだけで、何を具体的に否定したいのかもよく分からない。

ひょっとすると、村上は、以下の記事で、筆者が、カルト被害者の裁判を支援する人々が、勝訴した被害者から、成功報酬のごとく、賠償金の何割かをキックバックされた可能性があると発言したことが、そんなにも気に入らず、「創作」だと言いたいのであろうか。

あるいは、村上がカルト被害者の救済のために全国各地を飛び回るための旅費が、どこから出ているのか分からず、ほとんどが被害者の自主的な負担となっているのではないかと、筆者が指摘したことが、「創作」に当たると言いたいのであろうか。

あるいは、村上が筆者の著作者人格権を侵害し、筆者を刑事告訴したとブログで発表した上、その記事を一瞬で削除し、今や、控訴審で筆者から名誉毀損を主張されるはめになっていることが、「創作」に当たると言いたいのであろうか。

あるいは、筆者が何を訴えたところで、村上の率いるセンターはびくともしないと、村上が記事でアピールしているように筆者が感じられたという印象を述べたことが、「創作」に当たると言いたいのか。
 
筆者は以上の事柄について、何一つ事実として断言していない。すべて単なる推測の域を出ない話としか書いていない。むろん、状況も、人物も、特定されておらず、それで名誉毀損など、成立するはずもないことである。それらが「創作」に当たると言いたいのであれば、なぜ漠然と十把一からげに作り話であると決めつけるのでなく、具体的に事実を摘示して、個別に反論しようとしないのか、不思議に感じられる。
   
さらに、村上は「一審で大量の準備書面を出したが、何の効果もなかった。」とぼやいている。

主語のないこの短い文章を読んだとき、筆者は、村上が「私はヴィオロンに反論するために大量の準備書面を出したが、ヴィオロンには何の効き目も無かった」と書いているのだと受け止めた。

そして、村上は、毎回の口頭弁論に、たった1枚~3枚程度の書面しか出していないのに、何を言っているのだろうかと笑った。

後になって、この文章について考えを巡らすと、村上はおそらく「ヴィオロンは一審で大量の準備書面を出したが、それによって私を追い詰めることはできなかった」と言いたかったのだろうと、ようやく合点が行った。
  
主語がないのだから、受け取りようによっては、正反対の解釈が成り立つ、誤解を招きかねない紛らわしい一文である。このような曖昧な表現では、意図したのとは正反対に解釈されたとしても、文句は言えないことであろう。

だが、その問題はさて置くとしても、ついでながら、ここに先日、判決言い渡し直後に、筆者が事件ファイルを閲覧して、原告側・被告側から提出された全ての書面のページ数を集計した結果を記しておきたい。
 
これを見れば、毎回の口頭弁論に、村上がどれほど少ない書面しか出さなかったかが読者によく分かるはずだ。

原告・訴状 149頁 30.5.25(日付)
原告・訴状訂正 4頁  30.6.4
訴状訂正(2) 10頁 30.6.12
訴状訂正(3)6頁  30.6.29
被告村上・答弁書 2頁 30.7.23
被告杉本・答弁書6頁 30.7.25
原告・訴状訂正(4) 3頁 30.7.25
原告・準備書面 52頁 30.7.30
原告・訴状訂正(5)2頁 30.7.30
原告・申立の趣旨変更申立書 2頁 30.7.30
被告村上・準備書面 2頁 30.8.31
被告杉本・準備書面 9頁 30.9.3
被告杉本・準備書面 11頁 30.9.10
原告・訴状訂正(6) 12頁 表2頁 30.8.26
原告・準備書面(2) 11頁 30.9.3
原告・準備書面(3) 171頁+5頁 30.10.14
被告村上・準備書面(3) 3頁 30.11.2
原告・準備書面(4) 80頁 30.11.21
被告杉本・準備書面(その4) 37頁 30.11.22
原告・準備書面(3・4)の訂正申立書 12頁 30.1.26
被告杉本・準備書面(その5)4頁 30.11.27
被告村上・準備書面 1頁 30.12.3
原告・準備書面(5) 151頁 30.12.10
被告杉本・準備書面(その6)3頁 30.12.20

書証(枝番号を除く)
原告・甲1号証~甲109号証
原告・証拠申出書 30.10.3
裁判所・調査嘱託 30.11.9
被告杉本・乙1号証~乙32号証
 
書証からは枝番を除いているので、枝番も含めれば、筆者が出した書証の数は、130はあるだろうと見られる。
 
この書面の分量の推移を見れば、村上と杉本が当初、唐沢治からの「不知」で通せとの助言に忠実に従ったのか、極端に枚数の少ない答弁書を出していたことが分かる。

その後、杉本の書面の分量は次第に増加したが、村上の反論は、依然として、1~3頁程度にとどまり、3頁を超えたことがない。また、村上の提出した書証はゼロであった。

筆者が100頁を超える準備書面や、100を超える書証を出していたにも関わらず、このようなことが、村上に可能であったのは、村上が杉本を盾のようにして筆者と全面対決させて、自分は傍観者的な立場に立っていたためである。

第一審では、誰が杉本に筆者の個人情報を渡したのか、筆者の側で、これを明白に特定する証拠がなく、それが村上の不法行為であることを明白に証拠立てる内容が提示されていなかったので、村上は必至に自己防御する必要がなく、1枚の反論で事足りたのである。

その代わり、一審で杉本が筆者をあらん限りの言葉で誹謗中傷した、途方もなく支離滅裂な内容の書面を提出して、筆者と全面対決に及んだ。
 
そして、村上がこのように極端なまでに少ない枚数の反論しかしなかったことは、筆者にとって不幸中の幸いであった。もしもこの時点で、村上が杉本と同じほどに錯綜した内容の文書を、同じほどの分量で出して来ていたならば、筆者は、2名の被告に全力で反論するために、次回期日までの期間を倍にしてもらわなければならなかったからだ。

この一審を通して、筆者は、訴訟に立ち向かうためには、何よりも時間的余裕が必要であることを思い知った。どんなに優れた文章力があろうとも、優れた思考能力があろうとも、時間が用意されない限り、人はいかなる反論も行うことができない。

すでに書いた通り、この時間的余裕を得ることこそ、論敵に対して優位に立つために必要不可欠な前提条件なのである。
  
だが、限られた条件下で、時間的優位性を生み出すことは、まさに神の采配なくしてはできないわざであり、主だけがそのような采配がおできになることが、この訴訟において、筆者に関しては、見事に証明されたものと考える。

また、一審では、すでに述べた通り、ほとんど書面を出して来なかった村上も、終結前には、杉本と一緒に筆者に反訴の脅しをかけて来たため、筆者は準備書面を通して全力でこの圧迫を撃退・粉砕せねばならなかった。

反訴はそれ自体が権利なので、これを否定することはできず、従って、被告が反訴すると言っているときに、原告がこれを押しとどめることは、およそ常識で考えて容易に出来ることではない。そこで、この戦いには、まさに強力な御言葉の裏づけの伴う信仰が必要であった。
 
筆者の提出した最終準備書面を読めば、その内容はもはや訴訟というよりも、信仰による激しい戦いにふさわしいものとなっていた様子がよく分かるだろう。

実際、筆者はただ御言葉に基づく信仰だけによって、彼らの反訴の予告を空中で粉砕したのであった。そして、このように、第一審では、非常に広く深い信仰的な議論が展開されたからこそ、筆者にとって、これは限りなく深い満足を覚える、主の栄光となる訴訟だったのである。
 
だが、第二審は、もはや第一審ほどのリスクは伴わないであろう。

二審では、反訴のリスクはほぼ回避できるばかりか、それはもはや筆者と杉本ではなく、筆者と村上との争いになると予想される。しかも、明白な証拠の伴う村上自身の不法行為が争点となるので、村上には、一審のように薄っぺらい反論で、筆者の論に立ち向かうことは、不可能となることだろう。

村上がこれからその作業をどんな風に成し遂げるのか、お手並みを拝見したい。

筆者は弁護士という職業がどのようなものであるかを知っているので、弁護士相手の戦いを、一切、恐れていないが、相手方に弁護士がつくとすれば、それには筆者にとってもメリットがある。

それは、弁護士は裁判所の決定を軽んじたりは決してしないことだ。訴訟の相手方に弁護士がついている場合には、杉本が今しているように、自分に不利な判決からはどこまでも逃げ回るような悪質な態度を取ることはまず考えられない。

筆者が勝訴すれば、弁護士は速やかに判決に応じようとするはずである。
 
<続く>
 
補足:この記事は4月22日の深夜2時~2時半頃に投稿したものであるが、本来ならば、多くの人々が寝静まっており、当ブログの更新など全く気にかけていないはずのこの時間帯に、ただちに更新を察知して記事を閲覧しに来るIPアドレスが以下の通り、確認されている。
常時更新を見張っているIPアドレスの一つと見られるが、
訪問回数を見ても、管理人と見まごうほどに、おびただしい回数、当ブログを訪問している様子が分かるため、およそ善良な訪問でないことは推知できる。
ちなみに、杉本のIPアドレスも、4月21日の深夜に掲示板に中傷の投稿がなされる前後に確認されている。

 


村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(6)―良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。

さて、まずは次の事実から先に読者に報告したい。

判決に仮執行がついていれば、控訴中もしくは判決の確定前であっても、判決はただちに効力を有する。そこで、原告の賠償請求が判決で認められれば、その分は、被告の「債務」としてただちに取り立てが可能となる。

ここから先は、金融業界の人々が専売特許としている世界だ。おそらく悪魔と暗闇の勢力はこの分野を知り尽くしているはずで、ドラマに出て来る取り立て屋、地上げ屋などを思い出すだけで良い。

もちろん、良心的に判決に従ってくれる人々に対して、こんな強制命令は必要ない。代理人などがついている争いの場合であれば、判決言い渡しの後は、代理人同士で穏やかに解決が図られるのが常であろう。

しかし、本件が特異であるのは、杉本徳久という人物が、これまで、当ブログ執筆者の側から接触を図る度毎に、事を荒立て、筆者に対するさらなる権利侵害に繰り返し及んで来たという事実である。

過去を振り返っても、当ブログ執筆者が今回、被告として訴えた杉本徳久は、2009年に筆者がたった1件のコメントの削除を求めただけでも、これに応じず(杉本の行為は筆者に対する著作権侵害であると、判決でも認められている)、筆者が書き送ったメールの文面が、あたかも無礼極まりないものであったかのように主張し(これについても、後程筆者のメールを全文公開する)、かつ当ブログの内容を不服として、ただちに当ブログに対して1千件のコメントを伴うバッシング記事によって応酬した経緯がある。

その後も、杉本は当ブログから気に入らない記事を削除させようと、当ブログ執筆者の個人情報を無断でネット上に公表すると予告する嫌がらせのメールを大量に筆者に送りつけた(このことは過去の記事で指摘した通りである)。

さらに、杉本は唐沢治など、当ブログ執筆者にかつて関係のあった人物に接触し、当ブログ執筆者に関する情報を収集(これは次回以後の記事で詳しく指摘)、さらに、2017年に筆者の側から和解を申し入れるためにメールを送った際にも、これを無断で公開した上で筆者を名誉毀損し、その後、筆者の側から和解を目的とする調停を申し入れると、筆者を名誉毀損する記事を20本以上に渡って大量にブログに大量投稿(判決で20本以上の記事の削除が命じられた)、当然ながら調停は決裂して訴訟に転じ、その結果、今回の賠償が杉本に命じられたのである。

第一審でも、被告杉本が、被告村上密と一緒になって、原告に反訴すると脅しをかけていたことは幾度となく記した通りであり、当ブログ執筆者は、このように常に騒ぎを無制限に拡大しては、紛争をこじらせた挙句、事態の収拾に何の貢献もして来なかった被告杉本に対し、第一審の判決言い渡し後は、いかなる直接交渉も行なわないことに決めた。

読者にも、このような人物と接触することが何を自分にもたらすのか、よく考えることをお勧めしたい。
 
むろん、第一審の判決言い渡し後、杉本が筆者に賠償金の支払い方法をメール等で尋ねて来ることも一切なかった。個人情報を暴露すると言って一方的に人を脅したり、信仰生活について不当に干渉し、僭越な助言を行うメールを送りつけるときにはためらいがないのに、自分に不利な判決には、どこまでも知らぬふりである。
 
そこで、第一審の判決を実行に移すために、当ブログ執筆者は、強制執行により財産の差し押さえという方法を取ることにした。その申立てが許可され、裁判所の差押命令が届いたので、ここに掲載しておく。


株式会社メディアテラス 代表取締役を第三債務者とした裁判所による債権差押命令

むろん、これは第一回目の法的措置であるが、これは企業に対するものであるから、債務者である杉本がこれに従わず、あくまで「債務」から逃げようとするならば、こちら側では、個人としての杉本をも対象として、第二、第三の措置を講じなければならない。
 
だが、債務から逃げることが得策ではないと言えるのは、この種の措置は、繰り返せば繰り返すほど、より一層、企業の信用を低下させ、個人にとっても、ダメージとなるからだ。

判決が出ても、すぐに従わず、通常の企業から見て、さして高額でもない賠償金すら、ただちに支払う能力のないほどまでに、資金繰りが悪化しているとすれば、そんな企業とこの先、取引を行うことは、非常な危険であるから誰にも勧められない。

以前に杉本は、筆者がこの会社が幽霊会社になっているのではないかという懸念を記しただけで、激怒して筆者を罵倒・侮辱・名誉毀損しつつ、尊大な態度で、法務局に行って登記簿謄本を取れば、自分の会社が幽霊会社でないことくらいはすぐに分かるはずだと叫んでいた。

その頃、杉本は、自分の会社の資格証明書の取得代金が、後に債権差押の執行費用として、自分に請求されることになると、少しでも予想していたであろうか。

このように、気に入らない他人を誹謗中傷することだけは大いにしても、その後、自分に降りかかる事態を全く予想できないのは、まことに愚かであると言う他ない。

筆者が今、この記事を書き記しているのは、これと同様の現象が、掲示板で当ブログ執筆者に対する誹謗中傷を日夜重ねている連中の誰に対してでも、起きうるためである。

ある日、IPアドレスから個人が特定されて、掲示板の投稿者であるあなたに訴状が届く。それを見たあなたの家族は、あなたが日夜、掲示板に他者を誹謗するコメントを投稿していたために、そのような事態が起きたことをどう思うであろうか。

債務は、逃げれば逃げるほど、さらに膨らむ可能性もそれなりに秘めている。杉本が、幽霊会社かも知れないと言われたことを実現させたくないならば、早期に対処しておくことが必要となろう。
 
今回は、企業の代表としての杉本徳久を第三債務者としているが、勤務先にこうした命令が届いた場合には、それ以上、穏便に勤務を続けられるかどうかは定かではない。

いずれにしても、騒ぎを煽るだけ煽って、自分に不利な判決が言い渡されるや否や、その事実から目を背けたり、事態を収拾する一切の努力を、すべて相手任せにするような人物や企業と、この先、取引をする価値があるかどうかは、各自がよくよく考えられたい。
 
メディアテラスの代表である杉本が、企業の代表として、この問題にどう手を打つのかが注目される。

* * *

4.杉本のみならず、村上密に忖度する信者を待ち受ける厳しい末路

さて、前から書いた通り、杉本徳久による2009年に始まった当ブログ執筆者に対する執拗なバッシングと、正当な理由のない個人情報の開示要求等の脅しの引き金となったのは、それより少し前に、村上密が当ブログ執筆者だけを標的として掲載した以下の記事であったものと見られる。
 
村上密は、2009年7月に17日に、当ブログ執筆者が、村上密が唱えた「カルト監視機構」の構想を悪魔的な発想であると批判したことに激怒し、同じ教団で育って来た信徒である筆者を個人的に非難するバッシング記事「ヴィオロンさんへ」を自らのブログに掲載した。

だが、何よりも注目されるのは、そこで村上が、当ブログ執筆者に対して、「藪の中から石を投げて顔を出さない無責任な生き方から早く卒業することです。」と記し、当ブログ執筆者がペンネームでブログを執筆している行為を、まるで許されないものであるかのように、正当な理由なく非難していたことである。

 

村上密が、自教団で子供の頃から育ち、村上の教会に身を寄せたこともある当ブログ執筆者から批判を受けたことを許せず、筆者を個人的にバッシングするために掲載した記事
 


 また、この記事が発表された時点から、村上密が、当ブログ執筆者が、村上の像を「創作」している(=悪魔化している)と主張していたことも、注目に値する。

だが、事実はどうであろうか?

通常のプロテスタントの牧師は、信徒を名指しで非難する記事をブログに掲載したりしないし、信者の著作者人格権を否定して、実名を公表せよと要求したりもしない。

もちろんのこと、全宗教界を取り締まる「カルト監視機構」などという恐ろしい機構の設立を提唱したりもしない。

さらに、被害者を募って、自分の所属しない教会に裁判をしかけたり、同業の牧師を誹謗中傷する記事をブログに投稿し続けるなど、他の牧師には類例のない行為である。

何よりも、村上密自身が、常日頃から、裁判をしかけられた側の教会の牧師や信徒たちから、自分が「教会の破壊者」と呼ばれていると、得意げに周囲に吹聴していたのである。

むろん、教会の破壊者とは、悪魔のことである。

このように、村上自身が、自分は裁判をしかけられた教会から、悪魔のようにみなされていると、自慢話のように喜んで吹聴していたのだから、それを信じる人が出て来ることを、村上が非難できる筋合いにはあるまい?

それにも関わらず、一体、なぜ村上は筆者のブログ記事だけを、村上を悪魔化した「創作」であると、躍起になって否定せざるを得ない理由があるのだろうか。実におかしなことである。
  
いすれにしても、この頃から、村上密が、当ブログがペンネームで執筆されている行為を、何の正当な法的根拠もなく、許しがたいもののようにみなして、暗に非難していたこと、そして、前回述べた通り、杉本も、村上によるバッシング記事のURLを、当ブログを非難した記事で引用していたことを見ても、杉本が当時から、村上の言い分が正しいかのように、鵜呑みにしていた様子が分かる。

杉本は、当ブログ執筆者に対する権利侵害に及ぶことで、あたかも自分が村上の思想の代弁者のごとく振る舞い、村上に代わって筆者に制裁を加え、報復しようとしたものとみなせる。
 
そのことは、何よりも、杉本が賠償を命じられた直後の4月1日に、今度は村上密自身が、当ブログ執筆者に対する著作者人格権の侵害に及んだ事実を通しても分かる。

杉本が口を封じられたので、いよいよ村上本人がお出ましになるしかなくなったのである。もしも杉本と村上との間に、いかなる思想的つながりも、連帯もなかったのであれば、杉本が口を封じられたからと言って、それを機に、村上が以上のような権利侵害に及ぶ理由はなかったはずである。

だが、実際には、村上が以上の行為に及んだことは、村上が2009年以来、何としても当ブログ執筆者の実名を暴いてやりたいという(杉本徳久同様の)執念を持ち続けていたことをよく物語っている。筆者から見れば、杉本はただ村上の執念を、忠実に体現して実行しただけなのである。
   
そこで、筆者は村上による権利侵害を不法行為として控訴、および刑事告訴を完了しようとしている。掲示板における村上忖度信者は、この事実をファンタジーか何かだと考え、筆者に勝利はないとしきりに吹聴しているが、村上自らが第一審では出さなかった不法行為の証拠を自ら揃えたのであるから、村上の今後は、これまでとは全く違ったものとなろう。
 
さて、杉本がどれほど村上の思惑を忖度して行動していたのか、村上から杉本に具体的な指示があったのかなかったのかは不明だが、いずれにしても、村上の記事が、杉本による権利侵害のトリガーになっていることは十分に確認できるのであり、同様のことが掲示板にも当てはまる。

掲示板でも、当ブログに対して、日夜、著作者人格権の侵害、著作権の侵害、名誉毀損等の権利侵害が行われているが、これらの書き込みはほぼ100%、村上密の支持者によるものである。

これらの信者は、村上が新たな記事を発表する度に、その主張を真に受け、村上を擁護する目的で、村上の政敵としての当ブログ執筆者を「悪魔化」して弱体化し、それによって、村上に代わって筆者に報復を加えるためにこそ、日夜、筆者を誹謗中傷し続けているのである。

しかし、実際に、悪魔と呼ばれるにふさわしいのは誰であろうか。筆者はいかなる法も犯しておらず、膨大な手間暇をかけて、自らの主張を合法的に立証すべく、正当な訴訟手続き、刑事告訴の手続きに及んでいる。

ところが、村上密を支持する掲示板の投稿者は、匿名で筆者を誹謗中傷し、「藪の中から石を投げて顔を出さない無責任な生き方」を続けているだけだ。

信仰を持たない通常人であれば、これほど激しい誹謗中傷を受ければ、2日と持たないだろう。しかし、掲示板に溢れる村上忖度信者は、他者を死に追いやっても、まるで反省のないほどに、残酷かつ無慈悲な言動を続けている。ここまで人間性を失った異様さを見れば、彼らが、まるで教祖麻原のために大勢の人々を死に至らしめる犯罪行為を犯したオウム信者と同じようになって、すでにカルト信者と呼ばれるにふさわしいあらゆる特徴を備えていることが、読者には十分に見て取れよう。

筆者が警告しているのは、このようにまで正常な精神を失った信者の群れを「実」として生み出す宗教指導者は極めて危険である、という一言に尽きる。

常識を失い、法令を遵守する精神もなくなり、人としての思いやりもなく、まるでヤクザのように殺気立って、日夜獲物を探し求める獣のように、口汚い言葉で誹謗中傷するための標的を探し求める、異常な取り巻きが主たる支持者となっている牧師――そのような誹謗中傷を扇動するがごとくに自ら信者に対するバッシング記事を掲載してはばからない牧師――さらに、自身が、学校時代に級友に暴力をふるって退学に追い込んだり、「教会の破壊者」と呼ばれていることを、自慢話として吹聴する牧師など、プロテスタントのどこを見ても、村上密の他にはまず見当たらない。

村上密は、鳴尾教会との裁判に敗れてから、若い後継牧師(長澤牧師)に道を譲ると言って60代で引退したが(アッセンブリー教団の平均的な退職年齢は80代であると村上自身が書いていることを見ても、これがいかに不本意な早期の引退であったかは分かるだろう)、それにも関わらず、信徒総会の決議によらずに、後継牧師を勝手な理由で退けて、自分の妻(恵子)を主任牧師に据え、今も自分の息子を牧師として奉職させている。

ゆくゆくはこの教会を息子に継がせようという意図が透けて見えるが、このような現象をこそ、教会の乗っ取りと言うのではないだろうか? これはかつて鳴尾教会で、村上が義理の父である津村牧師と協力して、津村牧師の後継牧師夫妻を追い出した手法にそっくり重なる。その当時から、信徒総会の決議を経ずに、自らの一存だけで密室で事を進める村上の手法は全く変わっていない様子が見て取れる。その上、村上の家族においても、子供の不幸が相次いでいる様子を見れば、村上密という牧師がどれほど悪しき「実」を結んだのかを人々は如実に理解できよう。

このように、村上の主張はすべてがさかさまである。乗っ取られてもいない教会に「乗っ取り」の容疑を着せ、自分のしていることこそ、教会の乗っ取りであるとは認めない。自分が属していない他教会にまでも、裁判をしかけて、教会を弱体化させ、自分が悪魔化され、「創作」されている、などと言いながら、罪もない信者を悪魔化し、自ら権利侵害を犯し、誹謗中傷を容認・黙認しながら、信者を嘲笑することにためらいがない。

村上密が牧師であるにも関わらず、まるで訴訟を悪ふざけの場であるかのように、杉本徳久と共に(実行もできないのに)筆者に反訴の脅しをかけた様子を見るだけでも、信徒は、当ブログにおける村上に対する批判が、断じて筆者の「創作」などでないこと、このような悪しき牧師の本質が何であるかを、十分に知ることができるだろう。
 
このような事実が明らかになっても、まだこの牧師の言い分を信用するのは、まさしく愚行と言う他ない。村上の追随者には厳しい運命が待ち受けている。その最初の第一号が、杉本徳久なのであって、掲示板の投稿者たちも、杉本の今日は自分の明日であることをよく考えるべきであろう。

偽預言者の目的は、自分と共に破滅に追い込む人間を、一人でも増やすことにある。従った者には、厳しい報いが待ち受けているのであって、彼らは自分が「教祖」と拝んだ人物と共に恥をこうむり、悪事の報いを受けることになる。

彼らの行く末は火の池であるが、この世においても、切り倒されて火に投げ込まれるため、よくよく用心されたい。

偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶことできない。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける。」(マタイ7:15-20)

2.サイバーカルト監視機構はない!と主張する人々の犯罪行為 等へ続く。

村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(5)兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

1.兄弟に「馬鹿」という者は最高法院に引き渡される。信徒を馬鹿にする村上密のメール


さて、 第一審の目的は、サイバーカルト監視機構がこの世に存在するかどうかを事実認定することにはなく、そのような機関が存在していないという事実認定が下されたわけでもない。

にも関わらず、一体、なぜ村上密がこの問題について躍起になって否定しているのか、筆者は理解に苦しむ。
 
とはいえ、読者には、次の事実をよくお考えいただきたい。

まず第一に、杉本徳久による当ブログに対するバッシングは、2009年に村上密が当ブログに対する批判記事を発表した直後に始まった。その頃、以下に示す通り、杉本は自らのバッシング記事の中で、村上の記事のURLを引用していた。

 

村上は2009年以降、自らのブログで、それ以上、当ブログを批判することはなかったが、それと入れ替わるように、杉本からの当ブログへの執拗なバッシングが始まった。

さらに、今回の判決で、杉本に賠償とブログ記事削除が命じられると、今度は村上が杉本と入れ違いに、自らのブログで、当ブログ執筆者を標的として非難し、権利侵害を行う記事を投稿し始めたのである。

このようなことを、読者はどう思われるであろうか?

