忍者ブログ

私ではなくキリストⅦ(東洋からの風の便りIV)

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。Ⅱコリント4:18

環境を創造する力―義人は信仰によって生きる―すべてを支配するキリストの復活の命

さて、バビロン化した社会の有様がいかに絶望的であろうとも、キリストの復活の命が全てを超越するというテーマの続きを書こう。正直に言うと、これから先、世には、この命の力によらなければ、なかなか乗り越えられない問題も起きて来るだろうと思う。

もし抵抗する力がなければ、ただ流されるだけである。どんな正義感から何を訴えても、どんなに人の命が貴いものであったとしても、死未満のものでは、死を打ち破ることができない。だが、今、私がこれほど平安を保っていられるのは、最後の敵である死を打ち破られたキリストが最後まで共にいて守って下さるという確信があるためである。

キリストの復活の命というものが存在するということは、私が主と共に十字架で死んで、よみがえったことを自覚して後、明確に分かった。

人がキリストを信じて新生すれば、罪から救われて、決して取り除かれることのない神の永遠の命が与えられるという教義はとうに知っていたが、復活の命とは何なのか、それにどういう性質があるのかという問題については、キリスト教界にいた頃には一度も考えることなく、聞いたことさえもなかった。

その後、どのようにして、死と復活について知ることになったのかは記事に記した。以下のような聖書の御言葉が、私にとって現実のものとなったのである。

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。

 死んでしまった者は、罪から解放されているのです。
 もし私たちがキリストとともに死んだのであれば、キリストとともに生きることにもなる、と信じます。

 キリストは死者の中からよみがえって、もはや死ぬことはなく、死はもはやキリストを支配しないことを私たちは知っています。
 なぜなら、キリストが死なれたのは、ただ一度罪に対して死なれたのであり、キリストが生きておられるのは、神に対して生きておられるのだからです。

 このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きる者だと、思いなさい。」(ローマ6:6-11)

以来、神は私にとって確かに存在しておられ、しかも、私の内側に信仰を通じて住んで下さるということを知った。神に対して生きる、ということを初めて知ったのである。

その時に感じたことは、人知を超えた平安であった。たとえ地球が核爆弾により七回滅んだとしても、この命は滅びない、というほどの安心であった。神が確かに世の終わりまで共におられ、信じる者を守って下さるという平安である。

「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ4:6-7)

これを理屈によって説明するのは難しい。だが、キリストの命は単に死を打ち破った命であるばかりでなく、すべてを供給する命、すべてを支配する命なのである。だから、それが有限なる人の内側にあるということが、どんなに矛盾した、形容しがたいはかり知れない状態であるか、説明できない。

私が「環境を創造する力」という言葉で表したのは、この死を打ち破ったキリストの命によってすべてを支配する、という意味である。別の言葉では、「主と共に統治する」ということである。

あらゆる命には生きるための法則性が備わっている。たとえば、動物には生存本能があって、自分の命を長らえさせるために何をすれば良いか本能的に知っている。誰から教えられなくとも、いつ餌をとるべきか、いつ眠るべきか、どうやって身を守るべきか、最低限度のことは命自身が教えるのである。

生まれながらの命でさえ、生きるための法則性が備わっているのだから、まして、人がキリストを信じて新生したその瞬間から霊の内に与えられる神の永遠の命にはもっとはっきりとした法則性が備わっているはずなのだ。

それが、御霊が教えるので、誰にも聞く必要がないということでもある。ナビゲーターは真理の御霊、うちにおられるキリストなのである。

「あなたがたのばあいは、キリストから受けた注ぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、―その教えは真理であって偽りではありません。―また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。」(Ⅰヨハネ2:27)

だが、それでも、しばらくの間、私は今まで通り、助けを求めてあちらこちらの人々のもとを奔走するということをしていたし、問題に気を取られ、信仰の平安にとどまらないこともあった。あるいは、正しいと分かっていて何かをやりそこなったり、何か素晴らしいチャンスを手に入れ損ねたときなどには、せっかく神が与えて下さった恵みを逃したのだと考えて後悔したこともあった。

