忍者ブログ

私ではなくキリストⅦ(東洋からの風の便りIV)

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。Ⅱコリント4:18

わたしの正しい者は信仰によって生きる。もしひるむようなことがあれば、その者はわたしの心に適わない。

「だから、自分の確信を捨ててはいけません。この確信には大きな報いがあります。神の御心を行って約束されたものを受けるためには、忍耐が必要なのです。

「もう少しすると、来るべき方がおいでになる。
遅れられることはない。
わたしの正しい者は信仰によって生きる。
もしひるむようなことがあれば、
その者はわたしの心に適わない。」

しかし、わたしたちは、ひるんで滅びる者ではなく、信仰によって命を確保する者です。
(ヘブライ10:35-39)


不思議なことに、裁判は筆者の人生観を大きく変えるきっかけとなった。不合理を打ち破るための強力な現実的な武器があること、勝利をおさめるまで最後まで粘り強く戦い続けることの重要性を実地で学ばされたためである。

筆者は物心ついた時から、言葉の世界に生きており、ある時には創作を、ある時には論文を書いたが、それらはどれも、筆者に定められた真のフィールドとは多少、異なっていたようである。

筆者が知りたかったのは、真に衝撃力の伴う、実体の裏づけのある正しく真実な言葉であり、そうした言葉は、以上の分野を通しては、発見することができなかった。

筆者が、初めて真の衝撃力を持つ言葉が存在することを知ったのは、聖書の御言葉が、生きた霊的な力を持つ真理であることを知った時のことである。

真理とは、実体と一つになった、全くズレのない正しい言葉であると言えるかもしれない。聖書の創世記において、神が「光あれ」と命令されれば、光ができたとあるように、言葉は本来、実体と完全に一つになっている、実体を呼び覚ますための命令なのである。

むろん、そういう言葉を行使できるのは、創造者であり、絶対者である神だけであり、地上の人間の発する言葉は、どれもこれも多くの誤謬と虚偽を含み、実体をどんなにとらえようとしても、とらえることのできない不完全なものである。地上の言葉は幾重にも分裂しており、多くの混乱と意志不疎通を極め、力のない者の叫びは、かりみられることもない。

とはいえ、不完全な人間の言葉の世界にも、聖書の御言葉に似た、生きた衝撃力を伴う言葉の世界を垣間見ることのできる分野があった。裁判に直面した時、筆者は新たな言葉のフィールドを発見した。この分野には、筆者が経験してきたどの分野とも根本的に異なる、もっと大きな言葉の衝撃力が、まるで地下に埋蔵されたエネルギー源のように眠っていたのである。

判決文には、法的拘束力がある。むろん、判決文がすなわち実体なのではなく、判決は行使されることによって初めて実際となるわけであるが、しかしながら、これはただの文章ではなく、実体を呼び覚ますことのできる威力の伴う言葉であり、責任を負うべき者に対しては厳しい裁きの宣告である。

我々は判決文を手にすれば、実力行使を行うことが可能になる。あるいは他人の財産に対して差し押さえに及ぶ根拠さえも得られる。これは悪人どもが地上の寄る辺ない人々を追い詰めるために日夜、不当に行使している手段であるが、それを正しい人々が正しい目的のために行使することも、可能となるのである。

だが、それを勝ち取るためには、我々はまず自分自身の訴えを提起し、自らの論敵と激しい論戦を繰り広げ、その不当性をことごとく指摘し、これを打ち破らなければならない。

地上における裁判の模様を観察して、筆者がつくづく感じたことは、これは神の法廷に似ている、ということであった。

私たちキリスト教徒の立場から見れば、この世は、聖書の神が見えない裁き主となって支配する法廷のようなものである。私たちは、望むと望むまいと、この法廷に、悪魔と弁論を戦わせるために呼び出されている。

悪魔に対する裁きはすでにカルバリで決定している。従って、悪魔こそ、真に有罪を宣告された被告に他ならないのであるが、悪魔は「兄弟たちを告発する者」であるから、何とかしてその宣告を否定し、覆したいと願っているのであって、それゆえ、人間(我々―信者)を罪に定めようと、あることないこと、日夜、訴え、何とかして我々の権利を不当にかすめ取ろうとしている。

神は悪魔がご自分に敵対・挑戦していることを十分に知りながら、まずは、悪魔を論破する仕事を私たち人間に託されている。私たちの使命は、悪魔と暗闇の勢力から投げかけられる虚偽の訴えに対抗して、これに打ち勝つことである。