また、第一審の口頭弁論は、昨年12月に終結し、それから判決言い渡しまで、3ヶ月の期間があったが、この間、インターネットでは、日夜、当ブログ執筆者に対する想像を超えるほどの激しい大規模な嫌がらせ行為(権利侵害)が行われた。

今もって続いている掲示板における当ブログに対する権利侵害の書き込みのほぼ9割近くは、村上密を擁護する立場から行われていることも注目に値する。

かつて筆者が親しく交わりを持っていたある信者(すでに他界)が、次のようなことを述べたことがある、

「主監者を見なくても、信徒を見れば、主監者がどういう人間かは大体分かる。」

まさしくその通りであって、ある宗教指導者がどういう人物であるかは、それを取り巻く信者たちの顔ぶれを見れば、おおよそ察しがつくと言って良い。

特に、その宗教指導者を批判した時に、何が起きるのかをよく観察してみる必要がある。ある指導者を批判すると、途端に、本人からただちに非難記事の掲載という報復措置があり、さらに、ヤクザのような無数のコメント投稿者が、寄ってたかって、掲示板で匿名で誹謗中傷を始めるなどの出来事があれば、そのような現象が起きる宗教指導者には、絶対に近寄るべきでないと言えよう。

この点で、村上密(および杉本徳久、唐沢治)を批判した際に起きるインターネット上の集団リンチは、他の宗教指導者には見られない特異かつ悪意に満ちた現象である。
 
村上密を批判した時に起きる、当ブログへのすさまじいネット上のリンチは、2009年から現在まで続いており、このように長期に渡る集団的な嫌がらせ行為は、他の宗教指導者には、全くと言って良いほど見られないものである。

掲示板では、現在も、村上の言い分を鵜呑みにした信者たちが、当ブログに対する批判のみならず、すさまじいほどの権利侵害を繰り広げている。

これほどガラの悪い取り巻きばかりが支持者・擁護者となっている宗教指導者は、プロテスタントではまず他に見たことがない。

こうした大規模なネット上のリンチに、村上密本人がどこまで関わっているのか、関わっていないのかは不明だが、いずれにしても、非常に大きな疑問に感じられるのは当然である。

ちなみに、筆者は今でも、杉本徳久の行為は、杉本が単独でやったものではない可能性が高いと考えている。

まず、村上は第一審において、杉本と共に、筆者を完全に馬鹿にしたメール文通を書証として提出して来た。

何とそこには、村上が欠席した昨年10月22日の口頭弁論に、被告側からは一人で臨んだ杉本が、筆者がこの弁論で述べた主張を歪曲・捏造して、「ヴィオロンが口頭弁論時に、被告らによって自分のパソコンがハッキングされたと主張した」などと、筆者が述べてもいない荒唐無稽な嘘を書き記して、二人で原告を馬鹿にした内容が書いてあったのである。

もちろん、原告はこの訴訟において、被告らが原告のパソコンをハッキングしたなどという主張を一度も提示したことがない。

だが、そのことをさて置いても、これは村上の人間性がよく分かるメールだと思う。
(一つ目以外の画像はすべて村上のメール。)





さらに、次の書面も、杉本が提出して来たものであるが、村上密が内心で、信徒をどれほど馬鹿にしているかがよく表れているメールだと言えよう。

ここでは、いみじくも、杉本と村上がまさに筆者を「馬鹿」と罵ったメールを、二人で示し合わせて訴訟に提出することで合意した様子が記されている。


このようなメール文通を書証として訴訟に提出するなど、筆者から見れば、とてもではないが、訴訟を単なる悪ふざけの場だと勘違いしているとしか思えない愚行である。

むろん、キリスト教徒としても、それは絶対にあるまじき行為である。
マタイによる福音書にはこうある。

「しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。だから、あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。

あなたを訴える人と一緒に道を行く場合、途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるにちがいない。はっきり言っておく。最後の一クァドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」(マタイ5:22-26)


さて、ここで言われている「和解」とは、被告らが唱えたように、提訴や反訴の脅しをかけることによって、自分に不都合な発言をする信者の口を封じようとすることではない。

この聖書箇所が非常に象徴的なのは、「早く和解せよ」と、御言葉が急を告げているにも関わらず、その忠告を退けるなら、裁判官は兄弟を罵った者に不利な判決を下し、その判決に従って、その者は「牢に投げ込まれる」と書いてある点だ。

これは非常に象徴的であると筆者は思う。なぜなら、このメールを提出した時点では、被告らの双方が告訴対象となっていたわけでもなければ、その後、双方に不利な判決が下されたわけでもない。ところが、今や時間の経過と共に、双方に同じ運命が降りかかろうとしているのである。

さて、話を戻せば、このようなメール文通の内容から、私たちは、杉本徳久と村上密がいかに意気投合して、原告である筆者を共に見下し、嘲り、罵っていたかをよく理解できよう。

しかも、二人が原告を罵っていた理由は、ありもしない理由であり、筆者の主張を捏造したものであるから、極めて不当である。また、この文通の内容からは、村上が筆者の提起した訴訟そのものを徹底的に嘲っていたこと、また、杉本の行為をいささかも不法行為であると認識していなかった様子がよく分かる。

このように、杉本は当初から、村上と歩調を合わせ、メールでは意気投合さえしていたのであり、その後も、村上と一緒になって、筆者が彼らの唱える和解条件を飲まないならば、反訴するとの脅しをかけていたが、第一審の最後の口頭弁論において、村上が反訴しないと分かると、「村上さんが反訴しないなら、私もしません」と、村上と歩調を合わせて、反訴を取りやめる態度を見せたのである。
 
第一審では、杉本―村上の明白な共謀関係は立証されていないとはいえ、もしそれが事実であるならば、このように杉本が村上に歩調を合わせて反訴を中止する必要はなかったはずである。

むろん、控訴についても同様のことが言える。村上が不法行為に問われなかったからと言って、杉本の控訴する権利が失われるわけではない。それにも関わらず、筆者が杉本の控訴はあり得ないと予想しているのは、ただ控訴によって、判決を覆せる見込みが薄いというだけではない。

これまで杉本が、常に村上を擁護する立場から筆者に反論し、村上の都合を理由に反訴を見送ったことを考えても、その杉本が、自らの控訴によって、村上を再び不利な立場に立たせるチャンスをわざわざ筆者に与えるとは思えないのである。

さらに不可解なことは、すでに述べたように、杉本の行為が不法行為であると認定されたにも関わらず、杉本が自らのブログで筆者を非難できなくなったことを皮切りに、今度は村上密本人がお出ましになって、自らのブログで筆者の権利を侵害したり、筆者を非難し始めたことだ。

もしも杉本と村上との間にいかなる共謀関係もないなら、なぜ村上は、杉本が当ブログをバッシングしていた間、ずっと沈黙していたのであろうか。なぜ杉本に賠償が命じられるや、長年の沈黙を破って、過去の記事について批判を始めたのであろうか。

こうした事実は、筆者の疑惑をますます深めるだけである。筆者から見れば、杉本は村上の思惑を忖度して行動していたに過ぎず、黒幕は杉本ではない。だが、その杉本が口を封じられたので、村上は仕方なく自分で当ブログ執筆者を非難するしかなくなったのだと見られる。

これまで一度でも村上密のもとに身を寄せたことのあるカルト被害者や、村上の教会にいる信徒らは、こうした現象を、よく見ておくことである。自分も村上から内心ではこのような目で見られている可能性があることをよくよく覚えてもらいたい。

村上の宗教トラブル相談センターとは、このような場所である。学歴があろうと、教養があろうと、同じ教団で子供の頃から育って来た信徒であろうと、村上は自分に盾突く人間を、こういう目でしか見られず、こういう扱いしかできない人間であることを、読者はよくよく覚えて置かれたい。

仮に現時点で、村上が法的責任を問われておらずとも、杉本と一緒になって、信徒をこのように見下し、嘲り、罵り、信徒からの提訴を受ければ、反訴の脅しをかけて、口を封じようとしたことが分かりながら(自分の無実を主張するために信者に反訴の脅しをかける必要はない)、この牧師のもとに身を寄せたいと願う信徒はもはやいまい。

誰がこんな恐ろしい牧師のもとに信仰の相談に行きたいと願うだろうか。行く前に、当ブログに起きていることを参考に、よくよく考え直すことをお勧めする。

村上のメールは、まさに掲示板の誹謗中傷のレベルと同じだ言わざるを得ない。何よりも、杉本があれほど筆者を誹謗中傷している最中、牧師として、いささかも杉本をいさめず、怒りを解くよう説得することもなく、誹謗中傷をやめるよう戒めることもなく、かえって杉本と共に、原告であった筆者を嘲笑する側に立ったことは、村上の牧師としての資質を根本から疑わせる事実であり、今後、宗教界での村上の信用を完全に失墜させる行為であると言えよう。

これを読めば、村上は、日夜当ブログを誹謗中傷している掲示板とも無関係ではないのではないかという推測が生まれるのも致し方ないことであろうと筆者は思う。

このような現象が起きていることを踏まえた上で、読者は、なぜ今、村上がしきりに「サイバーカルト監視機構はない」などと躍起になって反論せねばならない必要性があるのか(しかも、村上が挙げているのは、筆者が何年も前に書いた記事であって、第一審の争点でもない)、今一度、よくよく考えてみられたい。
  
掲示板にも、村上の忖度信者が溢れているが、掲示板のコメント投稿者も告訴対象となっており、間もなく捜査が及ぶことになるので、ここにおいても、村上を擁護する者はいずれいなくなるであろうと見られる。

どんなに最初は取り巻きが多くとも、最後は一人の勝負である。神と人との前で、たった一人で立ちおおせる力が、果たしてこの牧師にあるのだろうかと疑問に思う。

 
2.「サイバーカルト監視機構はない!」と主張する人々による犯罪行為 へ続く 


村上密その他を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(2)高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。

高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。」(箴言16:18)

十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。それは、こう書いてあるからです。

わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、
 賢い者の賢さを意味のないものにする。

 知恵のある人はどこにいる。学者はどこにいる。この世の論客はどこにいる。神は世の知恵を愚かなものにされたではないか。世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。
 
ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、わたしたちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。」(Ⅰコリント1:18-25)

  
判決というものは、言い渡されてすぐに確定するわけではない。
ちょうど熱して熔けた金属が鋳型に注ぎ込まれてから、徐々に冷え固まって行くように、時と共に確かな動かせないものとなって行く。

判決が動かせなくなるまでには期限がある。従って、これを変えたいと思うならば、固まってしまう前に行動を起こすことが必要である。

村上密は、判決正本が届いたのか、その内容を知るや否や、早速、ブログで自分は勝訴した、原告は敗訴したと、得意げな記事を綴っているようだが、判決の確定前にそのようなことを断定するとは、何と軽率かつ気の早いことだろうかと思わざるを得ない。

世では判決内容を不服とした控訴は無数に行われているが、裁判官が権威を持って宣言した内容を覆すためには、よほどの理由が必要であり、新たな証拠の提出等がない限り、ただ内容が不服というだけでは、控訴が受け入れられる見込みも薄く、事実認定を覆すことは困難で、心証が悪くなるだけだ。

そこで、筆者は裁判官の判断に異議申し立てをするつもりはなく、とりこぼした内容は新たな訴訟でカバーしようと考えており、今回、村上密が4月1日の記事を投稿しなければ、この判決は、少なくとも村上に関する部分は、確定していた可能性が高かったのである。

ところが、村上が早々と勝負は終わったと考えて、早速、当ブログ執筆者を標的に、個人情報を記して批判記事を投稿したことにより、すべての事情はガラリと変わった。

やはり、高慢は破滅に先立つという、聖書のあの御言葉は本当なのであろう・・・。

村上はあとから記事を書き変えたようだが、一旦、投稿した実名入りの記事は、あっという間にあらゆる検索サイトを通じて、全世界に拡散してしまった。むろん、掲示板等でも報告がなされ、おびただしいほどの数の証拠があるが、たとえば、書き変え後も、検索結果はこのようであった。



さらに、村上密は当ブログからの言及を知って慌てて内容を変えたのか、被告杉本徳久の名前も一時は公開していたようである。いずれにしても、覆水盆に返らず、である。



通常は、判決言い渡しがあったからと言って、早速、意気揚々と「勝ったぞ!」という趣旨の記事を投稿することは控え、しばらくは相手方の出方を静かに待つであろうが、このような軽率な記事を投稿したことが、あだとなって自身に跳ね返ることになったのである。

村上は今も自分はA43ページの準備書面しか提出せずとも、本人訴訟に臨んで勝ったのだから、それで良かったのだと、今回のことをまるで大いに自らの手柄のように吹聴する記事を投稿しているが、今回の訴訟で真に奮闘したのは、主イエス・キリストだけを弁護人として、複数の訴訟に直接・間接的に関わったことのある二人の被告を相手に、彼らからの反訴の脅しにも屈さず、掲示板での日夜の嵐のような誹謗中傷にも負けず、一人目の被告にまずは勝利を果たした原告であると言えよう。
 
だが、牧師や教師は、常日頃から、生徒や信徒の成功を自分の手柄のように誇っているから、こういう話が作られるのは不思議ではない。他人の紛争を日々の糧として生きる弁護士という職業も、似たようなものだと筆者は考えている。

ちなみに、弁護士は元が取れない事件には気乗り薄なので、取りはぐれがありそうな場合には、本人訴訟を勧めるのは当然である。それは「あなたなら一人で戦える」という太鼓判ではなく、採算が取れないので自分はやりたくないという意思表示でしかない。

被告らは、控訴があった場合には、弁護士をつけると豪語していたが、筆者には、このような事件につく弁護士がいるとは、到底、考えられない。それでも「暮らし向きの自慢」をしようと、見栄を張って弁護士に依頼すれば、負ければその費用はすべて自己負担だ。負けなくとも、そんな高額な費用が帰って来る見込みはどこにもない。そこで、まずは先立つ費用の計算が必要となろう。筆者から見れば、訴訟物の価格に照らし合わせても、それはあまりにも馬鹿らしいことである。

筆者の見えない弁護人はイエス・キリストであり、この方は、信仰と誉以外には、筆者に着手金も成功報酬も要求されない。しかも、カルバリで悪魔を打ち破り、最強の敵を打ち負かし、これまで一度も負けたことのない世界で最も信頼できる、最強かつ名うての弁護士である。

被告らの弁護人は誰だろうか。掲示板で日夜誹謗中傷する者たちの信奉している世界で最も毒舌かつ詭弁に満ちた悪名高い弁護士、「我々の兄弟たちを告発する者、昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者」(黙示12:10)だろうか。

筆者は、被告とされた人間の恐るべき慢心と油断を見ても、やはり、神は生きておられるのだと考えないわけにいかない。

筆者は、判決を手にしたのは、今回が初めてであり、二審、三審を戦ったことはないが、かつてふとしたことから、東京高裁を訪れたことがあったのを思い出す。そこは、まさに省庁の庁舎というべき、どんよりとした陰気な建物で、地下に郵便局とさびれた食堂があり、そこにはげんなりするようなメニューが並び、死んだようなまなざしの職員が黙々と食事していた。(霞が関の庁舎はどこもそんな雰囲気だ。)

横浜地裁は、それとは比べものにもならない、活気に満ちた場所である。明るい光が窓から降り注ぎ、窓から海を見下ろせ、建物も新しく、きれいで、職員も活気がある。何もかもが新鮮で陽気だ。待合室も明るく、法廷の扉でさえおしゃれで、心を陰鬱にさせる要素は何もない。

もちろん、建物の外に出れば、観光地のように、しゃれた店が立ち並び、海風が吹き、秋には銀杏の葉がこぼれおちる。ここから筆者の訴えの記念すべき歩みが始まったことは、まさに象徴的な神の恵みだ。

だが、筆者の訴えはこの海辺の町から空高く飛び立っていく・・・。
 
* * *

さて、判決を受ければ、そこから新たな手続きを始められることは、すでに書いた通りだ。これこそ、通常人はほとんど足を踏み入れることのない、まるで悪魔が専売特許として来たような世界である。

判決を受け取ったからこそ、できること、これが訴訟の極意と言っても良いものと筆者は考えている。それは、いわば「命令」と「実行」が一つになる世界で、この二つを一つにする方法を知らなければ、判決には意味がない。

今、この手続きに精通しておくことは、今後、何かもっと大きなことのために、必ず、役立つ時が来るという確信が心にある。
 
そこで、筆者は今、司法という大きなビルの暗い地下室に降りて、基礎構造を一つ一つ確かめているところだ。一体、この建物全体の中に、どのような機能が備わっているのか、可能な限り、自分自身の目で確かめてみなければならない・・・。

ここからが、戦いのもう一つの側面、本番であり、腕の見せ所である。これまでさんざん筆者を嘲り、罵って来た人間の身には、苦難が降りかかることになる。その人が筆者に対して投げつけたすべての言葉が、その人自身に跳ね返るステージに入ったからである。

そこで、これから何が起きるのか、注目されたい。バビロンの崩壊が始まる。今は具体的に書かないが、手続きが進み次第、随時、過程を公開して行くつもりである。掲示板で日夜、誹謗中傷を重ねている人々は、明日には同じことが自分の身に降りかかるかも知れないため、ぜひ今後の参考にしていただきたい。

* * *

さて、エクレシアの一員としての筆者の人生に関わり、筆者を助けてくれる人たちは、まるで水面に浮かぶうたかたのように、常に新しいメンバーに入れ替わる。これは、固定的な人間関係ができないように、感情的な癒着が生じないように、主がなされていることである。

もちろん、今回の事件を担当してくれた裁判官も、筆者の事件のために、休日出勤までして奔走してくれた警察官も、役目を果たすや否や、すぐに慌ただしく去って行った。裁判官は、異動が決定したことを書記官を通じて伝達してくれた。それは嬉しい伝言ではあったが、筆者はどこへ行くのか、尋ねることもしなかった。もう会うことは決してあるまいと思ったからである。
 
ある部署のお世話になった警察官からは、これまで連絡が来るのはほとんど休日で(何しろ、筆者の事件は最後の順番で、休日出勤する以外には、事件を処理する時間がなかった)、いくつもの告訴状を受理してもらった経緯もあるが、ちょっとしばらく連絡が途絶えたなと思っていると、ある日突然、当直時間帯に、異動になるという旨の連絡が電話であった。
  
だが、そのような連絡が来ること自体が稀なのである。通常は、警察官は異動が決定したからとて、市民に事前に何も知らせてくれない。むろん、行く先も教えない。異動が発覚した後で、本部に問い尋ねても無駄である。(ほとんどの場合は、面倒な事件に異動先でまで関わるなんてとんでもないとばかりに跳ねつけられる。)

だが、お世話になったその人は、持ち前の真面目さからか、数日後に起きることをきちんと予告してくれた。本来ならば、会って別れを告げるべきところ・・・などと、まるで目上の人間に対するかのように、非常に丁寧な口調で、話を切り出した。

ところが、筆者はあまりにも突然の連絡に動揺し、そして、せっかく手続きが前に進もうとしている今、急に担当者がいなくなり、すべてが膠着状態に陥りはしまいかと、非常に不安に感じ、思っているままを口にした。

そして同時に、そのように自分が衝撃を受けて、言っても仕方のないことを口走っていることに驚き、そのように自分が他人を当てにし始めていることこそ、最大の危険であるから、神がこのように采配されたのは当然であると心に感じた。

その警察官とは、手続きがまだ押しても引いても動かなかった頃には、かなり緊迫したやり取りがあった。何年か前から署におり、数年前からの相談記録も残っているはずだが、当初は、何の信頼関係もなかったどころか、互いにまるでいけ好かない奴だとでも、心の中で思っているかのような、よそよそしい関係しかなかった。

(むろん、これはその警察官が筆者に不親切な態度を取ったという意味ではない。事件がなかなか前に進まないことに、筆者の側でも、当時、焦燥感を覚えていたということである。数年前まで、特定の職員だけでなく、この署全体が、筆者にとって、きわめてよそよそしく、近寄りがたい場所に感じられていた。それが変わるまでには、相当な時間の経過と、やり取りの積み重ねが必要であった。)

だが、今回の訴訟が提起されてから、そうした状況が変わり始めた。ある時、筆者はどうしても民事で警察に証言してもらわなくてはいけない必要性を感じた。
 
関係する別の機関へこの問題を相談したところ、「何ですって? まだ刑事事件としての捜査も終わっていないのに? 警察を民事訴訟で証人に呼び出す? そんなの前代未聞ですよ。裁判所が許可したとしても、どこまで証言できるかどうか・・・」といった、まさに予想通りの返事が返って来た。

実際に、その通りなのだ。そんな事例が過去にあったとも思えない。だが、その頃には、この問題について、それ以外の立証方法は思いつかなかった。
 
結果的に、警察を証人に呼ぶ必要はなくなり、他の手段が取られることになったのだが、その頃からであろうか、その警察官とも、以前ほど緊迫したやり取りはなくなり、むしろ、次第に互いのペースがつかめるようになった。

もしかすると、民事訴訟を起こしたことで、やっとこちら側の本気度が警察に伝わったのかも知れず、あるいは、証人になってもらうことをお願いした弱みのゆえに、筆者が以前ほど強く出られなくなったことが影響していたのかも知れない。

理由が何であれ、明らかに以前とは関わりが変わり、やり取りが円滑になり、互いに好感が持てるようになった。そして、その警察官こそ、他部署に連携を取って多くの事件を進める陣頭指揮を執ってくれた人であった。

体格の良いその人は、相談室の椅子に座ると、別の警察官が、その後ろをお茶を運んで通るスペースも残らないほどであったが、そんな様子も微笑ましく感じられた。

そして、筆者がそう思うようになった頃から、よく気のつく人だったその警察官は、筆者が気づかないうちに、様々なことで、筆者の必要を先回りして察知し、整えてくれるようになった。

最後にその警察官に会ったのは、2月に調書作成のために来署した時のことである。その時の調書作成には、困難が伴い、土曜日と日曜日の両日が費やされた。

筆者が取調室には入りたくないと言うので、調書作成は講堂で行われ、我々は一つの長机を挟んで、向き合って座った。

その時、些細だが、重要な気づきがあった。1日目に、警察官と筆者とが、講堂に並んでいる机の一つを挟んで、両側に座るために、筆者が自分の椅子の向きを変えると、その警察官は、筆者がそうしたことを覚えていて、2日目には、筆者がまだ何もしないうちから、1日目に筆者がした通りに、筆者のために椅子の向きを変えてくれた。まるで自分がそうするのが当然だというように、何の他意もなく、無意識的にそうしてくれたのである。

後になって、この出来事を思い出すと、そういうことは、もう随分前から――数ヶ月ほど前から――始まっていたように思われた。やり取りがスムーズになったというより、いつの間にか、筆者はこの人の「守備範囲」の中に入れられ、無意識的に、多くの配慮を受け、気遣われる立場になっていたのである。

そして、そうなったのは、筆者の方でも、きっと、似たような注意を払っていたからであろう。つまり、初めのうちは、電話連絡さえ満足に取れないギクシャクした関係の中、ひっきりなしのすれ違いが続き、どのようにして関わりを打ち立てれば良いかさえ分からず、途方に暮れていたが、ようやく互いのペースが理解できて、互いの仕事を邪魔せず円滑に進められるよう、無意識的に、配慮し合っていたからこそ、いつの間にやら、そこに同僚同士か、もしくは、身内のような、ある種の親近感と、好感情が生まれていたのである。

だが、もしかすると、それは何よりも筆者が、民事で証人になってもらえるようお願いしようとしていたことに端を発していたのかも知れない。そのような件があったために、その警察官も、筆者の陥っている状況を、他人事でなく理解するようになったのかも知れなかった。

だが、もともと身内でもなく、同僚でもない人々の間に生まれたこのような協力関係が、長くは続くはずもなく、実際に、民事での協力は必要なくなったばかりか、ようやくスムーズに連絡が取れるようになったかと思うと、すぐに終わりが来たのであった。
 
この警察官と最後に調書作成の作業をしていたその日、交わした会話は、印象的なものであった。筆者はその時、KFCの元信徒に関する刑事事件について尋ねられたため、この事件の概要を説明してから、言った、自分はかつて9年ほど前に、この事件に関連して、ある宗教指導者のために、警察で証人になろうとしたことがあると。

その頃、筆者は、KFCの元信徒ではなく、指導者の言い分が正しいと考えていたため、困っている宗教指導者のために、有利な証言をすることが必要だと考えて、依頼に応えて、管轄の警察署に行った。ところが、そこには、多分、来ているだろうと思っていた指導者の姿はなく、筆者が語る前に、すでに調書の台本までも用意されており、その内容も、宗教指導者の身の潔白を証明するという事前の約束の通りではなく、ただ単に、起きた事件の何もかもをすべて筆者のせいにかこつけて終わりとするような身勝手な筋書きであった。

しかも、警察が印鑑を持って来るようにと、前もって告げるのを忘れたために、指紋を捺印せよと言われ、筆者が渋っていると、「この調書に同意を断るなら、あなたのお友達が速やかに助からないかも知れないが、それでもいいのかね?」などと言われ、とんでもなく不愉快な思いをさせられて帰って来たのだと。

その当時、筆者はこの出来事のために、ペテンにかけられたような思いとなって憤慨し、筆者に助力を頼んだ宗教指導者に苦言を呈したが、さらにもっと驚くべきは、もっと後になってから、事の真相は、その指導者の主張とはまるで逆であり、むしろ、指導者に訴えられた信徒の発言に信憑性があったとみなさざるを得ない状況が生まれたことだ。それは筆者自身が、その信徒と同じような目に遭わされて、初めて分かったことだったのである。

筆者は言った、この事件は、筆者にとって非常に手痛い教訓となったと。その当時は、あまりにもその信者の置かれている状況が尋常でなく悲惨に見え、行動も常軌を逸しており、主張内容が荒唐無稽と感じられ、それに引き換え、宗教指導者には学識があり、常識的な立ち居振る舞いがあると見え、言葉も巧みであったので、筆者はおろか、誰もその信者の言い分の真実性を信じようとは思わなかった。ところが、事実はそのような見かけには全くよらなかったのである。

教養ある立派な宗教指導者の言い分が完全な嘘であって、狂言で自殺未遂を繰り返しているような常軌を逸した信者の言い分の方に、まだごくわずかに正当性があったのである。
 
そこで、この事件は筆者にとって大いなる教訓となった。それ以来、筆者は、決して人の見かけや、教養や、社会的地位や、言葉の巧みさによって、人を判断しようとは思わなくなった。そして、物事は常に、最も力弱く、蔑まれ、世間で無価値のようにみなされている人々の立場から見なければ、正しい判断ができないことに気づいた。むろん、そのような人々の言い分も、常に正しいわけではないにせよ、世の人々から拍手喝采を浴びる権力者や有名人の言い分を鵜呑みにすることは、さらにもっと恐ろしい危険である。

このように、人の見かけなど、何のあてにもならない。私たちは、他者がどんな人間であるか、内心を知り得ない以上、誰についても何の保証もできはしないのだ。神以外の者には、人の内心を見極めることなど決してできない。そこで、筆者は、金輪際、誰のためにも、証言などしようと思わないし、その代わり、筆者自身のためにも、誰にも証言を求めるつもりはない・・・。

はからずも、筆者は以上の話を、自分のために、民事で証人になってもらえるように自分から依頼しようとしていた警察官に向かって、直接、語ったのであった。その時には、まだ自分の語っている内容が、いかに以前の依頼と食い違っているかに気づいていなかったが、実はその会話には、深い霊的な意味があった。その当時は誰もまだ知らなかったとはいえ、その会話自体が、筆者とその人との間にようやく生じた協力関係が、間もなく明白な終わりを迎えることを示唆するものだったのである。
  
おそらく筆者は、神以外の誰にも、筆者のために、証人になってもらおうとしてはいけないのであろう。それにも関わらず、証人になることを誰かにお願いしようとしたこと自体が、ある種の危険をはらんでいたのだが、神は、筆者が気づかないでしたことについて、責任を問われることはない。ただ静かに、誰にも何の問題も生じないうちに、裁判官の判断を用いて、この提案を却下されただけであった(とはいえ、裁判官は代わりにきちんと別の措置を講じてくれた)。
 
その後、この問題で助力してくれようとしていた警察官も、筆者に命を与える判決を書いてくれた裁判官も、共に筆者の人生の外へ連れ出され(おそらくは直接的な関わりとしては永遠に)離れ去って行くことになった。(むろん、彼らもその後、一度は関わったこの事件の行く末を、関心を持って見守ってくれているであろうことを疑わないが・・・。)

こうした別離は、人間的な心情としては、決して歓迎すべきものではないが、その背後には、主の深い采配が働いていることを、筆者は思わないわけにいかない。筆者は人々から職務としての必要な手助けを受けることは許されるが、その関係は常に一過性のものであり、決して職務上の範囲を超えない。それを一歩でも超えて、誰かから恒常的に助力や情けを受けるようなことは許されておらず、そのような個人的な関係が芽生えそうになると、ただちにその人は筆者から遠ざけられる。表向きの理由は色々あるが、結局のところは、主がそうされていると筆者は考えずにいられない。
 
なぜなら、主の御心は、決して地上に肉なる団体を築き上げることにはなく、筆者の心を常に主以外の何者にも依存させないように、自由にしておくことにあるからだ。

それは、筆者が地上のどんなものにもとらわれず、完全に独立して自由な判断を下すために、欠かせない前提条件なのである。

神の助けを受けるためには、神以外の何者にも栄光を帰さない生き方、神以外の何者にも頼らない生き方を継続することが必要である。どんなに心細いと感じられる瞬間にも、誰にも頼らず、ただ神だけを信頼して、自分のすべてをかけて、御言葉に沿う正しい判断を自分で選び取って行ける心の自由さと、独立性が必要である。

もちろん、職務上の範囲を超えないうちは、助けてくれる人々を、大いに信頼しても良い。だが、だからと言って、私たちは、決して、その人々の判断に自分を委ね、彼らに自分に代わって物事を決めてもらうまでに依存してしまうことは許されない。キリスト者の人生は、基本的に、すべての試練や困難を、常に神と自分との二人三脚で乗り越えて行かねばならないというものだ。神を置いて、誰もその間に入り込んだり、先回りして、筆者を助けることができる存在はいない。どんなに親切で善良な人間も、どんなに経験豊かな人々も、決してまことの助言者なる神の代わりを果たすことはできないのである。

だから、人々がどんなに大きな働きをしてくれたとしても、その働きは一過性のものであり、それが重要な働きであればあるほど、彼らは役目を終えると足早に去って行き、その代わりに、また新しい人たちがやって来る。こうして周りの人々は常に入れ替わるが、神はいつまでも永遠に変わらない筆者の最も信頼できる助け手である。
 
そこで、訴訟についても、筆者は誰からも教えてもらうことなく、自分自身ですべてを一歩一歩、確かめている。宗教指導者という存在が必要ないのと同様に、弁護士などという存在も、筆者には無用である。

本当に、民事訴訟からは学ぶことが無限にあり、一審は、言葉に言い尽くせないほどの貴重な学びに満ちたものであった。それはとてつもない人生経験であったと言える。スリルと、ドラマと、感動があった。だが、筆者は、ここですべての学びが終わったとは考えていない。この「干潟」に秘められた可能性、この巨大なビルの中に隠されている宝は、この程度では終わらないはずで、できる限り、そのすべてを発見し、掘り起こしたいと願わずにいられないのだ・・・。

「しかし、わたしたちは、信仰に成熟した人たちの間では知恵を語ります。それはこの世の知恵ではなく、また、この世の滅びゆく支配者たちの知恵でもありません。わたしたちが語るのは、隠されていた、神秘としての神の知恵であり、神がわたしたちに栄光を与えるために、世界の始まる前から定めておられたものです。

この世の支配者たちはだれ一人、この知恵を理解しませんでした。もし理解していたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。しかし、このことは、

目が見もせず、耳が聞きもせず、
 人の心に思い浮かびもしあかったことを、
 神は御自分を愛する者たちに準備された

と書いてあるとおりです。わたしたちには、神が”霊”によってそのことを明らかに示してくださいました。”霊”は一切のことを、神の深みさえ究めます。人の内にある霊以外に、いったいだれが、人のことを知るでしょうか。同じように、神の霊以外に神のことを知る者はいません。わたしたちは、世の霊ではなく、神からの霊を受けました。それでわたしたちは、神から恵みとして与えられたものを知るようになったのです。