だが、そのようなことを繰り返しているうちに、神の贖いの完全性が私のすべての限界と失敗を超えるということだけがはっきりして来るのである。そのため、後悔に値することは何もないという事実が判明する。これをすれば違反になるのではないか、あれをすれば恵みを逃すのではないか、このような失敗をしたからもう取り返しがつかないのではないかという内側の小さな恐れは消し飛んで行った。

人は実に様々なことを言う。年齢や、人格の未熟さや、様々な欠点を取り上げて、いかその人がに基準値に満たないか、それだけを語る。そして人自身もそのような要素のために思い悩む。だが、神は私の内に失敗を見ておられず、仮に私が何かを失敗したと思って悩んでいたとしても、そのような事柄を失敗とも思っておられず、何度、何を逃したとしても、その後、再び、私の心に願いを起こさせ、それを共に実現へと導き、叶えて下さることによって、常に私と共に生きておられ、私の人生を喜びで満たそうと考えておられるという事実だけが分かって来るのであった。

そして、願いを神に打ち明けるために、早天祈祷や、断食祈祷に明け暮れる必要もなく、神はすでに口にするよりも前に私の心をすべて知っておられ、私が願いを申し上げるのを喜んで下さり、確信を持って歩き出しなさいと、その願いに証印を押して下さることが分かった。だから、こんな願いを申し上げれば大それたこととして退けられるのではないかと恐れる必要もないのである。そのようにして何かを願うこと自体が、すでに神との同労によって環境を創造することの一環なのだと分かって来た。神は私たちの願いを喜んで下さるのである。

結局、分かるのは、私の人生は、どんな瞬間も常に、神と二人三脚であるということであった。パウロが言っている通り、神が味方であるならば、無敵に等しい。人の失敗と愚かささえ、神の完全を妨げることはできないのである。

これが内住のキリストが私に教えて下さることである。

このキリストと共なる人生をたとえるならば、神とのドライブにも似ているかも知れない。ハンドルを握っているのはあくまで我々人間である。神は人生の操舵をあくまで私たちに委ねておられる。神は私たちの自己決定権を決して脅かされることはない。だから、我々がどんなに未熟であっても、限界を抱えているようであっても、絶大な決定権を神は私たちに委ねておられるのだ。良く生きるにしても、悪く生きるにしても、いずれにせよ、操縦席に座っているのは我々なのである。
 
神は信じる者たちを操縦席に座らせ、そして、ご自分は静かに助手席に座って、助言が必要なときに助言して下さり、危ない時には必ず守って下さり、最後まで見捨てることなく共に旅をして下さる。神が神であるにも関わらず、決して人に一方的に命令することなく、人と同労され、私たちの願いに耳を傾け、私たちに多くのことを任せておられるのは極めて不思議なことである。

その旅は最初はぎこちなく始まるかも知れない。たとえば、十年間のペーパードライバー歴を破って一人で運転し始め時には、さすがに私の運転は最初はぎこちなかったろう。初日は必死にハンドルにしがみついていたかも知れない。だが、しばらくすれば、恐れは去り、ドライブは楽しいものとなる。行きたいところに行って、重い荷物も運べ、翼が生えたように走る心地よさが、恐れにはるかに勝ったからだ。

同じように、主は信仰者のぎこちない出発を見守って下さり、人生の旅路に慣れるまで、根気強く見守って下さる。たとえ目には見えなくとも、確かに同伴しておられ、そして、最後まで目的地を案内し、私の人生を守るために必要な守りと助けを最後まで与えて下さるのである。というより、私たちと共に旅して下さるのである。

キリストの私に対する贖いは完全で、目的地に至るまでのすべての必要を供給する切符である。それは信じる人のすべての過失を覆って余りあるものであり、信仰者が未熟であったとしても、何度、道に迷ったとしても、重要ではない。だから、結果的に、人の間違いによる過失というものが一切、生じないのである。