そこで、私たちは、キリストの十字架の贖いに固く立って、悪魔が人間を罪に定めようと執念深く訴えているその訴えを、何倍も上回る激しさで、御言葉という目に見えない揺るぎない法を武器に、悪魔を有罪として告発し、失われた正当な法的権利を取り戻す。

さて、「悪魔を糾弾する」というテーマについては、当ブログでは、何年も前から書いて来たが、実際に地上で法的権利を行使する方法を学ぶ時に、それに実践的な裏付けが与えられたように思う。

一般に、世の中の人々は、弁護士や裁判官といった類の人々を恐れ、法廷闘争などには決して関わりたくないと願って生きている。その思いの中には、厳格な法秩序そのものに対する畏怖の念もあれば、悪者たちが司法を悪用して、貧しい人々を踏みにじっていることへの漠然とした恐れも反映しているだろう。

だが、もしも悪者たちが、寄る辺のない貧しい人々の権利をかすめ取るために、司法を悪用しているならば、その逆に、寄る辺のない貧しい者たちが、これを自分を擁護する武器として利用することも可能なのであり、この世の法秩序は、本来、弱く貧しく寄る辺のない者たちの権利を守るために存在するのであって、正しい用途で利用するならば、真に法的保護を受けるべき人々の実に強力な武器、要塞となる。

そのことが分かったとき、それまでよそよそしい場所でしかなかった裁判所は、まるで筆者のための強力な砦のように感じられた。家と言っても良いほどである。裁判所の権威の源となる、弱い人々の権利を、強い者の横暴から守るために定められた法が、筆者には真に敬うべき価値のあるもの、真理である御言葉の絵図のようなものとして受け止められた。

筆者は小説を書く方法も、論文を書く方法も誰からも教わらなかったが、訴状を書く方法も、準備書面を書く方法も、誰からも教わっていない。そこで筆者は、教科書もなく、前任者もいない、誰からも教わることのない、生きた人間が身をもって開拓して行くしかない道を進んでいるわけであるが、それにも関わらず、この作業に取りかかったときに、自分に定められたフィールドにとても近い場所まで来たような気がした。自らの言葉を紡ぐことにより、この世を雲のように分厚く覆う不条理に、ごくわずかでも穴をあけ、それを打ち破るきっかけを作るところまで来たのだ。

大きな津波も、押し寄せるときには、まず波がしらが砕け散ることから始まる。筆者のしていることは、波がしらが砕けるときに、そこから飛び散る一滴の飛沫のような作業でしかない。しかし、それが単なる飛沫なのか、それとも、津波の始まりなのかは、今はまだ誰にも分からない。この先、筆者の提起しているような無数の訴えが積み重なって行った時、雲の破れ目から光が差し、見栄えの悪い「干潟」に光合成がもたらされ、世の中の仕組みが変わり、法改正が促されるようなことも起きうると確信する。
 
それが、人の目からは隠されたこの「干潟」に眠っている、目に見えない巨大な利益なのである。筆者はこれを掘り起こすための作業をしており、筆者のための、隠されたエネルギー資源もここに眠っていることと思う。なぜ悪者たちがこれほどまで司法にこだわるのか、彼らはそこから自分のために何の利益を引き出そうとしているのか、筆者はおぼろげながら、理解し始めたのである。

従って、今起きている事柄は、将来のより大きく困難な戦いの準備段階であるという気がしてならない。この戦いの方法に習熟することは、非常に重要なチャレンジであって、その先に初めて、ダビデがゴリアテを打ち破ったように、弱く貧しい取るに足りない人間が、自分よりもはるかに強力な者の支配を打ち破るようなことが、可能になるものと思う。

むろん、筆者は将来に何が待っているのかは知らないが、何かしら筆者の果たすべきより重要な仕事があり、そのための学習をさせられているという気がしてならない。
 
いずれにしても、自分がまずどんな権利を持っているのかをきちんと認識し、固くそこに立って、一歩も譲らず、自分で自分を弁護し、自らの権利を擁護し、守り抜き、あるいは取り返す戦いを経ることは、私たちに非常な勇気と力を与えてくれる。

私たちの弁護者はキリストであって、彼自身が、言うべき言葉を私たちに与えてくださる。だから、勇気を持って日々、前進し、最後まで命の確信に立ち続けるべきなのである。

PR