霊の人は一切を判断しますが、その人自身はだれからも判断されたりしません。

「だれが主の思いを知り、
 主を教えるというのか。」

しかし、わたしたちはキリストの思いを抱いています。」(Ⅰコリント2:6-12,15-16)

正義と平和は口づけし、まことは地から萌えいで、正義は天から注がれます。

「そこで、わたしの子よ、あなたはキリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい。そして、多くの証人の面前でわたしから聞いたことを、ほかの人々にも教えることのできる忠実な人たちにゆだねなさい。キリスト・イエスの立派な兵士として、わたしと共に苦しみを忍びなさい

兵役に服している者は生計を立てるための仕事に煩わされず、自分を招集した者の気に入ろうとします。また、競技に参加する者は、規則に従って競技をしないならば、栄冠を受けることができません。労苦している農夫こそ、最初の収穫の分け前にあずかるべきです。わたしの言うことをよく考えてみなさい。主は、あなたがすべてのことを理解できるようにしてくださるからです。

イエス・キリストのことを思い起こしなさい。わたしの宣べ伝える福音によれば、この方は、ダビデの子孫で、死者の中から復活されたのです。この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。

しかし、神の言葉はつながれていません。だから、わたしは、選ばれた人々のために、あらゆることを耐え忍んでいます。彼らもキリスト・イエスによる救いを永遠の栄光と共に得るためです。次の言葉は真実です。

わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
 キリストと共に生きるようになる。

 耐え忍ぶなら、
 キリストと共に支配するようになる。

 キリストを否むなら、
 キリストもわたしたちを否まれる。

 わたしたちが誠実でなくても、
 キリストは常に真実であられる。

 キリストは御自分を
 否むことができないからである。」(Ⅱテモテ2:1-13)

この御言葉は、まさに詩のように響く。

徴兵された者がどうして世俗の仕事を営めようか。競技に参加する者がどうして訓練をおざなりにして出稼ぎに出られようか。農夫がどうして自分の畑の収穫をすべて地主に与えてしまってよかろうか。

もしも私たちが本当に神によってこの世から召されたならば、神は必ず、私たちが自分で自分の命を維持するために、馬車馬のように労苦して暮らさなければならないような生き方から解放して下さり、心に平安を保つ秘訣を教えて下さるはずだ。

そこで、パウロが述べている言葉は、まさに筆者自身に対する個人的な語りかけのように響く。

たとえ私たちが不誠実であっても、主は誠実な方であって、ご自分の約束を否むことがおできにならない。だから、私たちが神を信じて待ち望むことをやめないならば、必ず、神は私たちを失望に終わらせず、速やかに助けの手を差し伸べて下さる。

だから、勇気を出しなさい、神の子供たちよ! 主にあって、強くなりなさい! イエス・キリストのために召された兵士として、主人を喜ばせるために、あらゆる苦難を立派に耐え忍び、栄光に満ちた褒賞にあずかる覚悟を固めなさい! あなたを召して下さった方が、あなたたがそのすべての訓練に耐えられるだけの必要を満たして下さいます…。

* * *

裁判所は筆者にとって特別な場所で、目に見える建物に近づく度に、見えない大地の奥底から、こんこんと命の泉が湧き出て、周囲を潤しているように思われる。

そこは、まさに「干潟」だ。人が目を背け、誰もが耳を傾けたくない、泥水のような紛糾した訴えが、毎日のように届けられる場所。虐げられ、踏みにじられ、かえりみられなかった人々の叫びが、あぶくのように、うず高く積み重なり、処理されるのを待って溜まっている場所。

いや、泥水は溜まっているように見えるが、それだけではない。ゆっくりだが、流れているのだ。毎日、裁判官らが紛糾した事件簿を人知れぬ法廷で紐解き、書記官らが新たな訴えを受理し、原告被告らが目を合わせずに廊下や待合室ですれちがう・・・。

誰も事件番号さえ知らない山のような訴えが、毎日のように人知れず処理され、当事者が誰も来ない法廷で、判決文が読み上げられる・・・。

この見栄えのしない、誰もができるだけ近づきたくないと思っている「干潟」を見る度に、筆者は、そこに注がれる神の正義の眼差しを思わずにいられない。

この世には不正な裁判官もいれば、不正な裁判もある。だが、そんなことは筆者にはどうでもよいし、関係もないことだ。この世に一つでもいいから、虐げられた者が、その訴えを届けられ、正義の実現を待ち望むための場所が残っていること自体、どれほど大きな恵みであるか分からないのだ。

どういうわけか、裁判所へ近づく度に、筆者はそこが、まるで生きた法の泉から、目に見えない命の流れが汲み出されている場所であるように思わずにいられない。

だが、この世の法体系よりも、さらに深いところに、我々の信じる神の御言葉の泉がある。そこにあるものは、この世のどんな法よりももっと完全な掟である。

だから、まことの命の流れを汲み出したければ、深く、深く、井戸を掘りなさい、神の御言葉の泉の前に、自分の心を注ぎだしなさい。

そこから汲み上げることができれば、それはこの世の法の基準も、御言葉の求める基準もすべて満たし、見えない神の御心に触れる訴えを作り上げることができる。あなたの心の叫びを、天におられる神のみもとへ届けることができる。

そのために、筆者は深い深い井戸を掘り、本当の命の泉の水脈に到達し、そこから水を汲み上げようとしている。それは、最初は汲み出せても、わずかな流れに過ぎないかも知れないが、次第に水量が増し、いつかは洪水のように溢れ出すはずだ・・・。

それは筆者の周辺だけでなく、もっともっと広域を潤すようになり、県内全域を覆うようになる。目には見えずとも、きっといつかは、この日本のすべての地域のうちで、唯一、神の名のついたこの都道府県から、果てしない広域に及ぶことであろう・・・。

この「干潟」は、筆者にとって不思議なエネルギー資源の採掘場だ。

泥水のようにしか見えない数々の訴えに、命の水が流れ込み、そこに上から光が当たって、神秘的な光合成が起きる。そして、汚水のようにしか見えなかったものが、神の光に当てられて、人間を生かし、潤す糧となって行く・・・。

筆者はその変化をまだ一度もこの目で見たことがないが、やがて来るべき変化を思うだけで、深い感動を覚えずにいられない。こんなにも深いスケールの戦いは、これまで見たこともなかったが、それだけに、その解決のためには、他のどんな恵みとも代えがたい、特別な答えが与えられると信じている。
 
筆者は初めて真の戦いと呼べるものの始まりに立っている。この戦いを通して、筆者は、この地に正義が実現されるためならば、筆者自身、どれほどの代価を払い、どれほど長い間、待ち望んでも、惜しくないと思った。

義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。」(マタイ4:6)と主イエスが言われた通り、この地に正義がなされ、悲しむ者が慰めを得、義に飢え渇く者が心飽かされ、心の清い者が神を見、「正義と平和は口づけし」(詩編85:11)、正義が天から注がれるのを見るためならば、筆者は幾度、自分を完全に投げ出しても惜しくない。

それほど、神の義というものを、生きてこの目で見たいと熱望したのだ。

だから、筆者は、自分が待ち望んでいる判決を、まだ見てもいないうちから、喜びを持って迎えている。むろん、筆者の訴えはこれでは終わらず、まだすべては始まりに過ぎないのだが、筆者は己が人生で初めて受けとる判決を、神聖なもののように厳かに、そして、喜びを持ってすでに心に迎えている。

神の御心にかなう決定に、心厳かに、深い感動をもって、思いを馳せる。そして、その感動はきっと、生きている間中、なくならず、心に思い返す度に、主の恵みに満ちた御業を思い起こしては、感謝するものとなるのではないかという気がする。

山上の垂訓をもう一度引用してみよう。

心の貧しい人々は、幸いである、
 天の国はその人たちのものである。

 悲しむ人々は、幸いである、
 その人たちは慰められる。

 柔和な人々は、幸いである、
 その人たちは地を受け継ぐ。

 義に飢え渇く人々は、幸いである、
 その人たちは満たされる。

 憐れみ深い人は、幸いである、
 その人たちは憐れみを受ける。

 心の清い人々は、幸いである、
 その人たちは神を見る。

 平和を実現する人々は、幸いである、
 その人たちは神の子と呼ばれる。

 義のために迫害される人々は、幸いである、
 天の国はその人たちのものである。
 
 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたよりも前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」(マタイ5:3-12)

この目に見えない神の国の秩序がこの地に信仰によって引き下ろされることを、どれほど筆者は強く心に待ち望んでいることか。むろん、これは地上の法廷における判決のことだけではない。やがて来るべき神の完全な宣言に、どれほどまでに強く思いを馳せ、それを今から待ち焦がれていることだろう。

わたしは神が宣言なさるのを聞きます。
 主は平和を宣言されます。
 御自分の民に、主の慈しみに生きる人々に
 彼らが愚かなふるまいに戻らないように。

 主を畏れる人に救いは近く
 栄光はわたしたちの地にとどまるでしょう。
 慈しみとまことは出会い
 正義と平和は口づけし
 まことは地から萌えいで
 正義は天から注がれます。

 主は必ず良いものをお与えになり
 わたしたちの地は実りをもたらします。
 正義は御前を行き
 主の進まれる道を備えます。」(詩編85:9-14)
  
我が神よ、悪人どもが、私について何を言っているか、あなたはご存じですね。
彼らは、私の神は、もの言わぬ、私を助け得ない神であって、
私はむなしいものにより頼み、いたずらに期待をかけて、
強がっているだけだと言って、私を嘲笑っているのです。

でも、私は知っています。
あなたは決して私を失望させる方ではないと。

主よ、あなたがどんな方であるか、私は生きてこれまでずっと確かめて来ました。
あなたは偉大な神であって、恐るべき方であると知っています。

あなたが私に下された自由の決定を覆すことのできる人は誰もいません。
あなたは正義と真実と平和を愛される方。
寄る辺なく、打ち捨てられた者の悲しみを慰め
虐げられた者を決して蔑まれることのない方。

主よ、あなたご自身が正義であり、真実であり、平和であり、
すべての問題に対する解決なのです。

ですから、この地のすべての生きとし生ける者の前で、
あなたの正義を現して下さい。

私は喜びを持ってあなたを迎えます。
見えないものを、見ているもののように、すべての苦しみを忍び通して、
あなたの解放のみわざを慕い求め、信じて待ち望むのです。

主よ、あなたはご自分を頼みとするすべての人々を
決して見捨てず、失望に終わらせない方です。
私はそれを固く心に信じており、かつ知っています。

来たりませ、主よ、
私たちはどんなにかあなたの義を慕い求め、
あなたの下さる平和を待ち望んでいることでしょう。

義に飢え渇いた民は、あなたの正しい裁きを知って、
ご自分の民のために、十字架で命を捨てて下さったあなたのはかり知れない愛に、
深く頭を垂れて、御名を讃え、とこしえに賛美し、感謝するでしょう。


* * *


「夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい。キリストがそうなさったのは、言葉を伴う水の洗いによって、教会を清めて聖なるものとし、しみやしわやそのたぐいのものは何一つない、聖なる、汚れのない、栄光に輝く教会をご自分の前に立たせるためでした。そのように夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません。」
(エフェソ5:25-28)

パウロの言葉には多くの比喩がある。いや、比喩というよりも、二重の意味が込められている。先に挙げた「婦人」(Ⅱテモテ2:8-15)に関する箇所もそうであるし、以上のくだりも、夫婦に向けられたものである以上に、キリストと教会との関係を指す。

そのことは、パウロが次のように述べている通りである。

「それゆえ、人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。」この神秘は偉大です。わたしは、キリストと教会について述べているのです。」(エフェソ5:31)

自分が独身でありながら、パウロがこのように語っていたとは、驚くべきことのようだが、地上の夫婦は単なる絵図に過ぎず、真のリアリティは、キリストと教会にあるのだから、それを知っていたパウロが、このように述べたのは、不思議ではない。

キリストと教会との関係は、自己満足のためでない、肉の堕落が一切入り込む余地のない、清い愛の結びつきである。

それは神が先に独り子なるキリストを地上に送って、私たちの贖いのために十字架につけ、命を捨てて下さったその愛に、私たちの側からも、命をかけて応答する愛の結びつきである。

このような愛の中で、信じる者がキリストに固く結ばれ、離れることなく一つにされ、キリストの愛の中を生きることが、「しみやしわやそのたぐいのものは何一つない、聖なる、汚れのない、栄光に輝く教会」であり、それこそが、まさに私たちのテーマである、小羊の婚礼のために整えられた花嫁エクレシアの姿を指すのだ。

キリストはすでにみわざを成就されて、神の右に御座に座しておられる。次はエクレシアが信仰によって地上でキリストに応答してわざをなし、それによって、天に収穫をもたらし、天的な喜びの中で、主と共に生き、そして栄光の内に入れられる秘訣を学ぶべき時なのだ。

「しみやしわやそのたぐいのものは何一つない」というのは、どういうことだろうか。

それは、罪の痕跡が一切なく、堕落して、汚れた、古き肉の痕跡の一切がない、全く清められ、聖なるものとされて、神の目に完成した花嫁のことである。

今、すべての被造物が、虚無に服し、産みの苦しみの中にあるのは、このように神の目に全く聖なるものとして完全に贖われるときを待っているからである。

黙示録には、新しい天と地が到来し、花婿なるキリストが教会を花嫁として迎えられ、その時には、「もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」(黙示21:4)とある。

だが、これはただ単に、私たちが空を見上げて待ってさえいれば、いつか主が天から降りて来て、私たちのためにすべての不幸を拭い去って下さる、というような受け身の意味ではない。

これは、私たちの側からの、贖いの成就に向けた信仰の前進によって勝ち取られるものなのだ。教会が、信者が、完全に贖われて、罪の痕跡がなくなり、すべてが新創造とされ、キリストの性質で満ちあふれるためには、私たち自身が、戦い抜いて、試練をくぐり抜け、大胆に前進して行かねばならないのである。

その程度に伴い、神は教会をご自分と同じ性質にあずかるものへと変えて下さるであろう。そのようにしてすべてが新しくされればこそ、サタンのわざが打ち壊され、この世を覆っている悲惨、不幸、災い、嘆きが取り除かれ、年老いた蛇が、天から投げ落とされ、私たちの自由の喜びが満ち溢れるのだ。

その新しい秩序は、すでに信じる者一人一人の中に来ている。だが、その贖いがどれくらい前進して完成に近づくかは、あくまで私たちの信仰にかかっている。

「でも、ヴィオロンさん、主は私たちのためにすでにすべてをなして下さったのではないですか?」と問われるだろう。

もちろん、そうだ。すべては主が私たちのためになして下さったことであって、私たちの側の努力によるものではない。だが、主がなして下さったことを、私たちは自分の手を伸ばし、自分の意志と行動によって、受け取る必要がある。

神の恵みを、御言葉の確かさを、自分の人生でどれだけ生きて実際として経験できるのかは、あくまで私たちの信仰による応答にかかっているのだ。

もちろん、地上にいる間には、完全な聖化には誰も到達しないが、それでも、神が私たちのために用意して下さっている完全に、近づくことはできる。主が求めておられる、古きものの痕跡が何も残らない、純潔の花嫁なるエクレシアの姿に、神の喜ばれるキリストのご性質を備えた新しい人に、限りなく、近づこうとすることはできるのだ・・・。

だが、そのために必要なのは、信者に対するより深い十字架の死の働きである。信者の存在が、真にサタンに取って恐るべき脅威となるのは、信者の堕落した肉に、完全に主と共なる十字架の霊的死の効果が働き、サタンの足場となるものが、その人の内に完全になくなる時である。

肉はサタンの作業場である。従って、それが生きている限り、私たちには、あの忌むべき堕落の痕跡がつきまとい、罪と死の法則が働き、私たちはこれに振り回されて苦しまねばならない。信者の肉に対して十字架の死の働きが成就していないうちは、サタンはいくらでも信者を利用することができる。

だが、主の十字架の死が、私たちの自己、堕落した肉に真に完全に及ぶ時、私たちはその時こそ、大胆にキリストと一つになって、暗闇の勢力に対して、御言葉の衝撃力を存分に行使し、そして神のみわざを体現して生きることができるようになるだろう。

このように、信者がどれくらいキリストと一つになっているかが、信者が、神の御思いをどれくらい現して生き、かつ、キリストのために、その信者の受けた苦難が、神の目の前に、大いなる信仰の従順として尊ばれるかの基準なのである。

私たちが信仰によって、キリストと完全に一つであると、はっきりと確信を持って言える時に、サタンが我々に対してなした攻撃は、我々個人に対しての攻撃でなく、キリストに対する攻撃であると、神はご覧になる。それに対しては、私たちの側から防衛する前に、神御自身が応答される。

そこで、 「わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。」(フィリピ1:21)と大胆に言える程度にまで、つまり、生きるにも死ぬにも、すべての瞬間が、完全に主のためであると、はっきりと言えるほどまでに、私たちは、霊において彼と一つにならなければならないのである。

そんなことができるのだろうか。いや、信仰によって、そのことを、切に知りたいと願うならば、主は必ず私たちに知らせて下さるであろう。

もう一度、以下の御言葉を繰り返しておく。

霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。」(ガラテヤ5:16-17)

霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制である。これらを禁じる掟はありません。」(ガラテヤ5:22)

キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。わたしたちは、霊の導きに従って生きているなら、霊の導きに従ってまた前進しましょう。」(ガラテヤ5:16-25)

わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神子に対する信仰によるものです。」(ガラテヤ2:19-20)


 「このわたしには、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされているのです。」(ガラテヤ6:14)

わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、
 キリストと共に生きるようになる。

 耐え忍ぶなら、

 キリストと共に支配するようになる。

 キリストを否むなら、
 キリストもわたしたちを否まれる。

 わたしたちが誠実でなくても、
 キリストは常に真実であられる。

 キリストは御自分を
 否むことができないからである。
(Ⅱテモテ2:11-13)


わたしに敵意を抱く者に対して、わたしの魂をさいなもうと語る者に対して、主はこのように報いられる。

詩編には、次の通りある。ダビデの言葉としては非常に厳しいが、これは神の教会や、神が立てられた信者たちを呪う者に対する当然の裁きの宣告である。

「彼に対して逆らう者を置き
 彼の右には敵対者を断たせてください。
 裁かれて、神に逆らう者とされますように。
 祈っても、罪に定められますように。

 彼の生涯は短くされ
 地位は他人に取り上げられ
 子らはみなしごとなり
 妻はやもめとなるがよい。

 子らは放浪して物乞いをするがよい。
 廃墟となったその家を離れ
 助けを求め歩くがよい。

 彼のものは一切、債権者に奪われ
 働きの実りは他国人に略奪されるように。

 慈しみを示し続ける者もいなくなり
 みなしごとなった彼の子らを
 憐れむ者もなくなるように。

 子孫は断たれ
 次の代には彼らの名も消されるように。
 主が彼の父祖の悪をお忘れにならぬように。

 母の罪も消されることがないように。
 その悪と罪は常に主の御前にとどめられ
 その名は地上から断たれるように。

 彼は慈しみの業を行うことに心を留めず
 貧しく乏しい人々
 心の挫けた人々を死に追いやった。

 彼は呪うことを好んだのだから
 呪いは彼自身に返るように。

 祝福することを望まなかったのだから
 祝福は遠ざかるように。

 呪いを衣として身にまとうがよい。
 呪いが水のように彼のはらわたに
 油のように彼の骨に染み通るように。

 呪いが彼のまとう衣となり

 常に締める帯となるように。

 わたしに敵意を抱く者に対して
 わたしの魂をさいなもうと語る者に対して
 主はこのように報いられる。」(詩編109:6-20)



* * *

M牧師の教会の信徒はほとんどが同氏に教会から出て行ってもらいたいと願っている。Mは2015年に自らのブログにて、若き40代の後継に道を譲るため主任牧師を降りると宣言したが、その後、信徒総会の決議により全会一致で選出された後継牧師を、信徒総会の決議を経ずに、密室での決定により、牧師の座から退けて、自分の妻を主任牧師に据えた。この出来事は、Mファミリーによる教会の私物化として、同教会では限りなく強い憤りを持って受け止められている。

A教団の平均的な退職年齢は80代であるから、本来、2015年に60代だったMにはこれほど早期に引退する理由がなく、いかに当時から信徒のMへの信任が著しく失われていたかがよく分かる出来事である。

Mはゆくゆくは自分の息子に教会を継がせたいために、妻を強引に主任牧師に据えたと見られるが、目下、教会の献金のほとんどは、M、Mの義父、Mの妻、Mの息子と、Mファミリーの教職者らで独占され、他の牧師は薄給で貧しい生活に追いやられている。Mファミリーによる献金の使途不明な管理も指摘されている。
 
Mファミリーはかつて教会2階の広間をほぼ独占していたが、引っ越す際、キャッシュ(現金)で家を買ったと信徒に自慢していた。どこからそんな金が手に入ったのか、信徒は非常に不審に思っている。

牧師を目指すMの息子も、教会で怪しげなミニストリーを提唱しては信徒らの反感を買っている。信徒らは、教会を私物化して我が物顔に牛耳るMファミリーが、一刻も早く教会から手を引いて立ち去ることを切に望んでいる。

A教団も、Mが元教団関係者も含め、あまりに多くの牧師らと争いを引き起こしたことに辟易し、これ以上ブログに同僚牧師の悪口を書かないようにとMに釘を刺した。Mのもとへ相談に通った信徒もブログに個人情報を書かれて迷惑している。

Mは同僚牧師を責められなくなって来たので、仕方なく他のカルト団体を相手に争いをしかけているが、戦いを挑まれた異端団体の側から、反撃として激しく呪詛されている可能性がある。
 
なぜなら、Mの家族には自殺者が出ているからだ(なるほどMが自殺者を擁護するはずである)。実の息子は家と教会から逃げるように北海道で就職したが、大けがで後遺症を負い、Mのもとへ戻った。
 
Mの娘と結婚した義理の息子は自殺、娘は嫁ぎ先から逃げるようにMのもとに出戻った。自殺の原因は色々噂されているが、有力説は事業の失敗だ。Mは義理の息子の事業を助けるために、教会からリフォームの仕事を強引に回すなどしたが、それでは足りなかったというのだ。牧師の娘にも関わらず、夫の自殺を防ぎ得なかったとの非難に耐えられず、Mの娘は家に逃げ帰ったと言われている。

牧師家庭には似つかわしくない、まるで何者かに祟られているか、呪われてでもいるかのような、幸福からはほど遠い家庭の有様であるが、見ようによっては、弱い者が真っ先に犠牲にされて行く典型的なカルト信者の家庭像でしかない。

ちなみに、教会の信徒らは、Mの娘が、かねてよりMの教会に出入りする被害者たちを「理由(わけ)ありの人間」と呼んで蔑んでいたことを知っているので、Mファミリーに降りかかった不幸に同情していない。

Mは教会や牧師を相手取って不当訴訟に及んだのみならず、多数のカルト団体にも戦いを挑んでいるため、他宗教の信者たちから真に呪われている可能性がある。そのように危険かつ無謀な活動からは手を引き、子供たちのためにも、壊れた家庭を立て直し、家庭に笑顔が取り戻される事を第一として、裁判やカルト団体との戦争に関わるなという忠告は、真っ先にこの牧師とその家族にこそ向けられるべきであろう。

ちなみに、表向きには訴訟の専門家を名乗っていたMが、信徒から挑まれた裁判をどれほど侮っていたかは、Mが毎回の口頭弁論時に、誤字脱字の訂正さえしていないわずか3ページの準備書面しか提出せず、どの準備書面を自分が提出したかも忘れ、その他は、ひたすらSとメールで悪口に明け暮れていたことを通しても判明している。

Mはその悪口メールを裁判所に書証として提出し、それゆえ侮辱罪などに問われる可能性が浮上している。まさに自滅行為と言う他ない。Mが訴訟に提出した書面を実際に読めば、今後はもはや誰一人彼を専門家とは呼ばなくなるだろう。

それにしても、牧師家庭で自殺とは。悪い木には悪い実しかならないとはこのことだ。これでどの口をもって他者の不幸を見下げ、嘲る筋合いにあるのか、笑止である。
 
キリスト者が立ち向かっている悪魔は、死を武器としており、キリストは十字架で最後の敵である死をすでに滅ぼされた。牧師であるにも関わらず、身内の自殺も防げない者が、自分が被告として訴えられたからと言って、汚名を返上できるはずもない。救いの確信のない人間には、いかなる嫌疑をも晴らす方法がなく、敗北は必至だ。

神は生きておられ、自分は女王の座についているから孤独を知らないと、貧しいやもめを見下し、勝ち誇ったバビロンは、一日で夫と子供を失って凋落する。その御言葉が真実であることが、今も証明されつつある。神に逆らう一家の行く末は、詩篇にも赤裸々に記されている通り、彼らが生きていた痕跡も、その名も地上から消し去られる。

Mの凋落を願っている人たちに、以上の不幸なニュースは福音のように受け止められることであろう。Mが今のままでは、子供たちも全宗教界の笑いものとなり、自立も結婚もできず、二度と幸福にはなれまい。

そう言われて当然であるほど、Mは教団内外の信者から恨みを買っている。一人の過ちの多い人間が、神を差し置いて、全宗教界の監督者になろうとしたことの罪は大きい。さらに、Mは、神がMに世話を託された羊たちを公然と呪うことで、自らの身に呪いを招いた。主が愛される民を嘲り、踏みにじり、呪うことの報いは絶大である。

神は、Mの一家が、悩み苦しんでいる主の民を、「理由あり」と呼んで蔑んでいたことを知っておられた。だが、神はMを討つ代わりに、Mの宝である子を討たれた。そうなってもまだ、Mが主の御手の下にへりくだることができないならば、Mの子供たちは今後、父の罪のゆえに、さらに苦しまなければならなくなるであろう。Mと支持者が主の民に投げつけた悪罵は、倍以上になって、Mの子らに跳ね返る。そうなってから、主の民を呪った恐ろしい罪を思い出してももう遅い。

KもSと内通し、不都合な信徒の情報を漏示して陥れたことが、S自身の証言により発覚しており、Kへの民事及び刑事での責任追及は逃れられない。Kの詭弁に満ちた陳述書や、KがSと交わした卑劣な内容のメールも、間もなく公開されるが、その暁には、Kの不誠実な人柄も、公然と世に知れることとなり、Kがかつて得意満面に元信徒に提起した刑事告訴も、虚偽告訴としてK自身に跳ね返る可能性も否定できない。

Kの出鱈目な陳述書には、かつての学者の知性は見る影もなく、Kが自らアカデミズムを去ったのも、ニューエイジとオカルトに影響を受けた結果だ。
 
会堂のないKの集会は、今やインターネットが頼りであるが、それを奪われれば、一切の発言ができなくなる。そうなるのも、時間の問題である。Kもかつて息子が透析を受けることになるかも知れないと発言していたことが思い出される。

かくて神に従うことをやめた指導者の末路は厳しい。K,S、Mはいずれも聖書に根本的に問題があるとみなし、聖書の二元論を退けて、聖書に立脚せずに、教会を非難し、信徒らを呪ったことにより、以上の結末が降りかかった。

プロテスタントはすでに信仰改革運動としては終焉しているとはいえ、読者は、聖書の御言葉を否定し、これに立脚せずに教会を敵に回す者が、神と人の前に立ちおおせない事実を知るべきであろう。

筆者は今まで父の罪を子に負わせないために、指導者以外の人間については故意に言及を控えて来たが、ネトウヨのような諸氏が、無差別に無名の信徒とその家族までも中傷合戦に引きずり込んでいるのを見て、情けは彼らのためにならないと判断した。

彼らが教祖としている人間が、裁判所に正式に提出した愚かしい準備書面や、書証、陳述書、メールの全文の公開に伴うインパクトは絶大であり、彼らのクライアントは、その文面を見ただけで、あまりの知性の欠如、倫理の欠如、底知れぬ悪意に驚愕・失望し、大慌てで逃げて行くことであろう。

これらの指導者・信徒が、あたかも正義の担い手であるかのような神話は、根底から崩壊する。そのあまりに幼稚過ぎる文面を読めば、彼らが気に入らない信徒を貶める目的で、夜な夜な掲示板にたむろしては自ら書き込んでいるという噂も、あながち嘘とは言えないと、誰しも思うようになろう。

(*ちなみに、筆者には離縁された過去などないため、作り話には注意を )

* * *

以上は、筆者がコラム欄に掲載した文章であり、著作権侵害の新たな告訴事実を追加するため、投稿しておく。
 
信者に偽装したネトウヨ諸氏は本当に愚かであるため、当ブログの文面を盗んでは、罰金を科される口実を自ら作っている。彼らはどうしても法違反を犯さずには発言できないという特徴があるようだ。ちょうど新たな書面の作成を行っている最中であるから、まことに都合が良く、ありがたく最後の毛糸一本まではぎとらせていただくのみである。
 
なお、冒頭に掲げた御言葉を初めて当ブログに掲載したのは、何年も前のことである。それから数年のうちに、当ブログに敵対する人々に、まさに以上の御言葉が預言のごとく降りかかったことに留意されたい。