そんなわけで、私はキリストの贖いの完全さが、私のすべての必要を覆い、欠乏を満たすということの意味を思い知った。逆に言うと、人が失敗すればするほど、神の偉大さがますますそれを満たすという具合になるのだ。

だから、実を言うと、世の中がどんなに悪くなったとしても、それも関係ないのである。こういうことを言うと、「だから宗教はアヘンなんだ」と言われるかも知れないので、「悪魔を糾弾する」という仕事の重要性も強調しておいた。むろん、悪には立ち向かう。だが、やはり、最後は信仰というところに行きつくのである。

以前、私がいつもの例にもれず、聖霊派の某教団の病の中にある姉妹たちに向かって、病と手を切って、床を畳んで立ち上がるように促していた頃、彼らは私を陰であざ笑っていた。こんな貧しい若輩者に説教などされてたまるか、人に説教する前に、自分の貧しさを克服してからにしろ、と思われていたのだろう。

だが、数年も経つうちに、私は天の無尽蔵の富をどんな風に信仰によって地に引き下ろすかという秘訣を学んだので、かえって私をあざ笑っていたクリスチャンたちの生活の方が窮乏してしまった。その上、度重なる手術や治療。そういう噂が、望んだわけでもないのに、なぜか不思議に風の便りに聞こえて来るのであった。

私は憤りを持ってそういう話を聞いた。なぜその結末を拒否しなかったのか、望めば、必ず、その状態から解放されることができるのにと、今でも確信しているからである。

これと全く同じように、「環境を創造する」ことの重要性を語っていた当の兄弟も(この人もまた例にもれず統一教会から某教団へという流れを辿った)、どんなに一生懸命、説得しても、神は生活苦を取り除くことができるという私の言い分が信じられなかった。彼は私に比べればはるかに多くの恵みに溢れた状況にいるように見えた。そして、兄弟姉妹からの支援にも支えられていたのだが、それすらも効き目がなかった。

私はこうした場面を何度も見せられてきた。初めは、もっと別の言葉で説得すれば通じたかも知れないのに、などと考えていたが、やがて、その出来事に責任を負うのをやめた。いつも何かが分岐点となって人々を分けるのである。それは自分の抱える当面の一番深刻な問題を(人ではなく)神が解決して下さることを信じられるかどうか、という分かれ目であった。それが信じられないと、どんなに温かい物質的支援や同情や慰めをどれほど投入しても、最後は神とクリスチャンへの絶望の言葉で会話が締めくくられるのである。

これは決して病や生活苦を知らないがゆえの冷たい言葉ではない。それに匹敵するだけの弱さと苦難と絶望的な状況を信仰によって乗り越えることが確かにできることを、同じ年月かけて確かめて来た結果である。そもそも目に見える何の有力な後ろ盾も持たない人間が、年々悪くなっていく世の状況の中、どうしてただ神だけを頼りに、一切誰にも助けを乞うこともなく、自立して豊かに暮らせるのだろうか? それは奇跡である。

だが、復活の命を知って以来、人に助けを乞い求めなければならないような窮乏を私は経験したことがない。そして、そのようなことは今後も起き得ないと考えている。なぜなら、私たちの救いの岩、助け主は、完全だからである。もし神を信じているにも関わらず、目に見える人間の助けを乞わなければ生きて行けない状態が発生するとしたら、それは神の名折れである。

そればかりか、神が信じる者たちに望んでおられることは、単に窮乏をしのぐなどということをはるかに上回る。異教徒でも誰しも求めている無病息災、家内安全、商売繁盛などをはるかに超えた到達地点である。

「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」(Ⅱコリント3:18)

そういうこともあって、神は現在の人の状態をご覧になるのではなく、あくまで信仰を通して人をご覧になるのだということが分かってきた。人が今貧しかろうと、弱かろうと、過去がどうであろうと、今の状態がどうあろうと、ほとんど関係ないのである。神が問われるのは、「あなたはどうなりたいのか」ということである。

