忍者ブログ

私ではなくキリストⅦ(東洋からの風の便りIV)

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。Ⅱコリント4:18

壁に対する卵の勝利の歌

以下は村上春樹氏のエルサレム賞受賞のスピーチに登場する「壁と卵」についてであるが、過去の記事は「我々は力強い足取りで前に進んでいく「非現実的夢想家」でなければならない」をご参照いただきたい。



壁よ、

おまえの存続のために奉仕すべく私は生まれて来たのではない。 

私の痛みや苦しみよりも、私の願いや希望よりも、壁よ、おまえの利益が優先されてしかるべきだとは私は思わない。

おまえがいつまでも壊されることなく秩序正しく存続するために、私はどんなに自分を犠牲にされても、諦めるより仕方がないというおまえの傲慢な屁理屈を、私は認めない。

壁よ、おまえだけが永遠に確かなもので、私はおまえの前に無に等しく、砕け散る卵であり、消えてゆくあぶくであり、散って行く桜であらねばならないという、おまえの傲慢な思想を私は否定する。

壁よ、私はおまえの目を楽しませるためのはかない見世物として散って行くつもりはない。

おまえの秩序を永続させるために、いつまでも犠牲になって我慢し続けるつもりはない。

私の生命は私のものであって、おまえのものではないからだ。
✳︎  ✳︎  ✳︎


壁よ、なぜ世迷いごとを口にするのをやめて分をわきまえないのか。

この世に造られたもので、意味を持たないものは何もない。

たとえそれがはかなく脆い卵であっても、一瞬で消えていくあぶくであってもだ。
私たちの命と生活にはおまえの知らない意味や価値がある。

壁よ、思い出さないか、
おまえは何のために建設され、誰がおまえを作ったのか。

おまえははかなく脆い卵たちの命を守るために、
我々の手によって建造された。

おまえを建設したのは私たちであり、
私たちはおまえの主人である。

卵を守ること、それがおまえの使命だったはずだ。

おまえは我々を守るために日々、盾となり、傘となり、我々に奉仕せねばならなかった。

それがおまえの使命だったはずだ。
✳︎  ✳︎  ✳︎
 

ところが、おまえはどうして反乱を起こしたのか。

おまえは我々に建造された恩を忘れ、我々がおまえの主人であることを忘れ、自らの使命を忘れ、自分こそが主人であると思い上がった。

そこでおまえは、自然の理を曲げて、おまえの存続のために我々が命を差し出すべきだというさかさまの理論を思いつき、我々をおまえの道具として押しつぶそうとした。

壁よ、そんなにまでも劣化し、反逆的になったおまえに私たちは用がない。
そんなにも存在意義を失った壁のために、これ以上、私たちがしてやれることは何もない。

壁よ、老朽化したおまえの存続のために、私たちが犠牲になるなど、とんでもない話である。

おまえは自分が永遠だと思っているのかも知れないが、卵を守れずない壁など誰が必要とするものか。

そんな壁は危険なので一刻も早く撤去するだけだ。

卵を守れなくなった壁は解体されるべきである。卵を危険にさらしながらこれ以上、存続することは許されない。
だから、壁よ、聞いておけ、

おまえは自分を神のように永遠だと思っているのだろうが、おまえの終わりはもうすぐそこまで来ている。

たとえおまえが認めなくとも、我々はすでに決めたのだ、

老朽化したおまえを解体することを。

 
✳︎  ✳︎  ✳︎
 

壁よ、聞いておけ、ここは我々の国、

この国は我々のものであって、未来を決めるのは我々である。

壁よ、おまえは我々に造られたものに過ぎず、そのおまえに我々の運命を決める権利はない。

だから、壁よ、おまえはその傲慢な思想を悔やむ日が来るだろう。

我々は用済みとなったおまえを必ず解体する。

おまえが我々を押しつぶす前に、
おまえの反乱は鎮圧される。

聞いておけ、おまえの天下は長くは続かない。

お前が倒された後に卵たちの時代がやって来る。
PR