神の子供たちに対して「馬鹿」と言う者が最高法院に引き渡され、ゲヘナに投げ込まれることは、聖書には記されているが、M,Sが本当に信者を「馬鹿」と罵るメールを書証として裁判所に提出したことを知れば、人々は唖然として返す言葉が見つからないことであろう。
 
「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

だから、あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。

あなたを訴える人と一緒に道を行く場合、途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるにちがいない。はっきり言っておく。最後の一クォドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」(マタイ5:21-26)
 
また、ハビロンの崩壊については、黙示録第18章に次の通りある。

「「わたしの民よ、彼女から離れ去れ。

  その罪に加わったり、
  その災いに巻き込まれたりしないようにせよ。
  彼女の罪は積み重なって天にまで届き、
  神はその不義を覚えておられるからである。
 
  彼女がしたとおりに、
  彼女に仕返しせよ、
  彼女の仕業に応じ、倍にして返せ。
  彼女が注いだ杯に、
  その倍も注いでやれ。

  彼女がおごり高ぶって、
  ぜいたくに暮らしていたのと、
  同じだけの苦しみと悲しみを、
  彼女に与えよ。

  彼女は心の中でこう言っているからである。
  『わたしは、女王の座に着いており、
  やもめなどではない。
  決して悲しい目に遭いはしない。』

  それゆえ、一日のうちに、さまざまの災いが、
  死と悲しみと飢えとが彼女を襲う。

  また、彼女は火で焼かれる。
  彼女を裁く神は、
  力ある主だからである。」
  
 彼女とみだらなことをし、ぜいたくに暮らした地上の王たちは、
 彼女が焼かれる煙を見て、そのために泣き悲しみ、彼女の苦しみを見て恐れ、
 遠くに立ってこう言う。

 「不幸だ、不幸だ、大いなる都、
  強大な都バビロン、
  お前は、ひとときの間に裁かれた。」

 地上の商人たちは、彼女のために泣き悲しむ。
 もはやだれも彼らの商品を買う者がないからである。」(黙示18:4-11)


さらにイザヤ書の以下の記述も、同様にバビロンの崩壊についてである。

バビロンが数々の愛人とその子らを誇り、自分を夫ある女と呼んで、貧しいやもめを見下げた罪のゆえに、一日で夫と子供を失い、寡婦となるという預言を思い出す頃合いであろう。

バビロンとは、神の御言葉を捨て、この世の栄耀栄華との結婚を選んだ腐敗堕落した教会を指し、やもめとは、御言葉に忠実に従い、花婿なるキリストだけを待つ、つつましい花嫁なる教会エクレシアを指すことは、改めて説明するまでもない。

バビロンには、恥辱と、破滅と、孤独とが、思いがけない時に、盗人のように襲いかかる。バビロンが、彼女が蔑んだエクレシアの二倍の苦しみを受けることは、誰も取り消すことはできない神の決定であり、当然の裁きである。御言葉の成就を待つ。

   
身を低くして塵の中に座れ おとめである、娘バビロンよ。
 王座を離れ、地に座れ、娘カルデアよ。
 柔らかでぜいたくな娘と呼ばれることは二度とない。

 石臼を取って粉をひけ。ベールを脱ぎ、衣の裾をたくし上げ
 すねをあらわにして川を渡れ。

 お前は裸にされ、恥はあらわになる。
 わたしは報復し、ひとりも容赦しない。

 わたしたちの贖い主、その御名は万軍の主 イスラエルの聖なる神。

 沈黙して座り、闇の中に入れ、娘カルデアよ。
 諸国の女王と呼ばれることは二度とない。

 わたしは自分の民に対して怒り
 わたしの嗣業の民を汚し、お前の手に渡した。
 
 お前は彼らに憐れみをかけず
 老人にも軛を負わせ、甚だしく重くした。

 わたしは永遠に女王だ、とお前は言い
 何事も心に留めず、終わりの事を思わなかった。

 今、これを聞くがよい
 快楽に浸り、安んじて座る女よ。
 わたしだけ わたしのほかにはだれもいない、と言い
 わたしはやもめになることなく
 子を失うこともない、と心に言う者よ。

 その二つのことが 一日のうちに、瞬く間にお前に起こり
 子を失いやもめとなる苦しみが
 すべてお前に臨む。

 どれほど呪文を唱え
 どれほど強いまじないをしても無駄だ。

 お前は平然と悪事をし 「見ている者はない」と言っていた。
 お前の知恵と知識がお前を誤らせ
 お前は心に言っていた
 わたしだけ わたしのほかにはだれもいない、と。

 だが、災いがお前を襲うと
 それに対するまじないを知らず
 災難がふりかかっても、払いのけられない。

 思いもかけない時、突然、破滅がお前を襲う。

 まじないと呪文の数々をもって立ち向かえ。
 若い時から労して身につけたものが
 あるいは役に立ち
 それを追い払うことができるかもしれない。

 助言が多すぎて、お前は弱ってしまった。
 天にしるしを見る者、星によって占う者
 新月によってお前の運命を告げる者などを
 立ち向かわせ、お前を救わせてみよ。

 見よ、彼らはわらにすぎず、火が彼らを焼き尽くし
 炎の力から自分の命を救い出しえない。
 この火は体を温める炭火でも
 傍らに座るための火でもない。

 呪文を若い時から労して身につけ
 売り物としてきた者すら、この様だ。
 彼らはおのおの勝手に迷って行き
 お前を救う者はひとりもいない。 」(イザヤ書第47章)


わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にして下さる。

先の記事で、筆者は、キリストのみに捧げられた聖なる花嫁としてのエクレシアの一員として、人間を頼りとしないで、改めて主にのみ頼って生きる覚悟を固めたと書いた。

これは神が筆者の心を、予め様々な別離に準備させたものであったようにも感じられる。

昨年には、困難な戦いを戦い抜くに当たり、筆者は多くの力添えを得た。しかし、筆者の事件のために、助力してくれた人々は、そのほとんどが、今年の春までには、様々な理由により、筆者のそばを離れて行こうとしている。中には、信念の違いが浮き彫りとなったケースもあり、その別離は、もしかすると、この地上だけでなく、天においても、別離となる可能性が考えられないことではない。

こうして、人々が散らされて行くのを見ることには、寂しさがないとは言えないが、それでも、このような現象に対して、筆者は予め心の準備がかなり出来ていたものと思う。

 昨年の一年間は、それほど大きな心の生長を筆者にもたらしてくれた。この一年間の戦いは、筆者が、一人で立つために十分かつ激しい訓練の期間となった。

前々から述べて来たことであるが、筆者は、支持者や、理解者の人数を誇り、肉なる腕を頼りに生きたくない。預言者エリヤがしたように、ただ神だけを頼りとして、450人のバアルの預言者に、一人で向き合うことのできる信仰が必要である。

そういう意味で、筆者は自分の心が、周囲にいる人々に結び付けられて離れられなくなったり、あるいは、周囲にいる人々の心が、筆者に結び付けられて離れられなくなったりするよりも前に、彼らが様々な理由により、筆者の周りから去って行かざるを得なくなることを、肯定的に受け止めている。

我々の弁護者はキリスト、御霊が私たちのための約束の保証、裁き主は、天におられる父なる神であって、私たちには世の終わりまで共におられる方が一緒であるから、肉なる腕に頼る理由がなく、我々にはその点で、不足などは全く存在しない。
 
そういうわけで、「あえて事を難しくする」ために、筆者はますます念入りに、祭壇に水をかけているところである。

さて、代価を払って戦いを最後まで耐え忍んだ人と、それをしなかった人との間では、この先、大きな差が生まれるのではないかと筆者は思う。 それは、最初は小さな誤差のように見えても、積もり積もって十年も経つ頃には、巨大な差になっていることと思う。 

たとえば、学校を卒業したばかりの若い世代が、同じ企業に就職して、入社数ヶ月で、そこがブラック企業であることが判明したとしよう。賃金の支払いも滞りがちで、残業代は支給されず、果ては雇用契約書さえ渡してもらえず、強欲な社長は、すでに多くの社員を不当に解雇している。

あなたと同僚にも、ついに順番が回って来て、共に解雇が言い渡されたとしよう。あなたたちはこの措置を、何も言わずに受け入れるであろうか。働きづめに働いた期間の給与もあきらめて、路頭に迷わされる選択肢をも受け入れるだろうか。それとも、何らかの方法でこの悪しき企業に打撃をもたらし、彼らが不当にため込んだ富を吐き出させて、取り返すべきものを取り返すであろうか。

それをするかしないかによって、その後の道は分かれることであろう。だが、受けた打撃を取り返すためには、声を上げ、戦わなくてはならない。

だが、あなたの元同僚は、狭い業界で、そのようなことをすれば、次の就職先は見つからなくなると危ぶんでいる。多分、どの企業も似たり寄ったりの状態だから、このような理不尽をも、甘んじて受け入れる心がなくては、この先、どの企業でも、やっていけないだろう、などと言っている。さて、あなたはどのような選択肢を選ぶだろうか。

筆者の考えはこうである。もしも抵抗しなければ、そのような人は、黙って就職した次なる会社でも、前よりもさらに悪い搾取の犠牲となるだけであり、おそらく、その連鎖は、本人が断ち切ろうとしない限り、ずっと続くことであろう。業界からの根本的なエクソダスが必要かも知れない。

声を上げる際にも、注意しなければならないことがある。一方には、弱い人々を食い物にする強欲な企業があるかと思えば、その反対には、食い物にされた人々の苦しみをさらに食い物として、強欲な救済ビジネスを展開している人々がいる。ブラック企業との戦いを売り物とし、成功報酬を分捕ろうと待ち構えている長蛇の列がある。このような人々に助けを求めている限り、あなたには何も残るものがない。
だから、行動するならするで、自分できちんと考え、安易に他者に栄光をかすめ取られないことが肝心である。

さて、以上の話は、信仰の世界で起きている事柄の比喩のようなものである。筆者はかつて、神の御言葉の正しさを証明し、不当な言いがかりを跳ね返すために、ある人々に訴訟を勧めたことがあった。弁護士など雇わずとも、勇気と根気があれば、訴訟はできるのだと筆者が言ったところ、彼らは言った。

 「ヴィオロンさん、それはきっとあなただからこそ、出来たことだと思いますよ。」
 筆者は、眉をひそめて聞き返した。
 「どういう意味ですか、それは。私が文章を書くことを得意としていたから、出来たという意味ですか。」
 「いや、あなたがとても強い人だからです。」
 筆者はますます眉をひそめて問い返した。
「何を言っているんですか。私は一人の弱い人間に過ぎません。
それでもこうしていられるのは、私の力ではなく、神様が助けてくれているからです。でも、この私にできるならば、あなたには、私よりも、助けてくれる人たちが、もっとたくさんいて、はるかに有利な立場にあるじゃありませんか。それなのに、私にできて、あなたができないはずがありません。
でも、状況はどうあれ、もしも私たちが真に正しく、御名の栄光のためになる仕事を果たそうとするならば、神様はそのために、必要なすべての手段を与えて下さることは確かです。あなたがたが、勇気を持って、御名のために立ち上がるなら、そのために必要な時間も、費用も、何もかも天が用意して下さいます。それは主のための戦いですから、必要なものは、すべて神ご自身が用意して下さらなければなりません。」
 「いやはや・・・、私たちは、あなたを雇いたいくらいですね」
 「何ですって?」
筆者は耳を疑い、聞き返した。
「私に何をしたいですって?」
 「いや、私たちはあなたを雇いたいくらいだと言ったんですよ」
 筆者はその言葉を聞いて心の中で絶句してしまった。
だが、これを聞かなかったかのように無視して、御国のための権益を守る戦いに参加することを、真剣に検討しておいてもらいたいと提案し、話を終えた。
 
筆者は、神の国の権益を守るための戦いのためならば、無報酬で働くつもりであったし、せいぜい要求できるとしても、紙代とインク代程度であろう。そもそも裕福でない信者らが、弁護士に払うような報酬を筆者に払えるはずがないし、筆者も、金さえ払われれば、誰の味方にでもなる弁護士ではない。筆者はそもそもこの世の富に仕えるために、御言葉の証しを書き続けているわけではないし、この世の富の支配下に置かれるつもりもない。

それにも関わらず、もし誰かが、この貴重な仕事のために、筆者に金を払うというならば、
それは、筆者をはした金で雇うという意味でしかない。つまり、彼らは、はした金でもいいから、筆者に金を払って、自分たちは雇い主であるという顔をすることなしに、完全に弱く無名な存在の筆者に、無報酬で助けられるなど、プライドが許さない、と、内心では思っていたのではないかと見られた。
 
まるでそれは、一人で歩行がおぼつかない病人が、自分よりももっとはるかに重症に見える患者から差し伸べられた助けの手を、こんなにも哀れな人間から同情を受ける筋合いはないと、心の中で蔑み、冷たく振り払ったのを見たような瞬間であった。

そこで、以上のような返事を聞いた瞬間に、筆者は、自分が無益な提案をしていること、彼らには決してこの戦いに参加することは無理であろうことを悟った。多分、彼らには筆者を助けてあげているという考えはあっても、自分たちも、命がけで立ち上がらなければ、救いを保てない可能性があるとは、全く考えてもいなかったのに違いない。

だが、すべては神のなさることであるから、神がこの人々をどう導かれるのかに任せようと、筆者は強く説得することも、異議を唱えることもなく、そしらぬ顔をしていた。
 
数ヶ月後、もう一度、心中を問い尋ねてみると、彼らからは、面倒な争い事を自分から起こすのは嫌だというはっきりした返答が返って来たので、筆者はほっと胸をなでおろした。

それはまるでギデオンが、ミデヤン人の13万5000人の軍隊に立ち向かうために、300人の勇士たちを集めた時のようであった。 主のための戦いに勝利するためには、数さえ集まれば良いという態度で、人を集める必要はない。心から、その戦いのために自分を捧げることに、準備が出来ているほんのわずかな人々がいれば、いなごのような大群にも、十分に立ち向かうことができるのである。

暗闇の勢力との戦いを貫徹するためには、代価が必要であり、世との間に軋轢が生まれることを望まない人は、これに参加することはできない。ただ人間の利益が侵害されたというだけの理由では、主の権益を守る戦いを共に戦うことはできず、連帯さえも成り立たないのである。

かくて、エクソダスできる人々と、そうでない人々が分かれる。紅海を渡るところまでは、共に進んで行けた多くの人たちが、その後、荒野に入ると、そこで倒れてしまう。いや、今日は、荒野で倒れるというよりも、むしろ、神が奇跡によって開いて下さった紅海を、船頭を雇ってまで逆に渡り、再びファラオの奴隷となって生きるために、エジプトへ舞い戻ってしまうと言った方が良いかもしれない。それくらい明白に命運が分かれてしまうのである。

そのような光景を見る度に、筆者は、愚かな花嫁のたとえを思い出さずにいられない。筆者がどんなに願ってみたところで、自分自身で代価を払おうとしない人々に、筆者の油を分けてやることはできないし、それは許されない相談なのだと。

だから、そうした人々は、自分の足りなくなった油を増し加えるために、安価かつ偽物の油を買うために市場に走って行き、その遅れのために、結局、花婿を出迎えることができなくなり、宴会の扉が閉められて終わってしまうのである。

このようにして、今やプロテスタント全体が、御霊の油の欠如により、御言葉の証しを公然と保つことができなくなって、敵の圧迫に屈し、沈黙に入ったのではないかと思われる。この宗派に属するほとんどすべての教会と信者が、教会が迫害されても抵抗せず、御言葉が曲げられても、抗議せず、主の御名が傷つけられているのに、ほえたける獅子の咆哮に怯え、全く立ち上がることなく、腰砕けになって、一切、戦わずして、敗北する道を選んだことは、筆者には唖然とするような出来事である。

このように、神の教会が冒涜されても、立ち上がることができないという極度に情けなく臆病な有様を見ても、筆者は、プロテスタントはもはや霊的に終焉を迎えており、今、新たな信仰回復運動が起こることが必要なのだという確信を強めないわけにいかない。
 
だが、このような状況でも、絶望など一切する必要がないと言えるのは、神はどんな状況からでも、最も先駆的で前衛的な、新鮮な御霊の息吹を持つ新たな霊的運動を起こすことがおできになるからである。今日、信者に求められているのは、プロテスタントの中でも、どの教団教派ならば、多少、マシであるかなどと考えて、教団教派の間を走り回ることではなく、あるいは、プロテスタントが駄目ならば、カトリックに戻れば良いなどと議論することでもない。

新たな革新的で先駆的な信仰回復運動の登場が待たれるのだが、これから起きる信仰回復運動は、かつてのような大規模な大衆運動とはならないであろうと筆者は予想する。それはただ万民祭司という新約の原則を忠実に実行に移すだけで良く、筆者のような、無名の信者が、一人一人、知られざる場所で、ただ御言葉なるキリストご自身だけに忠実に従い、静かに自分の十字架を負って歩みを進めさえすれば良いのだと思わずにいられない。

それは牧師のいない、宗教指導者のいない、宗教団体や組織の枠組みにとらわれることのない、神と信者との直接的で個人的な知られざる信仰の歩みである。

そこで、筆者の周りに団体が築き上げられることは、今もこの先も決してないであろう。筆者が何かを成し遂げる際に、周りに集まって来た人々がいるとしても、彼らも、必ず、やがて散らされることになる。改めて、金持ちが天国に入るのは、らくだが針の穴を通過するよりも難しい、という御言葉を思う。「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」というのは、本当のことである。
 
筆者は、招かれただけで終わりたくはない。神の褒賞を受けるために、試練に勝利する者でありたい。そのために、自分の心が、地上の何者にもとらわれることなく、自由であって、ただ主だけに捧げられ、御心の実現だけにいつでも傾けられる状態であって欲しいと強く願う。そこで、筆者と神との間に立ちはだかって、主の栄光の妨げとなりうるようなものは、この先も、何であれ、取り去られる必要があることを認める。

人や物や目に見えるものに心を傾注しすぎることは極めて大きな危険である。そこで、 御国の権益にとって、損失とならないのであれば、筆者は、地上的なすべての別離に対し、「主が与え、主が取りたもう。主の御名は誉むべきかな。」(ヨブ1:21)と同意したいと考えている。

* * *

さて、話が少し変わるが、裁判手続きを通して、司法の世界を垣間見るようになって、筆者はそこではかりしれないほど大きな学びを得た。

誰もが知っている通り、訴状には、まず最初に、以下のような命令文で、被告に対する請求が記される。
「被告は、××××万円を支払え。」
「被告は、××××をしてはならない。」

このように書き記すことによって、原告はその通りの判決が下されることを裁判官に求める。

しかし、この世においては、ただ訴えが出されただけで、それが認められることはまずなく、通常は、幾度もの弁論手続きが重ねられ、証拠が積み上げられ、議論が尽くされてから、判決が出される。

しかし、筆者はキリストの御名の権威を帯びた者として、命令文を書いている点で、世人とは異なる立場にあると言える。信仰によって、キリストの代理として、御名の権威を持って、自らの言葉を発しているわけであるから、筆者の書いている命令文の意味は、霊的には、はかりしれないほどに重いと言えよう。

昨年が来るまで、筆者は主として当ブログにおいて、信仰の証をして来たが、裁判手続きの場に信仰の証が持ち出されてからは、御名の権威を行使して証する作業が、より厳粛で重い意義を持つようになったと感じている。その中で分かったことが一つある。

それは、主に依り頼んで生きるキリスト者が、被告として訴えられるなどのことは、絶対にあってはならず、またあり得ない事態だということである。
 
この世には冤罪事件もあれば、スラップ訴訟もあり、誰かが被告として訴えられたからと言って、決してそのことは、その人々が何かの罪を犯した証拠を意味しない。事実無根の訴えや、不当訴訟といったものも、存在しないわけではないからだ。推定無罪の原則があり、何が事実であるのかは、審理を進めてみなければ分からない。

ところが、信仰の観点から見るならば、キリスト者が被告として訴えられることは、それだけで、深い霊的な敗北の意味を持つのである。そこには、何かしら非常に暗い運命的な意義があることを、筆者は思わないわけにはいかない。

筆者はこれまで、このささやかな信仰の証のブログのために、提訴、反訴、控訴、刑事告訴の脅しを幾度にも渡り受けたが、そうした脅し文句を聞く度に、ただちに以下の御言葉を使って、その脅しの効力を無効化し、敵の放った火矢が、筆者に届く前に、それを空中でへし折って来た。

「では、これらのことについて何と言ったらよいだろうか。もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。

だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義としてくださるのは神なのです。だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。

だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。

「わたしたちは、あなたのために
 一日中、死にさらされ、
 屠られる羊のように見られている」

と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。


わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8:31-39)

そういう経緯があったおかげで、聖書の御言葉には、現実に、私たち信じる者を、完全に潔白な者として神の御前に立たせ、敵のすべての言いがかりに満ちた訴えを無効化することのできる絶大な意義があることを、筆者は幾度も実地で学ばされて来たと言える。

キリストの命は、私たち信じる者を、本当に一点の罪の曇りもない、しみもしわもない、完全かつ潔白な存在として立たせることができるのである。

そこで、私たちも、自分を見るとき、主がご覧になるように自分を見なければならない。神が選ばれた民であるにも関わらず、私たちに、被告として訴えられる根拠などがどうしてあって良かろうか。

キリスト者を訴えるという行為は、その者を贖われたキリストの贖いを無効にすることを目的とする行為であって、悪魔と暗闇の勢力のみが抱く願望であると言えるが、そのようなことをする力を、暗闇の勢力はそもそも持っていない。

暗闇の勢力にできることは、せいぜい嘘を振りまいて信者を脅すことだけであり、神の下された永遠の判決を覆すような力は、彼らには付与されていない。そういうわけで、それにも関わらず、キリスト者を名乗る人間が、訴えられて法廷で被告とされることには、何かしら非常に深い、暗い霊的な意味が込められており、筆者の目から見れば、それ自体が、すでに信仰的に敗北を意味することが分かったのである。

一体、自分が有罪者として訴えられている者が、どうして100%の潔白に立って、悪魔と暗闇の勢力を全身全霊で糾弾することができようか? 

そのようなわけで、私たちは、暗闇の勢力の不当な言いがかりには、決して屈してはならないのであり、敵のあらゆる訴えを断固、はねのけて、冒頭に挙げた通り、声を限りに、容赦のない宣告を突きつけ、
  
おまえたちは、××してはならない!!
××することを禁じる!!
××せよ!!

という強い命令を、実行力のある方法で発して、彼らの口を封じなければならいのであって、それ以外の「コミュニケーション」はあり得ないのである。

ところが、ある人々は、それは暗闇の勢力に対して失礼かつ残酷すぎる措置であると考える。彼らは、暗闇の勢力と毅然と向き合って、断固、命令するどころか、かえって、おずおずと

私たちは、あなたたちに××して欲しいと願っています。
××して下さいませんか?

と、もみ手ですり寄るような、弱腰な訴えを口にして、直接交渉に及ぼうとする。

彼らはそのような”礼儀”が、暗闇の勢力に対しても必要だと信じているのである。だが、それは訴えではなく、懇願であるから、そんな言葉は、悪魔と暗闇の勢力にとって、自信を増し加える根拠にはなっても、何の脅威にもならず、痛くもかゆくもない。

彼らはそういう風に、自分たちの意思を問う人間が現れれば、喜んでいついつまでも彼らが頭を下げて自分のもとに懇願しにやって来ざるを得ない状況を作り上げるだけである。

アダムとエバの敗北は、そもそも神ご自身を抜きにして、蛇と直接、口をきいた時点から始まっていた。

そこで、今日、我々キリスト者に必要なのは、聖書の御言葉の権威に固く立って、それに基づいて、闇の勢力に対して、有無を言わさぬ命令を発することだけであって、彼らの意思など問うてはいけないし、中途半端な和解も、懇願も、してはならないのである。

ところで、裁判においては、弁論が重ねられるうちに、必ずある種のクライマックスがやって来る。つまり、どこかの時点で、論敵の嘘と詭弁に満ちた脅しが最大に達する瞬間が来る。そのときが、弁論の激しさが最高潮に達する時であり、裁判のクライマックスだと言えるが、信者は、その時、敵のもたらす恐怖に打ち勝って、敵の最大の武器をへし折ることによって、彼らの武装を解除して、彼らを無力化せねばならない。

それができるかどうかが、勝敗を分ける。つまり、裁判の決着は、判決が述べられる瞬間に初めて訪れるものではなく、むしろ、判決読み上げの瞬間が訪れるよりも前に、私たちキリスト者の中で、霊的な勝利がおさめられていなければならないのである。

そういう意味で、訴訟は一か八かの賭けであってはならず、裁判官の善良な人柄や、証拠の分量や、支援者の人数や、精緻なロジックの組み立てや、運の良さにすべてを委ねるような受け身の態度では、勝利をおさめることはできない。
 
これは裁判のみならず、日常のすべての場面に当てはまることである。キリスト者は、日常生活においても、暗闇の勢力と対峙することが必要となるが、その際、敵が持っている最も強力な武器が何であるかをよく理解し、時が来たときに、これを粉砕して無効化することで、敵の武装を解除することなくして、戦いに勝利して、次のステージへ進むことができない。
 
一つの戦いをクリアできないと、いつまでもずっと同じ問題に悩まされ、脅しつけられ、圧迫されたまま、不自由の中を生きて行くこととなる。
 
私たちキリスト者には、聖書の御言葉を武器として用いて、敵の嘘と詭弁の要塞を破壊して、彼らの武装を解除し、すべてのものをキリストの御名に従わせ、不従順を罰することが可能とされていることを忘れてはならない。

「わたしたちは肉において歩んでいますが、肉に従って戦うのではありません。わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。わたしたちは理屈を打ち破り、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにしてキリストに従わせ、また、あなたがたの従順が完全なもののになるとき、すべての不従順を罰する用意ができています。」(Ⅰコリント10:3-6)

さて、「最後の敵として、死が滅ぼされます。「神は、すべてをその足の下に服従させた」からです。」(Ⅰコリント15:26-27)とある通り、敵(悪魔)の最大の武器とは、死である。従って、悪魔と暗闇の勢力の最大の武器とは、死の恐怖によって、人々を脅かすことであると言えよう。

そこで、当然ながら、キリスト者が暗闇の勢力の武器を粉砕して、彼らの圧迫を打ち破り、勝利を収めるために必要なことも、死の恐怖に打ち勝つことである、と分かる。

このことは、王妃エステルが、ハマンの策略により、ユダヤ人の民が皆殺しにされるかも知れない危機にあった際、この脅しによる圧迫に立ち向かうために、自分自身も死を覚悟した上で、王の前に進み出たエピソードの中にも見て取れる。

私たちも、暗闇の勢力との戦いに勝利するためには、死をも厭わない覚悟で、自分をとことん主の御前に投げ出して、敵の脅しに徹底的に立ち向かうことが必要となるのである。

「今や、我々の神の救い力と支配が現れた。
 神のメシアの権威が現れた。
 我々の兄弟たちを告発する者、
 昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者が、
 投げ落とされたからである。
 兄弟たちは、小羊の血と
 自分たちの証しの言葉で、
 彼に打ち勝った。
 彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。」(黙示12]10-11)
 
神に従い、御言葉を地に実際として引き下ろし、御心を成就するためには、死をも厭わない決意で、主と共なる十字架において、絶えず霊的な死を帯びて、敵の脅しを打ち破ることがどうしても必要なのであり、そうした決意を抜きにして、主に従い抜いて、敵の武装を解除して勝利をおさめることはできないのである。

そこで、私たちは、敵が最大限の脅しを用いて向かって来るときには、自分自身を完全に主と共なる十字架に同形化して、これに応戦することが必要となる。この世の訴訟においても、そのような瞬間があり、言葉や証拠の争いよりも、もっと深いところで、霊的な激しい戦いが繰り広げられる。この世に現れて来る勝敗は、この領域における霊的な勝敗に沿ったものにしかならないのである。

そこで、キリスト者は、いかなる瞬間においても、まずは御言葉によって、霊的に敵の武器を無効化し、彼らの武装を解除することなくして、自由と栄光を掴むことはできないことを知るべきである。
 
とはいえ、私たちの勝利の根拠は、私たち自身にあるのではなく、カルバリの十字架で、キリストの死と復活を通して、悪魔と暗闇の勢力に下された裁きと滅びの宣告にこそある。それが、私たちが悪魔と暗闇の勢力がもたらそうとする死の恐怖に対して、すでに完全な勝利をおさめていることのすべての根拠である。

「ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした。」(ヘブライ2:14-15)

だから、私たちがなすべきことは、いかなる嘘、詭弁、脅しを受ける瞬間にも、徹底的に十字架の原則に踏みとどまって、キリストの死を、自分自身の死として受け止め、適用し続けることによって、そこにキリストの復活の命が働いて、勝利を得るまで、御言葉を武器に戦い抜くことであると言えよう。
 
私たちを死から命へと移し出す根拠は、ただカルバリにのみ存在するのであって、十字架にかかられたキリストこそ、私たちの命の源であり、私たちの勝利、栄光、自由の源なのである。