前にも書いたように、弱さと手を切ることを拒む人々もいる。「あなたは癒されたいのか」ともし神に尋ねられたとしても、「いいえ、障害者のままでいいです」と答える人も中にはいる。「障害者手帳がなくなれば、同情も受けられなくなるし、割引も受けられませんから。それに私の周りにいる健常者はみなつらそうです。朝から晩まで働いて、自由がありません。この年になっていきなりそんな人たちと一緒にハンディなしで働くなんて、私にはできそうもありません。私はもう障害者として生きることに慣れてしまいました。ですから、健常者になることはお断りします。」

他の問題も同じである。貧しさから脱却したくないという人もいれば、孤独から脱却したくないという人もいるし、さまざまである。苦難にあまりにも慣れてしまったので、そこから抜け出したくないという人もいるのである。

肝心なことは、人が神に対して何を願い、何を信じるかである。今、現実にどれほどの弱さを抱えていたとしても、人のすべての失敗や不完全さを覆うことのできる神の救いは信頼に値する。神は信じる人にとって、全てを満たすことが出来る完全な方である。多少、時間はかかるかも知れないが、必ず、信じて呼び求める者の声に応えて下さる、それを信じることができるか。

神はご自分の聖徒を特別に扱われ、面倒を見て下さる。その愛がどれほど深く、信じる者にどれほど予想を超えた恵みを伴うかということを知るために、人の人生がある。

だが、人々は問うだろう、それでは、一体、今の世の中のこの混乱は何なのでしょうか。なぜ信仰者もこれほど追い詰められたり、苦しめられたりしているのですかと。時には殺されたりまでしているではありませんかと。これに対して、答えは一つ。それは悪魔のために生じている混乱だが、私たち自身も、自分の信仰によって、これを後退させる使命を負っているのですよ。

そして、クリスチャンの殉教という問題は、非常に不思議なテーマである。なぜ目覚ましい奇跡にも見えるキリストの復活の命の大胆な働きの後で、使徒が殉教し、多くのクリスチャンが殉教して行く結果になるのか。なぜ教会が大規模になろうとすると、悪魔の打撃が加えられるのか。もし復活の命が全てを支配するならば、なぜその敗北を避けられなかったのですかと問われることもあろう。いずれにせよ、私はどうにもキリスト者の生き方というのは、多くの改宗者が現れてどこか一つの地点に大勢の人々が集まるようになって大規模教会を建設するという方向には向かっていないように感じる。そういうことが起きると、人々は自己陶酔に陥り、結局、神を忘れてしまう。自分たちがそれを建設したのだと言い始める。だから、そういうことが起きかけると、必ず何かの破壊的な働きが同時に起きて、クリスチャンが散らされるのである。

だが、たとえそうであったとしても、迫害の只中で、やはり瞠目すべき信仰の業も起きて来る。神は時空間を超えて、この世の限界をすべて超えて支配しておられる。神はその支配する命をあくまで人に―我々に託しておられる。だから、我々にはそれを行使する責任がある。ただ天を仰いで待ってさえいれば、神が全てのことを人に代わって成して下さるということは絶対にない。神との同労によってあなた自身が力強くその命を活用し、天を地に引き下ろして望みを成し遂げて行かねばならない。

環境を支配することは、アダムの創造以来、神がずっと人に与えておられる使命である。

「神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」(創世記1:28)

ここに「地をはうすべての生き物」(=蛇)も支配の対象として含まれていることに注意したい。これは人の使命が本来、悪魔をも打ち負かして配下に治めることを含んでいたことを物語っている。残念ながら、アダムは堕落して失敗したゆえに、その使命に値しなくなってしまい、地もそのゆえに堕落した。だが、神は「第二のアダム」、「命を与える霊」であるキリストによって、罪のゆえに死んだ人々を生かし、人に本来に使命を全うさせようと決められた。しかも、あなたを通して、あなたの内に住まわれるキリストを通してそれを成し遂げようと願っておられるのである。

