忍者ブログ

私ではなくキリストⅦ(東洋からの風の便りIV)

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。Ⅱコリント4:18

信仰者が「生きることはキリスト!」となる時

以下の記事で、ジェシー・ペンルイスを引用したのは、キリストの十字架の死と復活を基礎とした「神と共に生きる生活」とは何であるかに、私たちが心を向けるためである。

すでに何度も書いて来たように、信仰者が、世に対して生きるのではなく、人々に対して生きるのでもなく、神に対して生きるということに主眼を置き始めたとき、彼はキリストの十字架の死に同形化され、復活の領域を生きるために引き上げられる・・・復活の領域がますます彼にとってリアリティとなって来て、彼はあたかもこの世から高く引き上げられて、それまでに知らなかった霊の平安の中に隠されたように感じる。

復活の領域を生きることは、世の生活の中で成功をおさめたり高揚感を伴う出来事をたくさん体験したり、世から必要とされる人物になることや、影響力を及ぼす人になること、などとは全く違う。

主の復活の命の働きは、世に対する勝利という意味では、驚くべき目覚ましい出来事であり、宇宙的に絶大な影響力を持つにも関わらず、この世では絶えず死の性質を帯びて、多くの場合は、人知れず、信仰者の内側でささやかに進行する。それは時に、極度なまでの圧迫を伴って現れるが、それでも、この世の制約がどんなに大きくとも、キリスト者は心の内側で、その圧迫を突き破って働く主の復活の命の確かさを感じている。最終的には、あらゆる局面で、この死の圧迫に対して、主の命が勝利することをあらかじめ知っているのである。

あたかも種の中にある命が、硬い殻を破って外に出ようとするように、キリストの復活の命は、信仰を通して、この世の死の原則を帯びているあらゆる状況の中から、常にそれを打ち破って生き出て来る。

生涯に渡るそのような生き様を通して、信仰者は確信をもって、「生きることはキリスト!」「もはや私が生きているのではない!」と言える領域に達するのである。

信仰者は、この世では、確かに依然として、不完全に見える一人の弱い人間に過ぎず、その歩みも、おぼつかなく始まるように見えるが、それでも、彼が天的領域を生きるなら、その歩みの一つ一つは、主の御前に「生きることはキリスト!」として喜ばれている。あたかも幼児がおぼつかない足取りで父の懐に駆け込み、それを父が喜んで抱き留めるように、神はキリスト者の歩みを一歩一歩喜び、この世の人のように、そこに外面的に立派で完全な行動を要求されることはない。神が常に人に要求されているのは、外面的な完全性ではなく、内面の完全性、内面の忠実さであり、神は人の動機をことごとく調べられるのである。

そこで、信仰者は世において自分がどう見られ、どのように理解されるのかという問題に心煩わされることなく、常に主に対して心を向けて、自分が主に知られているという事実に安らぎ、そこに安心して自分を預けることができる。

私たちは、自分がキリストのゆえに神に愛され、神に喜ばれ、受け入れられている子供であることを確かに知っているので、もはや罪のゆえの恐れや、死の恐怖、不安からは解放されている。だから、主が真実を愛されるように、私たちも真実を愛し、主が不正を憎まれるように、不正を憎み、主がすべての人の救いを願われるように、すべての人に、主の真実と愛を持って接する。それは人間的な観点から見た愛ではなく、神がその人をどう見られ、何を願われるかに基づく愛なのである。
 
キリストの愛が私たちを圧倒し、私たちの心を覆う。神の愛こそ信仰者にとっての最大の防御であり、キリストの愛が彼を常に平安の中へいざなう。

神の御心がどこにあるのかを信仰者は知っているので、彼の生きる目的はもはや一つしかない。神の御思いに心を向け、その実現のために自分を惜しまずに心を砕くことが、信仰者にとっての喜びとなる。そのような生活が進むにつれて、主とその人とはますます強く一つに結ばれて、両者の意志は近づき、もはや分かちがたいまでになっていく。神は彼を喜び、彼との共同生活を愛される。

本当は、神が人に望んでおられるのは、神と人との両者が心を一つとしたこの共同生活なのだと私は感じている。従って、御旨の成就の割合は、人が神のためにどのような働きをどれくらい成し遂げたかという分量によってではなく、その人がどれくらい神と共に生きたのか、という分量によってはかられることになるのではないかと思う。繰り返すが、神と人との心を一つにした共同生活こそ、神が人に何より願っておられることなのであり、その共同生活は、人が自分の心を神に捧げる度合いに応じて深まる。人が神に捧げる愛が深まれば深まるほどに、キリストを土台とした神と人との共同生活も、より親密な、より成熟した、より深い満足をもたらすものとなっていく。神の満足は、人が神に対してどれほど心を向け、心を注ぎだしたのかという事実によって決定される。
PR