従って、私たちの平和と自由の根拠は、決してこの世との和合にあるのではない。この世との間に軋轢を生まず、強い者たちの意向に逆らわず、世に波風立てず、ご機嫌伺いをすることによって、命を保てる者は、誰一人としていない。それどころか、そのような方法では、かえって命を失うということを、聖書は一貫して教えているのだと言えよう。

従って、私たちが世に接触する時には、深入りしないための警戒が必要である。私たちを生かしているまことの命の源がどこにあるのか、片時も忘れない用心が必要となる。

「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至る。わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にして下さる。」(ヨハネ12:24-26)

主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。

「カインは弟アベルに言った、「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいたとき、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した。 主はカインに言われた、「弟アベルは、どこにいますか」。カインは答えた、「知りません。わたしが弟の番人でしょうか」。

主は言われた、「あなたは何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中からわたしに叫んでいます。 今あなたはのろわれてこの土地を離れなければなりません。この土地が口をあけて、あなたの手から弟の血を受けたからです。 あなたが土地を耕しても、土地は、もはやあなたのために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」。 」(創世記4:8-12)

「主はまた言われた、「ソドムとゴモラの叫びは大きく、またその罪は非常に重いので、わたしはいま下って、わたしに届いた叫びのとおりに、すべて彼らがおこなっているかどうかを見て、それを知ろう」。 」(創世記18:20-21)

「富んでいる人たちよ。よく聞きなさい。あなたがたは、自分の身に降りかかろうとしているわざわいを思って、泣き叫ぶがよい。あなたがたの富は朽ち果て、着物はむしばまれ、金銀はさびている。そして、そのさびの毒は、あなたがたの罪を責め、あなたがたの肉を火のように食いつくすであろう。あなたがたは、終りの時にいるのに、なお宝をたくわえている。

見よ、あなたがたが労働者たちに畑の刈入れをさせながら、支払わずにいる賃銀が、叫んでいる。そして、刈入れをした人たちの叫び声が、すでに万軍の主の耳に達している。あなたがたは、地上でおごり暮し、快楽にふけり、「ほふらるる日」のために、おのが心を肥やしている。そして、義人を罪に定め、これを殺した。しかも彼は、あなたがたに抵抗しない。 」(ヤコブの手紙5:1-6)

死の綱は、わたしを取り巻き、滅びの大水は、わたしを襲いました。陰府の綱は、わたしを囲み、死のわなは、わたしに立ちむかいました。わたしは悩みのうちに主に呼ばわり、わが神に叫び求めました。主はその宮からわたしの声を聞かれ、主にさけぶわたしの叫びがその耳に達しました。そのとき地は揺れ動き、山々の基は震い動きました。主がお怒りになったからです。」(詩編18:4-7)

「さいわいを見ようとして、いのちを慕い、ながらえることを好む人はだれか。あなたの舌をおさえて悪を言わせず、あなたのくちびるをおさえて偽りを言わすな。悪を離れて善をおこない、やわらぎを求めて、これを努めよ。

主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。主のみ顔は悪を行う者にむかい、その記憶を地から断ち滅ぼされる。正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。

主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。正しい者には災が多い。しかし、主はすべてその中から彼を助け出される。主は彼の骨をことごとく守られる。その一つだに折られることはない。

悪は悪しき者を殺す。正しい者を憎む者は罪に定められる。主はそのしもべらの命をあがなわれる。主に寄り頼む者はひとりだに罪に定められることはない」(詩編34:12-22) 


今回の記事のテーマは、「主に向かって不正を声高に叫び、諦めることなく正義を求めて訴え続けよ」というものである。

多くの日本人は、不正に抗議することは無駄であると考えている。権力者の腐敗などに対し、どんなに声をあげても、ただにらまれ、いわれのない制裁を受け、仕事を取り上げられ、人々に見捨てられ、不遇の人生を送ることになるだけであり、そんな人生はカッコ悪く、自分にとって損なだけだと。

そうして多くの人々は、強い者が嘘をついてもいることが分かっていても、自己保身の思いでこれを見て見ぬふりをして沈黙し、真実が曲げられ、不正義が横行し、弱い者が不当に虐げられ、見殺しにされても、全く声もあげない。順番が自分に回って来るまで、すべての苦しみは完全に他人事である。

戦前・戦中もそうであった。かつての戦争は、軍部だけが起こしたものではなく、大衆の無言の賛同があって初めて推し進められたものであった。人々は、竹やり訓練や火消し棒による消火活動では敵軍に勝てないことをよくよく知っていた。鍋や釜はもちろんのこと、家畜やペットに至るまでの供出に全く意味などないこと、「一億玉砕」、「欲しがりません勝つまでは」、「進め一億総火の玉だ」などといったスローガンなどが、どんなに空虚なものであるかをよく知っていた。特攻などは無駄死を奨励するだけで戦況に影響を与え得ないことを誰もが予想できたのである。

にも関わらず、それらの虚しさに人々はほとんど声をあげなかった。自分がその嘘を見抜いていることさえ必死で隠した。命が惜しかったからである。特高警察に連行されたくなかったからである。非国民と呼ばれ、断罪されることを恐れたからである。だが、そうして必死に保とうとした命を、彼らは赤紙一枚で失い、空襲で失い、原爆で失い、戦場で餓死し、大陸に置き去りにされ、集団自決し、自ら無残に捨てるようにして死んでいった。

今という時代の怖さは、まだ戦争も起きておらず、何も起こっていないのに、異変が起きる前から、戦前や戦中と同じく、大衆が権力者の横暴に見て見ぬふりをし、不正に対して憤ることをやめて、善悪の感覚や、良心の判断を故意に眠らせて、自主的な沈黙に甘んじていることにある。

そうこうしているうちに、現在の我が国の状態は、ますます戦争状態に近づき、ネットでは「中世ジャップランド」などと揶揄されるほどまでにディストピアと化してしまった。

日本人には伝統的に、声の大きい者に対しては、その者がどんなに不正なスローガンを唱えていたとしても、長いものには巻かれろ式に、沈黙して、あきらめて従ってしまうという悪い性質があるのだろうか?

東京オリンピックは、「ただボラ」によって支えられるらしい。オリンピックのための資金は有り余るほどあるのに、政府とオリンピックを率いる委員会や関連組織は、猛暑の中、金も払わず、保険もかけず、若者をただで招集し、命がけでボランティアをさせようというのだ。

おそらく死人が出ることは必至だと予想する。選手も大変であろうが、ボランティアが熱中症で亡くなっても、雇用保険にも入っていないのでは、労災にも当たらない。国威発揚のためにただ働きを肯定するどころか、人命までも平気で犠牲にする、まさに呪われたオリンピックとなることが、実施する前から誰にでも分かる有様だ。

こうした事情を見ても、今まさに、戦時中と同じく、大人たちが若者に苦役としか言えない労働や、貧しさや、死を強制する恐ろしい世の中が実現しつつある様子がよく分かる。それが国家的レベルで推進されているところが戦時中とよく似ている。

これまで筆者は当ブログにおいて、あらゆる異端思想には、年長者による年少者の搾取、親世代による子世代の搾取などの歪んだ発想が込められていることを指摘して来たが、そのような搾取は、もとをたどれば、先祖崇拝へと行きつく。

要するに、先祖の罪を子孫が永劫に背負い、罪人に過ぎない亡き先祖の霊を供養することで、先祖の罪を贖おうと努力することが、子孫の最大の義務とみなされるような、理不尽な信仰が、そのような考え方を生んでいるのである。

罪あるもの、呪われたもの、腐敗したもの、尊ばれるべきでないものを「ご本尊」のように拝み、人類に受け継がれている罪による血統を神聖視して拝んでいればこそ、先祖の罪の贖いのために子孫が未来永劫に命を犠牲にせねばならないという転倒した思想が美化され、奨励されるようなことが起きるのである。

従って、以上のオリンピックにかこつけた厚かましいただ働きの要求のような諸現象は、ただ金儲けだけが目的で行われるのではなく、先祖が自らの罪を覆い隠し、これを子孫に転嫁して子孫に償いを要求するために、子孫を犠牲にし、殺すという恐ろしい思想が背景にあってこそ、生まれて来るものなのである。

さて、冒頭の御言葉に戻りたいが、面白いことに、聖書には「未払い賃金が天に向かって叫んでいる」という個所がある。さらに、アベルのように無実にも関わらず殺された義人の血も、天に向かって叫んでいるという。

昨今のようにブラック企業が溢れ、過労死が合法化されようという世の中では、未払い賃金のことなど叫んでも無駄であり、まして不正な事件によって殺された人は、生きている人間の目から見れば、まさに「死人に口なし」の状態に置かれているので、その事件については、今更、誰が何を訴えてももはや無駄であるように見えるかも知れないが、ところが、聖書は、そのような不正事件のすべての証拠は、ずっと天に向かって叫び続けると述べているのである。

罪無くして殺された死者の血が天に向かっておのずから叫び、未払い賃金は、誰もそれを要求せず受け取り手がおらずとも、不当な搾取として、天に向かっておのずから声をあげ続けるというのだ。これは興味深いことである。

そして、それらの不正事件に関連した叫びは、すべて最終的に「アベルの血よりも力強く語るそそがれた血」(ヘブル12:24)へと集約されていく。

主なるキリストこそ、無実にも関わらず十字架ですべての罪人の罪を代表して負われ、苦しみを負い、殺されたがゆえに、彼はあらゆる人間の悲痛な叫び、苦悩、理不尽を代弁して、神に向かって叫び、とりなすことのできる方である。

つまり、地上におけるすべての信仰による義人たちの叫びは、キリストのあかしに集約されていくのである。

従って、信仰の世界は、この世の市場原理主義では成り立っていない。天の御国は、富める者、声の大きい者、力ある者の訴えだけがまかり通る弱肉強食の世界ではない。

むしろ、天の御国では、この世においては、限りなく、声なき弱者に分類され、見殺しにされるはずの者たちの苦悩を、神は確かに知っておられ、神ご自身が彼らをかえりみて下さり、この弱い声なき寄る辺ない人々を苦悩から引き上げて、高く安全なところへ置いて下さるのである。

さらに、ここで言う天の御国とは、断じて死後の世界を指すのではない。私たちが生きて地上にいる現在、信仰によって、その御国は、私たちの只中に到来しており、この世の有様に大きな影響を与えるのである。

これまで、筆者は、自分よりも力の強い者が、真実や正義を曲げて、弱い者を不当に踏みにじっている時、それに対して、真実や正義を守るために、時には無駄ではないかと思うような主張を幾度も投げかけて来た。
 
それは正義の運動という形を取ることもなく、ただ筆者の個人的な訴えであったので、時には、その叫びは弱く、あるいは孤立無援のように感じられた。しかし、後から見れば、そういう声なき声のような、一つ一つの訴えや、苦悩が、まさに主によって聞かれ、取り上げられていたのだと思うことしきりである。

だが、その当時は、自分では決してそうとは分からない。訴えてもむなしく響くばかりであり、誰も正義や真実に耳を傾ける者はないのだと、落胆するようなことがなかったとは言えない。

ところが、束の間の悲しみや、悩み、苦しみが過ぎ去ってみると、最も苦しい時に、人の心の奥底にある呻き、叫び、嘆きのすべてに、神が直接、耳を傾け、聞き取って下さり、ふさわしい助けの手を差し伸べて下さっていたのだと分かる。
 
神はご自分を信じる人々のすべての悩み苦しみに真摯に耳を傾けて下さる方であり、この方に対しては、私たちは何一つ飾らず、どんなことでも率直に打ち明け、心の思いのすべてを余すところなく吐露することが許されている。理不尽な事件に対する憤りも、嘘や不正に対する憤りも、真実を飽くことなく追い求める心も、神に対しては隠し立てする必要が全くないのである。

しかしながら、今回の記事のテーマの一つは、私たちが地上で、ただ黙って心の中で祈る言葉だけではなく、人に対して口にする言葉にも、神は耳を傾けて下さっているということである。

人間は、自分にとって好ましい言葉しか聞きたくないという極めて自分勝手な生き物なので、社会の和を乱す言葉、自分にとって不快な言葉はすべて「悪」と決めつけて退ける傾向がある。

つまり、人間社会においては、圧倒的多数の人間にとって好ましく感じられるかどうかが、正しいかどうかを決める判断基準とされるのである。力ある多数派の意見は尊重されるが、弱々しい少数派の意見は無視される。アピールの仕方が巧みであれば、嘘でも多くの人間に支持されるが、話し方が下手であれば、誰も耳を傾けない。

人間の物事の判断基準はどこまで行っても、身勝手で、自己中心で、不公平で、偏ったものだと言えよう。従って人間が人間の訴えに対し、真に公平な評価を下すということはまず考えられない。

しかしながら、神は、決してそういう観点から、人の口にする言葉をお聞きにならない。神が人の言葉を吟味される基準は、それが誰かにとって不快であるかどうかや、人間社会の和を乱すかどうかといった基準ではなく、それが真実であるかどうか、また、神に届く叫びとしての条件を満たしているかどうか、という点である。

神は誰のことをも偏り見ることなく、公平に物事を見られ、裁かれる方なので、弱い者の訴えだからと言って耳を塞がれることはなく、金持ちだから優遇するということもない。

それゆえ、人間社会では、全く相手にされない訴えが、神には取り上げられる。まして信仰のある者の訴えは天に直通する。
 
私たちの叫びが天に届くとき、それからほどなくして、天からの神ご自身のアクションが帰って来る。

そのタイミングは、信仰者から見ても、しばしば遅いと思われることがある。ダビデがしばしば詩編に書いているように、祈った者自身が、「主はこの祈りを聞き届けてはくださらないのだろうか」などと疑い、忍耐の限りに達しようとしているような時に、神は力強く立ち上がって、天からその者を助けるために、御腕を差し出して下さる。

たとえば、筆者自身も、語った当初は、自分の言葉が、それほど力強い影響力を持つものだとは考えず、むしろ、地上では弱い者としてその訴えが退けられたり、踏みにじられたり、無視されるのを見て悲しんだりと、人間的な感情を経験することもあった。ところが、地上の人々や、筆者の思惑や感情とはまったく別に、その訴えが、やがて地上から天へと運ばれて行き、天を動かし、天から地にその反響が届く、ということがよく起きるのである。

そういう結果を見る時に、初めて、筆者は、自分の主張を過少評価しすぎていたことが分かる。いや、主が着いておられることの意味を十分に理解していなかったことが分かる。あの時、筆者が誰かに向かって発した言葉は、この人間社会においては、蔑まれるほか、全く相手にされないように見えたが、その実、それを、神が直接、注意深く聞いていて下さったのだと分かるのである。

もちろん、人間同士の会話の中に、神が目に見える形で立ち会っておられるわけではない。人間同士の会話では、意思疎通が成立しなければ、どんな訴えも、むなしく空中に散じたように見えるだろう。

しかし、我々があれやこれやと心配する必要がないのは、誰に向かって発したどんな言葉であれ、人間がそれに対してどのような反応を返すかが肝心なのではなく、神がそれを我々の味方になって非常に注意深く耳を傾けて下さり、信じる者の求めに応じて、その者を問題の渦中から引き上げて、平安を与え、解決を与えて下さるからである。

それはちょうどアブラハムとロトが土地を分配し、ロトがソドムとゴモラを含む豊かな低地をことごとく選んで去って行った後、一人になったアブラハムのもとを神が訪れたような具合である。

人間と人間とのコミュニケーションは、常に双方の側から何かの意思疎通に達するとは限らない。我々が毎日、無数に相手にしている人間たちは、正義にも真実にも全く価値を置かず、何を訴えても、自分に都合の良い言葉だけを選び取り、あるいは話が決裂に終わり、あるいは主張が踏みにじられ、あるいは極めて不公平な結論が突きつけられるだけということが起きるかも知れない。

だが、たとえどのように不毛な会話が展開したとしても、神の人(=信仰者)が、そのコミュニケーションを終えて、ほっと一人になって天を仰いだとき、その時、それまで地上での会話の一部始終を見ておられた神が天から応答して下さるのである。

たとえば、カインのように、義人の訴えをかえりみず、それを踏みにじって、無視し、立ち去る者がいたとしても、その後、その者がどうなるかまでは、我々の責任ではない。

私たちが認識していなければならないことは、神は私たちの味方であり、私たちの訴えをことごとく取り上げて下さる方だということである。

今日、私たちは、アベルのように犠牲者となって死ぬ必要はないゆえ、理不尽な事件があれば、それを神に存分に訴え、神が正しく裁いて下さるよう、根気強く願い求めることができる。

そこで、我々はどんな事件に遭遇しても、決して諦めることなく、(聖書に約束された正しい)自分の権利を求めて、天に向かって声を発し続ける必要がある。

これは自らの手で悪人を成敗せよとか、不正な事件を自力で解決せよと言っているのではない。

神がすべての物事を公平にご覧になり、ふさわしい裁きを下して下さる方であり、なおかつ、この世において声をあげることのできない弱い者たちを、悩みの渦中から救い出し、天へと高く引き上げ、すべての解決を与えて下さることのできる方であることを、固く信ぜよと言っているのである。

それを信じて、自分の思いを、決して隠すことなく、率直に、神に向かって訴え、正しい解決を求めることをやめてはいけないと言っているのである。

この世がどれほど異常になり、どれほど人々の心が険悪となり、頑なになって行ったとしても、私たちは、人間社会の有様がどうあるかに心を奪われてはならず、あくまで正しいと思う解決を天に向かって願い求め続けなければならないのである。なぜなら、神は地上の人々のように物事を偏ってご覧になることは決してないからである。

悪事に立ち向かい、悪人に立ち向かい、正しい裁きを天に願い求める私たちの諦めない執拗な祈りは、天を動かす原動力になる。
 
ドムとゴモラには、たった5人の義人もおらず、アブラハムの親族であるロトの家族の他には、誰一人その町の滅びから救い出される者もなかったが、そのように恐るべき腐敗した社会の只中においても、神の正しさは少しも変わらず、神はすべてを公平・公正にご覧になっておられ、これらの町々の悪に対しては、正しい裁きを下されたのである。その裁きは、ソドムとゴモラの社会にとっては、災いであり悲惨なものでしかなかったが、神は彼らの罪に対して、ふさわしく報いられたのだと言える。

神が変わらないお方である以上、今日のソドムとゴモラに、かつてのソドムとゴモラとは異なる判決が下ることはあり得ない。我が国の表面的な有様が、もはや手遅れのようにしか見えないほどに腐敗したものとなっていたとしても、その中で、信仰による義人に対する神の約束は、ほんのわずかたりとも揺らがず、変わることもない。

だから、私たちはこの世の社会の有様がどうあれ、あくまで神の御心にかなった正しい裁きを地上で願い求め続けねばならず、自分が信仰によって生きる義人であることを固く信じて、常に神の助けが約束されていることを信じ、これを受け取って生き続けなければならない。

もう一度、冒頭で引用した聖句を繰り返しておきたい。
 
主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。主のみ顔は悪を行う者にむかい、その記憶を地から断ち滅ぼされる。正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。

主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。正しい者には災が多い。しかし、主はすべてその中から彼を助け出される。主は彼の骨をことごとく守られる。その一つだに折られることはない。

悪は悪しき者を殺す。正しい者を憎む者は罪に定められる。主はそのしもべらの命をあがなわれる。主に寄り頼む者はひとりだに罪に定められることはない。

神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に値することであろう。(2)

さて、これまでの記事の中で、聖書の順序では、肉によって生まれた者が霊によって生まれた者を迫害する、という出来事がまずあり、その次に、霊によって生まれた子が十分に強くなって意思表示を行うとき、初めて肉によって生まれた者が神の家から駆逐されて、霊によって生まれた者が正当な地位を取り戻すことを述べた。

自由の女(サラ)から約束によって生まれた子(イサク)だけが、神の国の正統な後継者であり、奴隷の女(ハガル)から肉によって生まれた子(イシマエル)は後継者になれない。

だが、奴隷とその子が神の家から追い出されるに当たり、どうしても必要だったのが、サラの意志表示であった。

「けれども、あのとき、肉によって生まれた者が、”霊”によって生まれた者を迫害したように、今も同じようなことが行われています。しかし、聖書に何と書いてありますか。「女奴隷とその子を追い出せ。女奴隷から生まれた子は、断じて自由な身の女から生まれた子と一緒に相続人になってはならないからである」と書いてあります。」(ガラテヤ4:29-30)

同様に、エステル記を読むと、ハマンを悪者として王に訴えたエステルの意志表示が決定的に重要な働きをなしていたことが分かる。

これは、サタンを神に訴えることが、キリスト者の使命であることをよく表している。キリスト者は、御霊によって生まれた者を迫害する肉なる者たちを、神に向かって告発し、これらの者が正体を暴かれて神の家から取り除かれるよう、神に懇願するという重要な使命を担っているのである。

ちなみに、話は逸れるが、以下の原則(ガラテヤ4:27)は、時代を問わず、エクレシア(神の教会)を貫くものである。

「喜べ、子を産まない不妊の女よ、
  喜びの声をあげて叫べ。
  産みの苦しみを知らない女よ。
  一人取り残された女が夫ある女よりも、
 多くの子を産むから。」

サラは老いてからであったとはいえ、約束の子イサクを産んだわけであるから、もはや「不妊の女」という蔑称はふさわしくない、と思うかも知れない。しかし、実は「不妊の女」「産みの苦しみを知らない女」「一人取り残された女」「夫のない女」と言った呼び名は、蔑称ではなく、純潔のエクレシアを示すためには欠かせない永遠に高貴な称号なのである。

最初の人類であったエバは弱さのゆえに罪に堕落して、最も不名誉の女の代表格となってしまった。しかし、こうして不適格者の烙印を押され、堕落の象徴のようにみなされ、見捨てられた存在のようになってしまった「女」を通して、逆説的に人類を回復しようということが、神のご計画の一部としてある。

そこで、神は選ばれた民ではなかったモアブ人ルツをキリストの系譜の中で選び出されたり、キリストを産むために処女マリヤを選び出されたり、スカルの井戸でサマリヤの女に話しかけられたりと、絶えず、選ばれた力ある民ではなく、力のない、無名で、見捨てられ、不名誉を負っていた女たちを、しばしばご計画の成就のために用いられたのである。

最終的には、「女」の回復は、キリストの花嫁たるエクレシアの従順によって成し遂げられる。

だが、そのことは、決して「女性原理」の賛美や崇拝と混同されてはならない。たとえば、多くの宗教画で「聖母マリア」が赤ん坊を抱いた女性として描かれ、その母性本能が褒めたたえられているのとは全く逆に、マリアがキリストをみごもったのは、肉の欲望によらず、肉なる母性本能によるものではなかった。キリストの誕生には、肉なる人間(男性)の参与も必要なければ、天然の「母性原理」が働く余地も全くなかった。マリアはあくまで「夫のない女」「不妊の女」として、聖霊によってキリストをみごもったのである。

このことはサラにも同様に当てはまる。イサクは聖霊によって生まれた子とは言えないが、それでも、サラが子供を産むことのできる条件を失ってから生まれた子であった。従って、これも「母性原理」によって生まれた子ではないとはっきり言える。イサクは神の約束によって、信仰によって与えられた子であり、その意味で、聖霊によって生まれるキリストを予表している。そのためにこそ、サラはイサクを産んだ後でも、「不妊の女」「夫のない女」と呼ばれ続けているのであるが、これは決して彼女にとって不名誉な称号ではなく、むしろ、栄誉ある称号であって、決して彼女が肉なる被造物に服することなく、キリストだけに従う永遠に純潔の花嫁たるエクレシアの一員として生きたことを象徴する呼び名なのである。

このように、エクレシアは永遠に「夫のない女性」「独身の女性」「不妊の女性」である。なぜなら、エクレシアの夫はキリストであるが、まだ彼女は夫が迎えに来るのを待っている未婚の花嫁の状態にあるからであり、その子は聖霊によってのみ生まれることが約束されている子だからである。このように霊的に”未婚”の状態にあること、肉による子供を持たないこと(肉に蒔いて肉による実を持たないこと)、キリストだけに服することは、エクレシアから決して取り除かれることのない条件である。

聖書は結婚を禁じたりは全くしていないが、それでも、パウロは、もし信者が独身でいられるならその方が良いと述べている。なぜなら、肉にある伴侶を持つと、その者に仕えねばならなくなり、こうして人間に対する気遣いに絶えず心を煩わせるよりは、むしろ神のことに専念できる立場にあった方が良いとパウロは言うのである。

「しかし、あなたが、結婚しても、罪を犯すわけではなく、未婚の女が結婚しても、罪を犯したわけではありません。ただ、結婚する人たちはその身に苦労を負うことになるでしょう。わたしは、あなたがたにそのような苦労をさせたくないのです。兄弟たち、わたしはこう言いたい。定められた時は迫っています。今からは、妻のある人はない人のように、泣く人は泣かない人のように、喜ぶ人は喜ばない人のように、物を買う人は持たない人のように、世の事にかかわっている人は、かかわりのない人のようにすべきです。この世の有様は過ぎ去るからです。

思い煩わないでほしい。独身の男は、どうすれば主に喜ばれるかと、主のことに心を遣いますが、結婚している男は、どうすれば妻に喜ばれるかと、世の事に心を遣い、心が二つに分かれてしまいます。独身の女や未婚の女は、体も霊も聖なる者になろうとして、主のことに心を遣いますが、結婚している女は、どうすれば夫に喜ばれるかと、世の事に心を遣います。このようにわたしが言うのは、あなたがたのためを思ってのことで、決してあなたがたを束縛するためではなく、品位のある生活をさせて、ひたすら主に仕えさせるためなのです。」(Ⅰコリント7:28-35)

それに引き換え、肉によって生まれる者たちは、肉の事柄には聡く、「未婚」や「不妊」などの不名誉な称号とは無縁である。彼らは、霊によって生まれる者たちよりも早く子を産み、子供らの数、家族の人数、己が権勢、財産などの目に見える数々の所有物を誇る。ハマンも息子たちが数多いことを誇っていたとある。

だが、それは肉による実である以上、霊による実に比べ、全く永続性がない。永続性がないだけでなく、神の目には堕落して呪われた被造物である。それらは束の間に過ぎ去り、一時は栄えているように見えても、あっという間に消え失せてしまう。

「王とハマンは王妃エステルの酒宴に臨んだ。 このふつか目の酒宴に王はまたエステルに言った、「王妃エステルよ、あなたの求めることは何か。必ず聞かれる。あなたの願いは何か。国の半ばでも聞きとどけられる」。

王妃エステルは答えて言った、「王よ、もしわたしが王の目の前に恵みを得、また王がもしよしとされるならば、わたしの求めにしたがってわたしの命をわたしに与え、またわたしの願いにしたがってわたしの民をわたしに与えてください。 わたしとわたしの民は売られて滅ぼされ、殺され、絶やされようとしています。もしわたしたちが男女の奴隷として売られただけなら、わたしは黙っていたでしょう。わたしたちの難儀は王の損失とは比較にならないからです」。

アハシュエロス王は王妃エステルに言った、「そんな事をしようと心にたくらんでいる者はだれか。またどこにいるのか」。 エステルは言った、「そのあだ、その敵はこの悪いハマンです」。そこでハマンは王と王妃の前に恐れおののいた。 王は怒って酒宴の席を立ち、宮殿の園へ行ったが、ハマンは残って王妃エステルに命ごいをした。彼は王が自分に害を加えようと定めたのを見たからである。

王が宮殿の園から酒宴の場所に帰ってみると、エステルのいた長いすの上にハマンが伏していたので、王は言った、「彼はまたわたしの家で、しかもわたしの前で王妃をはずかしめようとするのか」。この言葉が王の口から出たとき、人々は、ハマンの顔をおおった。 その時、王に付き添っていたひとりの侍従ハルボナが「王のためによい事を告げたあのモルデカイのためにハマンが用意した高さ五十キュビトの木がハマンの家に立っています」と言ったので、王は「彼をそれに掛けよ」と言った。 そこで人々はハマンをモルデカイのために備えてあったその木に掛けた。こうして王の怒りは和らいだ。


今日、信仰によらない、御霊によらない、肉にある者たちが、神の教会を荒らし回っている。彼らは、唯一の神も、キリストの十字架の贖いも、罪の赦しも、聖書の御言葉も、何一つ信じていないのに、「教会から被害を受けた」「教会のカルト化を許してはおけない」などの言いがかりをつけては、被害者意識、人間の正義感など、肉による動機を振りかざして、教会に自分たちを受け入れるよう迫っている。

この人々は、教会の一員となる資格を全く持っていないにも関わらず、教会を責め、言いがかりをつけることによって、教会の中に巧みに入り込もうとしており、それによって、教会を占拠し、信仰による神の民をかえって迫害・駆逐しようとしている。彼らの中傷、乱暴狼藉、暴虐によって、神の民はまさに圧迫され、滅ぼされようとしているところだ。

これに対し、我々は、エステルが王に願い出たと同様に、この狼藉者たちの暴虐を声を限りに非難し、神に訴えるべきである。彼らが神の民の根絶を願っていることを神に告げて、この不信者らがこれ以上、神の民に害を加えることなく、ふさわしい罰を受けるよう願い出るべきである。