「聖書に、「最初の人アダムは生きた者となった。」と書いてありますが、最後のアダムは、生かす御霊となりました。<…>第一の人は地から出て、土で作られた者ですが、第二の人は天から出た者です。土で造られた者はみな、この土で造られた者に似ており、天からの者はみな、この天から出た者に似ているのです。」(Ⅰコリント15:45-48)

「もしひとりの人の違反により、ひとりによって死が支配するようになったとすれば、なおさらのこと、恵みと義の賜物とをゆたかに受けている人々は、ひとりの人イエス・キリストにより、いのちにあって支配するのです。」(ローマ5:17)

なぜ神が人を必要とされ、人を用いられ、人と同労されることを願っておられるのか、不思議なことである。神は確かに恐るべき方で、敬われるべき方であり、人の助けがなければ存在できないような方ではない。それにも関わらず、神の計画は、人との同労によって全地(天と地)を治め、信じる者がキリストによってサタンを打ち砕くことにあるのである。

「神は、その全能の力をキリストのうちに働かせて、キリストを死者の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右の座に着かせて、すべての支配、権威、権力、主権の上に、また、今の世ばかりでなく、次に来る世においてもとなえられる、すべての名の上に高く置かれました

また、神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、教会にお与えになりました

教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1:20-23)

「平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏み砕いてくださいます。」(ローマ16:20)

キリストは、すべての支配、権威、権力、主権の上に高く上げられた方であり、その御名には天も地も一切のものを支配し、いっさいを足の下にする権威が与えられている。従って、そのキリストが信仰者の内に住んで下さり、信仰者とすべての歩みをともにし、彼を理解し、助け、面倒をみて下さるということは、信じる者にもキリストと同じ権威が与えられているのに等しい。

キリストとの同労によってこの権威を行使することこそ、人の使命である。その同労の秘訣が分かるとき、おそらく、信仰の歩みそのものが変わるであろうと思う。

だからこそ、ダビデは、神がそれほど人を重んじておられる不思議について述べずにいられなかった。むろん、万物を足の下にしておられる方とは、キリストに他ならないのだが、同時にそれは、キリストと一つとなって生きる信仰者にもあてはまる役割である。

「あなたの指のわざである天を見、
 あなたが整えられた月や星を見ますのに、
 人とは、何者なのでしょう。
 あなたがこれを心に留められるとは。
 人の子とは、何者なのでしょう。
 あなたがこれを顧みられるとは。
 あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、
 これに栄光と誉の冠をかぶせられました。
 あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、
 万物を彼の足の下に置かれました
 すべて、羊も牛も、また、野の獣も、
 空の鳥、海の魚、海路を通うものも。
 私たちの主、主よ。
 あなたの御名は全地にわたり、
 なんと力強いことでしょう。」(詩編8:3-9)
 
繰り返すが、信仰者の歩みとは、神と同労して天地を統べ治めることにある。信仰者が、自分自身も、環境も、サタンでさえも、すべてを主と共に支配して生きることにある。それはこの世を超越した天的な支配であり、この世の権威を獲得することが目的ではないにせよ、その霊的支配はこの世にも確かに及ぶ。

この世は、依然、あなたを脅かして言うだろう、人生は恐怖の連続で、恵みは少なく、楽しみはごくわずかで、旅路は常に理不尽であると。何事も一発勝負で、やり損なったらチャンスは二度となく、厳しい試験に合格しなければ落伍者とされ、あらゆる面で不遇の人生を送ることになると。そこから抜け出すチャンスはないと。この世は色々と勝手な物差しを振りかざしては、あなたは不合格だから見込みはないと言って来るだろう。そして、その理不尽はこの世のせいではなく、神のせいなのだとあなたにささやく。

だが、それは悪魔の嘘なのである。悪魔はもともと責任転嫁の達人であり、己が罪のすべてを神に転嫁することを願っている。だから、悪魔に向かって、それは神の罪ではなく、お前の罪だと言い返してやればいいだけのことである。そもそもそういうこの世の物差しはすべてこの世の基準であっても、神の基準ではない。