彼らは、ハマンがエステルに懇願したように、神の民に憐れみを乞うことで、処罰を免れようとするであろうが、それは成らない。そして、肉による者たちが、霊による者たちに危害を加え、根絶やしにしようとしたその悪意は、肉による者たち自身に跳ね返る。

ハマンがモルデカイを吊るそうとして自宅に作った処刑台が、ハマン自身の処刑台となったようにだ。
 
ハマンの死を思うとき、今日も、キリストと共なる十字架で死んでよみがえらされ、キリストの復活の命によって生きる神の民を中傷し、穢し、冒涜する者には、一体、この先、どんな厄災が降りかかることであろうか。

カルト被害者救済活動の支持者らは、神の民を精神異常者呼ばわりしているが、彼らが述べている世迷いごとを見れば、実際には、彼らこそ、まさに精神異常に陥っていることが、精神科医でなくとも、誰にでもすぐに分かる。勝ち目もない裁判に信徒を焚き付けたり、自分が見たことも聞いたこともない事柄について、まことしやかに虚偽を並べて人々を中傷したり、彼らの言うことには何の整合性もなく、彼らのしていることは自滅行為でしかなく、もはや人としての最低限度の常識や思考能力すらも完全に見失い、早く自分を罰してくれと世に向かって叫んでいるに等しい。

これが聖徒らを訴える者に降りかかる不幸な結末なのである。何度も述べて来たように、「主を畏れることは知恵の初め。 無知な者は知恵をも諭しをも侮る。 」(箴言1:7)とあるように、聖書の御言葉に従うことこそ、知恵と知識への道であり、御言葉を否定することは、無知と精神崩壊の始まりである。

聖書の御言葉に悪質に逆らう者たちからは、人としてのバランスの取れたものの見方や、常識や、健全な思考能力がどんどん失われて行く。彼らはこれまで裁判を振りかざしては教会を脅し、圧迫して来たが、実際に、自ら宣言している通り、裁判所に赴いてみれば良いのだ。彼らが述べているような嘘に満ちた一貫性のない屁理屈は、この世の人々の前でも、決してまかり通ることがないとすぐに分かるはずだ。

ハマンはエステルに訴えられて後、王の前で「顔を覆われた」。これはハマンが人に忌み嫌われる者の象徴となったことを意味する。この世の言い回しでは「人を呪わば、穴二つ」だが、キリスト者を呪った場合は、「穴一つ」だ。なぜなら、呪った者自身にその悪意が跳ね返るだけだからだ。

愚かなことである。カルト被害者救済活動の支持者らが、わざわざ自分で呪詛の言葉を口にしたりしなければ、それが彼らの身に降りかかることもなかったであろう。「一度口から出した言葉は取り消せない」と、彼らは自ら述べているのだから、彼らは自ら述べた言葉によって罪に定められ、その言葉は二度と撤回できまい。この先、顔を覆われた者同然に扱われることになるのは、彼ら自身である。それが彼らが自分で振りかざした掟によって自ら裁かれることの結末であり、彼らが自分で口にした言葉の刈り取りなのである。

このように、聖書の神、聖書の御言葉に敵対し、神の教会に敵対し、キリスト者を冒涜し敵対する者たちは、信者から憎まれるだけでなく、この世からも憎まれることになる。なぜなら、キリストの復活の命に基づくエクレシアの支配は、この世を超越しており、この世に対しても及んでいるからだ。
 
「その日アハシュエロス王は、ユダヤ人の敵ハマンの家を王妃エステルに与えた。モルデカイは王の前にきた。これはエステルが自分とモルデカイがどんな関係の者であるかを告げたからである。 王はハマンから取り返した自分の指輪をはずして、モルデカイに与えた。エステルはモルデカイにハマンの家を管理させた。

エステルは再び王の前に奏し、その足もとにひれ伏して、アガグびとハマンの陰謀すなわち彼がユダヤ人に対して企てたその計画を除くことを涙ながらに請い求めた。 王はエステルにむかって金の笏を伸べたので、エステルは身を起して王の前に立ち、そして言った、「もし王がよしとされ、わたしが王の前に恵みを得、またこの事が王の前に正しいと見え、かつわたしが王の目にかなうならば、アガグびとハンメダタの子ハマンが王の諸州にいるユダヤ人を滅ぼそうとはかって書き送った書を取り消す旨を書かせてください。 どうしてわたしは、わたしの民に臨もうとする災を、だまって見ていることができましょうか。どうしてわたしの同族の滅びるのを、だまって見ていることができましょうか」。

アハシュエロス王は王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った、「ハマンがユダヤ人を殺そうとしたので、わたしはハマンの家をエステルに与え、またハマンを木に掛けさせた。あなたがたは自分たちの思うままに王の名をもってユダヤ人についての書をつくり、王の指輪をもってそれに印を押すがよい。王の名をもって書き、王の指輪をもって印を押した書はだれも取り消すことができない」。

その時王の書記官が召し集められた。それは三月すなわちシワンの月の二十三日であった。そしてインドからエチオピヤまでの百二十七州にいる総督、諸州の知事および大臣たちに、モルデカイがユダヤ人について命じたとおりに書き送った。すなわち各州にはその文字を用い、各民族にはその言語を用いて書き送り、ユダヤ人に送るものにはその文字と言語とを用いた。 その書はアハシュエロス王の名をもって書かれ、王の指輪をもって印を押し、王の御用馬として、そのうまやに育った早馬に乗る急使によって送られた。 その中で、王はすべての町にいるユダヤ人に、彼らが相集まって自分たちの生命を保護し、自分たちを襲おうとする諸国、諸州のすべての武装した民を、その妻子もろともに滅ぼし、殺し、絶やし、かつその貨財を奪い取ることを許した。

ただしこの事をアハシュエロス王の諸州において、十二月すなわちアダルの月の十三日に、一日のうちに行うことを命じた。 この書いた物の写しを詔として各州に伝え、すべての民に公示して、ユダヤ人に、その日のために備えして、その敵にあだをかえさせようとした。王の御用馬である早馬に乗った急使は、王の命によって急がされ、せきたてられて出て行った。この詔は首都スサで出された。

モルデカイは青と白の朝服を着、大きな金の冠をいただき、紫色の細布の上着をまとって王の前から出て行った。スサの町中、声をあげて喜んだ。ユダヤ人には光と喜びと楽しみと誉があった。いずれの州でも、いずれの町でも、すべて王の命令と詔の伝達された所では、ユダヤ人は喜び楽しみ、酒宴を開いてこの日を祝日とした。そしてこの国の民のうち多くの者がユダヤ人となった。これはユダヤ人を恐れる心が彼らのうちに起ったからである。
 
十二月すなわちアダルの月の十三日、王の命令と詔の行われる時が近づいたとき、すなわちユダヤ人の敵が、ユダヤ人を打ち伏せようと望んでいたのに、かえってユダヤ人が自分たちを憎む者を打ち伏せることとなったその日に、ユダヤ人はアハシュエロス王の各州にある自分たちの町々に集まり、自分たちに害を加えようとする者を殺そうとしたが、だれもユダヤ人に逆らうことのできるものはなかった。すべての民がユダヤ人を恐れたからである。

諸州の大臣、総督、知事および王の事をつかさどる者は皆ユダヤ人を助けた。彼らはモルデカイを恐れたからである。モルデカイは王の家で大いなる者となり、その名声は各州に聞えわたった。この人モルデカイがますます勢力ある者となったからである。そこでユダヤ人はつるぎをもってすべての敵を撃って殺し、滅ぼし、自分たちを憎む者に対し心のままに行った。ユダヤ人はまた首都スサにおいても五百人を殺し、滅ぼした。またパルシャンダタ、ダルポン、アスパタ、 ポラタ、アダリヤ、アリダタ、パルマシタ、アリサイ、アリダイ、ワエザタ、すなわちハンメダタの子で、ユダヤ人の敵であるハマンの十人の子をも殺した。しかし、そのぶんどり物には手をかけなかった。」

さて、エステルが王にハマンの悪事を告げて以後、ハマンはまず自分自身の栄誉、生命を失い、次に、ハマンの家が取り上げられ、さらに、ハマンの子供たちも殺された。

「あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、 三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。」(出エジプト20:5-6)とあることを思い出そう。

 王は先に出したユダヤ人殺害の詔勅を取り消すことはしなかった代わりに、ユダヤ人が共同してこれに反撃することを許した。そのため、人々の心にユダヤ人への恐れが生じ、大規模な殺害は起きなかったが、それでも、ユダヤ人を憎み、殺害を願っていた人々はまだ残っていたと見られ、これらの人々は反撃を受けて滅ぼされることになる。

 その中で、ハマンの子供たちも殺されたところを見ると、ハマンの計画は、ハマン一人の思いつきというより、一つの思想体系を為しており、子孫らにも受け継がれていた様子が伺える。このように、悪しき思想体系が出来上がり、多くの人々の心をとらえ、ユダヤ人を憎む一大勢力を築き上げていたのである。

 このことは、村上密率いるカルト被害者救済活動が、教会を憎んだり、恨んだりする人々の心を引きつけて、一大要塞化して、教会やクリスチャンに敵対する勢力となっていたことを思わせる。一人の人間が、ある思想を体現するのである。聖書の御言葉に基づく信仰を体現する者もいれば、反キリストの思想を体現する者もいる。そしてそれらの人物が要塞化し、多くの人々を引きつけてて一大勢力となるのである。

 このように悪の要塞と化した勢力を、その巣のレベルから根絶やしにするためには、ユダヤ人たちは、ハマンの残党を駆逐し、敵の牙城を襲撃することがぜひとも必要だったのである。

「その日、首都スサで殺された者の数が王に報告されると、 王は王妃エステルに言った、「ユダヤ人は首都スサで五百人を殺し、またハマンの十人の子を殺した。王のその他の諸州ではどんなに彼らは殺したことであろう。さてあなたの求めることは何か。必ず聞かれる。更にあなたの願いは何か。必ず聞きとどけられる」。

エステルは言った、「もし王がよしとされるならば、どうぞスサにいるユダヤ人にあすも、きょうの詔のように行うことをゆるしてください。かつハマンの十人の子を木に掛けさせてください」。 王はそうせよと命じたので、スサにおいて詔が出て、ハマンの十人の子は木に掛けられた。 アダルの月の十四日にまたスサにいるユダヤ人が集まり、スサで三百人を殺した。しかし、そのぶんどり物には手をかけなかった。

王の諸州にいる他のユダヤ人もまた集まって、自分たちの生命を保護し、その敵に勝って平安を得、自分たちを憎む者七万五千人を殺した。しかし、そのぶんどり物には手をかけなかった。 これはアダルの月の十三日であって、その十四日に休んで、その日を酒宴と喜びの日とした。 しかしスサにいるユダヤ人は十三日と十四日に集まり、十五日に休んで、その日を酒宴と喜びの日とした。 それゆえ村々のユダヤ人すなわち城壁のない町々に住む者はアダルの月の十四日を喜びの日、酒宴の日、祝日とし、互に食べ物を贈る日とした。

モルデカイはこれらのことを書きしるしてアハシュエロス王の諸州にいるすべてのユダヤ人に、近い者にも遠い者にも書を送り、アダルの月の十四日と十五日とを年々祝うことを命じた。すなわちこの両日にユダヤ人がその敵に勝って平安を得、またこの月は彼らのために憂いから喜びに変り、悲しみから祝日に変ったので、これらを酒宴と喜びの日として、互に食べ物を贈り、貧しい者に施しをする日とせよとさとした。

そこでユダヤ人は彼らがすでに始めたように、またモルデカイが彼らに書き送ったように、行うことを約束した。 これはアガグびとハンメダタの子ハマン、すなわちすべてのユダヤ人の敵がユダヤ人を滅ぼそうとはかり、プルすなわちくじを投げて彼らを絶やし、滅ぼそうとしたが、 エステルが王の前にきたとき、王は書を送って命じ、ハマンがユダヤ人に対して企てたその悪い計画をハマンの頭上に臨ませ、彼とその子らを木に掛けさせたからである。 このゆえに、この両日をプルの名にしたがってプリムと名づけた。そしてこの書のすべての言葉により、またこの事について見たところ、自分たちの会ったところによって、 ユダヤ人は相定め、年々その書かれているところにしたがい、その定められた時にしたがって、この両日を守り、自分たちと、その子孫およびすべて自分たちにつらなる者はこれを行い続けて廃することなく、 この両日を、代々、家々、州々、町々において必ず覚えて守るべきものとし、これらのプリムの日がユダヤ人のうちに廃せられることのないようにし、またこの記念がその子孫の中に絶えることのないようにした。

さらにアビハイルの娘である王妃エステルとユダヤ人モルデカイは、権威をもってこのプリムの第二の書を書き、それを確かめた。そしてアハシュエロスの国の百二十七州にいるすべてのユダヤ人に、平和と真実の言葉をもって書を送り、断食と悲しみのことについて、ユダヤ人モルデカイと王妃エステルが、かつてユダヤ人に命じたように、またユダヤ人たちが、かつて自分たちとその子孫のために定めたように、プリムのこれらの日をその定めた時に守らせた。エステルの命令はプリムに関するこれらの事を確定した。またこれは書にしるされた。
 
アハシュエロス王はその国および海に沿った国々にみつぎを課した。彼の権力と勢力によるすべての事業、および王がモルデカイを高い地位にのぼらせた事の詳しい話はメデアとペルシャの王たちの日誌の書にしるされているではないか。ユダヤ人モルデカイはアハシュエロス王に次ぐ者となり、ユダヤ人の中にあって大いなる者となり、その多くの兄弟に喜ばれた。彼はその民の幸福を求め、すべての国民に平和を述べたからである。

こうして、ハマンの悪しき計画は、ハマン自身の頭上に返され、ハマンは恥を受けて命を失い、ハマンが根絶やしにしようとした民は喜びに溢れ、ハマンが踏みつけにしたモルデカイは、王に次ぐほどの高貴な地位を得た。ハマンの子供たちは、殺害された後で、木にかけられたのかも知れないが、「木にかけられる」とは、その者が呪われることを意味する。エステルはハマンの家系が呪われていることを神と人との前で示すためにそれを求めたのである。

エステル記におけるこのような記述を指して、「キリスト教は残酷だ」「だから一神教はダメなんだ」と述べようとする人々がいる。ハマンがユダヤ人を殺害しようとした計画は悪いにせよ、その報いとしてハマンやその残党が殺される必要が本当にあったのかと異議を唱える人々もいれば、中には「ハマンとその子たちが可哀想」などと同情論を唱える人間もいるかも知れない。

しかし、そのような考えこそ、キリスト教にはバランスが足りないなどと述べて、「人間にやさしいキリスト教」を作り出すために、聖書にはない「何か」をつけ加えて、キリスト教を異端と混ぜ合わせて混合宗教を作り出そうとする考えなのである。そこから、カルト被害者救済活動なども生まれて来たことを思うべきである。

要するに、カルト被害者救済活動とは、(彼らに言わせれば非常に残酷かつ偏った)キリスト教の救いから「除外」され、「被害」を受けた可哀想な自称被害者たちを、何とかして教会に取り戻し、救いに戻してやろう、という人間的な思いから始まる。

神の選びを自ら退け、信仰を捨て、御言葉に服することをやめ、教会の敵にまでなった人々が、神に従うことをやめた自分の弱さを憐れむがゆえに、自分は正しく、神の判決こそ間違っている、非常識なのはキリスト教だ、と考えて、キリスト教に不服を述べ、キリスト教を人間の観点から罪定めするところから、この活動は始まっている。

そのようにして、人間の掟を神の掟以上に高く掲げる人々が、神の救済の対象になることは決してない。なぜなら、彼らは自分自身の罪を決して認めず、悔い改めをも拒んでいるからである。彼らは人間(自分自身)に同情するあまり、罪の悔い改めなくして赦しもないという初歩的な聖書理解をさえ完全に見失い、自分自身の罪をあたかも聖なる要素のごとく掲げているのである。

このように聖書の救いに悪質に対抗する考えを持つ人々が、神の救済の対象となることは決してなく、彼らが聖書の御言葉を曲げ、御子の救いを拒んだ者たちとして罰せられるのは避けられない。彼らを裁くのは、彼ら自身が掟として掲げているこの世の常識であり、この世の法である。彼らは自分たちが人を裁いた基準で、自分自身が裁かれることになるのである。

エステル記は霊的な戦いの絵図であり、神の民の殺害を望むような人々には、その計画が彼ら自身に跳ね返ることをよく示している。この法則は昔も今も決して変わらない。

だから、読者らは、この先、カルト被害者救済活動の支持者らに起きることを、よくよく見てもらいたいと思うのだ。なぜなら、こうした出来事の背景には、霊的な法則が働いており、残酷なまでに冷徹で動かせない結果が現れるからだ。

カルト被害者救済活動の支持者らが、神の民の前で、己が家、家族の人数、子供たちの数、支持者の数、財産、高い職業的地位などを誇ったことが、この先、どのように呪わしい形で彼ら自身に跳ね返るか、よくよく見てもらいたいと筆者は思う。

バビロンは、花婿なるキリストが来られる前に、すでに夫を得て、富んでしまっていた女であった。いや、それは夫というより、数々の愛人と呼んだ方がふさわしい。なぜなら、結婚の約束がないのに、バビロンは愛人たちに早々に身を売ったからである。

だが、ここで言う「バビロン」とは、神に逆らう人類全体を象徴しており(カルト被害者救済活動のような反聖書的な思想体系も含まれる)、バビロンの「愛人」とは、霊的には、この世の目に見える事物を指す。バビロンは孤独や貧しさを嫌っていたがゆえに、キリストが来られるまで辛抱強く一人で待てなかった。彼女は花婿を待つことをやめて、花婿との約束をたがえて、手っ取り早く愛人に身を売り、その報酬として、女王のように豊かになり、孤独とは無縁の享楽的な生活を送った。

だが、もし彼女が、自分はキリストを待てなかったので、愛人に身を売ったのだと自ら認めていれば、彼女の罪はまだ軽かったかも知れない。バビロンの最も忌まわしい罪は、キリストへの貞潔を失っていたにも関わらず、自分はキリストの花嫁にふさわしいかのように振る舞い、真にキリストを待つ民を迫害しながら、嘘をつき続けた点にある。彼女は、自分の心のねじ曲がっており、不誠実で、嘘つきであることをよく知っていたので、自分の心の醜さを隠すために、貞潔にキリストだけを待っている聖徒らを蔑み、聖徒らに罪を着せて悪しざまに言い、自分の高い地位、財産、愛人や取り巻きの数、子供の人数などを誇りながら、自分だけは苦しみや災いに遭わなくて済むと豪語して、聖徒らが御名のゆえに味わっている孤独や貧しさや苦難を蔑み、エクレシアを踏みつけにして嘲笑ったのである。

その結果として、神はバビロンにしたたかに復讐された。バビロンの罪の中には、エクレシアへの蔑みや嘲笑、冒涜の罪も、当然ながら含まれている。バビロンに対する報復は、聖書において決定済みの事項であるから、誰にも覆せない。彼女が人前で誇った数々の宝が、どのように一つ一つ、彼女から奪い取られ、消え去って行くかを見る時、バビロンが聖徒らの苦難を嘲笑うことの罪深さを、誰もが思い知ることができるだろう。

律法によってはだれも神の御前で義とされないことは、明らかです。なぜなら、「正しい者は信仰によって生きる」からです。

 律法は、信仰をよりどころにしていません。
律法の定めを果たす者は、その定めによって生きる」のです。

キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。「木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからですそれは、アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためであり、また、わたしたちが、約束された”霊”を信仰によって受けるためでした。」(ガラテヤ3:11-14)

このように、私たちは律法(人間の掟)によって生きる者ではなく、信仰によって生きる義人である。そして、私たちのためには、すでに呪いとなった木にかかって下さった方がいる以上、私たちを呪うことのできる存在は誰一人としていない。神の御怒りと裁きは、かえって神の子供たちを呪い、冒涜する者たちに注がれる。

カルト被害者救済活動の支持者らは、聖書の御言葉を曲げた自分たちに、当然の裁きと報復が待っているという事実を見たくないがゆえに、聖徒らの証の言葉に猛反発しているだけである。しかし、彼らが何を言ってみたところで、決定は変わらない。彼らへの裁きがどうなるかは初めから確定している。なぜなら、律法によっては義とされる人は誰もいないからだ。彼らは自分たちが聖徒らを裁こうとして振りかざした厳しい基準で、自分自身が裁かれて終わるだけである。
 
ハレルヤ。
 救いと栄光と力とは、わたしたちの神のもの。
 その裁きは真実で正しいからである。
 みだらな行いで
 地上を堕落させたあの大淫婦を裁き、
 御自分の僕たちの流した血の復讐を、
 彼女になさったからである。

 「ハレルヤ。
 大淫婦が焼かれる煙は、世々限りなく立ち上る。」(黙示19:1-3)


神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に値することであろう。(1)

これから、色々と書かなければならないことが山積みである。まずはエステル記からだ。

今回、筆者は9年間という長きに渡り、当ブログにおける信仰告白の殲滅を願って筆者を脅しつけ、筆者を貶め、辱めようと悪意を持ってつけ狙い、筆者の人生の平穏を残酷に奪って来た者たちに対して、ついに法的措置に出た。

それによって、当ブログへの評価を高め、筆者の信仰者としての立場に賛同し、全力を挙げてこれを支援する読者も出て来れば、あるいは当ブログへの理解を失い、あるいは恐れて去って行く読者も出て来るだろう。

そのようなことはすべて予測済みである。そもそもカルト被害者救済活動がこれほど腐敗した運動であり、聖徒らに対する敵意と憎悪に燃えていることが、これほど公衆の面前で明らかになるまでには、相当な月日が必要であり、そうなるまでの間、当ブログの意見に理解を示さない者たちは数多く存在した。

だが、筆者は当ブログを読者の歓心を得るために書いているわけではない、と何度も断っている。だから、この事件を人々がどのように受け止めるかにはあまり関心がない。

重要なことは、キリスト者が暗闇の勢力に対峙するに当たり、どのように神の国の権益に立ってこれを擁護する決意を固めて行くかという信仰の成長にある。筆者自身が、以上のような決意に至るまでに、長い長い年月が流れている。その間に筆者が和解を呼びかけた回数も、一度や二度でないことは誰もが知っている。

どのような罪人に対してであれ、憐れみを唱えようとする人間の肉なる情が、筆者には分からないわけではない。しかし、今回は決してそうした肉の情に従うわけには行かない。むしろ、キリストと共なる十字架において、セルフに死んだ者として、筆者はすべての肉の情をきっぱりと断ち切り、御言葉によってすべてを明白に切り分けるレビ人の剣を手に取り、神の国の権益を擁護する者として、神の教会に敵対し、これを冒涜しようとする者たちに、あらゆる正当な手段を尽くして毅然と立ち向かう。そうすることこそ、まさに神の願っておられる、御言葉に基づく正しい行動なのであると確信する。従って、筆者はアダムに属する者でない以上、アダムを擁護することはできない相談である。

だが、むろん、筆者自身にとっても、その教訓を学ぶことは、一朝一夕でなかったことは言っておかねばならない。

多くの人々が、生まれながらの人間の情ゆえに、カルト被害者救済活動に理解や憐憫を示し、それゆえ、次々と彼らに敗北して行った。彼らはクリスチャンを名乗りながらも、聖書の御言葉よりも、人間としての情愛を優先し、人間が恥をかかされないことを優先して、罪が罪として暴かれ、悪者が悪者として罰せられることを嫌ったのである。

しかし、彼らが罰せられなければならないことは、何年も前からすでに決定済みであったと言える。

そのことは、筆者がかつて「罪と罰――カルト被害者救済活動はなぜ聖書に反するのか ――ブログ「随想 吉祥寺の森から」の著者 杉本徳久氏による多くのクリスチャンに対する聖書と法に基づかない虚偽の告発と カルト被害者救済活動が持つ反聖書的な意義についての考察――」の中で、以下のように記した通りである。

要するに、カルト被害者救済活動を支持する人々は、キリストの贖いではなく、自分自身の虐げられた被害者性を持って、自分を教会の一員として認めよと、教会に迫っているのである。それは罪ある人間が、自分は弱者であるがゆえに、悔い改めも、キリストの贖いも経ないのに、罪を免罪されて聖とされるべきと言っているに等しいのであるから、そのようなねじ曲がった考えは、悪質に福音に敵対するものとして、到底、聖書の神によって受け入れられる見込みがない。
 
 「生まれながらの人間は、何とかして肉の罪深い本質が暴かれることなく、自分の罪が照らされることなく、義に達する道がないかと模索しています。生まれながらの人間の心の中には、自分のものであれ、他人のものであれ、人間の罪を決してあるがままの罪として暴かれたくない・見たくない・認めたくないという思いがあります。他人の罪が暴かれることも、自分の罪が暴かれることも同じように、生まれながらの人間にとっては脅威になり得ます。人間は人間を良いものとみなし、人間に恥をかかせたくないのです。だからこそ、人は自分が間違いを犯したことが明白である時でさえ、悪いのはその人を苦しめた環境であって、その人(弱者)自身に罪はないと思いたいのであり、そう言ってくれる他者に飛びつきたいのです。しかし、それは神の事実に基づいた結論ではありません。

神は私たちのあるがままの姿がどんなものであるか知っておられます。弱者であろうと、虐げられた貧しき人々であろうと、抑圧された者たちであろうと、一人残らず、神の御前には惨めな罪人に過ぎません。しかし、光の下に正直に進み出たくない人々は、自分の裸の恥を神の御前で隠し、自己の罪を美化しようとするだけでなく、他者の罪が暴かれることに対しても、激しく抵抗することがあります。そして、罪を罪としてはっきり指摘し、神に立ち戻るよう忠告する人をいわれなく罪定めして退け、逆に、罪を隠蔽し、かばうことを、思いやりや、憐れみや、優しさなどと呼びかえ、悔い改めに導かれる必要のある他者に向かって「あなたは正しいので、悔い改めなど必要ない」とささやき、その人をさらに神から遠く引き離してしまうのです。

 「バラバを十字架につけるな、キリストを十字架につけよ!」という叫びの根底には、何とかして人間に十字架を経由させることなく、人が罪を認めることも、悔い改めることもなくして、人間が傷ついたり、恥じ入ったり、名誉を失うことなくして、尊厳を保ったまま無罪放免される方法がないのかという、人の生まれながらの自己の叫びがあります。

 <略>”弱者”であるから、”被害者”であるから、”虐げられた貧しき人々”だからといって、その人たちに義があるわけではないのです。全ての人が神の御前に生まれながらに罪人なのです。それにも関わらず、”弱者”の美名を利用して、人が自己の内にある罪の本質から目を逸らし、己の内にまるで正義があるかのように思い込み、実際にそう主張していく時、それはいかに人の目には崇高な理念のように見えたとしても、人が神の義を退けてでも、生まれながらの人間を義としようとする、巧妙で悪質な神への反逆になるのです。

<略>   クリスチャンが正直に罪を罪と呼ぶことをやめ、罪人がキリストと共に十字架へ赴く必要を否定して、むしろ、罪人に対する神の刑罰としての十字架を退けて、罪人に対する直接的な”愛”や”憐れみ”や”赦し”や”慰め”の必要を訴えていくとき、それは私たちが再び、バラバを赦してキリストを十字架につけよと叫んでいるのと同じなのです。<略>

「もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちのうちにない。」(Ⅰヨハネ1:8) 「光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛した」(ヨハネ3:19)

「悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。」(ヨハネ3:20-21)

 最後に、クリスチャンを名乗っているにも関わらず、主が血潮によって罪赦されたクリスチャンをいわれなくそしり、聖書の御言葉を曲げてでも、教会とクリスチャンを踏みにじり、数々の汚しごとを言い、キリストの花嫁である教会を争いによって引き裂き、虚偽に満ちた議論を展開しては、多くの人々を欺いてキリストの御名を貶めて来た人々が、この先、どうなるかは聖書が予告している通りです

「…この人々は自分が知りもしないことをそしり、また、分別のない動物のように、ただ本能的な知識にあやまられて、自らの滅亡を招いている。」(ユダ10)

彼らが滅びるのは、自分らの救となるべき真理に対する愛を受けいれなかった報いである。そこで神は、彼らが偽りを信じるように、迷わす力を送り、こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた全ての人を、さばくのである」(Ⅱテサロニケ2:10-12)

もしわたしたちが、真理の知識を受けたのちにもなお、ことさらに罪を犯しつづけるなら、罪のためのいけにえは、もはやあり得ない。ただ、さばきと、逆らう者たちを焼きつくす激しい火とを、恐れつつ待つことだけがある。モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に値することであろう。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』と言われ、「また『主はその民をさばかれる』と言われたかたを、わたしたちは知っている。生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである。」(ヘブル10:28-31)

 以上の記事を書いた時点では、筆者はまだカルト被害者救済活動の支持者らがどのような形で罰せられることになるのかを具体的に知らなかった。その中で自分がどのような役割を果たすのか、また、そのために必要な措置が何であるかも知らなかった。