実際のところ、神の目から見れば、人が自分の力により頼んで勝負することほど愚かしいことはない。第一、人の持てる力は年々衰えて行くので、どんなに注意深い人間も、年齢と共に不注意で軽率にもなろうし、どんなに体力に自信のある人でも、老年には衰える。人がどんなに自分を頼りにし、自分は完璧だと思っていても、その力は年々、減少して行く。そして、環境の恐るべき力に有限なる人間は自分の力で立ち向かうことができない。

だから、それらをすべて支配するためには、神により頼むしかないのである。信仰によって神にすべてをゆだねて神に信頼し、神からすべての力をいただくという方法によって生きるしか、結局のところ、人間には本当に「合格」に達する方法はないのだ。

この世はあなた自身が努力によって築いて来たものを要求するだろう。だが、その要求は果てしなく、どんなに努力しても、いつまでたってもあなたは合格水準に達しない。だが、神はあなたに努力を強いない。神はあなたに、すでにキリストが全てを達成されたので、その達成はあなたのものであり、あなたは落ち着いて静かにそれを利用し、キリストの権威を行使しなさいと言われる。神があなたに願っておられるのは、どんな状況下でも、あなたが神の与える命の平安に安らぎ、神を信頼し、主と同労しながら、主が全てを満たして下さることを信じて、信仰によって、すべてを引き出し、神の御心にかなう、そしてあなた自身の願いにかなう世界を共に築いていくことである。

あなたが恐怖におののくだけの生活を卒業し、主と共に平安の内に統治するすべを知り、キリストを通して与えられた絶大な権威を行使して生きることである。

初めは右も左も分からずに始まった旅路でも、その命が必ず教える。初心者マークで始まっても、旅路が終わるころには、熟練した戦士になっていることだろう。

「この神こそ、私に力を帯びさせて
 私の道を完全にされる。
 彼は私の足を雌鹿のようにし、
 私を高い所に立たせてくださる。
 戦いのために私の手を鍛え、
 私の腕を青銅の弓をも引けるようにされる。」(詩編18:33-34)

登り切れないピラトの階段を苦しんで上る人生を選ぶのか。それとも、キリストの命の平安に安らぐのか。以前にも引用したオースチンスパークス著、「キリストのからだなる教会」第二章からの抜粋で終わりたい。

「ルターは任務を帯びてローマに遣わされました。彼はその都と特別な懺悔の場所を訪問することを熱望していました。それは、その階段を手と膝でのぼることにより、特別な恩恵と罪の赦しなどを得るためでした。

 「この恐ろしい苦行を自分に課せば、義とされて安息を得るだろう」と彼は考えました。彼はのぼり始めました。のぼるのが大変になってきた時、何かが「義人は信仰によって生きる」と言いました。

 彼はふたたび進みました。すると、あの声がふたたび、「義人は信仰によって生きる」と言いました。彼はさらに階段をのぼりました。すると、また声がして、一つの単語を強調しました、「義人は信仰によって生きる」(ハバクク書2章4節、ローマ人への手紙1章17節、ガラテヤ人への手紙3章11節、ヘブル人への手紙10章38節)。これが彼を回心に導き、行いによる義というローマの体系全体を放棄するよう彼を導いたのです。

 「義人は信仰によって生きる」。大事なのは私たちの信仰そのものではなく、私たちの信仰の対象である主イエスの御業です。私たちは自分の信仰の度量をあまりにも重んじますが、大切なのは私たちの信仰の対象です。私たちが安息の中に入るのは、キリストと、私たちのための彼の完全な御業という対象の上に、自分の信仰を据える時です。私たちはもはや、手と膝で石段をのぼりません。

これは主の民の団体生活にとって基本的なことです。不安、発酵、不満足の要素は出て行きます。そして、私たちは神との平和を持ちます。調和を得ます。なぜなら、調和は平和の別の言葉にすぎないからです。これが安息です。聖書の中の平和は、何らかの雰囲気ではなく、完全な調和の内に全ての要素が互いに適切に 調整されていることです。」

PR