 しかし、それでも、聖書の御言葉は、その当時から、彼らの最期をはっきりと告げていたのである。それだからこそ、何年も前から、筆者は彼らの辿る結末を知っており、以上の記事を記すことができた。次の御言葉は何度でも繰り返すに値する。

「もしわたしたちが、真理の知識を受けたのちにもなお、ことさらに罪を犯しつづけるなら、罪のためのいけにえは、もはやあり得ない。ただ、さばきと、逆らう者たちを焼きつくす激しい火とを、恐れつつ待つことだけがある。モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に値することであろう。」

 以上の御言葉こそ、筆者が今回のような措置を取るに当たり、依って立っている根拠である。これまで筆者は、彼らのいわれなき告発に対して、キリストの義に立って、防戦するのみであった。しかし、今ここに筆者は彼らとの関係性を逆転して、反撃に転ずる――聖書の御言葉に基づき、彼らの処罰を求めるという積極的な反撃を開始するのである。

 カルト被害者救済活動の支持者らが、クリスチャンを罪に定めて処罰することを望んでいたことを思い出されたい。彼らは筆者を含む、神が贖われて義とされたクリスチャンや教会をまるで犯罪者のごとく処罰しようと望んでいたのである。

 だとすれば、なぜ筆者を含むクリスチャンの側だけが、いつまでも彼らに対する憐れみを持ち続けねばならないのか。いや、むしろ、彼らが望んだ悪しき願いは、そっくりそのまま、彼ら自身の上に注ぎ返すべきではないのか。

 カルト被害者救済活動の支持者らがクリスチャンを罪に定め、処罰を求めるなど、完全に筋違いであり、まさに倒錯した願いであると言える。むしろ、実際は、神に贖われて義とされたクリスチャンこそ、彼らに対する処罰を求めるにまことにふさわしい存在なのである。暗闇の勢力はおそらくそれを最初から分かっていればこそ、自分たちの生き残りをかけて、無防備で無自覚なクリスチャンに先手を打って戦いをしかけたのだろう。
 
 これから先、この戦いがどうなるのかは、筆者自身にとっても非常な関心がある。なぜなら、そこには筆者個人の人生が関わっているだけでなく、聖書の真理、神の御言葉の永遠の正しさがかかっているためである。従って、この先は、筆者の肉の努力や個人的な思惑によらず、神ご自身が御言葉の正しさを証明されるための手続きなのであって、神ご自身が対応されることであろう。

 さて、今回と次の記事の中で、クリスチャンが誰でも知っているエステル記(第3章~第8章)の有名な物語を引用しながら考察してみたい。

「これらの事の後、アハシュエロス王はアガグびとハンメダタの子ハマンを重んじ、これを昇進させて、自分と共にいるすべての大臣たちの上にその席を定めさせた。 王の門の内にいる王の侍臣たちは皆ひざまずいてハマンに敬礼した。これは王が彼についてこうすることを命じたからである。

しかしモルデカイはひざまずかず、また敬礼しなかった。 そこで王の門にいる王の侍臣たちはモルデカイにむかって、「あなたはどうして王の命令にそむくのか」と言った。 彼らは毎日モルデカイにこう言うけれども聞きいれなかったので、その事がゆるされるかどうかを見ようと、これをハマンに告げた。なぜならモルデカイはすでに自分のユダヤ人であることを彼らに語ったからである。

ハマンはモルデカイのひざまずかず、また自分に敬礼しないのを見て怒りに満たされたが、 ただモルデカイだけを殺すことを潔しとしなかった。彼らがモルデカイの属する民をハマンに知らせたので、ハマンはアハシュエロスの国のうちにいるすべてのユダヤ人、すなわちモルデカイの属する民をことごとく滅ぼそうと図った。


 王に引き立てられて得意になった大臣ハマンが、ユダヤ人全体に対して敵意と憎悪を抱いた直接のきっかけは、ユダヤ人モルデカイがハマンの前にひざまずかず、ハマンを神として崇めなかったことによる。ハマンは王に仕える臣下であったとはいえ、内心では、自分を王に等しい存在であるとみなして、王の代弁者のように振る舞っていた。(自分を王と思っていたと言っても過言ではないだろう。)
 
 カルト被害者救済活動の支持者らがどういうきっかけでキリスト教界全体に敵意と憎悪を抱くようになったのかは知らない。しかし、彼らが筆者個人に対して憎悪を抱いた直接のきっかけは、筆者がアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団時代に津村昭二郎牧師の前にひざまずかず、村上密牧師の前にひざまずかず、KFCのDr.Lukeの前にもひざまずかず、ゴットホルト・ベック氏の前にもひざまずかず、彼ら牧師や指導者を名乗っている人間をことごとく神として崇めなかったことによる。

 要するに、筆者が牧師制度そのものの前にひれ伏さず、人間に過ぎない者を神として拝んだり、彼らを神のような絶対者とみなして聞き従うことを拒んだことによる。それゆえ、彼らは筆者を不遜な人間とみなし、筆者のために自分が恥をかかされたかのように考え、筆者を憎んだだけでなく、辱め、殺そうとまで願ったのである。(この人々の迫害の執拗さを見れば、彼らが筆者に対する憎悪のみならず殺意をも持っていたことは明白である。)

 聖書にはダニエル等、モルデカイと同じように、人間に過ぎない者を拝まなかったがゆえに迫害された人物は他にも登場する。しかし、彼らはことごとく迫害に対する勝利をおさめている。また、サムエルのように、腐敗した祭司エリのもとで幼少期を過ごしながらも、その腐敗に決して染まらなかった人物もいる。

 このように、神の民がどんなに腐敗する時にも、神はその民の中から、必ずご自分に忠実な人々をとりわけ、神の民全体を正すための準備を整えさせる。信仰に基づいて、見えないただお一人の神だけを神とするのか、それとも、目に見えるもろもろの被造物(人間を含む)を神として拝み、悪魔に魂を売るのか、それはキリスト者が生きている限り、直面し続ける戦いである。
 
アハシュエロス王の第十二年の正月すなわちニサンの月に、ハマンの前で、十二月すなわちアダルの月まで、一日一日のため、一月一月のために、プルすなわちくじを投げさせた。 そしてハマンはアハシュエロス王に言った、「お国の各州にいる諸民のうちに、散らされて、別れ別れになっている一つの民がいます。その法律は他のすべての民のものと異なり、また彼らは王の法律を守りません。それゆえ彼らを許しておくことは王のためになりません。 もし王がよしとされるならば、彼らを滅ぼせと詔をお書きください。そうすればわたしは王の事をつかさどる者たちの手に銀一万タラントを量りわたして、王の金庫に入れさせましょう」。 そこで王は手から指輪をはずし、アガグびとハンメダタの子で、ユダヤ人の敵であるハマンにわたした。 そして王はハマンに言った、「その銀はあなたに与える。その民もまたあなたに与えるから、よいと思うようにしなさい」。」

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団は理念が歪んでいるだけでなく、そこから登場する聖職者を名乗る人物も、あまりにも異常で偏っていたと言えよう。村上密は早くからカルト監視機構の設立を提唱し、全キリスト教界を自分自身の監督下に置くことを提唱していた。カトリック教会には統一的なヒエラルキーがあるが、プロテスタントにはそれがない。それゆえ、プロテスタントの教会は、「散らされて、別れ別れになっている」も同然の民であり、これを統一的に管理する規則はない。そこに村上は目を付けたのである。カルト被害者救済活動の支持者らは、プロテスタントの各教会が、誰も手を出せない聖域のようになっていることを許し難いと考え、これを彼らの監視下に置くか、もしくは彼らの支配に屈さない教会は、打ち滅ぼしてしまおうと考えたのである。彼らは諸教会に裁判をしかけることで、教会財産を略奪することをも初めから狙っていた。

「そこで正月の十三日に王の書記官が召し集められ、王の総督、各州の知事および諸民のつかさたちにハマンが命じたことをことごとく書きしるした。すなわち各州に送るものにはその文字を用い、諸民に送るものにはその言語を用い、おのおのアハシュエロス王の名をもってそれを書き、王の指輪をもってそれに印を押した。そして急使をもってその書を王の諸州に送り、十二月すなわちアダルの月の十三日に、一日のうちにすべてのユダヤ人を、若い者、老いた者、子供、女の別なく、ことごとく滅ぼし、殺し、絶やし、かつその貨財を奪い取れと命じた。 この文書の写しを詔として各州に伝え、すべての民に公示して、その日のために備えさせようとした。 急使は王の命令により急いで出ていった。この詔は首都スサで発布された。時に王とハマンは座して酒を飲んでいたが、スサの都はあわて惑った。」

カルト監視機構は設立されなかった。にも関わらず、村上密は自分の願いを諦めなかった。村上に従った多くの人々が、密偵のようになって各教会を監視し、その情報を偽って指導者に密告した。村上は被害者を募って、諸教会にカルト化の疑いをかけ、それを口実に、教会に対する攻撃としての裁判をしかけ、リーダーを辱めて追放し、信徒を追い散らし、教会財産を賠償金という名目で奪い取った。

モルデカイはすべてこのなされたことを知ったとき、その衣を裂き、荒布をまとい、灰をかぶり、町の中へ行って大声をあげ、激しく叫んで、王の門の入口まで行った。荒布をまとっては王の門の内にはいることができないからである。すべて王の命令と詔をうけ取った各州ではユダヤ人のうちに大いなる悲しみがあり、断食、嘆き、叫びが起り、また荒布をまとい、灰の上に座する者が多かった。」

多くの牧師たち、信徒たち、教会が村上の手法に異議を唱えた。しかし、村上は自分の手先となった信徒たちを巧妙に利用して、自分の活動を批判する者たちを脅しつけ、反対をことごとく封じ込めて行った。

「エステルの侍女たちおよび侍従たちがきて、この事を告げたので、王妃は非常に悲しみ、モルデカイに着物を贈り、それを着せて、荒布を脱がせようとしたが受けなかった。そこでエステルは王の侍従のひとりで、王が自分にはべらせたハタクを召し、モルデカイのもとへ行って、それは何事であるか、何ゆえであるかを尋ねて来るようにと命じた。ハタクは出て、王の門の前にある町の広場にいるモルデカイのもとへ行くと、モルデカイは自分の身に起ったすべての事を彼に告げ、かつハマンがユダヤ人を滅ぼすことのために王の金庫に量り入れると約束した銀の正確な額を告げた。 また彼らを滅ぼさせるために、スサで発布された詔書の写しを彼にわたし、それをエステルに見せ、かつ説きあかし、彼女が王のもとへ行ってその民のために王のあわれみを請い、王の前に願い求めるように彼女に言い伝えよと言った。


ハタクが帰ってきてモルデカイの言葉をエステルに告げたので、エステルはハタクに命じ、モルデカイに言葉を伝えさせて言った、「王の侍臣および王の諸州の民は皆、男でも女でも、すべて召されないのに内庭にはいって王のもとへ行く者は、必ず殺されなければならないという一つの法律のあることを知っています。ただし王がその者に金の笏を伸べれば生きることができるのです。しかしわたしはこの三十日の間、王のもとへ行くべき召をこうむらないのです」。 エステルの言葉をモルデカイに告げたので、 モルデカイは命じてエステルに答えさせて言った、「あなたは王宮にいるゆえ、すべてのユダヤ人と異なり、難を免れるだろうと思ってはならない。 あなたがもし、このような時に黙っているならば、ほかの所から、助けと救がユダヤ人のために起るでしょう。しかし、あなたとあなたの父の家とは滅びるでしょう。あなたがこの国に迎えられたのは、このような時のためでなかったとだれが知りましょう」。

そこでエステルは命じてモルデカイに答えさせた、「あなたは行ってスサにいるすべてのユダヤ人を集め、わたしのために断食してください。三日のあいだ夜も昼も食い飲みしてはなりません。わたしとわたしの侍女たちも同様に断食しましょう。そしてわたしは法律にそむくことですが王のもとへ行きます。わたしがもし死なねばならないのなら、死にます」。モルデカイは行って、エステルがすべて自分に命じたとおりに行った。」
 
カルト被害者救済活動の暴挙を食い止めるためには、聖書の御言葉に立っている誰かが、命をかけてこれに立ち向かう必要があった。どのような反撃を受けようとも、決して一歩も退かない覚悟で、彼らの暴虐を訴えて、これに立ち向かう勇気と決意を固める人間が現れることが、どうしても必要であった。しかも、その人間は、それができるだけの立ち位置を備えていなければならなかった。

筆者にはその条件が揃っていた。アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団で幼少期を過ごしたことも含めて、まるですべてがその準備のためのようである。だが、筆者とて、そうした決意と覚悟を固めるにはやや時間を要したことは確かであり、そして、筆者以外にはそれをすることができる人間が誰もいなかったとは思わない。もしも筆者が臆病にもその仕事を果たさなかった場合には、神はその仕事を筆者のような誰か他の人間に与えられただけである。(むろん、これから先は、もっとたくさん出て来る。)

いずれにしても、筆者は決意を固めるしかなかった。神の教会の敵どもの投げつけて来る悪罵と呪いの言葉を真に受けて、彼らの呪いの通りに、精神異常となって死ぬのか(断じてそのようなことは容認できず、またそんな結末を受け入れねばならない理由は筆者には何一つとしてない)、それとも、彼らの呪いは彼ら自身にお返しして、彼ら自身に負ってもらい、筆者は彼らの悪事を正々堂々と非難して、彼らに対する当然の処罰を求めて生きるのか。

神が筆者にどちらを願っておられるかは、明々白々であった(どうして神がキリスト者を精神異常にしたり、死へ追い込んだりすることを願われるものか)。だとすれば、神の民に対する敵意と殺戮の願いに燃える敵どもに対しては、毅然と対峙するしかない。

「三日目にエステルは王妃の服を着、王宮の内庭に入り、王の広間にむかって立った。王は王宮の玉座に座して王宮の入口にむかっていたが、 王妃エステルが庭に立っているのを見て彼女に恵みを示し、その手にある金の笏をエステルの方に伸ばしたので、エステルは進みよってその笏の頭にさわった。 王は彼女に言った、「王妃エステルよ、何を求めるのか。あなたの願いは何か。国の半ばでもあなたに与えよう」。 エステルは言った、「もし王がよしとされるならば、きょうわたしが王のために設けた酒宴に、ハマンとご一緒にお臨みください」。 そこで王は「ハマンを速く連れてきて、エステルの言うようにせよ」と言い、やがて王とハマンはエステルの設けた酒宴に臨んだ。

酒宴の時、王はエステルに言った、「あなたの求めることは何か。必ず聞かれる。あなたの願いは何か。国の半ばでも聞きとどけられる」。 エステルは答えて言った、「わたしの求め、わたしの願いはこれです。 もしわたしが王の目の前に恵みを得、また王がもしわたしの求めを許し、わたしの願いを聞きとどけるのをよしとされるならば、ハマンとご一緒に、あすまた、わたしが設けようとする酒宴に、お臨みください。わたしはあす王のお言葉どおりにいたしましょう」。


こうしてハマンはその日、心に喜び楽しんで出てきたが、ハマンはモルデカイが王の門にいて、自分にむかって立ちあがりもせず、また身動きもしないのを見たので、モルデカイに対し怒りに満たされた。 しかしハマンは耐え忍んで家に帰り、人をやってその友だちおよび妻ゼレシを呼んでこさせ、 そしてハマンはその富の栄華と、そのむすこたちの多いことと、すべて王が自分を重んじられたこと、また王の大臣および侍臣たちにまさって自分を昇進させられたことを彼らに語った。 ハマンはまた言った、「王妃エステルは酒宴を設けたが、わたしのほかはだれも王と共にこれに臨ませなかった。あすもまたわたしは王と共に王妃に招かれている。 しかしユダヤ人モルデカイが王の門に座しているのを見る間は、これらの事もわたしには楽しくない」。

その時、妻ゼレシとすべての友は彼に言った、「高さ五十キュビトの木を立てさせ、あすの朝、モルデカイをその上に掛けるように王に申し上げなさい。そして王と一緒に楽しんでその酒宴においでなさい」。ハマンはこの事をよしとして、その木を立てさせた。」

エステル記に登場する王は、まるで中立的な裁判官のようで、王自身のキャラクターはかなり薄いと言える。どちらかと言えば、登場人物の方がはるかに個性的で、それぞれの意見をはっきり持っており、彼らの進言する内容が王に大きな影響を及ぼす。

これは王が象徴的に神を表していることによる。今日、聖徒らも、悪魔と暗闇の軍勢も、みな同様に神の御前に立って、それぞれの意見を述べているのである。我々は地上にいる間は、目に見える人間を相手にしているつもりになっているかも知れないが、我々のすべての言葉は、神に対する訴えとして聞かれているのである。

すなわち、暗闇の勢力は、聖徒らに対する敵意と憎悪と罪定めの言葉を、聖徒らは暗闇の勢力の悪事と彼らに対する処罰を、神に向かって訴えている。そして、ご存知の通り、ハマンが自分を拝まないモルデカイを憎んで殺すために、自分の家の庭に作った処刑台は、ハマン自身のための処刑台となる。

これは、暗闇の勢力が聖徒らに害を加えようと願ったその願いが、彼ら自身に跳ね返ることを意味する。もちろん、ハマンがモルデカイを木にかけて殺そうと願ったことは、キリストの十字架の予表でもある。だが、キリストは十字架において最後の敵である死を滅ぼし、ご自分に対する殺意を表明する勢力に完全に勝利を取られた。そこで、これから処罰されるのは、悪魔と暗闇の勢力なのである。

「その夜、王は眠ることができなかったので、命じて日々の事をしるした記録の書を持ってこさせ、王の前で読ませたが、 その中に、モルデカイがかつて王の侍従で、王のへやの戸を守る者のうちのビグタナとテレシのふたりが、アハシュエロス王を殺そうとねらっていることを告げた、としるされているのを見いだした。 そこで王は言った、「この事のために、どんな栄誉と爵位をモルデカイに与えたか」。王に仕える侍臣たちは言った、「何も彼に与えていません」。

王は言った、「庭にいるのはだれか」。この時ハマンはモルデカイのために設けた木にモルデカイを掛けることを王に申し上げようと王宮の外庭にはいってきていた。 王の侍臣たちが「ハマンが庭に立っています」と王に言ったので、王は「ここへ、はいらせよ」と言った。 やがてハマンがはいって来ると王は言った、「王が栄誉を与えようと思う人にはどうしたらよかろうか」。ハマンは心のうちに言った、「王はわたし以外にだれに栄誉を与えようと思われるだろうか」。

ハマンは王に言った、「王が栄誉を与えようと思われる人のためには、 王の着られた衣服を持ってこさせ、また王の乗られた馬、すなわちその頭に王冠をいただいた馬をひいてこさせ、 その衣服と馬とを王の最も尊い大臣のひとりの手にわたして、王が栄誉を与えようと思われる人にその衣服を着させ、またその人を馬に乗せ、町の広場を導いて通らせ、『王が栄誉を与えようと思う人にはこうするのだ』とその前に呼ばわらせなさい」。

それで王はハマンに言った、「急いであなたが言ったように、その衣服と馬とを取り寄せ、王の門に座しているユダヤ人モルデカイにそうしなさい。あなたが言ったことを一つも欠いてはならない」。 そこでハマンは衣服と馬とを取り寄せ、モルデカイにその衣服を着せ、彼を馬に乗せて町の広場を通らせ、その前に呼ばわって、「王が栄誉を与えようと思う人にはこうするのだ」と言った。
こうしてモルデカイは王の門に帰ってきたが、ハマンは憂え悩み、頭をおおって急いで家に帰った。 そしてハマンは自分の身に起った事をことごとくその妻ゼレシと友だちに告げた。するとその知者たちおよび妻ゼレシは彼に言った、「あのモルデカイ、すなわちあなたがその人の前に敗れ始めた者が、もしユダヤ人の子孫であるならば、あなたは彼に勝つことはできない。必ず彼の前に敗れるでしょう」。
彼らがなおハマンと話している時、王の侍従たちがきてハマンを促し、エステルが設けた酒宴に臨ませた。」

不思議なことに、ハマンの取り巻き連中の中には、かなり賢明な判断をする者たちが含まれていたようだ。ハマンの妻でさえそうである。彼らはユダヤ人に不思議な力があって、それ以外の全ての民にまさる力があることを知っていた。そして、王がモルデカイの功績を思い出し、彼を取り立てたことが、ハマンの敗北の始まりであることをも、彼らはちゃんと理解していたのである。

次回は、いよいよモルデカイを殺そうと願ったハマンが辱められ、木に吊るされる場面について解説したい。だが、その記事を挙げる前に、筆者は断っておきたい。カルト被害者救済活動の支持者はもはや完全にこの分岐点を過ぎているため、彼らに残されているのは、ただ「木にかけられる」ことだけであると。
 
<続く>

十字架の死と復活の原則―神の教会とクリスチャンを冒涜し、呪う偽預言者らを待ち受ける地獄の永遠の厳しい裁き―

毎年、冬の寒さを乗り越えるのはひと苦労だが、ようやく暖かくなり、五月のような気温の日が続いている。 今年はただ春が来たということが嬉しいだけではない。巨大なミッションが一つ達成されたことで、霊的に大きな解放感がある。

先週、長年に渡り、当ブログに嫌がらせをしかけ、誹謗中傷を続けて来たS氏が共犯者と共に刑事告訴された。この人物ができもしない刑事告訴を当ブログに向かって予告してから、それが不成立に終わる結果が出るまでの間に、1年近い月日が流れたことを思えば、今回、警察の対応は、筆者の目から見れば、まるでスローモーションのようであったとはいえ、それでも通常に比べれば、まだスピード感のある対応だったと言える。

筆者は警察組織がどんなところか知っているため、そこでは、聖書に登場する裁判官とやもめのたとえ話を実地で貫き通す覚悟がなければ何も進まないことが分かっている。

S氏にはここ連日、警察から人権侵害の記事を取り下げ、ブログを閉鎖するよう説得が続けられていた。にも関わらず、同氏はこれを拒否する意志表示を明白に示したのであった。

これによって、S氏への説得が終了するのみならず、情状酌量の余地も激減することになる。ちゃんとした弁護士がついていれば、刑事事件になっているにも関わらず、そんな愚かな行動に出るようにとの助言は絶対にしなかっただろう。せっかくこれから弁護しようとしている人間が、罪を軽くする機会を自ら失うような行動に及ぶことを、弁護士が助長するはずがないからだ。

一旦、事件になってしまうと、その後の手続きの流れを止めるのは非常に難しく、あらゆる証拠や証人をかき集めても、エスカレータのように手続きは進んで行く。

それでも、被害者感情を考慮して、罪を認めて謝罪するのは早ければ早いほど、情状酌量の余地が働く。罪を認めている人間を、周囲も強く責めることはできないからだ。(それはキリスト者が悔い改めて神に立ち返る時も同じである。神は悔い改めた人間を決して再び責めはしない。)

しかし、罪を認めなければ、証拠により追い詰められ、本人がどんどん不利になって行くだけなのだ。人に迷惑をかけても、法を犯しても、反省のない悪い人間だという印象が重なり、ついには誰一人、その言い分に耳を傾けなくなるだけである。

おそらく、S氏にとって最も大切なのは、自分の人生の行く末ではなく、一刻でも長くクリスチャンを害する情報を発信し続けることと、自分が訴えられている事実が周囲に知れ渡らないための工作だったのであろう。

だが、クリスチャンに対する害意が明白である以上、神はこれにきっちり応答される。ここ1~2ヶ月の間に、何が起きるかに、ますます注目されたい。果たして、S氏の呪いに効力があるのか、それとも、筆者の主張する神の完全な義認が効力を発するのか、その事実は公然と証明されるため、よくよく注目されたい。

前の記事でも書いたが、筆者のためには、すでに木にかかってすべての呪いを背負って下さった方がおられる以上、誰も地上に筆者を呪うことのできる存在はおらず、筆者が悪魔と暗闇の勢力の悪意をいわれなく身に背負わされる筋合いも全くないのである。

だが、こうした事件が起きるまでもなく、S氏のブログ記事はすでに完全に世間からの信用を失い、内容を信じる人もほとんどいなくなっている。クリスチャンの世間でそうなのだから、ましてや、不信者の世間ではずっと前からそうである。S氏の最後の取り巻きが、共犯者として告訴された以上、この悪党グループに加わる人間はもういない。

さて、ソーシャルワーカーの職務内容には、事故やけがや病気で仕事を失ったり、精神疾患に陥った人々などの社会的弱者の社会復帰を助けることも含まれている。そのために自治体などでも社会福祉士が雇用されている。

筆者は精神異常などでは少しもないが、もし誰かが精神疾患に陥っていたとして、社会福祉士である者が、その者の病気を取り上げてあざ笑ったり、そういう人々の就労困難などの社会への適応困難な状況をあげつらって、これを公の場所で嘲笑するような趣旨の記事を書くことは、断じて考えられない行為であり、社会福祉士の信用をいたく傷つけるものでしかない。

そんなことをするソーシャルワーカーに、自ら弱さを打ち明けて助けを求める社会的弱者は一人もいないであろう。そしてそのような行為を隠れたところでやっていたと分かれば、職場もクビになり、国家資格を剥奪されるという結果に終わるだけである。

そもそも誹謗中傷の記事内容などを信じるのは、人格低劣な人々だけであるから、そのような人々がどんな反応をしたとしても、筆者は意に介さない。だが、こうして彼らの内面にある悪意が、極みまではっきりと証明されたことは、むしろ、喜ばしいことだったと考えている。

今や、カルト被害者救済活動の「師匠」である村上密氏さえ、記事の削除に応じざるを得ない上状況となっている中で、弟子はそれを拒んでいるのだから、これは師匠よりももっとたちの悪いゲヘナの子だ。利用されただけという言い分は成り立たない。弁護の余地などどこにもありはしない。

村上密氏は以下に述べるように、ブログ記事の中で、未だに教会に損害賠償請求をふっかける機会を伺っている様子を記しているが、実際には、その村上氏こそ、信徒への守秘義務違反、個人情報の漏洩、パワハラ、プライバシーの侵害などで損害賠償請求を受けるにふさわしい存在だ。

なぜなら、村上氏は、筆者が2008年に宗教トラブル相談センターに個人的な相談のために訪れた際に知り得た筆者の個人情報を、歪曲しながら虚偽を言いふらし、筆者を中傷する記事を長年に渡り、公表して来ただけでなく、S氏にも筆者の個人情報を提供して、S氏が筆者をブログで誹謗中傷することを幇助した疑いが強く持たれるためだ。

S氏は筆者と面識がないため、筆者の個人情報を単独で入手できる立場にはない。そして、S氏に情報提供を行った人物は、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の関係者以外にはあり得ないが、村上密氏以外には、そのようなことができる人物がいないことも、明白なのである。

たとえば、筆者の両親はアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の信徒などではないが、S氏は筆者の両親がアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の教会に通っていたかのような虚偽を言いふらしている。

だが、実際には、筆者の母はずっと他教団の信徒であり続けたがゆえに、アッセンブリー教会に正会員として所属したことがなく、さらに、父はクリスチャンでないため、教会に通った事実そのものがない。こうしたことは、当時の教会を知る関係者ならば、決して間違うはずのない事実である。

ところが、S氏は筆者の両親がアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の教会にそろって共に通っていたなどと、ありもしない大嘘をついてデタラメを書き記している。こうして、自分が見たことも、聞いたこともない事柄について、不確かな伝聞だけを頼りに、まことしやかに虚偽を書き記すのが、村上密氏およびS氏の常套手段である。

しかし、こんな大嘘も、S氏が一人で考え出せるものではなく、村上氏の(いつものような強烈な)思い込みがなければ、決して生じ得ない思い違いであると言える。

なぜなら、2008年、筆者は村上氏の率いる宗教トラブル相談センターを訪れていた頃、村上氏の勧めもあって(被害者の多くから名ばかりと批判されている)「カウンセリング」の一環として、「家族カウンセリング」のために、一度だけ両親を呼んで、村上氏と面会させたことがあるためだ。その時に、村上氏が筆者に送って来たメールも残っている。

その当時、村上氏は筆者の両親がそろって教会を訪れた姿だけを見て、筆者の父には信仰がないという事実をよく確かめもせず、筆者の両親がともにクリスチャンであって、それ以前にも共に教会に通っていたのだろうと早合点をしたものと見られる。

少なくとも、当時のその教会の信徒たちは、教会でほぼ一度も父の姿を見かけたことがなかったのだから、決して筆者の両親がクリスチャンであるなどという誤解をするはずがない。津村昭二郎牧師でさえ、筆者の父がクリスチャンでないことや、教会に通った事実が全くなく、いかなる伝道集会にも参加していない事実を見失うとは考えられない。村上氏が一度でも津村氏に事情を確かめていれば、こうした思い違いも生まれなかったはずだ。

だが、村上氏もS氏も、事実関係の裏付けを全く取らずに、不確かな伝聞だけを頼りに、自分の思い込みだけで筆を進める。そうした虚偽情報が満載された結果として、彼らの言い分にはますます信憑性がなくなって、誰も見向きもしなくなっていくことを考えもしないのである。

この他にも、津村氏の不祥事事件が発生してから数年後、筆者の一家は遠方の地に移り住んだため、当時の教会の信徒らは、筆者の両親がその後、どこに住んで何をしているかといった情報を知り得る立場にはない。

そこで、S氏が以上のようなデマを書き記すためには、以下の条件が必要となるが、その条件をすべて満たしている人間は、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の中に、村上密以外には誰一人としていないのだ。

➀当時のN教会の関係者であること
②筆者の両親がどこかの教会の集会にそろって訪れたところを目撃していること(N教会の信者は誰もそんな場面を見たことがない)
③筆者の両親が引越して後、どこに住み、何を営んでいるかを知っていること(N教会の信徒はその事実を知らない)
④S氏が筆者に対する悪意を持って当ブログへの誹謗中傷の機会を伺っていることを十分に知りながら、それでもS氏に誹謗中傷の材料となる筆者の個人情報をあえて提供するような卑しい心根の持ち主であること(そんなことをする信徒はN教会はおろか、どんな教会にも一人もいない)

村上密氏が、自らのブログで、S氏よりも前から、筆者および当ブログを卑しめる記事を発表していたことは周知の事実であり、その点で、村上氏は以上の➀~③のみならず、④の行為に及ぶ動機をも十分に満たしていたと言える。

また、村上氏が、筆者のみならず、どれほど大勢の同僚の牧師や信徒の個人情報を悪用しながら、自らのブログで、論敵となった牧師や信徒を誹謗中傷する材料にして来たかを考えれば、あえて筆者が以上のような論証をせずとも、村上氏が以上の行動に及ぶような精神を持つ人間であることに、異論を唱える者も、疑問を抱く人間もほとんど残っていまい。

このように、村上氏が宗教トラブル相談センターを訪れた人間の個人情報をあまりにも軽率に言いふらしながら、自分に都合の良い形で悪用している事実は、同氏の直近の記事を読んでもすぐに分かる。

たとえば、村上氏の直近の記事では、次のような内容が記されている。

2018年 02月 28日

聖なる法か 世俗の法か 1

TさんはS教会で洗礼を受け、教会員となった。ところが、TさんがS教会に対して閲覧請求をしたとき、S教会は、あなたは客員だから閲覧請求はできない、と言って拒んだ。TさんはS教会の礼拝に出席を続けてきた。それでも、いつ客員になったかを聞かされていなかった。客員になった年月日を問うがはっきりしない。Tさんはどこの教会からの客員かと聞くと、S教会の宗教法人の下にある外国人教会からの客員であると言う。Tさんは、外国人教会から私たちの教会員ですと言われたことはない。S教会と外国人教会の間では話し合いはなく、文書による通知もない。もし、個人の籍が勝手に他に移っていたら大変な問題である。ところがS教会では重大な問題であるとの認識がない。

2018年 02月 28日

聖なる法か 世俗の法か 2

  一般社会では、不当解雇にあった人が地位保全の裁判をして、不当な処分によって失った地位の回復と利益を取り戻すために損害賠償を請求することがある。Tさんは教会の中で何ができるか。客員決定の日時と理由を、牧師の話ではなく、役員会議事録にどのような理由で客員となったかを確認するために閲覧請求ができる。教会員であっても、外国人教会の教会員であっても、同じ宗教法人の下で教会員である。それを拒むなら、閲覧請求のために裁判所に提訴できる。役員会議事録に明確な理由なしに客員となっていた場合は、不当とみなし、教会員に復帰する提案を教会に提出することができる。もし、役員会議事録を閲覧して、教会員から客員になった記述がない場合は、教会はTさんに対して謝罪と教会員に対して公の場で謝罪をしなければならない。今後、二度と同じことが起きないように気を付け、再発防止策を講じなければならない。この場合、一般社会における不当解雇による賃金未払い分を損害請求するように、教会に対して損害賠償を請求することはできない。そこに賃金の損害が発生していないからである。被ったのは精神的なダメージである。何の知らせもなく、一方的に教会員から客員に籍を移動され、教会員の当然の権利(閲覧請求)を奪われた。権利の侵害である。となれば、民事で精神的な慰謝料請求の道も開けてくる。教会を正すために法の力を借りることは避けがちであるが、自浄作用がなければ裁判も視野に入れる必要がある。


 

未だにこんな記事を書いているとは、愚かなことである。そもそも事件が解決もしていない先から、村上氏が、こんな形で、自分のもとを訪れた信徒の相談内容を公表していること自体が、すでに信徒のプライバシーの重大な侵害であり、守秘義務違反であると言えよう。これがすべて実名であれば、それこそ、信徒からも教会側からも名誉棄損やプライバシーの侵害と言われて訴えを起こされる可能性がある。

(翻って、牧師や教会のしていることは、それが公の活動である限り、批判を受けたからと言って、牧師が信徒を名誉棄損で訴えることはできない。もしも牧師が信徒を訴訟の場に引き出せば、その時点で、その教会は終わりである。そんな恐ろしい牧師や教会のもとにやって来る信徒は誰もいなくなるからである。)

牧師が職務上、信徒から受けた相談内容は、たとえ匿名であっても、絶対に口外してはならないことは、あまりにも当然の配慮であることが、この人にはまるで分かっていない。信徒から了承を得たとしても、事件が解決するまでの間、黙秘することは当然である。(訴訟を通じて解決を目指せば、事件が解決した後では、もっと口外できなくなる可能性が高い。)

村上氏は、こうした記事内容からも、受けた相談を秘匿する義務を自分が不当に踏みにじっている自覚がなく、同氏は相談内容を簡単に外へ漏らす点で、ただ口の軽さに定評があるというよりも、教会を冒涜し、非難するための言葉をひっきりなしに吐かずにいられない精神の持ち主であるがゆえに、こうした記事を書いていることを自ら露呈しているも同然である。

このところ、筆者は、同氏の記事内容が、以前に比べても、格段に劣化したような気がしているのだが、以上の記事で、村上氏が不当解雇を撤回させるための裁判と、信徒が客員にされたことの不服を並べて論じているのも、甚だしい筋違いであると思う。

以上の記事で、村上氏は相談者の信徒が正会員として扱われず、知らぬ間に客員とされていたという事実を、何か特別に不当な措置であり、教会側の暗黙の悪意による差別であるかのように決めつけているが、それ自体が、あまりにも行き過ぎた思い込みであると言えよう。

この記事では、信徒が当初は正会員であったのに、いつの間にか客員にされていたのか、そもそも初めから正会員でなかったのかも、よく分からない。

だが、そもそも教会籍という制度自体が、日本の教会独自のシステムであり、多くの諸外国の教会では、教会籍自体が存在しないことが大半である。そこで、たとえ日本国内の宗教法人の傘下であっても、外国人教会には、日本的な風習を当然のごとく要求して、教会籍の所在を明らかにするよう求められない場合があるということを、村上氏は記事の中で全く考慮していない。そのことは、悪意によるものではなく、文化の違いから来る習慣である可能性がある。

通常、牧師は他教会に通っていたことがある信徒から、自分の教会に所属したいとの申し出があった際、その信徒が、他教会に籍を置いているかどうか、照会を行うはずである。だが、外国人教会が相手では、問い合わせに明白な回答があるかどうかも分からない。回答がなければ、他教会に籍を置いているかどうかさえ、はっきりしないため、二重籍が生まれることを防ぐ目的で、あえて客員にしておくなどの安全策を取ることもあるかも知れない。

それは医者の世界でも、紹介状がないのに、他の医者にかかっていたことが明白な患者を受け入れようとしないのと同じである。

もしその信者が、初めは正会員であったのに、途中から客員になっていたとしても、本来、信徒は自分の所属している母教会の礼拝を日曜ごとに守る義務があるはずだ。プロテスタントの多くの教会では、正会員になる際、信徒がその教会に対して負うべき義務について、誓約書を書かされている。

そこで、一旦正会員となった信徒でも、その後、明らかに他教会の礼拝に出席しているなどのことが発覚した場合には(それが正会員になる際に信徒が署名した誓約に違反する行為である可能性もある)、それを理由として、正会員から客員会員に移されたとしても全く不思議ではない。

(しかも、上記の記事では、信徒が見も知らない外国人教会に勝手に籍を移されていたという記述はないため、実際にその信徒は、外国人教会を自ら訪れた事実があるものと想定される。)

筆者は、牧師同士の気遣い、教会同士の気遣いを必要とする日本の教会籍制度自体が、信徒の移動の自由を妨げるもので、あるべきでないものであると考えているが、そうした考えはさて置き、教会同士が互いに信徒を奪い合ったり、領分を犯し合ったと言われないための当然の配慮として、教会籍の所在(もしくは所属教会)が不明の信徒は、正会員として受けれず、客員として扱うことがあったとしても、それは不当な措置とは言えないものと思う。それは差別ではなく、むしろ、以上のような慣習のもとで、他教会や信徒への配慮に基づいて取られた措置である可能性がある。

しかし、村上氏の記事では、そうした詳しい事実関係の確認や、文化や風習の違いから来る意志不疎通の問題、さらには、その信徒自身に、正会員としての義務を怠る行動があったのではないか、などのことが全く考慮されておらず、ただ「こんなに長いこと教会に通っていたのに、いつの間にか正会員として扱われなくなっていなかったことが分かり、籍を移したこともない教会に籍があるかのように言われて、客員にされていたことが悔しい」という相談者の感情だけを中心として、話が進められ、その悔しさを晴らすために民事訴訟による損害賠償請求まで行ってはどうかと言語道断な提案がされているのである。

しかも、どういうわけか、それが不当解雇された社員が労働審判(裁判)で地位を取り戻す話に重ねられている。全く根拠のない論理の飛躍である。

こういう論理の飛躍は、村上氏の思い込みによるものだけでなく、同氏に実社会での経験がほとんどないことから来ているとも言えよう。

不当解雇が撤回されうるのは、条件明示した労働契約がきちんと労使双方の同意によって結ばれていたにも関わらず、社員が不当な理由で解雇されることにより、契約が履行されなかった場合である。

ブラック企業などでは、いつでも証拠を残さず自由に労働者のクビを切りたいがゆえに、故意に(違法に)労働者を雇い入れたことを示す労働契約書を労働者に渡さないなどの不当な措置を取ることがある。

そういうケースでは、ハローワークの紹介状や、ホームページに掲載された求人募集要項等、何か一つでも、労働条件を明示する具体的な書面があれば良いが、何一つとして労働契約があった事実を裏づける証拠が無い場合、そのような裁判は非常に難しいものとなる。

明示された労働契約書の効果は、このように絶大なのである。

上記の教会の例はそれとは全く異なる。なぜなら、教会と信者との間では、その信者を正会員にするという契約が結ばれた確たる証拠がないからだ。もしくは、当初は正会員であり、何らかの契約締結がなされらのだとしても、どういう条件でその信徒が正会員の資格を得たのか分からず、信徒の側で資格要件が満たされ続けたのかどうかも不明である。

途中から正会員でなくなったのがおかしいというのであれば、信徒は正会員としての資格を失う行為(たとえば他教会の礼拝に通う等)を行っていた可能性もある。正会員としての資格を満たしていないのであれば、教会にはその信者を正会員にしておかななければならない義務がないであろうし、待遇を変更した際、必ずしも、その信徒に通知しなければならない義務が定められていたかどうかも分からない。

仮にその信者が最初は正会員であったが、途中から、他教会にも通っていることが発覚し、その他教会が外国人教会で、籍の問題が不明なままで、文書のやり取りも、話し合いも難しいため、もしかしたら他教会に移籍しているかも知れない可能性を考えて、客員にしたという事情があるような場合、客員にした措置の不当性を問うても、それが認められる見込みはほとんどないだろう。

もちろん、その信者が他の教会を去って多年の年月が過ぎており、完全に一つの教会の礼拝だけを守って毎回出席しており、正会員としてのすべての義務を守っているから、客員であるのは不服で、そろそろまた正会員に戻してくれても当然ではないかと申し出れば、その教会も、その申し出は考慮せざるを得ないであろう。だが、そのことと、知らぬ間に客員にされていたことや、その理由が不明であるため、正会員としての権利を奪われたこと自体が許せないとして、いきなり教会に民事訴訟をふっかけることは全く訳が違う。

さらに、以上の記事では、客員であることが、あたかも正会員より劣った待遇であるかのように思わせる記述がなされているが、実際には、客員は、正会員よりも義務が少ないはずだ。権利も少ないかも知れないが、義務も少ないことによって、多くのしがらみから解放されて、恩恵を享受している。

それは昨今、正社員になるよりも、非正規雇用のままで働いていた方が、賃金も多く、立場も保証され、残業もなく、リストラもされないと言う場合がよくあるのに似ている。多くの職場では、正社員の方が、非正規雇用よりも圧倒的に劣悪な条件で働かされており、賃金さえも、非正規雇用の方が、正規雇用を圧倒的に上回っているような場合もあるのだ。そして、有期雇用契約を中途解除することには法的に多くの制限があるため、場合によっては、正社員の方が非正規雇用者よりももっと容易にリストラされる危険に直面している場合もある。

このように、一概に、非正規雇用だから、正規雇用に比べて、不当に扱われているといった主張が、必ずしも成り立たない場合があるのだ。

それと同様に、客員のままでいることには、それなりのメリットもあり、他教会へ通う自由も、客員ならではのものかも知れない。そのためにあえて正会員にならない信者もいる。現に我が親族もそうであった。(我が親族はもともと転勤ゆえに遠方となり通えなくなった他教団の信徒であり続けるために客員のままだったのである。)

そこで、信者が気づかないうちに客員にされていたというだけで、精神的苦痛をこうむったと訴えても、その訴えが聞き入れられる可能性は極めて低いと言わざるを得ない。会員認証の手続きがきちんと教会規則にのっとったものでありさえすれば、入信時もしくは客員への変更時に説明が不十分だった程度の多少の注意はあるかも知れないが、その瑕疵は信者が裁判で損害賠償まで請求するほどの筋合いのものではない。

「何の知らせもなく、一方的に教会員から客員に籍を移動され、教会員の当然の権利(閲覧請求)を奪われた。権利の侵害である。となれば、民事で精神的な慰謝料請求の道も開けてくる。」

と村上氏は決めつけるが、そもそも教会には信徒に知らせず一方的に客員に籍を移す権限がないのかどうかという点も重大な争点である。その信徒のケースでなくとも、ずっと礼拝に来なくなったような信徒を正会員から除外する手続きは、その信徒に知らせなくとも、教会の一存で行えるはずだ。同様に、正会員から客員に移す際にも、必ずしもその信徒に知らせてからでなくては変更手続きが行えないという規則は、おそらくほとんどの教会にはないと思われる。(なぜなら、教会が信徒と途中から連絡が取れなくなることはよくあることだからである。)

つまり、その教会がその信徒をずっと正会員として受け入れなければならない義務を明示した契約自体が取り交わされておらず、また、教会が自らの一存でその決定を覆してはならないとする規定があるという根拠もなく、不当な理由で教会側が一方的に契約を破ったと言えるだけの根拠もなく、もしくは、信徒の側で正会員であり続けるための資格要件を失っていた可能性さえ想定される以上、その信徒が、正会員の地位を取り返すための(もしくは不明な理由で正会員としての資格を失ったことの精神的苦痛を取り戻すための)裁判にまで及んだところで、取り返せる利益などもとより存在しないも同然である。

仮に信徒が本当に不当な理由で客員にされたことが発覚したとして、信徒がそれによって精神的苦痛を受けたなどと主張してみたところで、実際には、客員の信徒も、正会員とほとんど同じように、礼拝に出席することができ、各種の教会活動を行うことができる現実があり、しかも、上記の記事で、信徒が客員になったことにより不当に奪われたと主張している権利が、閲覧請求権だけである様子を見れば、そんなことを理由に賠償請求に及んでも、その訴えが認められる見込みは極めて薄い。そのような争いは、ただ教会にダメージを与えることだけを目的とする、初めから負けることが分かっている裁判である。

このようにして、勝てる見込みもない裁判に、村上氏がその信者の教会への恨みを煽り立てる形で焚き付けようとしているのは、あまりにも無謀かつ配慮に欠けることであると言える。

村上氏は、このようにして、客観的に事実関係を確かめることもなく、十分な証拠の裏づけもなく、ただ信徒の主観的な感情だけを中心に話を聞いて、信徒が不当に差別されたり、根拠のない扱いを受けたかのように思う気持ちに一方的に同情し、それを理由に、教会とじっくり話し合って対立関係を解消させるどころか、むしろ、ますますその信徒が教会を深く恨んだり、不信感を持つよう仕向け、信徒と教会との間の亀裂を解消不可能なほどに深刻化させていくのである。

こんな風に、村上氏は、クリスチャン同士を仲たがいさせ、争わせるような活動にばかり従事して、問題を解決させるどころか、よりこじらせることに貢献している。人間の感情にばかり揺さぶられて、冷静に物事を見て、事を荒立てずに、きちんと双方の事情をじっくり考慮した上で、もつれた感情を丁寧に紐解いて、対立感情が沈静化するよう解決を目指すのではなく、まるで連想ゲームのような思いつきで根拠もない話をどんどん進めながら、信徒がますます教会の敵となり、見込みのない絶望的なアクションに出て、人生を失うよう仕向けているのである。

このような村上氏の理屈はもう完全に破綻している。鳴尾教会の裁判で負けて以後、村上氏にはこの世の法も味方していない。そのことは、本人が分かっていないだけで、その論理破綻は周りにはもうずっと前から客観的に明らかである。

村上氏がやっていることは、他人の恨みつらみにかこつけて、自分の心の中にある他教会への憎しみを表明し、他教会にけちをつけ、他教会に打撃を与える機会を得るべく、信徒を焚き付けて教会に対する裁判に及ばせることだけである。

しかし、その裁判さえ、勝てる見込みのないものであれば、同氏の述べていることは、聖なる法にも、この世の法にもそぐわないデタラメばかりということになる。
 
村上氏も、S氏も、自分たちの理屈がまるで社会の理屈であるかのように思い込み、自分たちは取り払われるべき闇を暴いているかのように思い込んでいるが、事実は全くそうではない。(闇を払っているのではなく、神聖な領域を冒涜して聖域を犯し、暗闇を持ち込もうとしているのが現実である。)

村上氏はせいぜい自分のもとへ相談に来た信徒から、個人情報の漏洩、守秘義務違反、プライバシー侵害で訴えられるくらいが関の山である。そもそも信徒から受けた相談内容を、事件が解決してもいないうちに公然と言いふらして自らの手柄のように吹聴し、教会を断罪する材料として誇示している時点で、牧師失格である。

こんな牧師に教会を訴える資格などあろうはずもない。これ以上、教会がこんな世迷いごとにより争いの矢面に立たされることがないよう、村上氏に誹謗中傷された同僚の牧師や信徒は、同氏に対して速やかに必要な法的措置を取ることを強くお勧めする。

「聖なる法」も「世俗の法」もどちらも踏みにじる牧師は、牧師の名に値しない。同氏は自分が他の牧師を裁いて来たのだから、自分も同じ基準で容赦なく裁かれるのは仕方がないであろう。

さて、村上密氏については、yahoo!知恵袋でも、以下のような質問が投稿されている。



悪質!! アッセンブリー京都教会、村上密牧師について教えてください。

2014/8/1414:42:25

私の友達が京都にある宗教トラブル相談センターという所に相談に行きました。
しかし、相談初日に、そこの村上密牧師から、探偵を使って相手を裁判をしかけるように薦められ、彼女が戸惑うと、今度は、相手の実名を村上牧師のブログにあげて卑下に誹謗中傷してよいか聞いてきたそうです。彼が言うにはそこで相手を冒涜することにより罰を与えることが出来ると言われたそうです。この話を聞いたとき、牧師も欲にまみれた新聞記者きどりのたあの人間なんだなと思いました。最後の別れ際には、この牧師から口止めと、この教会への入信を言われたそうです。私の友達は今うつ病と闘い精神病院に通っています。最悪の気持ちです。
このアッセンブリー教会と村上密牧師について教えてください。

この質問内容は、投稿された当初は、相手にされていなかったようである。何しろあまりにも無名の人物が、前後関係もないまま、ありふれた掲示板に投稿したものなので、誰もその信憑性を判断する手がかりがなかったのだ。だが、それから何年も経って、こうした無名の人間から発せられる些細な言葉の中にも、重大な真実が込められていたことが、今や多くの人の目に明らかとなっている。

村上氏が被害者に「裁判をしかけるよう薦め」たという記述は、以上の記事と合わせても、内容的に一致するので、真実であると思われる。「探偵を使って」というのは、裁判をしたいのであれば、住所氏名等の相手方の個人情報を入手しなければならないせいであろう。だが、以上の投稿の中で、筆者が最も核心に迫る指摘であると思うのは、次の部分である。

「相手の実名を村上牧師のブログにあげて誹謗中傷してよいか聞いてきたそうです。彼が言うにはそこで相手を冒涜することにより罰を与えることが出来ると言われたそうです。」

この投稿を読んだ時、筆者にはようやくはっきりと合点がいった。村上密氏のみならず、同氏の率いるカルト被害者救済活動を支持するS氏のような者たちが、ひっきりなしにブログで教会やクリスチャンに対する誹謗中傷の言葉を浴びせていたのは、悪霊に由来する教会とクリスチャンに対する「冒涜」であり「呪い」だったのだと。
 
彼らは筆者が「カルト被害者を冒涜した」などという言葉で、筆者を非難していたが、実際には、事実は全くさかさまで、彼らこそ、クリスチャンおよび神の教会を「冒涜」することで、聖書の神の聖なる御名を冒涜し、穢し、呪っていたのである。

繰り返すが、彼らはクリスチャンを罪に定めて「罰を加える」ために、冒涜し呪っていたのだということがはっきりと分かったのである。これでは自分のもとに相談に来た人間から金を取って、呪いの祈祷を捧げる異教のシャーマンと何が違うというのであろうか。

牧師を名乗っている人間が、神の教会およびクリスチャン全体を呪い、冒涜することを自らの職業としているなど、想像を超えるほどに恐ろしい事態である。

村上氏については以下のような指摘もある。

沖縄県のみなさま、沖縄県知事選での自民公明党の敗北おめでとうございま~す。次の総選挙も頑張りましょう。  その他キリスト教界で有名になっていたアガック竹内一雄事件(準強姦、借金で虚偽提訴された人物)の真実とこの民事裁判でアッセンブリーズオブゴット教団の村上 密牧師が使った汚い手段 から部分的に抜粋

現在北見市に在住(?かな、わからないけど)のアガック竹内一雄による準強姦事件(刑事ではなく民事ね)のこと。

興味ない人はスルーして下さいな。

今から3年半ほど前に、アガック竹内一雄事件というものがキリスト教界で有名になっていた(刑事事件ではない)。

このアガック竹内一雄という人物は、キリスト教界の中では異端とされているペンテコステ(聖霊派)のカリスマ派の牧師(キリスト教系新興宗教)。
この竹内一雄が運営するキリスト教会に一人の女性(子持ち)が集うようになった(最初はカウンセリング 家庭の悩み事の相談だったようだが)。
後にこの女性信者と竹内一雄は恋愛関係に、そしてその女性は竹内一雄の婚約者となるも最終的には女性関係でもめ(浮気だったようだが)、竹内一雄はこの元婚約者だった女性信者から民事で訴えられた、ざっとこんな内容だ。

しかし、その訴状自体が笑ってしまうものだった。

その女性信者は竹内一雄と婚約までしていながら、竹内一雄を準強姦で提訴(裁判官らが事実認定するワケがない)。
おまけに、原告女性が竹内一雄に貢いだお金(全額だったかは不明だが)は、貸したお金だった、として返還要求。
しかし、私の調べでは(友人、知人に聞き込んだ)原告女性は「道で大金を拾ったから(竹内一雄の)通帳に振り込んでおくね」と竹内一雄にお金を渡した内容のメールを送信していた。
案の定、そのメール内容が竹内一雄から裁判所に証拠として提出されたのだ、勝てるワケがない。

ということで一審は原告の敗訴、まあ当然でしょう。

まあ、こんな話はたまに起きるであろう怨恨話だと思うが(私の周囲には嘘までついて提訴するような人間はいないが)。

この馬鹿らしい怨恨訴訟でなにが一番解せないか、というと
この原告女性を支援していたアッセンブリーズオブゴット(略してAG)教団の有名らしい(私は知らなかったが)村上 密氏という牧師がやったことがクズすぎて解せないのだ。

村上 密氏はろくに事実関係を調べもせず、この元婚約者である女性信者の言っていることを鵜呑みにし裁判支援(北海道のテレビにまで出て嘘をばら蒔いたのだ)。
その他、この元婚約者である女性信者の訴えが事実かどうかも確認しないまま、竹内一雄を準強姦の犯罪者扱いをした上、借金を踏み倒した悪人としてブログで記事にしネットで拡散(自分だけではなく大勢の信者を使ってブログの記事させてニセ情報を拡散させていた)。

そして、しまいにAERAという雑誌にまでこの嘘記事を書かせている。

そして、裁判が終わった後もこの牧師(村上 密氏)の悪事は現在も続いている。

民事裁判にて、元婚約者である女性信者の訴え(準強姦及び貸金)が事実ではなかったことがはっきりしたにも関わらず、過去に流した嘘記事を訂正も削除もせず(勿論謝罪もしていないだろう)ずっと流し続けているのだ。

誤解があると困るので書いておくが、私は竹内一雄を擁護しているわけではない。
むしろ、絶対に近づいてはならない人物として色んな人に警告していた側なのだ。

しかし、虚偽の訴えで人を裁いているような人間には我慢がならない、非常に不快なのだ。

だから、絶対に真実を書いておこうと思っていた。


筆者は以上の事件には関係していないので、詳細な事実関係に立ち入ることはしないが、他の知っている限りのあらゆる事件に関する情報を合わせても、村上密氏が、被害者を名乗る人物の訴えだけを一方的に鵜呑みにして、教会で起きた不祥事をを針小棒大に書き立て、間違いを犯した(とされる)クリスチャンを「極端に危険人物化」しながら、自らの「思い込み」や「創作」によって巨大な悪役の像を作り上げ、自分はそれをやっつける正義の味方のように振る舞い、世間の評価を得ようとして来たことは事実であるものと思う。

そして、そうした村上氏の「創作物語」(妄想と呼んで良い)が虚偽であったことが後になって判明しても、同氏はいささかも記事を削除せず、訂正しようともせず、鬼の首でも取ったように得意げに誤った情報を自分のブログ等に掲載し続けていることは、上記の事件に限った話ではない。
 
村上氏にとっては、自分が正義の味方を演じて、クリスチャンと教会を「悪役」としてやっつける材料さえ得られれば、真実などどうでも良いのだろう。その姿勢が、以上の記事からも見えて来る。

同氏は、自らの言葉によって教会への恨みを煽り立てられ、争いに焚き付けられた被害者が、見込みのない裁判で人生を滅ぼし、棒に振ることも、全く意に介さないのである。それだけでなく、被害者を名乗る人々が、やがては教会の敵となり、神の敵にまでなって、永遠の領域でも報いを失うことをまさに本心から願っているのだとしか思えない。

このように虚栄心だけが肥大化し、関係者に対する思いやりや配慮、兄弟姉妹への愛情も、牧師としての福音伝道への使命感も、守秘義務も、何もかも見失って、ただ自分を正義と見せかけることだけがすべてとなった同氏の性格や活動は、通常では、サイコパスと呼ばれるにふさわしいものである。少なくとも、他者の争いを仲裁すると言いながら、事件を解決するどころか、ますます関係が修復不可能になるよう、傷を押し広げ、クリスチャン同士を仲たがいさせて争わせ、溝が埋まる見込みが全くなくなるように仕向ける行動は、牧師の道に完全に外れている。

同氏のブログそれ自体が、教会やクリスチャンに対する「冒涜」や「呪詛」を詰め込んだごみ箱のような存在でしかなくなっている。もはや思い込みだとか、妄想だとか、デタラメな記述などという表現にはおさまりきらない、「神の教会とクリスチャンに対する冒涜と呪詛の集積場」のような有様を呈している。

ごみ箱はいっぱいになれば、焼却場へ持って行かれるだけだ。聖書では、火の池こそ、偽預言者に対する格好の焼却場であると言われている。互いに愛し合うようにと教えられている兄弟姉妹を売り渡し、聖徒らの恥や失敗や争い事を糧にして手柄を得るような活動が、まともな牧師の行う活動であるはずがない。羊を食らうためにやって来た偽預言者である。彼らを焼く煙は、バビロンの焼かれる煙と同じように、いつまでも永遠に立ち上ることであろう。


<追記>

2018年2月に、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の村上密牧師率いるカルト被害者救済活動の中心メンバーの一人である「随想 吉祥寺の森から」の著者杉本徳久が、当ブログに対する多年に渡る嫌がらせの罪により刑事告訴された。村上と杉本の活動に深い関連性があることについては以下の記事等を参照。

「随想 吉祥寺の森から」の著者杉本徳久および共犯者が刑事告訴された事実